1. 高校数学の美しい物語
  2. 入試前日の過ごし方と心構え

入試前日の過ごし方と心構え

更新日時 2021/03/07

入試前日の過ごし方・心構えについて,自分の経験をもとにアドバイスします。

主観的な意見ですので気にし過ぎることなく気楽に読んでいただければと思います。

目次
  • 前日の勉強

  • 眠れなくてもOK

  • 多少の体調不良はOK

  • 確認しておく

前日の勉強

入試前日の勉強はぼちぼちでよいと思います。

数学に関して言えば,

  • ポイントノート(今までの間違いとかを凝縮したノート,当サイトで作成を提唱している)を見直す
  • 教科書(またはもっとレベルの高い公式集)をざっと見直す

がオススメです。 個別の問題を解くよりも大雑把に総復習する感じです。

「前日にこれをやると効果テキメン!一発逆転できるよ!」なんてものはありません。

眠れなくてもOK

「入試前日は緊張して眠れない→睡眠不足で実力が発揮できない」

というパターンは心配する必要がありません。

理由

1.布団に入って目をつぶるだけで睡眠効果(一説によると熟睡したときの半分くらい?)がある

2.本番はアドレナリンのおかげで多少の睡眠不足は影響ない

ただし,理由1を発動するためにも 「布団に入って目をつぶる」ことは重要です。

ちなみに僕は二次試験一日目の前日,緊張と不安で3時間くらいしか眠れませんでしたがパフォーマンスに影響はありませんでした。

多少の体調不良はOK

緊張が強いときには体調に変化が現れやすいものですが,多少の体調不良は アドレナリンのおかげで(試験中は)吹っ飛びます。(軽度の)体調不良はかなり多くの受験生が経験するものです。

あんまり影響のないこと

  • 食事が喉を通らない
  • 鼻水が出る,軽い風邪
  • 軽い腹痛
  • 寝違えて関節が痛い
  • 寒い,冷え性で手が動かない

など

僕の場合,念のため試験前日から生ものを食べないようにしていましたが,あとは普段通り過ごしました。

ちなみに僕は二次試験一日目の朝,緊張と不安で食欲が出ませんでしたがパフォーマンスに影響はありませんでした。

確認しておく

試験前日に確認できることは全てしておきましょう。

  • 試験会場の場所,そこまでの道のり
  • 持ち物(受験票,筆記用具,ティッシュ,時計など)
  • 寝坊しないように目覚ましは2個以上かけとく
  • 合格した後の楽しい未来を妄想する

受験生ファイト!!!

人気記事
  1. 高校数学の美しい物語
  2. 入試前日の過ごし方と心構え