過去完了形の継続|使い方・否定と疑問の形・過去完了進行形との違いまで徹底解説

更新日時 2021/11/10

この記事では、過去完了形の継続用法の意味や使い方などについて解説しています。

まず、過去完了形は過去のある時点とさらに前の過去の時点を結びつける文法です。

過去完了形 コアイメージ

過去完了形は〈S+had+過去分詞〉で表すことができます。
以下で過去完了形の例文を見てみましょう。

(1) When I got home, He had finished his homework.
私が家に帰ったとき、彼は宿題を終わらせていた。
\to完了・結果

(2) By the time he got here, he’d already seen his friend die four times.
ここに来た時には、もう彼は友人の死に4度もあっていた。
\to経験

(3) By the time the cure was developed, he hadn’t regained consciousness for five years.
その特効薬が開発された時には、彼はもう5年も意識が戻っていなかった。
\to継続

このように、過去完了形には

  • 完了・結果
  • 経験
  • 継続

の3通りの用法が存在してます。

しかしどの用法、例文でも、さらに前の過去の出来事が過去に影響を及ぼしていることがわかります。

また、過去完了形の文を作っていくうえで相性の良い副詞がいくつかあるので、まとめておきます。

Tips【過去完了形と相性の良い副詞たち】
  • already(もう、すでに)
  • just(ちょうど今)
  • when S V(SがVするとき)
  • until(~まで)
  • before S V(SがVする前に)
  • never(決して~ない)
  • yet(まだ)
  • by the time S V(SがVするときには)

この記事では過去完了形の継続用法について解説します。

他の用法につきましては、以下の記事を参照してください。

目次
  • 過去完了形:継続用法とは

  • 過去完了形:継続用法の否定文

  • 過去完了形:継続用法の疑問文

  • 過去完了形の継続用法と過去完了進行形の違い

  • 【大学入試英語対策】練習問題

過去完了形:継続用法とは

(過去のある時点まで)ずっと~だった。」と表現したい場合は、過去完了形の継続用法を使います。

過去完了形の継続用法を使うと、過去のある時点までの状態の継続を表すことができます。

過去完了形 継続用法のイメージ

まずはいくつか例文で実際の訳し方を見てみましょう。

(4) He had been a member of the baseball team for twelve years until he entered the college.
大学に進学するまでの12年間、野球部に所属していました。

(5) He had lived here for ten years before moving to the United States.
彼はアメリカに渡る前に10年間ここに住んでいた。

(6) He had believed in the existence of Santa Claus until he was an adult.
彼は大人になるまでサンタクロースの存在を信じていた。

(5)を図解してみましょう。 過去完了形 継続用法 図解

この文章では、過去が「アメリカに渡る」こと、さらに前の過去が「10年前」ということになります。

つまり、さらに前の過去からアメリカに渡るまでの10年の間、「ここに住む」という状態が継続していることになります。

また、過去完了形は状態の継続を表現する文法なので使う動詞は状態動詞に限られるので注意が必要です。

なお、状態動詞についての詳しい解説は以下の記事を参照してください。

過去完了形:継続用法の否定文

(過去のある時点まで)ずっと~してはいなかった。」と表現したい場合、過去完了形の継続用法の否定文を使います。

否定文の作り方は、hadの後ろにnotを置くことでできます。

過去完了形 継続用法の否定文

では、いくつか例文で訳し方を見てみましょう。

(7) He hadn’t believed in him all seven years.
彼は7年間ずっと彼女のことを信じていなかった。

(8) He hadn’t been sick for all of five years before he was hospitalized.
彼は入院するまでの5年間、ずっと病気にかかっていなかった。

(9) She hadn’t always hated him.
彼女はずっと彼を嫌っていたのではなかった。

過去完了形:継続用法の疑問文

(過去のある時点まで)ずっと~だったか。」と聞きたい場合は、過去完了形の継続用法の疑問文を使います。

疑問文の作り方は、hadを主語の前に置くことでできます。

過去完了形 継続用法の疑問文

こちらも例文で訳し方を確認していきましょう。

(10) Had he loved her all those ten years before he was betrayed?
彼は裏切られるまでの10年間ずっと彼女を愛していたのですか。

(11) Had you been sick all the time when you were on that stage?
あの舞台に立っていた頃は、ずっと体調を崩していたのですか。

(12) Had they been there until they went to college?
彼らは大学に行くまでそこにいたのですか。

継続の期間を問う疑問文

また過去完了形の継続用法の疑問文では、「(過去のある時点までに)どのくらいの期間~していたか。」ということも聞くことができます。

How long+had+S+過去分詞~?〉と

過去完了形 継続用法の疑問文②

こちらも例文で訳し方を確認していきましょう。

(13) How long had you lived here before you moved out?
引っ越す前は何年ここに住んでいたのですか。

(14) How long had you needed assistance before you could ride a bicycle by yourself?
一人で自転車に乗れるようになるまで、どのくらいの期間、補助が必要でしたか。

過去完了形の継続用法と過去完了進行形の違い

過去完了形の継続用法と内容が混ざってしまう文法として、過去完了進行形があります。

二つの違いは、

過去完了形の継続用法は

  • 状態の継続

過去完了進行形は

  • 動作の継続

を表すことができる点です。

つまり、過去完了形の継続用法では状態動詞、過去完了進行形では動作動詞を使います。

例文で比較してみましょう。

  • 過去完了形の継続用法

(15) I had been a member of a baseball team for six years until I graduated from elementary school.
私は小学校を卒業するまでの6年間、野球チームの一員であった。

  • 過去完了進行形

(16) I had been running for 10 hours until the director came back.
私は監督が帰ってくるまで10時間走り続けていた。

このように、過去完了形では「所属している」という状態の継続、過去完了進行形では「走る」という動作の継続を表現できます。

それぞれの文法で使える動詞の種類が違うことに注意しましょう。状態動詞と動作動詞については、以下の記事で詳しく解説しています。

また、過去完了進行形の詳しい解説につきましては、以下の記事を参照してください。

【大学入試英語対策】練習問題

最後に練習問題を解いて、定着度を確認しましょう。

例題

次の英文を和訳しなさい。

(1) I had lived here for three years until I moved to Osaka.

(2) She hadn’t always loved him.

(3) How long had he been sick before he was admitted to a large hospital?

解答

次の英文を和訳しなさい。

(1) 私は大阪に引っ越すまでの3年間、ここに住んでいた。

(2) 彼女はずっと彼を愛していたわけではなかった。

(3) 彼は大きい病院に入院するまでどのくらいの期間体調を崩していましたか。

過去完了形と過去完了進行形の違いは意味から考えるとややこしくなりますが、状態動詞と動作動詞で区別すれば意外と簡単に理解できたりします。

人気記事