大過去とは|意味や訳し方から過去完了形との違いまで豊富な例文付きで解説

更新日時 2021/11/08

この記事では、大過去の使い方や意味などについて、例文や解説しています。

目次
  • 大過去とは

  • 大過去と過去完了形の違い

  • 過去完了の形をとらない大過去

  • 他の大過去の表現方法

  • 【大学入試英語対策】練習問題

大過去とは

未来、現在、過去と様々な時制が存在する英文法ですが、過去よりさらに昔の過去を指す時制を大過去と言います。

そして大過去は過去の時間的な前後関係を表すときに使います。

つまり、過去に起こった2つの出来事を述べるとき、時間的な関係を文の中ではっきりさせるために「より古い、先に起こった出来事」を過去完了の形had + 過去分詞〉を使って表すということです。

例文を見てみましょう。

(1) I told her that I had watched the ghost 3 days ago.
私は彼女に、3日前幽霊を見たと伝えた。

上の例文を時間に注目して図にしてみると次のようになります。

大過去のイメージ

この例文では、私の状況的には

  • 幽霊を見た\to彼女に伝えた

という時間関係であることがわかります。

つまり、幽霊を見たのが大過去、それを彼女に伝えたことが過去になります。

大過去と過去完了形の違い

大過去と過去完了形は、構文も意味も似ていることから大過去=過去完了形と考えてしまうことが多いですが、表せる範囲に違いがあります。

二つの違いが分かる最大のポイントはです。

大過去は、ただ単に過去よりもさらに昔の過去のこと単体を指すだけなので、コアイメージはです。

(2) I heard that she had been in the hospital.
私は彼女が入院したと聞きました。

一方過去完了形は、過去とさらに昔の過去を結びつけているという点で、のコアイメージがあります。

(3) They had already finished their task when their boss returned to the office.
彼らは上司がオフィスに帰ってきたときにはもうすでに仕事を終わらせてしまっていました。

このように、一見ほとんど同じな大過去と過去完了形ですが、コアイメージで考えると違いがあることがわかります。

大過去と過去完了形の違いまとめ

大過去

  • 「点」がコアイメージ
  • 過去よりさらに昔の過去のみを指す

過去完了形

  • 「線」がコアイメージ
  • 過去と、さらに昔の過去を結びつける

また、過去完了形に関する詳しい解説につきましては、こちらの記事を参照してください。\to現在作成中

過去完了の形をとらない大過去

これまで学んできたように大過去のことを表したい場合は一般的には過去完了の形をとりますが、過去完了の形をとらなくても大過去を表現できる場合があります。

それは、出来事の前後関係が明確なときです。

例えば、次の例文を見てみてください。

(4) He played baseball, and had a lunch.
彼は野球をして、昼食をとりました。

(5) I studied math before he came my home.
私は彼が家に来る前に英語の勉強をした。

このように、andやbefore、afterなどの前置詞を用いて過去の中でもどちらがより昔なのかが明確な場合、大過去を用いて書く必要はないです。

他の大過去の表現方法

他にも、to不定詞や動名詞などを用いた文でも大過去を表現することもできます。

(6) He seems to eat dinner.
\toHe seemed to have eaten dinner.
彼は夕飯を食べるようです。
\to彼は夕飯を食べたようだった。

(7) He is proud of winning the game.
\toHe was proud of having won the game.
彼はその試合に勝ったことを誇りに思っている。
\to彼はその試合に勝ったことを誇りに思っていた。

このように、to不定詞の場合はto+have+過去分詞に、動名詞の場合はhaving+過去分詞とすることで過去のことについて表すことができるため、大過去の表現方法としてよく使われます。

【大学入試英語対策】練習問題

最後に、練習問題を解いて定着度を確認しましょう。

例題

次の日本文を英訳しなさい。

(1) 私は彼が試験に合格したと聞いた。

(2) 彼らはパーティーに参加したようでした。

(3) 私はあのとき誘いを断ったことを誇りに思っていた。

解答

次の日本文を英訳しなさい。

(1) I heard that he had passed his exam.

(2) They seemed to have joined the party.

(3) I was proud of myself for declining the invitation at that time.

大過去を文法として解説するタイミングはあまりないとは思いますが、書き換え問題などでよく見るイメージなので要チェックです。

人気記事