ought toとは|意味や使い方、shouldとの違い・使い分けまで例文で解説

更新日時 2021/10/17

この記事では、ought to とは何か、また助動詞 should との違いについて解説します。

こちらの記事で助動詞の基本的なルールを説明しています。

should について解説した記事はこちらです。読み比べていただくことで理解が深まると思います。

また似たような表現として had better も存在します。 下の記事をご覧ください。

目次
  • ought to の意味

  • ought to と should

  • ought to の否定形

  • ought to の疑問文

  • 過去は〈ought to+have+過去分詞〉で表す

  • 【大学受験対策】練習問題

ought to の意味

義務・助言

(1) You ought to go to school.
あなたは学校に行くべきだ。

例文のように「~すべきだ」となり、should の義務・助言用法と同じ訳になります。

推量

(2) He ought to be her boyfriend.
彼は彼女の彼氏であるはずだ。

例文のように「~のはずだ、するはずだ」となり、should の推量用法と同じ訳になります。

ought to と should

上記のように ought to は should の言いかえ表現とされるのが一般的です。しかしこの2つの意味には少しズレが有ります。

should は主観的なニュアンスを持ち、主に個人的な意見を言う際に用いられます。

一方で、ought to は客観的なニュアンスで使われ、客観的な見解を述べるときに使われることが多いです。

(3) You should go to bed early.
(4) You ought to go to bed early.

例えば上記の例文だと
(3)では個人的に早寝したほうがいいことをアドバイスしている感覚ですが、

(4)では何か明確な理由があって義務として早寝することを伝えているニュアンスになります。

短縮形「oughta」

会話などにおいて ought to を短縮して oughta(オータ)として用いる場合があります。

これは砕けた表現なので、文章や真面目な会話では should を使うほうが無難です。

ought to の否定形

(5) You ought not to play in the river.
川の中で遊ぶべきではない。

例文のように「ought not to」という形にします。

不定詞to V の否定形と同じように変形すると考えるのが良いかもしれません。

(6) I tried not to make a mistake.
(7) You ought not to make a mistake.

not の位置は文法問題でもたびたび問われるポイントなので、しっかり覚えておきましょう。

ought to の疑問文

(8) Ought I to do this task first?
この仕事をはじめにするべきですか。

(9) Do you think I ought to do this task first?
この仕事をはじめにするべきだと思いますか。

ought to を用いて疑問文にする場合は、(8)のように ought だけを文頭に持っていきます。

ただしこの使い方は一般的ではなく、(9)のように Do you think を文頭に用いて疑問形にする方がよくみられます。

過去は〈ought to+have+過去分詞〉で表す

(10) He ought to have done his homework.
彼は宿題をすべきだったのに。

(11) She ought to have been here by now.
彼女はもうここにここにいるはずなのに。

ought to に過去形は存在せず、現在形しかありません。

ただし**〈ought to + have + 過去分詞〉**の形にすると例文のように
~するべきだったのに」、「当然~しているはずだ
という過去の義務、推量について述べる意味になります。

こちらのhaveの位置も、よく文法問題で問われるポイントなので押さえておきましょう。

【大学受験対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文の太字部分を言い換えなさい。
You ought to leave for Tokyo.

問2 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
You( )say your opinion about that problem.
(訳)あなたはその問題について意見を述べるべきではない。
1.not ought to
2.ought not to
3.ought to not

問3 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
You ( )( )( )taken my advice.
(訳)君は私の忠告を聞くべきだった。

解答

問1
ought to → should
(解説)
ought to の言いかえは should です。

問2
2 ought not to
(解説)
ought to の否定形は ought not to です。

問3
ought to have
(解説)
過去についての義務・助言のような意味を表す文章なので、
〈should+have+過去分詞〉や〈ought to+have+過去分詞〉が当てはまります。
ここでは過去分詞 taken の前に3つ空欄があるので、ought to の過去表現を用いましょう。また、have の位置に注意してください。

ought to は文語的な表現であり、ネイティブはあまり使わないようです。

人気記事