助動詞canの使い方|基本的な意味や用法、過去形などを例文とともに解説

更新日時 2021/10/17

can は助動詞の仲間です。

こちらの記事で助動詞の基本的なルールを説明しています。

また似たような表現の be able to について解説はこちらです。

目次
  • canのイメージは「できる」と「ありうる」

  • canの具体的な用法

  • canの否定形、過去形、未来形、疑問形

  • 定型表現

  • 【大学受験対策】練習問題

canのイメージは「できる」と「ありうる」

助動詞 can が持つイメージは、
「実現可能であること」「根拠に基づいた可能性」 です。

ここから派生して

  • 能力・可能
  • 推量
  • 許可
  • 依頼
  • 命令

の用法があります。話し手の感覚によって can の意味は多様だということです。

以上のことを頭において具体的な用法をそれぞれ確認していきましょう。

canの具体的な用法

能力・可能

(1)She can play the piano.
彼女はピアノが弾ける。

(2)I can come to the party tomorrow.
明日、パーティーに行くことができます。

(1)のようなcanは
~することができる(能力がある)
ということを表します。

(2)のようなcanは
(周囲の状況から) ~することができる(可能である)」
ということを表しています。

推量

(3) An accident can[could] happen at any time.
事故はいつでも起こりうる。

(4) Can[Could] the rumor be true?
その噂本当?

(5) The rumor can’t[couldn’t] be true.
その噂が本当なはずがない。

(3)のようなcanは
~はあり得る
という可能性を表します。could を使ったほうが確信度は低くなります。

(4)のようなcanは
~はあり得るだろうか
という強い疑いを表しています。could を使ったほうが確信度は低くなります。

(5)のようなcan’tは
~のはずがない
という強い否定的な推量を表しています。couldn’t を使ったほうが確信度は低くなります。

許可

(6) You can use my cell phone.
私の携帯電話を使ってもいいですよ。

(7) You can go this way.
この道を行ってもいいですよ。

例文のような can は 「~してもよい」 という許可を表します。

依頼

(8) “Can(Could) you open the door?” “Of course.”
「ドアを開けてくれる?(くれますか?)」「もちろん。」

(9) Can[Could] you give me a seat?
席を譲ってくれない?(くれませんか?)

例文のような can は
~してくれますか(いただけますか)
という依頼を表します。

命令

(10)You can get out from here.
ここから出ていってくれていいのよ。

(11)You can give me a call next morning.
明日の朝私に電話するように。

以上のようなcanは 「~してくれてもいいのよ(しなさい)
という命令を表しています。

canの否定形、過去形、未来形、疑問形

否定形

(12) She cannot[can’t] play the piano.
彼女はピアノが弾けない。

She can not play the piano.

can の否定形は cannotのようにつなげて書くことが通例です。

can’tもよく使われますが、これは cannot よりもくだけた表現で、会話文などでよく使われます。

過去形

(13) I could play the guitar.
私はギターを演奏することができていた。

can の過去形は could です。省略形は couldn’t となります。

could と was[were] able to の違い

could は過去形で用いられる以外にも、仮定法において「~できるのに(実際はしていない)」という意味で用いられます。したがって、could を使った場合1つの文に2つの解釈が発生する場合があります。

これをなるべく避けるため、「~できた」と過去形で言いたい場合は was[were] able to を使用するほうが望ましいです。

(14) My mother could speak four languages.
私の母は4か国語を話すことができました。

× My mother was able to speak four languages.

(15) I didn’t study very much, but I was able to get good results in the test.
あまり勉強はしていなかったが、テストでいい成績をとれた。

I didn’t study very much, but I could get good results in the test.

上で述べた could と was[were] able to の違いについてですが、

could が 「一定期間持っていた能力」 を表します。

一方、was able to は 「過去のあるタイミングでできたこと」 を表します。

be able to についての記事でも詳しく説明しています。

未来形

(16) You will be able to see the stars tonight.
今夜、星を見ることができるでしょう。

上でも軽く触れましたが、can の未来形は存在しません。 そのため、
〈will + be able to + 動詞の原形〉
で代用します。

be able to についての解説はこちら

疑問形

(17) Can[Could] you play baseball?
野球できる?

上記のように 〈Can + 主語 + 動詞の原形〉 の語順で疑問形になります。

また「Can you ~?」に対する答え方は

「Yes, I can.」「No, I can’t.」

が一般的です。

定型表現

cannot do … enough[too much]

(18) I cannot respect him enough[too much].
いくら彼のことを尊敬してもしすぎることはありません。

いくら~してもしすぎることはない」 という訳が一般的です。

どれだけ~しても~が足りません、だからもっと~します
といったニュアンスです。

cannot help ~ing

(19) I cannot help remembering my grandmother by seeing the picture.
その写真を見ると私の祖母のことを思い出さざるを得ません。

~せざるを得ない」 という意味で使われます。

したいわけではないですけど、(反射的に)そうなってしまう
~することを避けられない
というニュアンスです。

cannot possibly

(20) I can’t possibly do such a thing.
私には到底そんなことはできない。

上の例のように 「とうてい~できない」 という意味を表します。

【大学受験対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文を和訳しなさい。
Can I use your bicycle?

問2 次の英文の誤っている部分を訂正せよ。
He can did his homework completely.

問3【センター過去問】次の文の( )の中に、適する語を以下から選択しなさい。
Don’t go too far out from the shore in that small boat. (  )
[92本-問17]

1.It cannot be in danger.
2.It could be dangerous.
3.You wouldn’t be dangerous.
4.You’d be out of danger.

解答

問1 
あなたの自転車を使ってもよいですか。
(解説)
ここでの can は許可での訳が一番適当だと考えられます。

問2
**×can did
was able to do**
(解説)
助動詞のルールとして後ろに来る動詞は原形です。また「宿題ができた」というのは一度で完結することなので、couldよりwas able to のほうが好ましいでしょう。

問3
2.could
(訳)
そんな小さなボートで岸から離れすぎてはいけない。
(解説)
( )に入る文は、前の文の理由を述べています。
普通に考えると、「危険なので、いけない」。

1.cannot~(~であるはずはない)で、「危険であるはずはない。

2.could~(~かもしれない、推量)で、「危険かもしれない。

3.wouldn’t~(~でないだろう)で、「君は危険でないだろう。

4.You’d~=You would~で、「君は危険から逃れるだろう。

このように、危険であるという内容を示すのはcouldだけだとわかります。

筆者は高校時代、先生にcouldはcanの過去形と思うな!と言われました。それは悪い指導法ではなかったのですが、たまにcouldをちゃんとcanの過去形として使う問題が出てきて困惑したことがあります。

人気記事