複合関係副詞|2つの使い方や意味の見分け方を解説(whenever・whatever等)

更新日時 2021/10/19

関係詞を学習していると、wheneverなどの疑問詞にeverのついた見慣れない形を目にすることがあります。

そのようなものをまとめて複合関係詞と呼びます。

今回は複合関係詞のうち、複合関係副詞に着目して解説していきます。

目次
  • 複合関係副詞とは

  • 使い方①「〜ならどんな〇〇でも」

  • 使い方②譲歩の意味

  • 複合関係代名詞との違い

  • 【大学受験英語対策】練習問題

複合関係副詞とは

副詞節① 副詞節②(譲歩)
wherever 〜する所ならどこでも どこで〜しようとも
whenever 〜するときはいつでも いつ〜しようとも
however - どれほど〜でも
どんなふうに〜しても

複合関係副詞とは関係副詞にeverがついたもののことです。

複合関係副詞は先行詞を含んでいて、everがつくことで「〜ならどんなものでも」・「〜しようとも」などの意味が加わります。

複合関係副詞にはwherever、whenever、howeverの3種類があります。

用法ごとに分けてそれぞれについて見ていきましょう。

ちなみに、関係副詞については以下の記事で解説しています。

使い方①「〜ならどんな〇〇でも」

まずは表の副詞節①にあたる「〜ならどんな〇〇でも」という意味になる場合について見ていきましょう。

この意味をもつ複合関係副詞はwherever・wheneverの2つです。

wherever

(1) Put this furniture wherever you like.
この家具は好きな場所に置いていいよ。

(1)では、whereverが「〜するところならどこでも」という意味の副詞節を作っています。

副詞節とは、副詞の働きをする節のことです。他の例としてifやbecauseなどの接続詞によって導かれる節などがあります。

副詞節はS(主語)・V(述語)・O(目的語)・C(補語)などのいわゆる文型を形成する文の要素にはなりませんが、修飾語(M)として他の文の要素を補います。

実際(1)では、wherever以下は「あなたが好きな場所ならどこでも」というように家具を置く場所について補足で説明しています。

なおwhereverには「どこへ[で]〜しようとも」という譲歩の意味がありますが、それについてはあとでまとめてあります。

whenever

(2) Whenever I go to Aomori, I always eat an apple.
青森に行くときはいつも、私はリンゴを食べる。

(2)では、wheneverが「〜するときはいつでも」という意味の副詞節を作っています。今度は場所ではなく時に関することについて補足で説明しています。

wheneverにも譲歩の意味があるのであとでしっかり確認しましょう。

書き換え表現

〜ならどんな〇〇でも」 という意味のwherever、wheneverはそれぞれ <前置詞+any place where>・<前置詞+any time when>というように書き換えることができます。

(1’) Put this furniture on any place where you like.
この家具は好きな場所に置いていいよ。

(2’) At any time when I go to Aomori, I always eat an apple.
青森に行くときはいつも、私はリンゴを食べる。

(1’)では、whereverがon any place whereに書き換えられています。

先頭の前置詞onについて疑問に思った方がいるかもしれないので解説します。

any place where you likeは名詞節なので、「家具を〜に置く」にうまくあてはめるためには前置詞のonが必要です。

また副詞節whereverの書き換えなので名詞節であるany place where~にonをつけて副詞節として扱うと捉えることもできます。

(2’)では、wheneverがat any timeに書き換えられています。

これもany time when~のままでは名詞節なので、atをつけて副詞節として扱います。

使い方②譲歩の意味

次に表の副詞節②にあたる譲歩の意味になる場合について見ていきましょう。

英語における譲歩とは、「〜だが・〜だとしても」という言い回しのことです。

譲歩の意味を持つ複合関係副詞はwherever、whenever、howeverの3つです。

それぞれについて確認しましょう。

wherever

(3) Wherever you go, I will follow you.
あなたがどこに行っても、私はあなたについていきます。

(3)では、whereverは「どこで〜しようとも」という意味です。wherever以下の副詞節がI will follow youという主節の前につき、主節の内容をより深めています。

なお、whereverの節を「〜ならどこでも」と訳すか「どこで〜しようとも」と訳すかは文脈に依存します。

whenever

(4) Whenever you come, I’m ready.
きみがいつ来ようとも準備はしてある。

(4)では、wheneverは「いつ〜しようとも」という意味です。whenever以下の副詞節がI’m readyという主節の前につき、主節の内容をより深めています。

wheneverについても、「〜ならいつでも」と訳すか「いつ〜しようとも」と訳すかは文脈に依存します。

however

(5) However hard her work was, she kept smiling.
どんなに仕事が辛くても、彼女は笑顔を絶やさなかった。

(6) However you do, you must win the game.
どのようにしても、あなたはその試合に勝たなければなりません。

(5) では、howeverの直後に形容詞が来ています。

howeverは<however+形容詞>または<however+副詞>という形で、「どれほど〜でも」という譲歩の意味を表します。

一方で、(6)ではhoweverの直後には形容詞や副詞が来ていません。

howeverは<however+S+V>という形で「どんなふうに〜しても」「〜するどんなやりかたでも」という意味になります。

これは in whatever wayby whatever means などの意味に相当します。

no matter … による書き換え

複合関係副詞が譲歩の意味を表すとき、no matterを使って書き換えられることが多いです。

no matter …とは、it does not matter …と同義で「〜ということはどうでもいいので」というように含みをもたせたいときに使います。

(3) No matter where you go, I will follow you.
あなたがどこに行っても、私はあなたについていきます。

(4) No matter when you come, I’m ready.
きみがいつ来ようとも準備はしてある。

(5) No matter how hard her work was, she kept smiling.
どんなに仕事が辛くても、彼女は笑顔を絶やさなかった。

複合関係代名詞との違い

複合関係詞には、複合関係副詞の他に複合関係代名詞というものもあります。

詳しくはこちらの記事で解説しているのでここでは例文だけ紹介します。

(7) That player is known to whoever likes soccer.
その選手は、サッカー好きなら誰でも知っている。

(8) You can use whichever you like.
どれかお好きな方をお使いください。

(9) You can take whatever you like.
好きなものを何でも持って行っていいよ。

複合関係代名詞にはwhoever、whichever、whateverの3種類があり、名詞節または副詞節を形成します。

名詞節 副詞節
whoever 〜する人は誰でも 誰が〜しようとも
whichever 〜するどちらでも どちらが〜しようとも
whatever 〜するものは何でも 何が〜しようとも

複合関係代名詞は複合関係副詞と違って関係詞節内が不完全な文章になります。

実際(7)~(9)をみると、それぞれ主語・目的語・目的語が抜けていて、複合関係代名詞がその文の要素になっています。

また、複合関係代名詞は副詞節だけでなく名詞節にもなるのが大きな違いです。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題を通して定着度を確かめましょう。

練習問題

問1 日本語の意味が通るように、(  )に適切な語句をいれましょう。
1.私たちは問題を抱えたときはいつでも、一緒にそれらを話し合います。
(  ) we have problems, we discuss them together.
2. 横浜に行くときはいつも、私は中華を食べる。
(  )(  )(  )(  )I go to Yokohama, I eat Chinesen food.

問2 次の英文を和訳しましょう。
1. Wherever I am, I’m thinking of you.
2. He married her, however strongly I objected.

解答

問1
1. Whenever
「〜するときはいつでも」の訳語に当てはまるのは複合関係副詞のwheneverが正解。「私たちは問題を抱えたときはいつでも」という副詞節を形成しています。
2. At any time when
「〜するときはいつでも」の訳語に当てはまる複合関係副詞はwheneverですが、空欄にうまくはまりません。そこで、wheneverを同じ意味のat any time whenに書き換えます。

問2
1. どこにいても、あなたのことを考えています。
複合関係副詞のwhereverは「〜するときはどこでも」と「どこで〜しようとも」という2通りの解釈があり、それは文脈に依存しています。今回は後者を選択するとうまく和訳することができます。
2. 私がどんなに強く反対しても、彼は彼女と結婚した。
形容詞や副詞とセットで副詞節をつくるhoweverは「どれほど〜でも」という譲歩の意味を表します。

複合関係副詞をマスターできれば関係詞に関してはもうバッチリだと思います。

人気記事