英語の第3文型(SVO)|文の作り方や動詞一覧、SVCとの見分け方まで徹底解説

更新日時 2021/09/21

この記事では、英語学習の基礎である文型のうちSVO、つまり第3文型とは何か、構造や使い方、SVC(第2文型)との違いについても説明します。

目次
  • SVO(第3文型)とは

  • 第3文型で使う動詞一覧と例文

  • 第3文型で目的語になれる要素

  • SVC(第2文型)との違い、見分け方

  • 【大学受験英語対策】練習問題

SVO(第3文型)とは

SVOとは(第3文型)、端的に言うと「SはOをVする」という意味を作る文型のことです。

文型についてまだ学習していない方は、まず以下の「英語5文型まとめ」の記事をご覧になってください。

SVOの構造

SVOは第3文型と呼ばれ、「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」から成ります。

SVOでは動詞(V)の後に目的語(O)が来ます。この目的語には名詞(名詞、代名詞)や動名詞、to不定詞、句、節が入ります。

このように、後ろに目的語を必要とする動詞のことを 「他動詞」 と言います。SVOでは文型として目的語(O)が使われることが決まっていて必ず動詞の後ろに目的語が来るので、使われる動詞は必ず他動詞です。

他動詞について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
→現在作成中

以下のSVOの例文を見て、「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」の構造になっているか確認してみましょう。主語を斜体、動詞を下線、目的語を太字で表しています。

(1) I love you.
私はあなたを愛している。

(2) He learns English.
彼は英語を学ぶ。

(3) I want something to drink.
私は何か飲むものが欲しい。

(4) Nick made cookies for his sister.
ニックは妹のためにクッキーを作った。

(5) Mary speaks German.
メアリーはドイツ語を話す。

(6) I want to be a doctor.
私は医者になりたい。

(4)に、主語、動詞、目的語のどれでもない部分「for his sister」があります。これは修飾語(M) といって、文型には含まれませんが、文章をより詳しく説明するために付け加えられます。

第3文型で使う動詞一覧と例文

先ほどあったように、SVO(第3文型)で使われる動詞は全て他動詞です。ここでは、SVOで使われる主な動詞を一覧にしたので是非覚えて、自分でも例文を作ってみてください。

動詞 意味
allow 許可する
ask 尋ねる
begin 始める
bring 持ってくる
buy 買う
catch 捕まえる
drink 飲む
eat 食べる
enjoy 楽しむ
give 与える
have 持つ
know 知っている
like 好きである
learn 学ぶ
love 愛する
make 作る
mary 結婚する
meet 会う
need 必要とする
open 開ける
play 遊ぶ、スポーツや楽器をする
put 置く
read 読む
say 言う
sing 歌う
speak 話す
start 始める
study 勉強する
tell 伝える
use 使う
visit 訪れる
want 欲しい

主語:斜体、動詞:下線、目的語:太字

(1) I asked him about his job.
私は彼に職業について尋ねた。

(2) Bob likes to play soccer.
ボブはサッカーをするのが好きだ。

(3) I know who is the criminal.
私は誰が犯人か知っている。

(4) Sally loves her cat.
サリーは彼女の猫を愛している。

(5) Every classmate except me speaks English.
私以外の全クラスメイトは英語を話す。

(6) I met one of the richest men in Japan yesterday.
私は昨日、日本屈指のお金持ちのうちの一人と会った。

(7) They visit Kyoko on a school trip.
彼らは修学旅行で京都に訪れた。

第3文型で目的語になれる要素

第3文型には目的語が来ますが、目的語は動詞の行為の対象であるため、目的語になれる要素は基本的に名詞代名詞です。

しかしそれに加えて名詞的な扱われ方をする動名詞やto不定詞、句・節も目的語になれます。

名詞・代名詞

名詞・代名詞は目的語としてよく使われる要素です。

(1) He ate a piece of cake.
彼はケーキを一切れ食べた。

(2) The story surprised me.
その話に私は驚いた。

例文(1)は目的語に「a piece of cake」という名詞が来ています。例文(2)では目的語に「me」という代名詞が来ています。

動名詞

動名詞とは、「walk→walking」のように動詞の原形の語尾に「ing」を付けたものです。動名詞は「~すること」という意味を持つので名詞的に扱われ、目的語になれます。

(1) I like having lunch at this restaurant.
私はこのレストランでランチをすることが好きだ。

(2) We enjoyed fishing in the river.
私たちは川で釣りを楽しんだ。

例文(1)は目的語に「having lunch」という動名詞(句)が、例文(2)では「fishing」という動名詞が来ています。

動名詞についてはこちらの記事で詳しく説明しています。
→現在作成中

to不定詞の名詞的用法

to不定詞とは、「to+動詞の原形」の形をとると、名詞的・形容詞的・副詞的に使われるという文法事項です。

  • 名詞的用法:~すること
  • 形容詞的用法:~するための
  • 副詞的用法:~するために

という風に訳します。

この中で「~すること」と訳す名詞的用法は目的語になることができます。

(1) My dog likes to run in the yard.
私の犬は庭を走り回ることが好きだ。

(2) I decided to keep a diary.
私は日記をつけると決めた。

to不定詞の名詞的用法についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

名詞句・名詞節(that節など)

句とは「主語(S)+動詞(V)」を含んでいない単語のまとまりで、節とは「主語(S)+動詞(V)」を含んでいる単語のまとまりです。名詞句名詞節は、名詞として働く句・節のことです。

名詞句でよく目的語になるのは、「疑問詞+to不定詞」です。例えば、「how to do(どのようにするか)」、「what to do(何をするか)」、「when to go(いつ行くか)」という風に使います。

名詞節でよく目的語になるのは、that節whether節if節間接疑問文などです。

(1) I know that he passed the exam.
私は彼が試験に通ったことを知っている。

(2) I told whether she passed the exam to her.
私は彼女が試験に受かったかどうかを伝えた。

(3) I don’t know if he will come in time.
私は彼が時間に来るかわかりません。

(4) I asked why Lisa left the room.
私はなぜリサが部屋を出ていったのか聞いた。

SVC(第2文型)との違い、見分け方

SVO(第3文型)と似た文型に、SVC(第2文型) があります。

SVCは、主語(S)、動詞(V)、補語©から成ります。日本語では、「SはCである」「SはCになる」という意味になります。

SVC(第2文型)についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

SVCとの違い

SVO(第3文型)とSVC(第2文型)が違う点は、動詞(V)の後に目的語(O)が来るか補語©が来るかです。

補語とは、「主語や目的語の情報を説明する語」 です。SVCにおいては、補語は主語の説明をしています。そのため、SVCでは主語(S)と補語©は=関係で結ぶことができます(S=C)

SVC(第2文型)の構造を例文を見て確認してみましょう。

主語:下線、補語:太字

(1) I am a college student.
私は大学の生徒だ。

(2) She looks happy.
彼女は幸せそうに見える。

(3) They keep silent.
彼らは黙り続けている。

(4) Misaki became a English teacher.
ミサキは英語教師になった。

これらの例文を見ると、S=Cの関係が成り立っていることが分かると思います。

一つ一つ確認してみると、(1)では「I=a college student」、 (2)では「She=happy」、(3)では「They=silent」、(4)では「Misaki=a English teacher」という風に、意味が通じます。

SVCとSVOの見分け方

SVC(第2文型)とSVO(第3文型)を見分ける方法は、「主語と動詞の後の単語を=関係で結べればSVC、結べずに動詞の目的語になっていればSVO」 です。

例文を見て実際に判別してみましょう。

(1) I asked my father about his profession.
私は父に彼の職業について尋ねた。

(2) Michael got angry.
マイケルは怒った。

(1)では、主語は「I」で動詞の後の単語は「my father」です。もちろん「I」と「my father」は=で結ぶことができないので、この文はSVO(第3文型)だと分かります。

(2)では、主語は「Michael」で動詞の後の単語は「angry」です。この文では怒ったのはマイケルなので、「Michael=angry」となります。つまりこの文は、S=Cが成り立つSVC(第2文型)だと分かります。

【大学受験英語対策】練習問題

問1 次の文章の主語、動詞、目的語がどれか示しなさい。

(1) I know what is needed for me to get good score in the exam.

(2) Spiders eat butterflies.

(3) My grandmother reads a book in a chair.

問2 次の文がSVC(第2文型)であるか、SVO(第3文型)であるか答えなさい。

(1) John bought a new smartphone for his brother.
ジョンは弟のために新しいスマートフォンを買ってあげた。

(2) Peter felt bad when he rode on the bike.
ピーターはバイクに乗った時体調が悪くなった。

(3) Harry put books on the table.
ハリーはテーブルの上に本を置いた。

問3 次の文を和訳しなさい。

(1) You need a break from your work.

(2) Josh is going to marry Mary.

(3) He started talking about his future an hour ago.

解答

問1

(1)主語:I 動詞:know 目的語:what is needed for me to get good score in the exam
訳:私は、試験でよい点数を取るために何が必要か知っている。

(2)主語:Spiders 動詞:eat 目的語:butterflies
訳:クモはチョウを捕食する。

(3)主語:My grandmother 動詞:reads 目的語:a book
訳:私の祖母は椅子に座って本を読む。

問2

(1)SVO(第3文型)
動詞の後の単語「a new smartphone」が、主語の「John」と=関係に結べないから。「a new smartphone」は動詞「bought」の目的語。

(2)SVC(第2文型)
動詞の後の単語「bad」は、主語「Peter」の状態を表していて、ピーターが体調が悪いという意味になり、二つは=関係で結ぶことができる から。

(3)SVO(第3文型)
動詞の後の単語「books」は、主語「Harry」と=関係で結べないのから。「books」は動詞「put」の目的語。

問3

(1)あなたは仕事を一休みする必要がある。
「need a break from~」で「~から一休みする必要がある」という意味になる。

(2)ジョシュはメアリーと結婚する予定だ。
「marry+(人)」で「(人)と結婚する」

(3)彼は一時間前に自分の将来について話し始めた。

第3文型は主語+動詞+目的語という頻出の文型です。目的語部分には様々はものが入り、目的語部分が長くなると文章の構造も複雑になり、訳すのが難しくなります。文型を抑えて、どこからどこまでが目的語なのかを判別できるようになりましょう。

人気記事