ゴミの英語一覧とそれぞれのニュアンス・使い分け方

更新日時 2021/12/01

「ゴミを拾う」「ゴミを捨てる」「ゴミを出す」など、普段何気なく使っている「ゴミ」という言葉ですが、英語ではどのように言うのでしょうか。

学校では garbagetrashwaste など、「ゴミ」を意味する様々な単語を習いますが、それぞれの違いを説明しようとすると意外と難しいことがわかります。

上の3語を含め、日本語の「ゴミ」の意味で使うことができる英語は、主に次の8つです。

「ゴミ」の英語とそのニュアンス
  • garbage:主に台所で出る湿ったゴミ(米)
  • trash:主に部屋で出る乾いたゴミ(米)
  • rubbish:身の回りのゴミ全般(英)
  • litter:公共の場に落ちているゴミ
  • waste:不要な物、廃棄物
  • refuse:ゴミ・廃棄物全般(フォーマル)
  • dust:ほこり、ちり
  • junk:くず、がらくた(インフォーマル)

今回は、これらの単語の使い方について説明していきます。

目次
  • garbage, trash, rubbish

  • litter

  • waste

  • refuse

  • dust

  • junk

  • その他の表現

  • 「ゴミ」の英語のまとめ

garbage, trash, rubbish

この3語は、いずれも身の回りのゴミを指す言葉で、garbagetrash はアメリカ英語、rubbish はイギリス英語です。

garbage は、主に台所で出る湿ったゴミ(生ゴミ、空き缶、空き容器など)を指し、trash は、主に部屋で出る乾燥したゴミ(紙くず、包装紙、段ボールなど)を指します。

rubbish は、garbagetrash を含む身の回りのゴミ全般を意味します。

garbage [trash] bag(米), rubbish bag(英):ゴミ袋
garbage [trash] can(米), rubbish bin(英):ゴミ入れ
garbage truck(米), dust cart(英):ゴミ収集車

Where can I throw away [out] this garbage [trash, rubbish]?
このゴミはどこに捨てればいいですか?

Don’t forget to take out the garbage [trash, rubbish].
ゴミを出すのを忘れないで。

litter

litter は、「公共の場に落ちているゴミ」を意味します。また、「(ゴミなどを)散らかす」「ポイ捨てする」という意味で、動詞としても使われます。

drop [throw] litter in the street
通りにゴミを捨てる

pick up litter on the street
通りのゴミを拾う

Tourists litter the beaches with empty cans.
観光客がビーチに空き缶を捨てている。

The floor is littered with papers.
床が書類で散らかっている。

No littering. = Do not litter.
<掲示>ゴミ捨て禁止

waste

waste は、「使った後に残った不要な物」という意味の言葉で、ゴミや廃棄物を表します。

また、室内用の「紙くず入れ」を、アメリカ英語で wastebasket、イギリス英語で wastepaper basket と言います。

kitchen waste / household waste
生ゴミ / 家庭ゴミ

industrial waste / nuclear waste
産業廃棄物 / 核廃棄物

cut waste / eliminate waste
ゴミを減らす / ゴミをなくす

dump waste = dispose of waste
ゴミを捨てる

refuse

refuse は、家庭ゴミから事業用廃棄物までを広く意味するフォーマルな英語です。

発音は /réfju:s/ で、「断る・拒む」を意味する動詞 refuse /rifjú:z/ との違いに注意してください。

domestic refuse = household refuse
家庭ゴミ

refuse collection / refuse disposal
ゴミの収集 / ゴミの処理

refuse dump
ゴミ集積場

dust

dust は「ほこり」や「ちり」を意味します。

また、イギリス英語では、ゴミ収集車を dust cart、収集用に戸外に置かれた大型の金属製ゴミ入れを dustbin、ゴミの収集人を dustman と言います。

なお、日本のゴミ箱に"dust box" と書かれているのを目にすることがありますが、こちらは和製英語になります。

The bookshelf is covered with dust.
本棚がほこりをかぶっている。

I wiped the dust off the table.
私はテーブルのほこりを拭き取った。

There is not a speck of dust on this desk.
この机にはほこりひとつついていない。

junk

junk は「くず」や「がらくた」を意味するインフォーマルな英語です。

junk bond(ジャンクボンド:信用度が低い投機的債券)、junk food(ジャンクフード:高カロリーで低栄養価の食品)、junk mail(ジャンクメール:勝手に送られてくる迷惑メール)など、複合語としてもよく使われます。

This printer is a piece of junk.
このプリンターはがらくただ。

You should throw away this junk.
こんながらくたは捨てた方がいいよ。

その他の表現

英米では、一般に燃えるゴミ・燃えないゴミの区別をしないため、それらを英語で表現する際は、“burnables”, “combustibles”(燃えるゴミ)、“non-burnables”, “unburnables”, “incombustibles”(燃えないゴミ)といった固い単語を使うことになります。

リサイクル可能なゴミには、recyclables または recyclable garbage [trash, rubbish, waste, refuse] などの表現を使います。

We separate trash into burnables, non-burnables, and recyclables.
ゴミを燃えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクル可能なゴミに分別する。

「ゴミ」の英語のまとめ

以上、「ゴミ」に関する様々な英語表現について見てきました。

英語では、湿ったゴミや乾いたゴミ、道に落ちているゴミなどを、それぞれ別の単語で表現することがお分かりいただけたと思います。

また、アメリカ英語とイギリス英語で表現が異なるケースが多いので、今回の記事を参考に、上手に使い分けられるようになっていただければと思います。

人気記事