英語の挿入|カンマやダッシュを用いた文の訳し方・使い方、頻出の挿入句・節を解説

更新日時 2021/11/15

この記事では、英語の表現の一種である挿入について解説しています。

英語の表現技法として他に代表的なものでは、強調構文・倒置・省略・同格があります。 以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧ください。

目次
  • 挿入の役割

  • 挿入の見分け方・対処法

  • 挿入の種類ごとの訳し方

  • 【大学受験英語対策】練習問題

挿入の役割

付加的な情報を文に加えるため、文の途中に語・句・節を差し込むことを挿入といいます。
挿入される情報はあくまで付け足しの役割なので、削除してもその文は成り立ちます。

主に副詞(句)の挿入がなされ、文頭でもよく用いられます。

挿入の見分け方・対処法

(1) He will, I think, become a big person.
私が思うに、彼はきっと大きな人物になる。

挿入される部分は基本的にカンマ(,)やダッシュ(―)で挟み込まれることが多いです。そのため基本的には挿入部分を見つけることには苦労しないでしょう。

見つけたあと、その文を解釈するためにやるべきことは、
挿入部分を文から外して、それ以外の部分の意味を考えること。
つまり挿入部分を一度読み飛して文を考えるべきなのです。

(1)を参考に考えると、
「, I think,」の部分を抜きで「He will become a big person.」の文を考えて訳します。そのあとに、飛ばした「, I think,」をうまく訳に付け足します。

挿入の種類ごとの訳し方

いくつかある挿入部分の種類によって、訳し方はあらかた決まります。

挿入部分が名詞

(2) Mr.James, our English teacher, is from Canada.
私たちの英語の先生であるジェームズ先生はカナダの出身だ。

例文のように挿入部分が名詞である場合、直前の名詞と同格の関係になるため、頭の中で
Mr.James=our English teacher
と考えましょう。

訳し方は「私たちの英語の先生であるジェームズ先生は…」と挿入部分が名詞を修飾するようにする方法と、
「ジェームズ先生は、私たちの英語の先生で…」と名詞の後にその説明書きを加えるように訳す方法が考えられます。

挿入部分が副詞(句)

(3) You should, if possible, wear your glasses.
できることなら、眼鏡をつけるべきだ。

(4) Takashi was, as is often the case, silent in the discussion.
しばしばあることだが、タカシは話し合いで黙っていた。

例文のように挿入部分が副詞(句)である場合、
挿入部分が動詞を修飾する
と考えましょう。

上の例文でも、(3)では「if possible」が「wear」を、(4)では「as is often the case」が「was」を修飾していると考えましょう。

挿入部分が〈S+V(節)〉

(5) You should, whereever part of the world you are, drink commercially water.
世界中どこであっても、市販のボトル入りの水を飲むべきだ。

(6) The new songs, I suppose, will be released in July.
7月に新しい曲がリリースされると思うよ。

例文のように挿入部分が〈S+V(節)〉である場合、挿入部分を頭の中で一番前までもっていくと見慣れた形になります。
たとえば(6)では、
I suppose the new songs will be released in July.
と考えることで訳しやすくなるでしょう。

訳す際にも、挿入部分の訳は最初か最後に持ってくるとおさまりがいいでしょう。

語の挿入

(7) Yumi, however, never give up.
しかし、ユミはあきらめなかった。

挿入は一語だけでも可能です。語の挿入の場合、接続詞が主になります。

挿入された接続詞を最初に訳すと自然になりやすいでしょう。

以下のような語句が挿入に用いられます。

挿入語
however しかし
therefore それゆえ
fortunately 幸いなことに
moreover そのうえ

句の挿入

(8) You can save the water by, for example, stopping the shower water diligently.
例えば、シャワーの水をこまめに止めることで節水することができます。

(9) I know the minister very well. He is, in fact, my cousin.
私はその大臣をよく知っている。実は彼のいとこなんだよ。

句が挿入される場合も多々あります。

この場合も挿入句をはじめに訳してあげると自然です。

以下のような句が挿入に用いられます。

挿入句
for example 例えば
in fact 実は
to be sure 確かに
in a sense ある意味では
on the other hand 他方では
so to speak いわば
by the way ところで
in general 一般的に
in particular とくに

節の挿入

(10) The island is, as it were, a paradise on earth.
その島は、いわば地上の楽園だ。

(11) She is, as you know, a genius.
ご存じの通り、彼女は天才だ。

以下のような節が挿入に用いられます。これらはいわゆる慣用表現ですので、暗記してしまうのが良いでしょう。

挿入節
as it were いわば
as far as I know 私が知っている限りは
as is often the case (with ~) ~にはよくあることだが
that is (to say) つまり、すなわち
I think 私は思う
I believe 私は信じる
I suppose 私は思う
I hope 願はくは
it seems どうやら
A said[said A] Aは言った
as you know ご存じの通り

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題

問1 次の英文を和訳しなさい。
Mr.Kato, it seems, can answer the question.

問2 次の英文を和訳しなさい。
You are, so to speak, a bookworm.

解答

問1
加藤さんはどうやらその問題に答えられるようだ。
(解説)
「it seems」と節が挿入されています。これを抜いて「Mr.Kato can answer the question.」を訳したのちに、「it seems」の「どうやら~のようだ」の訳を意味が通じるように付け足して訳は完成です。

問2
あなたはいわゆる本の虫だ。
(解説)
「so to speak」など、挿入によく使われる語句の意味を再確認しておきましょう。
「bookworm」で「本の虫」という意味になることも覚えておいて損はないでしょう。

特別問題などにされていないとき以外は、長文の際には挿入は無視していいでしょう。

人気記事