関係形容詞とは|what・whichの使い方や関係代名詞との違いを解説

更新日時 2021/10/25

英語には関係代名詞の他に関係形容詞というものがあります。

聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、だからこそしっかり理解することで1つレベルアップすることができるはずです。

それでは関係形容詞について見ていきましょう。

目次
  • 関係形容詞とは

  • 関係形容詞what

  • 関係形容詞which

  • 複合関係形容詞

  • 【大学受験英語対策】練習問題

関係形容詞とは

関係形容詞とは、直後の名詞を修飾する形容詞として働く関係代名詞のことを言います。

関係形容詞にはwhat、whatever、which、whicheverの4種類しかありません。それぞれについて確認していきましょう。

関係形容詞what

まず関係代名詞whatについて復習したのち、関係形容詞whatについて見ていきます。

関係代名詞whatの確認

(1) This is just what I wanted.
これが私がまさに欲しかったものだ。

(1)では、関係代名詞whatが使われています。関係代名詞whatは「〜すること」という意味で、先行詞無しで使うのでした。また、what以下は名詞節になります。

実際(1)を見ると先行詞はなく、what I wantedが名詞節になり文の補語になっています。

関係代名詞whatはこちらの記事で詳しく説明しています。

関係形容詞whatと関係代名詞whatの違い

関係形容詞whatには、「〜するだけの、〜するすべての」 という意味があります。

またこの関係形容詞whatは、<what+名詞> という形で用いられます。
関係形容詞という名前の由来は、whatが直後の名詞を修飾するところから来ています。

実際に例文を見て確かめて見ましょう。

(2) I gave her what help I could.
私はできるだけの援助を彼女にした。

(2)では、what helpで「〜するだけの援助」という意味になります。また関係詞whatは先行詞なしで用いて、名詞節を形成するのでした。

つまりwhat help I couldで「私ができる限りの援助」という意味の名詞節になり、文の目的語になっています。

関係代名詞whatとの違いを簡潔に表すと、関係形容詞whatは名詞の前について形容詞的な役割をしていると言えます。

形容詞(littleやfew)が挟まる場合

関係形容詞whatと名詞の間に形容詞が挟まる場合もあります。

(3) I lent him what little money I had.
私は、なけなしのお金すべてを彼に貸した。

(3)では、little money(ほとんどないお金)を関係形容詞whatが修飾しています。これによって、「ほとんどないお金の全て」つまり「なけなしのお金」という意味になっています。

money などの不可算名詞に対しては little が用いられますが、可算名詞に対しては few が用いられます。

関係形容詞which

whichも関係形容詞として用いられ、後ろの名詞を修飾することがあります。

関係代名詞whichについて復習したのち、関係形容詞whichについて見ていきましょう。

関係代名詞whichの確認

関係代名詞whichは直前の名詞だけでなく、直前の文全体の内容や文中の一部を先行詞にすることができるのでした。

(4) The man wore skirt, which I thought interesting.
その男はスカートを履いていたが、私はそのことを面白いと思った。

(4)The man wore skirt という節全体が先行詞になっていて、which以下でそれについて「面白いと思った」と補足で説明を付け加えています。

関係代名詞whichについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

関係形容詞whichと関係代名詞whichの違い

関係形容詞whichは<(前置詞)+which+名詞>という形をとり、「そしてその<名詞>は〜」という意味を表すことが多いです。

実際に例文を見ていきましょう。

(5) The man wore skirt, which clothing I thought interesting.
その男はスカートを履いていたが、私はその服を面白いと思った。

(6) He may not be able to fulfill his promise, in which case, he will be killed.
彼は約束を果たせないかもしれない。そしてその場合、彼は殺されるだろう。

(5)では、which以下が先行詞skirtを修飾しています。
関係詞節の中では、whichは「その服」と名詞を修飾しており形容詞のような働きをしています。

(6)は、in which caseが先行詞を受け、「そしてその場合には」という意味を表しています。
このwhichも「その場合」と名詞を修飾し、形容詞のような働きをしています。

関係代名詞whichとの違いをまとめると、関係形容詞の場合は名詞について形容詞的な役割をしています。

複合関係形容詞

whoever、whicheverなど、~everという形になっているものを複合関係詞と言います。

複合関係詞は先行詞をそれ自体に含んでいて、everがついて「〜ならどんなものでも」という意味が追加されます。

複合関係詞についてご存知でない方はこちらの記事を参考にしてください。

複合関係詞のうち、whateverとwhicheverには直後に名詞を置いて形容詞的に用いることがあるのでそれを解説していきます。

whatever

whateverはwhatの強調で、「どんな<名詞>でも」という意味があります。

(7) I’ll buy whatever cosmetics you want.
ほしいコスメはなんでも買うよ。

(7)では、whatever cosmeticsで「どんな化粧品でも」という意味を表し、whatever以下の関係詞節が文の目的語になっています。

whichever

whicheverは「どの[どちらの]<名詞>でも」という譲歩の意味を表します。

ポイントはwhicheverの名詞が単数形になることです。

(8) We can choose whichever road you like.
あなたならどちらを選んでもきっとうまくいくよ。

whichever oneで「どちらのものでも」という意味を表します。

(8)の例文ではwhichever roadが「どちらの道でも」を表し、whichever以下の関係詞節が文の目的語になっています。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題で定着度を確かめましょう。

練習問題

問1 次の英文を和訳しましょう。

1.I gave my son what little money I had.
2.The doctor told him to sleep well, which advice he didn’t obey.
3.Tell me what information about him you know.

解答

問1

1.私は息子になけなしのお金をあげた。
whatにlittle moneyがついていて、このwhatは関係形容詞とわかります。またwhat little moneyで「なけなしの、わずかながらの」という意味になります。what以下の関係詞節は名詞節になり、give+人+O「人にOを与える」のOの部分になっています。

2.その医者は彼によく寝るよう伝えたが、彼はその助言に従わなかった。
,whichとあるので非制限用法の関係代名詞かと思いますが、その直後に名詞がついているのを見落とさないようにしましょう。,which+名詞は関係形容詞のサインで、「〜するだけの名詞は」という意味でした。

3.あなたが知るすべてのの彼についての情報を私に教えなさい。
こちらも1.と同様に関係形容詞whatが用いられています。what+名詞で「〜するだけの名詞」という意味になります。

what little moneyなどは受験でおなじみの表現ですが、関係形容詞というしっかりとした名前があるのはあまり知られていませんね。

人気記事