関係代名詞that|whichとの使い分けや接続詞thatとの違いを丁寧に解説

更新日時 2021/10/25

関係代名詞thatは非常に便利で、whichやwhoなどの代用がきくので何を使うか考える手間が省けると思うかもしれません。

しかし、英語はそう単純ではなく、thatが好まれる場合や、むしろ使うべきではない・使えない場合もあるので注意が必要です。

今回は関係代名詞thatについて例文を交えて詳しく解説していきます。

目次
  • 関係代名詞thatとは

  • 関係代名詞which・who(m)との使い分け

  • 接続詞thatとの違い

  • 【大学受験英語対策】練習問題

関係代名詞thatとは

先行詞 主格 所有格 目的格
who whose who(m)
人以外 which whose which
人・人以外 that - that

関係代名詞thatはwhich・who(m)の代わりに用いることができます。

よく使われるのが先行詞が人以外の時で、whichの代わりに用います。 先行詞が人の時はwho(m)を使うことが多いです。

主格

関係代名詞節の中で主語の役割を果たすものを主格の関係代名詞と言います。

実際に例文を見て確認しましょう。

(1) I gave her the money that was in my wallet.
私は財布の中のお金を彼女にあげた。

(2) I like the girl that sings very well.
私は歌が上手なその少女が好きです。

(1)ではthe moneyにthat以下の関係代名詞節がかかっていて、the moneyについて説明しています。

the money ← it was in my wallet

ちなみにthe moneyのように説明を受ける名詞を先行詞と言います。

関係代名詞節の中を見ると主語が抜けているので、thatがその役割を担っていると考えることができます。これが主格のthatです。

(2)についても同様で、the girl にthat以下の関係代名詞節がかかっていて、the girlについて説明しています。

the girl ← she sings very well

ちなみに主格の関係代名詞は、先行詞は人の場合はwhoを用いることが普通です。

目的格

関係代名詞節の中で目的語の役割を果たすものを目的格の関係代名詞と言います。

実際に例文を見て確認しましょう。

(3) Where is the pen that I borrowed from her yesterday?
私が昨日彼女から借りたペンはどこですか?

(4) This is the camera that I bought 3 days ago.
これは私が3日前に買ったカメラです。

(3)では、the penが先行詞で、that以下の関係代名詞節がかかっていて、the penについて説明しています。

the pen ← I borrowed it from her yesterday

関係代名詞節の中を見ると目的語が抜けているので、thatがその役割を担っていると考えることができます。これが目的格のthatです。

(4)についても同様で、the cameraにthat以下の関係代名詞がかかっていて、the cameraについて説明しています。

the camara ← I bought it 3 days ago

関係代名詞which・who(m)との使い分け

ここからは、thatが好まれる場合と好まれない場合について分けてみていきましょう。

どちらでも可能な場合

(5) I saw a bird that has red wings.
私は赤い羽の鳥を見ました。

(5’) I saw a bird which has red wings.
私は赤い羽の鳥を見ました。

(5)は、関係代名詞の主格が使われていて、先行詞のa bird について、関係代名詞節でthat has red wingsと説明されています。これをまとめると次のような特徴があります。

1.先行詞が不特定で、関係代名詞節により特定されるもの<br>2.先行詞と関係代名詞の間に「,」がない(制限用法である)

制限用法・非制限用法について知らない方はこちらの記事を参考にしてください。

thatを使うべき場合

thatを使うべき場合は先行詞が以下の条件に当てはまる場合です。

特定の1つを表している

(6) This is the only suit that I have.
これは私が持っている唯一のスーツです。

(7) This is the best movie that everyone should watch.
これはみんなが見るべき最高の映画です。

(8) My mother is the first person that found the cadaver.
私の母がその死体の第一発見者だ。

(6)~(8)のように、先行詞が人以外で、the first、the second、the lastなど、特定の1つのものであることを表す修飾語を伴う場合は、thatを用いることが多いです。

every〜、no〜、all〜などの語句に修飾されている

(9) She gave all the money that she had.
彼女は彼女が持っているすべてのお金を与えた。

(9)のように先行詞に every、no、all、any、little、much、everything、nothing、anything など 「すべて」「全く〜ない」などの意味を表す修飾語が伴う場合もthatを用いることが多いです。

先行詞が<人+人以外>

(10) She talked about the people and the things that had attracted her during his trip.
彼女は、旅行中に自分の興味を引いた人々や物事の話をした。

(10)のように、人+人以外のもの両方が先行詞となる場合も同様です。

先行詞が人の性質を表す

(11) He is not the man that he was 3 years ago.
彼は3年前の彼ではない。

(11)のように先行詞が人の性質などを表しており、関係代名詞が関係代名詞節で補語となる時も、thatをよく用います。

疑問詞whoのすぐあと

(12) Who that have seen Kasumi can forget her beauty ?
カスミを見たことがある人で、その美しさを忘れる人がいるだろうか?

(12)のように疑問詞whoの直後に関係代名詞が続く場合も同様です。

数量詞が付いている

(13) I’ll give you anything that you want.
私はあなたが欲するどんなものでもあげるつもりだ。

(14) There is nothing that can be done for broken vase.
壊れた花瓶のためにできることはなにもない。

(13)~(14)のように、先行詞にanything、nothingなどの数量詞がついている場合もまた、関係代名詞thatが好まれます。

which・who(m)を使うべき場合

逆に、thatを使うべきではない場合についても見ていきましょう。

(15)She married my brother, who she met at the university.
彼女は私の弟と結婚したが、彼女とは大学で出会ったのであった。

(16)Our math teacher, who is usually late, arrived on time today.
私たちの数学の先生は、いつも遅れてくるのに今日は間に合ってきた。

(15)のように関係代名詞の前に「,」がある用法を非制限用法と言います。この文章では、「,」のない場合(制限用法)と違ってShe married my brotherというだけで結婚相手が誰かわかります。

「,」の後では、先行詞について補足で説明しています。

thatを用いるべきでない条件をまとめると次のような特徴があります。

1.先行詞が固有名詞であることや文脈から特定でき、関係詞節がその補足説明になっている<br>2.先行詞と関係代名詞の間に「,」がある(非制限用法である)

接続詞thatとの違い

thatで混乱しがちなのが接続詞と関係代名詞のthatです。

関係代名詞のthatについてはすでに説明済みなので接続詞のthatについてみておきましょう。

接続詞のthatは同格の意味

接続詞とは、文と文、単語と単語など、文法上同じランクの要素をつなぐ役割を持つ品詞で、日本語にも存在する概念です。

接続詞のうち、複数の要素を対等な関係でつなぐのが等位接続詞、一方が他方に従属する形でつなぐのが従位接続詞です。

接続詞thatはこのうち従位接続詞にあたり、that以降に従属節となる名詞節(that節)を作ります。that節は文中で主語・補語・目的語の役割を果たします。このときthatは「〜ということ」という意味を表します。

接続詞についてより詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。
→現在作成中

やや説明が複雑になってしまいましたが、実際に例文を見ていきましょう。

(17) It is true that Bill failed the entrance exam.
ビルが入試に落ちたことは本当です。

(18)The problem is (that) you are afraid of making mistakes.
問題はあなたが失敗を恐れているということです。

(19) You still don’t figure out (that) he’s a villain.
君はまだ彼が極悪人であることに気づいていない。

(17)は、that節が主語の働きをしている例です。that節を文頭に置くと長いので形式主語のitが用いられています。

(18)は、that節がthe problemを説明する補語の働きをしています。problem以外にもfactやtroubleといった名詞の時に用いられがちで、この場合のthatは省略されがちです。

(19)は、that節が動詞figure outの目的語となっています。この場合もthatは省略されがちです。

(17)~(19)で共通して言えるのは、thatは「ということ」で節を締めて名詞の塊を作り、文の要素になっているということです。

関係代名詞thatと接続詞thatの見分け方

接続詞のthatについて軽く説明したところで関係代名詞thatと見比べてみましょう。

(20)It is true that Tom was killed by his girl friend.
トムがトムの彼女に殺されたのは本当です。

(21)This is a pen that he gave me yesterday.
これは彼が私に昨日くれたペンです。

(20)では接続詞thatが使われていて、that節が文の主語になっています。

それに対して(21)では関係代名詞のthatが使われていて、a penの内容を詳しく説明しています。

このときthatは関係代名詞節中では目的語の役割を果たしていますが、文全体で見た時には先行詞に追従しているので先行詞と同じ文の要素となっています。今回でいうと目的語です。

このように、that節単体で文の要素になるかという違いがあります。

見分け方は簡単で、関係代名詞の場合はthatの前に先行詞が存在していて、かつthat節の中の文の要素が欠けています。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題を通して定着度を確かめましょう。

練習問題

問1 次のthatを他の関係代名詞で書き換えましょう。ただし、書き換えられない場合もあります。

1.The earrings that I picked up yesterday belonged to her.
2.The boy that we just passed is Tom’s brother.
3.He talked about people and things that he didn’t like.

解答

問1

1.which
先行詞がthe earringsで人以外、また関係代名詞節をみると目的語が欠けているので目的格とわかり、whichが正解。

2.who(m)
先行詞がthe boyで人、また関係代名詞節をみると目的語が抜けているので目的格とわかり、whoまたはwhomが正解。

3.that
先行詞がpeople and things というように人+人以外の時はthatを用いるべきでした。

文法を学習すればするほどわかるんですが、英語ってよくできていると思います。

人気記事