景色の英語|sceneryやlandscapeなど各単語の使い分け方を例文付きで紹介

更新

「窓からの景色」「一面の雪景色」など、普段何気なく使っている「景色」という言葉ですが、英語ではどのように言うのでしょうか。

学校では view、landscape、scenery など、「景色」を意味する様々な単語を習いますが、それぞれの違いを説明しようとすると意外と難しいことがわかります。

上の3語を含め、日本語の「景色」の意味で使うことができる英語は、主に次の5つです。

「景色」の英語とそのニュアンス
  • view:特定の場所から見える景色
  • landscape:広大な陸地の風景
  • scenery:美しい自然の風景
  • scene:ある特定場面の光景
  • sight:目に入る光景

今回は、これらの単語の使い方について説明していきます。

view:特定の場所から見える景色

view は、ビルの屋上や教室の窓など、特定の場所(主に高いところ)から見える景色を意味します。日本語の「眺め」に近いニュアンスです。文法的には、数えられる名詞に分類されます。

What a nice view!
いい眺めだなあ!

The view from the top of the mountain was wonderful.
山頂からの景色は素晴らしかった。

The hotel offers fine views of the lake and surrounding areas.
そのホテルから湖とその周辺の景色がよく見える。

landscape:広大な陸地の風景

landscape は、広大な陸地の風景、特に田舎・地方の自然の風景を意味します。また、“an urban landscape” や “a city landscape” のようにすることで、都会の風景を表すこともできます。文法的には、数えられる名詞に分類されますが、複数形が使われることはあまりありません。

The landscape of the Scottish Highlands is stunningly beautiful.
スコットランド高地の風景は息を飲むほど美しい。

There extended below us a broad landscape of fields and forests.
田畑と森林の広々とした風景が眼下に広がっていた。

scenery:美しい自然の風景

landscape は、美しいか否かにかかわらず、目に映る陸地の風景全体を意味しますが、scenery は、「美しい自然の風景」という意味に限定されます。「景色」を意味する単語の中では、唯一数えられない名詞に分類されます。

We sat on the porch and enjoyed the scenery.
私たちはポーチに座って景色を楽しんだ。

The scenery along the river is impressive.
その川沿いの風景は印象的だ。

scene:ある特定場面の光景

scene は、ある特定場面の光景を意味します。自然の風景よりは、人が何かをしている場面を指すことが多い語です。

a happy scene of a girl playing with her little sister
少女が妹と遊んでいるほほえましい光景

There were angry scenes when the police broke up the demonstration.
警察がデモ隊を解散させたとき、怒鳴り合いの光景が展開された。

sight:目に入る光景

sight は、「目に入る光景」を意味します。意味的には目に映るものはすべて sight になりますが,通常は、印象的な光景や珍しい光景を指す際に使われます。

The cherry trees in full bloom in the park are a wonderful sight.
公園の満開の桜は素晴らしい光景だ。

They were terrified at the sight of the plane crashing.
彼らは飛行機が墜落する光景に肝をつぶした。

「景色」の英語のまとめ

以上、「景色」の意味で使われる英単語について見てきました。

まとめ

  • view は、ビルの屋上や教室の窓など、特定の場所(主に高いところ)から見える景色を意味します。
  • landscape は、広大な陸地の風景、特に田舎・地方の自然の風景を意味します。
  • landscape は、美しいか否かにかかわらず、目に映る陸地の風景全体を意味しますが、scenery は、「美しい自然の風景」という意味に限定されます。
  • scene は、ある特定場面の光景を意味します。自然の風景よりは、人が何かをしている場面を指すことが多い語です。
  • sight は、「目に入る光景」を意味します。通常は、印象的な光景や珍しい光景を指す際に使われます。

今回の記事を参考に、「景色」に関する英語表現を上手に使い分けられるようになっていただければと思います。