have toとは|意味や使い方、助動詞mustとの違いや使い分けまで例文で解説

更新日時 2021/10/17

この記事では、have to とは何か、また助動詞 must との違いについて解説します。

こちらの記事で助動詞の基本的なルールを説明しています。

must について解説した記事はこちらです。読み比べていただくことで理解が深まると思います。

目次
  • have to の意味・使い方

  • have to の疑問形の作り方

  • must との違い・使い分け

  • have to の言い換え表現

  • 【大学受験対策】練習問題

have to の意味・使い方

義務・必要

(1) I have to wear glasses for going somewhere.
どこかに行くにはメガネをかけなくてはならない。

have to は例文のように 「~しなければならない」 という義務・必要の意味を表します。

不必要(否定形のとき)

(2) I don’t have to wear glasses for going somewhere.
どこかに行くのにメガネをかける必要はない。

(3) You don’t have to wear a suit.
スーツを着用しなくても結構です。

have to を否定形で用いると不必要の意味で用いることができます。訳は「~する必要はない」となります。

推量(まれな用法)

(4) You have to(must) be kidding.
冗談でしょう。

(5) You can’t be serious.
冗談でしょう。

あまり有名な用法ではありませんが、have to は 助動詞 must の断定の用法「~に違いない」と同じように使うことが出来ます。

この意味で使う時には後にbe動詞が続くことが多いです。

ただし「~でないに違いない」と否定形にしたい時には、have to も must も使えません。その代わり(5)のように can’t を使います。

must の推量用法については must の記事で詳しく解説しています。

have to の疑問形の作り方

have to は助動詞 must とよく比較される表現ですが、have to 自体は助動詞ではなく、一般動詞 have を用いた表現です。

そのため、一般動詞と同じように、<Do+主語+have to+動詞の原形〜?>で疑問形を作ることができます。

(6) Do you have to do your homework through the night?
宿題を徹夜でしなければならないのですか?

(a) Yes, I do.
はい、そうです。(その必要があります。)

(b) No, I don’t.
いいえ、違います。(その必要はありません。)

have to を使った疑問文に対する回答の方法としても、一般動詞の疑問文への回答として考えることができます。

上の例のように、
肯定であれば<Yes, 主語 do[does].>
否定であれば<No, 主語 don’t[doesn’t].>
で回答することができます。

must との違い・使い分け

must は主観的、have to は客観的

(7) I have to hand in this homework by next Monday.
この宿題を来週の月曜日までに提出しなければなりません。
誰かの拘束による義務

(8) You must attend the meeting tomorrow.
あなたは明日そのミーティングに出席すること。
話し手による強制

have to客観的な拘束による義務を表します。 外部から影響を及ぼす要因を意識させる表現です。

一方 must は話し手の意思・命令などが含まれ、主観的な場合に使われます。そのため強い指示や規則において使われるケースが多く、聞き手が反感を持つ可能性もあります

例えば must を使った(8)においては、ニュアンスとして
「あなたの状況や意見は知らないが、私があなたは出席しないといけないと思うから出席しなさい!」
という強いものになってしまいます。

そのため、他人を主語にして必要や義務を伝える場合は have to を使うことが望ましいです。
ただ、「I」 を主語にする場合には自分の決意を強く表すものなので、人に反感を与えることは少ないです。

意味が柔らかく、口語でよく使われるのは have to です。
must は主観的に使うと述べましたが、例外として、強い規則や説明書などの堅い文書の中では must が使われます。

「義務」の過去・未来・完了形は have to

(9) I had to do my homework through the night.
宿題を徹夜でしなければならない。

(10) He will have to make up his mind by tomorrow.
彼は明日までに決断しなければならないでしょう。

(11) I have had to wait for ten years.
10年の間、待ち続けてこなくてはなりませんでした。

mustは語形変化がなく、基本的に現在時制以外では義務の意味で使うことができません。

一方、一般動詞の have を使っている have to は例文のとおり、
現在時制のほかに、過去・未来・完了形でも使われます。

have to と must の否定形は意味が異なる

(12) You don’t have to wear a suit.
スーツを着用しなくても結構です。

(13) You must not wear a suit.
スーツを着用してはいけません。

don’t have toでは
「~する必要はない」 という不必要を表す一方、

must notでは
「~してはいけない」 という禁止を表します。

このように、have to と must の否定形は意味が大きく異なるので注意が必要です。

have to の言い換え表現

need to

(14) I need to study French.
私はフランス語を勉強する必要があります。

(15) I don’t need to study Germany.
私はドイツ語を勉強する必要がありません。

(16) I needed to study Spanish.
私はスペイン語を勉強する必要がありました。

(17) Do I need to study Chinese?
私は中国語を勉強する必要がありますか?

need to にも「~する必要がある、~しなければならない」という意味があり、have to や must と同様に使えます。
ニュアンスとしては have to に近いです。
過去形や疑問形も上の例文の通り、通常の動詞と同様の使い方をします。

have got to

(18) You have got to wear a suit.
スーツを着用する必要があります。

×You will have got to go to the university.
×I had got to study Spanish.
×Have I got to wear this suit?
×You don’t have got to wear this suit.

have to と同意の表現として have got to も存在します。
口語においてよく使われる表現です。

ただし、この表現は現在形の肯定文限定であり、例文のように過去形や未来形、また現在形でも疑問文や否定文では使うことはできません。

【大学受験対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文で誤っている部分を訂正しなさい。
You will must go to the university.

問2 次の英文の太字の部分を言い換えなさい。
You don’t need to do this task.

問3 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
You( )say your opinion about that problem.
(訳)あなたはその問題について意見を述べなければならない。
1.have got to
2.can
3.must not
4.will

解答

問1
**×will must
will have to**
(解説)
must は助動詞なので他の助動詞と一緒に使うことはできません。
このような場合は have to を使いましょう。

問2
don’t have to
(訳)
あなたはこの仕事をする必要はない。
(解説)
need to を否定形で使っているため、不必要を表しています。その意味を表すことのできる don’t have to がふさわしいです。must not をつかうと禁止の意味になり、「仕事をしてはいけない」という意味に変わってしまいます。

問3
1. have got to
(解説)
訳を見ると「意見を述べなければならない」と必要の意味を表しているので、その意味に合致するのは have to の言いかえ表現である have got to しかありません。

must は上から目線と捉えられてトラブルの元になりうるので気を付けましょう。

人気記事