to不定詞の形容詞的用法とは|分類や他の用法との見分け方まで例文付きで徹底解説

更新日時 2021/09/29

英語の重要な文法事項の一つに、「不定詞(to不定詞)」というものがあります。

不定詞とは動詞の原形の前に「to」をつけることで「〜する」という動詞を元に、名詞・形容詞・副詞などの役割をすることができる句を作ることができるものです。

この記事では、そんな不定詞の用法の一つである形容詞的用法とは何か、他の用法との違い・見分け方についても説明していきます。

to不定詞の名詞的用法、副詞詞的用法については以下の記事で解説しています。

目次
  • to不定詞の形容詞的用法とは

  • 名詞や代名詞を修飾するto不定詞の形容詞的用法

  • C(補語)になる場合

  • 他の用法との見分け方

  • 【大学受験英語対策】練習問題

to不定詞の形容詞的用法とは

to不定詞の形容詞的用法とは、端的に言うと〈to+動詞の原形〉の形を形容詞として扱うことです。

「〜する」という意味の動詞の直前に to を加えることで、「〜するための」「〜するべき」といった意味に変えるものです。

英語の形容詞は名詞を修飾するか補語になる

英語において形容詞は、名詞・代名詞を修飾するか、第2文型SVC・第5文型SVOCなどのC(補語)になります。

そのため、to不定詞の形容詞的用法も、名詞・代名詞の修飾もしくは補語(C)としての役割を果たします。

それぞれにいくつかパターンが存在するため、以下で実例を見ていきます。

名詞や代名詞を修飾するto不定詞の形容詞的用法

まずはto不定詞の形容詞的用法が名詞や代名詞を修飾する場合です。

to不定詞の直前の名詞が主語の役割をする場合

(1) Is there someone to fix my car?
私の車を直してくれる人は誰かいますか?

(2) Prease bring me somebody to teach me English.
私に英語を教えてくれる人を連れてきてください。

例えば(2)の例文では「somebody」が「teach」するといったように、不定詞の動詞と修飾される名詞が主語述語の関係になっています。

このとき、to不定詞には「〜できる・〜するであろう」のような意味が含まれています。

to不定詞の直前の名詞が目的語の役割をする場合

(1) Do you have something to drink?
何か飲み物をもっていませんか?

(2) We have a lot of problems to solve.
私達は、 たくさんの解決すべき問題を抱えている。

(1)の例文では「something」を「drink」する、(2)では「problems」を「solve」するといったように不定詞の動詞と修飾される名詞が動詞と目的語の関係になっています。

このときto不定詞は、「〜するための」「〜するべき」のような意味を表しています。

to不定詞の直前の名詞が前置詞の目的語になる場合

(1) Please bring something to write with.
なにか書くものを持ってきてください。

(2) He wants a bigger house to live in.
彼は住むためのより大きな家がほしい。

これらの例文では、後ろの前置詞までを含めたto不定詞の塊が名詞を修飾していて、前置詞とその目的語の関係になっています。

例えば(1)の例文では、「write with something(somethingを使って書く)」という関係になるよう、something が後ろから修飾されています。

また(2)の例文では、「live in a bigger house(より大きい家に住む)」という関係になるよう、bigger house が後ろから修飾されています。

Tips【前置詞によって文の意味が異なることも】

同じ動詞を使った形容詞的用法の不定詞でも、前置詞が変われば意味が変わることもあります。例えば、(1)の例文の「something to write with」は「with」が「on」や「about」になるだけで意味が大きく変化してしまいます。

「with」のときはペンなどの「書く道具」を意味しますが、「on」のときは紙などの「その上に書くもの」となり、「about」のときはアイデアなど「書く内容」となります。

to不定詞句が直前の名詞の内容を説明する場合

(1) I made a decision to buy a new car.
新しい車を買うという決断をした。

(2) Melos had a promise to come back.
メロスには帰ってくるという約束があった。

これらの例文では、to不定詞が直前の名詞の具体的な内容を説明していて、いわゆる同格の関係になっています。

意味としては「〜(動詞)という …(名詞)」のようになり、日本語に訳すときは「という」という言葉を補うとわかりやすいです。

C(補語)になる場合

続いて、to不定詞句が補語(C)として扱われる場合を見ていきます。

第5文型SVOCの補語(C)になる場合

「他動詞+人+to do」の形は、人(O)とto不定詞(C)が主語と述語の関係になっており形容詞的用法のto不定詞となっています。

(1) She permitted me to leave the room.
彼女は私が部屋を出ることを許可した。

(2) My father adviced me to study English.
父は私に英語を勉強するよう忠告した。

第5文型について知識が不安な方は、以下の記事も参考にしてみてください。

「be to do」は実はto不定詞の形容詞的用法

いわゆる 「be to 構文」 と呼ばれる文法事項で使われているto不定詞は、実は形容詞的用法であり、第3文型SVCのC(補語)になっています。

(1) The meeting is to be held on next Monday.
会議は次の月曜に予定されている。

(2) You are not to smoke here.
ここで喫煙してはいけない。

一般に「be to do」は「義務・予定・運命・可能・意図」などの意味を持つ助動詞として覚えることが多いと思います。それでも問題はそこまでないですが、実は 「be+形容詞的用法の不定詞」 であることも覚えておいて損はないでしょう。

仕組みとしては、to不定詞句が形容詞と同様に状態・様子を表しており、それと主語をbe動詞がイコールの関係で結んでいると説明できます。

例えば(1)の例文では、to不定詞句の to be held on next Monday(来週月曜日に行われる)という状態・様子が、the meeting とイコール関係になっているため、ここでは「会議が次の月曜日に予定されている。」という予定の意味で訳すことができるのです。

第3文型について知識が不安な方は、以下の記事も参考にしてみてください。

他の用法との見分け方

to不定詞の形容詞的用法を名詞的用法・副詞的用法と見分ける方法は簡単です。

それは、それぞれ品詞が異なるからです。そのため、to不定詞がどの品詞の役割を果たしているかに着目して判断すれば見分けることは決して難しくはありません。

実際に例題を通して見てみましょう。

例題

次の文中の下線部がそれぞれ「名詞的用法」「副詞的用法」「形容詞的用法」のうちどれを果たしているかを答えなさい。

(1) It is important to get enough sleep.

(2) You have a lot of things to do today.

(3) I got up early to go to school.

解答

(1) 名詞的用法。下線部は意味上の主語「it」で置き換えられている名詞の役割をしている。

(2) 形容詞用法。下線部は「things」という名詞を後ろから修飾する形容詞の役割をしている。

(3) 副詞的用法。下線部は行動(get up early)の目的を表した副詞の役割をしている。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題で定着度を確認しましょう。

練習問題

問1 to不定詞の形容詞的用法が用いられている文を選びなさい。

(1) I made a promise to go to the movie with him.

(2) His dream is to be a baseball player.

(3) You must be genius to answer the question.

問2 以下の文を日本語に訳しなさい。

(1) Do you have something to eat?

(2) Please give me something to write on.

(3) He asked me to go there.

解答

問1

解答 (1)

問2

(1) 何か食べ物をもっていませんか?

(2) 何か(その上に)書けるものを渡してください。

(3) 彼はそこに行くよう私に頼んだ。

何事も、才能があるかどうかよりも努力を続けられるかどうかのほうが重要です。それは英語学習においても例外ではありません。

人気記事