現在完了形の経験|否定文、疑問文の作り方から頻出の副詞まで豊富な例文付きで徹底解説

更新日時 2021/11/03

この記事では、現在完了形の経験としての意味や使い方などについて解説します。

目次
  • 現在完了形とは

  • 現在完了形 経験とは

  • 現在完了形 経験の否定文

  • 現在完了形 経験の疑問文

  • 【大学入試英語対策】練習問題

現在完了形とは

そもそも現在完了形とはどのような文法なのかというところから学習しましょう。

現在完了形とは、過去に起こった動作や出来事、そして状態を現在と結び付けて表現したい場合に使われる文法です。

具体的には、〈S+have(has)+過去分詞〉と表現します。

なお、主語が三人称単数の時は、三単現になるのでhaveの代わりにhasを使います。

現在完了形は文法書によってさまざまな分類がされますが、本サイトでは継続、経験、結果の三つに分けて解説していきます。

この記事では継続の用法について取り上げますが、ほかの用法についてもあわせて参照してください。

現在完了形の、経験・結果の用法については、それぞれ以下の記事をご覧ください。
→現在作成中

過去分詞の作り方

本格的な意味の説明に入る前に、過去分詞の意味と作り方も復習しておきましょう。

そもそも過去分詞とは、動詞を変形させることで、「~された」という受動的な意味を表現することができるものです。

また、動詞をing形にしたり過去形にするときに規則的な変化をする動詞と不規則に変化する動詞があったように、過去分詞にする際も規則的なもの、不規則なものがあります。

まず規則動詞についてですが、基本的に過去形の作り方と似ています。規則を下の表にまとめておきましたので、参照してください。

普通の動詞 eで終わる動詞 短母音字+子音字で終わる動詞 子音字+yで終わる動詞
語末にedをつける 語末にdをつける 子音字を重ねてedをつける yをiに変えて語末にedをつける
原型\to過去分詞 原型\to過去分詞 原型\to過去分詞 原型\to過去分詞
例)walk\towalked
visit\tovisited
例)use\toused
like\toliked
stop\tostopped
swim\toswimmed
study\tostudied
carry\tocarried

一方不規則変化する動詞も無数にありますが、いくつかのパターンがありますので、それも表にまとめておきましたので、参照してください。

A-A-A型 A-B-C型 A-B-B型 A-B-A型
例)put-put-put
cut-cut-cut
hit-hit-hit
例)break-broke-broken
go-went-gone
speak-spoke-spoken
例)make-made-made
tell-told-told
hear-heard-heard
come-came-come
become-became-become
run-ran-run

より詳しい過去分詞の説明については、こちらを参照してください。
\to現在作成中

現在完了形 経験とは

「~したことがある」という現在までの経験を表したいとき、現在進行形の経験の用法を使います。

例文を見てみましょう。

I have watched the the bird three times.
私はその鳥を3回見たことがある。

この例文ですが、図解すると下のようになります。 現在完了形 経験のコアイメージ

ある過去の時点から話している現在までに3回鳥を見たことがあるという、過去と現在のつながりがありますね。

ただ単に過去に鳥を見ただけなら、

I watched the bird.
私は鳥を見た。

と過去形で済んでしまいます。

過去形と現在完了形の経験の違いが分かったところで、ほかにもいくつか例文を見てみましょう。

(1) I’ve seen this movie before.
私は以前この映画を見たことがある。

(2) He’s been to Norway many times.
彼は何回もノルウェーに行ったことがある。

(3) They’ve been lost in the mountains before.
彼らは山で遭難したことがある。

また、He has\toHe’s、They have\toThey’veのように略して書くことも多いので覚えておきましょう。

have been toとhave gone to

ここで、(2)の例文の「行ったことがある」は 、have gone toではどうなのかと考えた方もいるでしょう。

しかし実は、have gone toは、一般的には結果としての用法の意味合いが強くなってしまい、「~に行ってしまった。(まだ帰ってきていない)」という意味にとらえられることがほとんどです。

それに対してhave been toは、「行ったことがある。(帰ってきている)」という経験の用法があるため、この2つの使い分けには注意が必要です。

(4) He has gone to London.
彼はロンドンへ行ってしまった。

(5) He has been to London.
彼はロンドンへ行ったことがある。

ただし、have been toは「行ってきたところだ。」という結果に近い意味も持っていたり、アメリカ英語ではhave gone toを「行ったことがある」という経験としての用法で使われることもあります。

現在完了形 経験の否定文

「~したことはない」という文を書きたい場合、現在完了形の経験の否定文を使います。

否定文の書き方は、ほかの現在完了形の用法と同じで、have(has)の後ろにnotを置くことでできます。

つまり、〈S+have(has)+not+過去分詞~〉となります。 現在完了形 経験の否定文

また、現在完了形の経験の否定文と相性の良い副詞としてneverがあります。

neverは「一度も~ない」という意味を持つ副詞で、経験が一度もないことをnotの時よりも強く強調することができます。

現在完了形 never

では、いくつか例文を見ていきましょう。

(6) He hasn’t been to a soccer game before.
彼はサッカーの試合を見に行ったことがない。

(7) I’ve never walked to school.
私は歩いて学校まで行ったことが一度もない。

(8) I’ve never talked to them.
私は彼らと話したことが一度もない。

現在完了形 経験の疑問文

「~したことがありますか」と聞きたい場合は、現在完了形の経験の疑問文を使います。

疑問文の書き方も、ほかの現在完了形の用法と同じく、have(has)を主語の前に置くことでできます。

つまり、〈Have(has)+S+過去分詞~?〉となります。

現在完了形 経験の疑問文

また、現在完了形の疑問文と相性の良い副詞は、everがあります。

everは、「今までに~」という意味があり、〈Have(has)+S+ever+過去分詞~?〉と聞くことで、「今まで~したことはありますか?」と聞くことができます。

それでは、例文を確認してきましょう。

(9) Have you ever eaten French food before?
今までフランス料理を食べたことがありますか。

(10) Have you ever seen a celebrity in person?
芸能人を実際に見たことがありますか。

(11) Have you ever learned to speak English?
英会話を習ったことはありますか。

経験の回数を問う疑問文

また、現在完了形の経験では、「(今まで)~したことは何回ありますか。」と聞くこともできます。

その疑問文の書き方は、〈How many times+have(has)+S+過去分詞~?〉となります。

現在完了形 経験のHow many times

そしてこの疑問文に答えるときは、「~回です。」と答えますが、英語は何回かを表現するときの決まりがあります。

Tips【英語での『何回』】

1回\toonce

2回\totwice

3回以上\to数字+times
ex.)4回\tofour times, 10回\toten times

では答え方まで学んでところで、実際の例文を見ていきましょう。

(12) “How many times have you been to Hokkaido?”
“Three times.”
「何回北海道に行ったことがありますか。」
「3回です。」

(13) “How many times have you caught a cold this year?”
“I haven’t caught a cold.”
「今年にはいって何回風邪をひきましたか。」
「一回も引いていないです。」

【大学入試英語対策】練習問題

最後に練習問題を解いて、定着度を確認しましょう。

例題

次の英文を和訳しなさい。

(1) He has visited Shimane once.

(2) I’ve never seen her before in my life.

(3) He has had that drink before.

次の日本文を英訳しなさい。

(1) 彼女は彼の家に何回も行ったことがある。

(2) 彼はノーベル賞を受賞したことがある。

(3) あなたは何回その試験に合格したことがありますか?

解答

次の英文を和訳しなさい。

(1) 彼は島根に一回訪れたことがある。

(2) 私は彼女に会ったことが一度もない。

(3) 彼はその飲み物を飲んだことがある。

次の日本文を英訳しなさい。

(1) She has been to his house many times.

(2) He has won a Nobel Prize.

(3) How many times have you passed that test?

現在完了形の経験は何かと使うタイミングが多い気がしますね。

人気記事