疑問文とは|作り方や答え方・疑問詞の一覧や英会話でのポイントまで例文付きで解説

更新日時 2021/11/24

英語には大きく分けて平叙文・疑問文・命令文・感嘆文の4つの文の種類があります。そして、それぞれの種類の中に肯定文・否定文を始めとした細かな分類が存在します。

この記事ではそんな文の種類の一つである「疑問文」の基本的な部分について例文とともに解説しています。

他の文の種類についてはこちらの記事でそれぞれ解説しているので、合わせてご覧ください。

目次
  • 英語の疑問文とは

  • 一般疑問文の作り方・答え方

  • 疑問詞疑問文

  • 選択疑問文

  • 【発展】その他の疑問文

  • 【大学受験対策】練習問題

英語の疑問文とは

疑問文とは、物事を相手に尋ねたり依頼したりするときに用いる文のことです。

疑問文には、一般疑問文・疑問詞疑問文・選択疑問文などがあります。

また、文頭はbe動詞や助動詞・疑問詞などで始まり、文末には必ず “?”(クエスチョンマーク・疑問符) が置かれます。

Is he a student?
彼は医者ですか?

疑問文の否定文は利用頻度が少ない

他の平叙文・命令文などでは肯定文と否定文の両方がともに使われますが、疑問文では否定文は少なくなっています。その理由は、yes/no を問うような疑問文の場合を想像してみるとわかりやすいです。

Are you a teacher?

Aren’t you a teacher?

後者は否定疑問文と呼ばれる疑問文で、後で詳しく解説しています。

どちらの質問の仕方でも、聞きたい情報である「あなたが医者か否か」を答えとして知ることができるため、特別な場合を除いて否定疑問文は使われません。

一般疑問文の作り方・答え方

一般疑問文は yes/no 疑問文とも呼ばれ、その名の通り「はい」か「いいえ」で答えることのできる疑問文のことをいいます。

一般疑問文はbe動詞・一般動詞・助動詞でそれぞれ作り方や答え方が異なります。そのため、以下ではそれらで分類して解説しています。

【英会話】一般疑問文のイントネーション

一般疑問文のイントネーションは、通常上がり調子のイントネーションになります。

例) Do you play tennis(⤴)?

be動詞

(1) Is his father a mayor? Yes, he is. / No, he isn’t.
彼の父親は市長ですか? はい。/ いいえ、違います。

(2) Are these books yours? Yes, they are. / No, they aren’t
これらの本はあなたのものですか? はい。/ いいえ、違います。

be動詞の一般疑問文は、be動詞が文頭に来て〈be動詞+主語+…?〉の語順になります。

答えるときは〈Yes,/No,+代名詞で受けた主語+be動詞〉の形になります。

注意点として、答えるときの主語は代名詞で受け、通常の疑問文に対して No で答える場合はbe動詞が〈be動詞+not〉の形になります。また、Yes/No の後のカンマ(,)は必ずつけなければならないので忘れないように気をつけましょう。

Tips 「Yes」のときは短縮形が使えない

Yes で答える場合は、Yes, he’s のようにbe動詞を主語にくっつけて短縮することはできません

have を使った完了形

(3) Have you ever been to Japan? Yes, I have / No, I have’t.
あなたは日本に行ったことがありますか? はい。/ いいえ、ありません。

(4) Had the train left before you got to the station? Yes, it had / No, it hadn’t.
あなたが駅に到着した時電車はもう出ていましたか? はい。/ いいえ、出ていませんでした。

完了形の一般疑問文は、Have が文頭に来て〈Have+主語+動詞の過去分詞形+…?〉の語順になります。

答えるときは〈Yes,/No,+代名詞で受けた主語+have〉の形になります。

注意点として、答えるときの主語は代名詞で受け、通常の疑問文に対して No で答える場合は have が〈have+not〉の形になります。また、Yes/No の後のカンマ","は必ずつけなければならないので忘れないように気をつけましょう。

一般動詞

(5) Do you play soccer? Yes, I do. / No, I don’t.
あなたはサッカーをしますか? はい。/ いいえ、しません。

(6) Does he know you? Yes, he does. / No, he doesn’t.
彼はあなたを知っていますか? はい。/ いいえ、知りません。

(7) Did that car leave the city? Yes, it did / No, it didn’t.
その車は街を出ましたか? はい。/ いいえ、出ていません。

一般動詞の一般疑問文は、do またはその変化型が文頭に来て〈Do+主語+動詞の原型+…?〉の語順になります。

答えるときは〈Yes,/No,+主語+doまたはその変化型〉の形になります。

注意点として、答えるときの主語は代名詞で受け、通常の疑問文に対して No で答える場合はdoまたはその変化型が〈do+not〉の形になります。また、Yes/No の後のカンマ","は必ずつけなければならないので忘れないように気をつけましょう。

助動詞

(8) Can you swim? Yes, I can. / No, I can’t.
あなたは泳げますか? はい。/ いいえ、できません。

(9) Will you go to the flower shop for me? Yes, I will. / No, I won’t.
私のために花屋さんに行ってくれますか? はい。/ いいえ、行きません。

助動詞の一般疑問文は、助動詞が文頭に来て〈助動詞+主語+動詞の原型…?〉の語順になります。

答えるときは〈Yes,/No,+主語+助動詞〉の形になります。

注意点として、答えるときの主語は疑問詞で受け、通常の疑問文に対して No で答える場合は助動詞が〈助動詞+not〉の形になります。また、Yes/No の後のカンマ","は必ずつけなければならないので忘れないように気をつけましょう。

疑問詞疑問文

疑問詞疑問文とは、その名の通り疑問詞を使った疑問文のことで「いつ」「どこで」「だれが」「何を」などの内容を尋ねるときに使います。

答えるときは Yes/No ではなく、尋ねられた内容に合わせて柔軟に答えます

(10) What did you buy? I bought a book.
何を買いましたか? 私は本を買いました。

(11) When is your birthday? It is March 1st.
誕生日はいつですか? 5月1日です。

(12) Who can play the piano in this class? Risa can.
クラスで誰がピアノを弾けますか? リサです。

(10)(11)のように疑問詞が主語以外の場合は、尋ねたいことを疑問詞にして文頭に置きそれ以降は一般疑問文と同じ語順になります。つまり〈疑問詞+一般疑問文の語順+…?〉の形になります。

一方で、(12)のように「誰が」という疑問詞が主語の場合は、主語を疑問詞に置き換えて〈疑問詞+動詞 [助動詞]+…?〉の形になります。疑問詞は通常単数扱いです。

また、疑問詞が主語の場合の答え方は〈主語+動詞 [助動詞].〉になります。

疑問詞自体についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

現在作成中

【英会話】疑問詞疑問文のイントネーション

疑問詞疑問文のイントネーションは、通常下がり調子のイントネーションになります。ただし、聞き直す場合は上がり調子になります。

例) What do you do(⤵)?

例外) What did you say(⤴)? なんて言った?

wh疑問文・how疑問文を作る疑問詞一覧

疑問詞疑問文のうちwhから始まる疑問詞を使うものをwh疑問文、howから使うものをhow疑問文ということもあります。

ここではwhから始まる5つの疑問詞と how 、そしてその意味を表にまとめます。この6つの疑問詞(whoseがwhichの場合もあります)はよく5W1Hと呼ばれます。

疑問詞 意味
who 誰が
whose 誰の
what 何を
where どこで
when いつ
how どのように

疑問詞を使った日常表現一覧

疑問詞疑問文の日常表現で主に使われるものを紹介します。

日常表現 意味
Who was it? 電話 [訪問] してきた人は誰ですか?
What’s the matter? どうかしたのですか?
What happened? 何かあったのですか?
What seems to be the trouble? どうされたのでしょうか?
What makes you think so? なぜそう思うのですか?
Where is the restroom? お手洗いはどこですか?
How do you know that? どうしてそうだと言えるのですか?

選択疑問文

選択疑問文とは、「Aですか、それともBですか?」のように複数の選択肢から選択させる疑問文のことです。

他の疑問文の語順のまま複数の選択肢を or でつなげるか、「どちらの」という意味の疑問詞 which を使って表現し、答えるときは yes/no ではなく選択肢の中から答えます

(13) Is he Japanese or Chinese? Japanese.
彼は日本人か中国人のどちらですか? 日本人です。

(14) Which do you like better cats or dogs? I like cats better.
猫か犬、どちらのほうがより好きですか? 猫のほうが好きです。

【英会話】選択疑問文のイントネーション

選択疑問文のイントネーションは、最後の選択肢のみ下がり調子のイントネーションになり、それ以外の選択肢は上がり調子になります。

例) Would you like tea(⤴), coffee(⤴), or orange juice(⤵)?

【発展】その他の疑問文

付加疑問文

付加疑問文とは、平叙文や命令文の後に疑問文をつけた文のことです。

平叙文の付加疑問は確認や同意を求め、命令文の付加疑問は命令のニュアンスを和らげ依頼の表現になります。

また肯定文には否定の、否定文には肯定の付加疑問をつけるというような決まりもあります。

(15) You are a doctor, aren’t you? Yes, I am. / No, I’m not.
あなたは医者ですよね? はい、そうです。/ いいえ、違います。

(16) Open the door, will you?
ドアを開けてくれませんか。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

否定疑問文

否定疑問文とは、相手に「〜ではないのですか?」と尋ねる疑問文のことです。

文が否定形から始まり、not は必ず短縮形が用いられます。また、答えるときは Yes/No で答えますが日本語と逆になるので注意が必要です。以下の例文では、泳げないのですか?と聞かれて、Yes なら泳げる、No なら泳げないことになります。

(17) Can’t you swim? Yes, I can. / No, I can’t.
泳げないのですか? いいえ、泳げます。/ はい、泳げません。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

修辞疑問文

修辞疑問文とは、質問ではなく自分の言いたいことを強調するために疑問文を用いて反語的に表現した文のことです。

肯定の修辞疑問文は否定の意味を、否定の修辞疑問文は肯定の意味を表します。

(18) Who can tell what will happen tomorrow.
明日何が起こるかなんて誰がわかるのだろうか。
いやだれもわからない。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

間接疑問文

間接疑問とは、疑問文を文の一部として組み込んだものをのことで名詞節として主語・目的語・補語になります。

(19) I know where he lives.
私は彼がどこに住んでいるか知っている。

(20) I’ll ask her who made this statue.
誰がこの像を作ったのか彼女に聞いてみるつもりだ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

現在作成中

【大学受験対策】練習問題

練習問題で定着度を確認しましょう。

練習問題

問1 以下の文が答えになる疑問文を一つ作りなさい。

(1) Yes, he did.

(2) It is mine.

(3) Coffee, please.(選択疑問文を使って)

問2 次の文章を日本語に訳しなさい。

(1) Is she your mother? No, she isn’t

(2) Which do you like soccer or baseball? I like soccer.

(3) Where can I buy a ticket? You can buy a ticket at the counter over there.

解答

問1 全て一例であり、他の解答でも構いません。

(1) Did he bring his textbook with him?
彼は教科書を持ってきていましたか?

Did he から始まる疑問文であれば正解です。

(2) Whose is it?
それは誰のものですか?

問題文は「それは私のものです」という意味なので、「誰の」を問う whose を使うと自然でしょう。

(3) Would you like tea or coffee?
紅茶かコーヒーはいかがですか?

問題文は「コーヒーをお願いします」という意味なので、コーヒーと他のものの選択を促す疑問文であれば正解です。

問2

(1) 彼女はあなたの母ですか?。 いいえ、違います。

(2) サッカーと野球のどちらが好きですか?。 サッカーが好きです。

(3) どこでチケットを買えますか? あちらのカウンターで買えます。

疑問文は簡単そうに見えて実は奥が深いんだよね。

人気記事