英語の付加疑問文「〜ですよね」|作り方・答え方から特殊な使い方まで徹底解説!

更新日時 2021/12/10

英語の文の種類の一つである疑問文には様々な種類が存在し、その中でもより発展的なものとして付加疑問文・否定疑問文・修辞疑問文などがあります。

この記事ではそんな疑問文の種類の一つである付加疑問文について例文付きで詳しく解説しています。

疑問文の基本や他の種類の疑問文についてはこれらの記事で詳しく解説しています。

目次
  • 付加疑問とは

  • 付加疑問文の作り方

  • 付加疑問文の答え方

  • 命令文の付加疑問は「will you?」

  • Let’s の付加疑問は「shall we?」

  • 否定疑問文との違い

  • 付加疑問文の特殊な使い方

  • 付加疑問と似た使い方をする表現

  • 【大学受験英語対策】練習問題

付加疑問とは

平叙文や命令文の後につける疑問形を付加疑問といいます。

You are a student, aren’t you?

この例文では、本来であれば「You are a student.」で完結する平叙文に対し、相手からの返答を求めるために疑問文を「付加」しています。

「〜ですよね」と確認したり同意を求める

付加疑問文は「〜ですよね」と確認したり同意を求めたりするときに使われます。訳すときは基本的に「〜ですよね」や「〜だよね」と訳せば大丈夫です。

発音で意味が変わる

相手に確認したいときは上がり調子(⤴)、同意を求めるときは下がり調子(⤵)のイントネーションになります。

You love him, don’t you?

上がり調子(⤴):あなたは彼を愛しているのでしょう?【確認】
下がり調子(⤵):あなたは彼を愛しているのですよね。【同意を求める】

付加疑問文の作り方

付加疑問文は平叙文・命令文の後に付加疑問をつけることで作ることができます。肯定文には否定形の付加疑問を、否定文には肯定形の付加疑問をつけます

付加疑問文の作り方は動詞によって変わります。

be動詞 「isn’t it?」など

(1) The problem is dificult, isn’t it?
その問題は難しいよね。

(2) You weren’t the captain, were you?
あなたはキャプテンではなかったよね。

be動詞の付加疑問文の作り方は、
肯定文+be動詞の否定形+主語の代名詞
否定文+be動詞+主語の代名詞
です。

主語は主格の代名詞を使います。また付加疑問の時制は主節の時制に合わせます。

一般動詞 「don’t you?」など

(3) You like tacos, don’t you?
あなたはタコスがすきだよね。

(4) He didn’t come to the party, did he?
彼はパーティーに来なかったよね。

一般動詞の付加疑問文の作り方は、
肯定文+ don’t(またはその派生形)+主語の代名詞
否定文+ do(またはその派生形)+主語の代名詞
です。

主語は主格の代名詞を使います。また付加疑問の時制は主節の時制に合わせます。

助動詞 「can’t you?」など

(5) You can play the piano, can’t you?
ピアノを弾けるよね。

(6) The girls won’t come here today, will they?
少女たちは今日ここに来ないんだよね。

助動詞の付加疑問文の作り方は、
肯定文+助動詞の否定形+主語の代名詞
否定文+助動詞+主語の代名詞
です。

主語は主格の代名詞を使います。また付加疑問の時制は主節の時制に合わせます。

付加疑問文の答え方

肯定文、否定形のどちらでも確認に対して肯定の内容であれば「yes」否定の内容であれば「no」で答えます。

肯定文の付加疑問文への答え方

(7) You are good at English, aren’t you?
あなたは英語が得意だよね。

  • Yes, I am. はい、そうです(得意です)。
  • No, I’m not. いいえ、得意ではないです。

(8) She likes chocolates, doesn’t she?
彼女はチョコレートが好きだよね。

  • Yes, she does. はい、そうです(好きです)。
  • No, she doesn’t. いいえ、好きではないです。

肯定文の付加疑問文に対しては、普通の疑問文と同様に「質問内容に関して yes なのか no なのか」で答えます。

答え方は、
Yes+主語の代名詞+be動詞 [do] [助動詞]
No+主語の代名詞+be動詞 [do] [助動詞]の否定形
になります。

否定文の付加疑問文への答え方

(9) You aren’t good at English, are you?
あなたは英語が得意ではないよね。

  • Yes, I am. はい、そうです(得意です)。
  • No, I’m not. いいえ、得意ではないです。

(10) She doesn’t like chocolates, does she?
彼女はチョコレートが好きではないよね。

  • Yes, she does. はい、そうです(好きです)。
  • No, she doesn’t. いいえ、好きではないです。

否定文の付加疑問文に対しても、普通の疑問文と同様に「質問内容に関して yes なのか no なのか」で答えます

答え方は同様に、
Yes+主語の代名詞+be動詞 [do] [助動詞]
No+主語の代名詞+be動詞 [do] [助動詞]の否定形
になります。

Tips 準否定語を含む文も否定文扱い

準否定語の hardlyseldom などを含む文も否定文として扱われるため付加疑問は肯定形になります。

例)You hardly know him, do you?
彼のことはほとんど知らないよね。

命令文の付加疑問は「will you?」

(11) Open the door, will you?
ドアを開けてくれますよね。

(12) Don’t keep the door open, will you?
ドアを開けたままにしないでね。

(13) Come with me, won’t you?
一緒に行きませんか。

命令文の付加疑問は肯定命令・否定命令のどちらも will you? で表現します。意味としては「〜してね」のように命令を和らげた依頼の表現になります。

また、will you? の代わりに would you? を使うとより丁寧な表現ができます。

さらに、例文(13)のように〈命令文+, won’t you? 〉を使うこともありこの場合は「〜しませんか」という勧誘の表現になります。

命令文の付加疑問文への答え方

(14) Open the door, will you?
ドアを開けてくれますよね。

  • Yes, I will. [Sure.] はい、します。
  • No, I won’t. [Sorry I can’t.] いいえ、しないです。

基本の答え方は他の付加疑問文と同じですが、Sure. や Sorry, I can’t. のような表現をすることも多いです。

Let’s の付加疑問は「shall we?」

(15) Let’s take a break, shall we?
ちょっと休憩しませんか。

Let’sの付加疑問は shall we? で表現します。意味としては「〜しませんか」のようにより丁寧な勧誘の表現になります。

Let’s の付加疑問文のへ答え方

(16) Let’s take a break, shall we?
ちょっと休憩しませんか。

  • Yes, let’s. [Sure.] いいですよ。
  • No, let’s not. [Sorry I can’t.] できません。

基本の答え方は let’s を使うものですが、Sure. や Sorry, I can’t. のような表現をすることも多いです。

否定疑問文との違い

否定疑問文とは否定形から始まる疑問文のことで、「〜ではないですか」と確認を求めたり意外な気持ちを表現するときに使います。

意味が似ているため付加疑問文と混同することも多いですが、最大の違いは発言者の意識にあります。否定疑問文はまだ知らない物事を確認する表現で、付加疑問文は「(私の認識ではそうだけど)〜だよね?」という同意の確認になります。

(17) Don’t you have to do your homework?
宿題をしなくていいの?

(18) You have to do your homework, don’t you?
宿題をしなくちゃいけないんだよね?

否定疑問文についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

付加疑問文の特殊な使い方

There is 構文

(19) There is a park in this town, isn’t there?
この街には公園があるよね。

(20) There aren’t any problem, are there?
何も問題はないよね。

There is 構文の付加疑問文は通常と同じように作りますが、付加疑問の代名詞が there のままになることに注意が必要です。

I think that の構文

(21) I think (that) he is a doctor, isn’t he?
彼は医者だと思うんだけど。

(22) I don’t think (that) it will be a problem, will it?
それは問題にならないと思うんだけど。

I think that で始まる文の付加疑問文は that 以下の従属節内の主語と動詞に合わせて作ります。これは意味的に重要な部分がthat節部分であるからです。

(22)のように I don’t think で始まる文の場合は主語と動詞は従属節内に合わせますが、動詞(助動詞)部分は否定文に影響されて肯定形になります

共感疑問文

(23) You are a fool, are you?
あなたは馬鹿なんだね。

(24) You don’t like me, don’t you?
君は僕が嫌いなんだね。

これまでに解説したように基本的には否定文には肯定、肯定文には否定の付加疑問がつきます。しかし、驚きや興味などの強い感情を伴う場合には肯定文に肯定、否定文に否定の付加疑問がつき強調されることがあります。これは共感疑問文と呼ばれます。

ただし、文法的に正しいかどうかの議論も分かれるため通常はあまり使われません

複合代名詞が主語のときの付加疑問

(25) Nothing is important, is it?
何も重要ではないですよね?

(26) Nobody benefits from this, are they?
これでは誰も得をしませんよね?

-thing-body などの複合代名詞を付加疑問にする場合、代名詞が複合代名詞によって変わります

(25)のように nothing, everything などの場合は it で受け、(26)のように nobody, everybody などの場合は they で受けます。

またこれらの例文は否定語が含まれているため否定文扱いされ、付加疑問は肯定になっています。

付加疑問と似た使い方をする表現

(27) You are a student, right?
あなたは生徒だよね?

(28) This is yours, correct?
これはあなたのものだよね?

ネイティブの日常会話などでよく登場する確認の表現として , right? があります。これは付加疑問と同じように平叙文・命令文の後ろにつけることで「〜だよね」という意味を加えることができます。

また、, correct? はより固く高圧的な表現にはなりますが同様に使うことができます。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題で定着度を確認しましょう。

練習問題

問1 以下の文に付加疑問をつけなさい。

(1) It is very beautiful.

(2) There are many books in this room.

(3) Don’t be noisy.

問2 次の文章を日本語に訳しなさい。

(1) You can fly, can’t you?

(2) Let’s go back to work, shall we?

(3) I think that he is genius, isn’t he?

解答

問1

(1) It is very beautiful, isn’t it?

(2) There are many books in this room, aren’t there?

(3) Don’t be noisy, will you?

問2

(1) あなたは飛べるよね?

(2) 仕事にもどろう。

(3) 彼は天才だと思うんだけど。

これで君も付加疑問文マスターだ!!

人気記事