助動詞should|意味や用法・ought toとの違いまで例文・問題付きで解説

更新日時 2021/10/17

should は助動詞の仲間です。

こちらの記事で助動詞の基本的なルールを説明しています。

似た意味の表現として、ought tohad better があります。下の記事で解説しています。

目次
  • shall と should

  • 助動詞 shouldのコアイメージ

  • shouldの用法と意味

  • should の義務・助言、確信・推量の見分け方

  • 助動詞 should の疑問形

  • that節内で用いられる should

  • 〈should+have+過去分詞〉

  • should の言い換え「ought to」

  • 【大学受験英語対策】練習問題

shall と should

should は文法上、shall の過去形とされます。
しかし should の意味が shall を過去にしたものというわけではなく全く違う使われ方をするので、別物と捉えたほうがよいです。

shall については下の記事でも解説しています。

助動詞 shouldのコアイメージ

should のコアイメージは 当然です。
これまでの経験を考えて、常識的にはこうなる
というニュアンスで、話し手の常識を表します。

以下では、ここから派生した具体的な用法をみていきましょう。

shouldの用法と意味

should の用法には、基本的に

  • 義務・助言
  • 確信・推量

があります。
以下で一つずつ説明していきます。

義務・助言

(1) You should be more careful.
君はもっと気を付けるべきだ。

(2) You should not (shouldn’t) park your bike here.
ここに自転車を止めてはいけない。

(1)のように
「~すべき、~した方がよい」
という義務・助言の意味で使われます。

話し手の中にはそれを提案するに至った理由があることを暗に示しています。

また(2)のように should not と否定形で用いると「~すべきではない、~しないほうがよい」という意味になります。

確信・推量

(3) He should be in Nagoya.
彼は名古屋にいるはずだ。

(4) Lisa should be his girlfriend.
リサは彼の彼女に違いないだろう。

例文のように 「~のはずだ、~するはずだ」 という確信・推量の意味になります。

話し手の期待が含まれる推量です。
should の推量は、must や will よりも確信度は低いです。

下の記事では must や will についても解説しています。

その他の用法

上の2つ以外に、いくつか用法があります。

(5) We’ve done a pretty good job, I should say.
なかなかいい仕事ができたといえるのではないでしょうか。

(6) How should I know?
どうして私が知っているのですか。

(7) I should think (that) his parents are terribly upset by the news.
彼の両親はその悪い知らせにきっとひどくうろたえているに違いない。

(8) Should you change your mind, please call me.
万が一あなたの気が変わることがあれば、私に連絡してください。
(=If you should change your mind, please call me.)

(5)のように、I should say を文末に置くことで、自分の発言に自信がないことを表せます。ためらいや、謙虚な気持ちを伝えることができます。

(6)は、疑問詞とともに用いて意外性・困惑を示す用法です。

(7)は、事実の裏付けがあってそう判断されるときに使われる I should think という表現です。

(8)のように〈Should + 主語 + 動詞の原形〉と倒置の形をとることで、
万が一~ならば」という意味を表します。
これは仮定法の if 節で、if の代わりに should を用いた場合と同じ意味です。

should の義務・助言、確信・推量の見分け方

(9) You should keep the secret.
君は秘密を守るべきだ。

(10) It should be very hot in summer in Hamamatsu.
浜松の夏はきっと非常に暑いはずです。

(11) According to the weather forecast, it should be clearing up by now.
天気予報によれば、今頃ははれ上がっているはずなのですが。

should の用法で、義務・助言と確信・推量の見分けについては、

(9)のように、後ろの動詞が動作動詞なら義務・助言
(10)や(11)のように、後ろの動詞が状態動詞、動作動詞の進行形なら確信・推量を表すことが多いですが、
文脈から判断して意味を見分けることが基本的です。

助動詞 should の疑問形

(12) Should I go to school?
私は学校に行くべきなの?

例文のように 「should + S + V ~?」 の形で疑問文にします。

返答については、
**Yes, you should./No, you should not.**が考えられます。

that節内で用いられる should

  • 感情や主観的判断を表す形容詞に続くthat節の中
    (13) It is natural that she should be diappointed.
    彼女が落ち込むのも当然だ。

  • 必要性や重要性を表す形容詞に続くthat節の中
    (14) It is important that we (should) share information.
    我々が情報を共有することが大切だ。

  • 提案や要求を表す動詞に続くthat節の中
    (15) She proposed that we (should) decide by majority.
    彼は私たちが多数決で決めることを提案した。

上の3つの例文のように that節内で用いられる should は
事実だけでなくこれまでの経緯を含ませたいとき
に用いられます。

そのため文章が主観的なニュアンスを持つようになります。
事実をただ単に羅列したいだけのときには should は使いません。

また、このような should は「~するべき」や「~のはず」といった意味は含まれません。

〈should+have+過去分詞〉

(16) I should have gone to the party last night.
昨晩のパーティーに行けばよかった。

(17) You should have not been angry at that time.
あなたはその時怒るべきではなかった。

(18)She should have arrived at the hotel by now.
彼女は今ごろホテルについているはずだ。

(16)のように、〈should + have + 過去分詞〉とすることで 「~すべきだった(のにしなかった)」 という過去への後悔・非難の意味を表すことができます。

(17)のように否定系で用いると、「~すべきではなかった(のにした)」 という意味になります。
これは、過去にその行為が良しとされていなかったということなので、過去の禁止のような意味とも捉えることができます。

また(18)のように、「〜したはずだ、〜だったはずだ」 という過去への確信・推量の意味を表すこともできます。

should の言い換え「ought to」

(19) You ought to give up smoking.
あなたはタバコをやめるべきだ。

should の言いかえに ought to という表現があります。
意味の違いとして、should が主観的なニュアンスを持つ一方で、
ought to は客観的なニュアンスで使われます。

しかしこの表現は堅苦しいもので、使われる頻度は少ないです。

ought to についてはこちらの記事でも解説しています。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文を訳しなさい。
It should be clear.

問2 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
I suggested that( )( )quit school.
私は彼女が学校をやめることを提案した。

問3 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
He ( ) more careful.
彼はもっと気を付けるべきだった。
1.must be
2.will
3.should be
4.should have been

解答

問1
それは明らかなはずです。
(解説)
should の後に be が使われているので推量の用法で訳します。

問2
she should
(解説)
問題文中の suggest は提案する動詞に当てはまります。( )が2個あるので、that節中では should を用いて、she should とします。

問3
4
(解説)
訳に「~べきだった」とあるので、過去への後悔の意味を表す should have been がふさわしいです。

should は仮定法でもよくお世話になる助動詞です。

人気記事