関係代名詞whatの慣用表現|as・than・butを使った構文までまとめて解説

更新日時 2021/10/25

この記事を読んでいる方は、関係代名詞、関係副詞など関係詞について学習をされてきたかと思います。

今回は関係詞を使った構文や慣用表現について学習しましょう。

出てくる形がある程度決まっているので暗記しがちですが、構造をしっかり把握することが真の理解につながります。

それでは実際に確認していきましょう。

目次
  • 関係代名詞whatを用いた慣用表現・構文

  • 関係代名詞asを用いた慣用表現・構文

  • thanを用いた慣用表現・構文

  • butを用いた慣用表現・構文

  • 【大学受験英語対策】練習問題

関係代名詞whatを用いた慣用表現・構文

まずは、関係代名詞whatを用いた構文・慣用表現の紹介です。

構文 日本語の意味
what is called いわゆる
what S is 現在のS
what is more さらに〜なことに
what S have Sの財産
what with A and B AやBの理由で
A is to B what C is to D AとBの関係はCとDの関係と同じだ

おさらいですがwhatは「〜すること」という意味を表し、先行詞なしで用います。

(1) This book is just what I wanted.
この本こそ私が欲しかったものだ。

(1)では、what以下の関係詞節がthis bookについて説明する補語になっています。

what以下の関係代名詞節は名詞節なので、文の主語、補語、目的語になりえます。

関係代名詞whatについて復習したい方はこちらの記事を参考にしてください。

以上のことを念頭におき、以下で構文を一つひとつ見ていきましょう。

(2) He is what is called "genius"
彼はいわゆる「天才」だ。

(3) He made me what I am today.
彼が私を今の私にした。

(4) He plays the guiter, and what is more, he sings very well.
彼はギターを上手に弾き、その上とても上手に歌う。

(5) What they have cannot measure their worth.
人の財産はその人の価値を測れない。

(6) What with lack of sleep and overworking, he is tired.
睡眠不足や過労などで、彼は疲れている。

(7) Exercise is to the body what thinking is to the brain.
運動の身体に対する関係は、思考の脳に対する関係に等しい

(2)の〈what is called〉は、「いわゆる〜」という意味を表します。what you call…という形でも使われます。

(3)の〈what S is (today)〉は、「現在のS」という意味になります。what S was、what S used to beだと、「かつてのS」という意味になります。

(4)の what is more は「その上」という意味を表します。moreの部分には比較級が入り、「さらに〜なことに」という意味になります。

(5)の what they have は直訳すると「彼らが持っているもの」ですが、転じて財産を表します。

(6)の what with A and (what with)B は、「AやらBやらで」という理由を表します。

(7)の A is to B what C is to D は「AのBに対する関係は、CのDに対する関係に等しい」という意味になります。AとBの関係をわかりやすく説明するために使われるので、what以下にはわかりやすい例がきます。

関係代名詞asを用いた慣用表現・構文

次に関係代名詞asについて確認しましょう。

asは関係代名詞のように、節の中で主語・補語・目的語の働きをすることがあります。

構文 日本語の意味
such ~ as… …するような〜
the same ~ as [that]… …するのと同じ〜
as is often the case with ~ 〜によくあることだが
as many[much] as… …だけ全部、…と同じ数

(8) Do such jobs as will make people happy.
人に喜んでもらえるような仕事をしなさい。

(9) He is wearing the same shoes as I am.
彼は私が履いているのと同じ靴を履いている。

(10) As is often the case with him, he was late for school.
彼にはよくあることだが、学校に遅れてきた。

(11) I’ll give as many as you want.
あなたが欲しいだけの数をあげます。

(8)の such ~ as… は「…するような〜」という意味を表し、asは主格の関係代名詞として働いています。

such jobs ← they will make people happy

(9)の the same ~ as… は、「…するのと同じ〜」という意味を表し、asは目的格の関係代名詞として働いています。

the same shoes ← as I am wearing it

(10)のas is often the case with ~は「〜にはよくあることだが」という意味を表します。

このようにasが、非制限用法のように文全体を先行詞として「〜するように」という意味を表す場合、as以下の関係詞節は主節の前に置くことができます。 例えば(10)では先行詞となっているのはhe was ~ の部分ですが、その前にasの節を置く形を取っています。

(11) の as many as は「…だけ全部」という意味を表し、2つ目のasが関係代名詞として働いています。数についていうときはmany、量についていうときはmuchを使います。

また、manyやmuchの直後に名詞をつけることもできます。このときのmanyやmuchは形容詞です。

thanを用いた慣用表現・構文

構文 日本語の意味
more ~ than… …する以上の〜

続いてthanについて確認しましょう。

thanは関係代名詞と同様に、後続の節の中で主語や目的語の役割を果たします。

(12) There were more people in the festival than I had expected.
その祭りには予期していた以上の人がいた。

(12)では、thanが had expected の目的語の役割を果たしています。

butを用いた慣用表現・構文

構文 日本語の意味
no ~ but… …ない〜はない

最後にbutについて確認しましょう。

butは否定語を伴った語句を先行詞として、二重否定の意味を表す関係代名詞として用いられます。

(13) There was no one but thought he was dead.
彼が死んでいると思わなかった人は誰もいなかった。

(13)では、butは関係詞節の動詞thoughtの主語として機能しています。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題を解いて定着度を確かめましょう。

練習問題

問1 whatを用いて以下の英文を完成させましょう。
1.君には親切心が必要だ。
(    )is kindness.
2.それは彼がしたことではない。
That is not(    ).

問2 次の英文を和訳しましょう。
Take as much pasta as you want.

問3 次の日本語を英訳しましょう。(ヒント:there is ~を使う)
子供のことを愛していない親はほとんどいない。

解答

問1
1.What you need
( )の中に入る要素としては、「君に親切心が必要であること」です。whatを使うよう指示があるので、関係代名詞のwhatを用いて、what you needとすると当てはまります。
2.what he did
( )の中に入る要素としては、「彼がしたこと」です。1.と同様に考えてwhat he didとすると正解です。

問2
このパスタを好きなだけ食べて
as much as~で「~と同じくらいの量の」という意味です。これが名詞について「~と同じくらいの量のパスタ」という意味になります。

問3
There is few parents but loves their child.
「〜がいる」といいたいときにはthere is 構文を使います。また、主語が「子供のことを愛していない親」と長い上、それがほとんどいないという二重否定にもなっています。

主語が長いときは節をくっつけられる関係詞を用いるべきです。そして二重否定を処理するときに〈否定語+but~〉を思い出していただければ完璧でした。〈否定語+but~〉は否定語を伴った語句を先行詞として、二重否定の意味を表します。

今回は「ほとんど~ない」という意味のfewを用いましょう。

ここで気をつけて欲しいのが、「子供のことを愛していない」をbut doesn’t love their childとしないことです。butにすでに否定の意味が含まれています。

関係代名詞whatの結構コアなところまで網羅したつもりです。慣用表現など最後の方は半分例文暗記みたいなところがありますが、難しいものではないのでしっかり覚えて差をつけましょう。

人気記事