be able toとは|canとのニュアンスの違い・使い分けを例文付きで解説

更新日時 2021/10/17

この記事では、be able to とは何か、また can との違いについて解説します。

can について解説した記事はこちらです。

目次
  • be able to と can どちらも使える場合

  • be able to を使うタイミング

  • canを使うタイミング

  • 過去形で「できた」と言いたい場合

  • 【大学受験対策】練習問題

be able to と can どちらも使える場合

(1) I can play tennis.
I am able to play tennis.
私はテニスができる。

can と同じく、be able to も 「~することができる」 という能力・可能を表せます。

一般的に can は口語体含め広く使われ、be able to は文章など堅い文で好まれます。

そのため、現在時制ではどちらも使えますが、can を使うほうが普通です。

be able to を使うタイミング

他の助動詞を使いたい場合

(2) You will be able to see the stars tonight.
今夜、星を見ることができるでしょう。

(3) He should be able to play basketball.
彼はバスケットボールをできるようになるべきだ。

例のように、will、 should など 他の助動詞を伴うときは be able to を使います。

完了形を用いる場合

(4) I haven’t been able to contact her.
彼女と連絡が取れていない。

完了形の have の後には過去分詞しか使えないため、
完了形とともに使われる場合は can の代わりに be able to do を使います。

不定詞を伴う場合

(5) I want to be able to play the violin.
バイオリンを弾けるようになりたい。

to の後は動詞の原形でないといけないので、
不定詞の後ろで「~できる」と言いたい場合は be able to を使います。

否定形

(6) She was unable[wasn’t able] to sleep because of the noise.
彼女はその騒音のせいで眠れなかった。

例のように「~できない」をbe not able to だけでなく
be unable to で表すことができます。

canを使うタイミング

be able to は無生物を主語にしない

(7) No book can teach you to swim.
どんな本も泳ぎ方は教えてくれない。

× No book is able to teach you to swim.

このように主語が「もの」、「こと」の場合は can を使います。

受動態での可能は can

(8) He can be persuaded easily.
彼は説得されやすい。

× He is be able to be persuaded easily.

be able to は be動詞 を使った表現なので、受け身の形にすることはできません。そのため、可能の意味を受動態で出したいときは、例文のように can を使います。

過去形で「できた」と言いたい場合

can の過去形は、一般的に could であるといわれますが、
could は仮定法において「~できるのに(実際はしていない)」という意味もあり、同じ文に2つの解釈が発生する場合があります。

また「~できた」と過去形で言いたい場合は、
was[were] able to
と、be able to の動詞の部分を過去形にすることでも対応できます。

could と was[were] able to の違い

(9) My mother could speak four languages.
私の母は4か国語を話すことができました。

× My mother was able to speak four languages.

(10) I could smell those red flowers.
あの赤い花の香りがしていたよ。

× I was able to smell those red flowers.

(11) I didn’t study very much, but I was able to[managed to] get good results in the test.
あまり勉強はしていなかったが、テストでいい成績をとれた。

× I didn’t study very much, but I could get good results in the test.

上で述べた could と was[were] able to の違いについてですが、

could が(9)、(10)のように 「一定期間持っていた能力」
また 「知覚に関するできたこと」 を表します。

一方、was able to は、(11)のように 「過去に一度だけできたこと」 を表します。また managed to でも代用できます。

ちなみに couldn’t は一度きりできたことに対しても使用が可能です。

【大学受験対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文の誤っている部分を訂正しなさい。
Was you able to pass the exam?

問2 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
A big earthquake ( ) cause a big Tsunami.
1.will be able to 2.is 3.can 4.is able to

問3 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
He( ) catch the train just before it left.
1.can 2.could 3.managed to 4.used

解答

問1
×Was Were
(解説)
名詞と動詞の単複が一致しているかは日ごろから気をつけましょう。

問2
3. can
(解説)
earthquake(地震)は無生物主語なので、be able to は使えません。 そのためcanを使用します。

問3
3. managed to
(解説)
電車にぎりぎり間に合ったという出来事はその場一回限りのことなので、could ではなく managed to が正しいです。

ネイティブは、自分のことをちょっと自慢したいときに be able to を使うようです。

人気記事