二次方程式の解の公式の3通りの証明

更新日時 2021/03/07

二次方程式の解の公式:

ax2+bx+c=0(a0)ax^2+bx+c=0\:(a\neq 0) の解は, x=b±b24ac2ax=\dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

中学校で習う超基礎的で重要な公式です。

解の公式を3通りの方法で証明します。

目次
  • 平方完成による証明

  • 代入による証明

  • 和と積を計算する方法

平方完成による証明

まずは平方完成を用いた定番の証明です。

証明1

ax2+bx+c=0ax^2+bx+c=0 の左辺を平方完成していく。

a(x2+bax)+c=0a(x^2+\dfrac{b}{a}x)+c=0

a(x2+bax+b24a2)b24a+c=0a(x^2+\dfrac{b}{a}x+\dfrac{b^2}{4a^2})-\dfrac{b^2}{4a}+c=0

a(x+b2a)2=b24aca(x+\dfrac{b}{2a})^2=\dfrac{b^2}{4a}-c

右辺を通分して両辺を aa で割る:

(x+b2a)2=b24ac4a2(x+\dfrac{b}{2a})^2=\dfrac{b^2-4ac}{4a^2}

両辺のルートを取る:

x+b2a=±b24ac2ax+\dfrac{b}{2a}=\pm \dfrac{\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

b2a\dfrac{b}{2a} を移項する:

x=b±b24ac2ax=\dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

注: D=b24ac<0D=b^2-4ac <0 の場合は D=Di\sqrt{D}=\sqrt{-D}i と解釈してください。

代入による証明

解の公式を導出するというよりも「解の公式を知っているもとでその正しさを証明する」という天下り的なスタンスです。

証明2
  • 二次方程式の解は(重解は二つとカウントすると)必ず二つである。→代数学の基本定理とその初等的な証明
  • b±b24ac2a\dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a} は確かに二次方程式の解である(以下のように代入によって簡単に確認できる)。

a(b±b24ac2a)2+b(b±b24ac2a)+c=b22bb24ac+b24ac4a+b2b±2b24ac4a+4ac4a=0a\left(\dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}\right)^2+b\left(\dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}\right)+c\\ =\dfrac{b^2\mp 2b\sqrt{b^2-4ac}+b^2-4ac}{4a}\\+b\dfrac{-2b\pm 2\sqrt{b^2-4ac}}{4a}+\dfrac{4ac}{4a}\\ =0

和と積を計算する方法

こちらも証明2と同じく解の公式を天下り的に証明する方法です。

証明3

α=b+b24ac2a,β=bb24ac2a\alpha=\dfrac{-b+\sqrt{b^2-4ac}}{2a},\beta=\dfrac{-b-\sqrt{b^2-4ac}}{2a} とおく。このとき簡単な計算により,α+β=ba,αβ=ca\alpha+\beta=-\dfrac{b}{a},\alpha\beta=\dfrac{c}{a} が分かる。

ax2+bx+c=a(xα)(xβ)ax^2+bx+c=a(x-\alpha)(x-\beta)

が恒等式であることを証明すればよい。そこで,各次数の係数を調べる。

  • 二次の係数:両辺ともに aa
  • 一次の係数:左辺は bb,右辺はa(α+β)=a(ba)=b-a(\alpha+\beta)=-a\cdot (-\dfrac{b}{a})=b
  • 定数項:左辺は cc,右辺は aαβ=aca=ca\alpha\beta=a\cdot \dfrac{c}{a}=c

知っている公式の別証明から学ぶことも多々あります。

Tag:数学1の教科書に載っている公式の解説一覧