had betterとは|使い方や「〜すべき」を意味するshouldとの違いを解説

更新日時 2021/10/17

この記事では、had better とは何か、また助動詞 should との違いについて解説します。

こちらの記事で助動詞の基本的なルールを説明しています。

should について解説した記事はこちらです。読み比べていただくことで理解が深まると思います。

また似たような表現として ought to も存在します。 下の記事をご覧ください。

目次
  • had better の意味・使い方

  • had better と should

  • had better の否定形

  • had better の疑問文

  • 過去は〈should+have+過去分詞〉で代用

  • 【大学受験対策】練習問題

had better の意味・使い方

命令・忠告

(1) You had better go to school.
学校に行きなさい。(行くのがよい。)

例文のように「~しなさい、するのがよい」という命令・忠告の意味になります。

また had better の直後の動詞は必ず原形で使います。

had better と should

had better は should の言いかえ表現と説明されることもしばしばあります。しかしこの2つの意味には少しズレが有ります。

should は自分の意見やアドバイスを伝えたいときなどに使います。

一方で、had better は
「それをしないとあなたに何か悪いことが起こるから…」といった脅迫じみたニュアンスを含み、使い方によっては相手の反感を買う可能性があります。

(2) You should go to see a doctor.
(3) You had better go to see a doctor.

例えば上記の例文だと

(2)では個人的に医者に診てもらった方がいいことをアドバイスしている感覚ですが、

(3)では医者に診てもらわないと大変なことになるといったニュアンスになります。

文頭に I think をつけたり、短縮して You’d better として用いたりすれば、こういった強い意味を持つ had better の表現を少し和らげることができます。

had better の否定形

(4) You had better not play in the river.
川の中で遊ぶべきではない。

例文のように「had better not」という形にします。

not の位置は文法問題でよく問われるポイントなので、しっかり覚えておきましょう。

had better の疑問文

(5) Had I better do this homework first?
この宿題をはじめにした方がよいですか。

(6) Do you think I had better do this task first?
この宿題をはじめにした方がよいと思いますか。

had better を用いて疑問文にする場合は、(5)のように had だけを文頭に持っていきます。

ただしこの使い方は一般的ではなく、(6)のように Do you think を文頭に用いて疑問形にしたり、 should の疑問文で代用する方がよくみられます。

過去は〈should+have+過去分詞〉で代用

(7) He should have done his homework.
彼は宿題をすべきだったのに。

had better の意味を過去形で表したい場合に、〈had better + have + 過去分詞〉を使うことはできますが、非常に古風な言い回しで現在使われることはほとんどありません。

代用表現として**〈should + have + 過去分詞〉**の形にすると、例文のように「~するべきだったのに」という過去の義務、推量について述べる意味になります。

こちらのhaveの位置も、よく文法問題で問われるポイントなので押さえておきましょう。

【大学受験対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文を訳しなさい。
You had better leave here.

問2 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
You( )say your opinion about that problem.
(訳)あなたはその問題について意見を述べないのがよい。
1.not had better
2.had not better
3.had better not

問3 次の英文で( )の中の語句を並び替えなさい。
You ( better / listen / to / had )me.
(訳)私の話を聞きなさい。

解答

問1
あなたはここを去るのがよい。
(解説)
had better の訳、ニュアンスをもう一度確認しておきましょう。

問2
3 had better not
(解説)
had better の否定形は had better not です。

問3
had better listen to
(解説)
〈had better + 動詞の原形〉を徹底しましょう。

表現が思いつかないときなどに一つの表現を多用してしまうこともあると思いますが、had better のように強いニュアンスが含まれていることもあるので、それをわかったうえで使うことが自然な英語を作ることにつながるでしょう。

人気記事