優しいの英語表現一覧とそれぞれのニュアンス・使い分け【例文付き】

更新日時 2021/10/03

「優しい人」「優しい心」「優しい声」など、普段何気なく使っている「優しい」という言葉ですが、英語ではどのように言うのでしょうか。

学校では kind、gentle、tender など、「優しい」を意味する様々な単語を習いますが、それぞれの違いを説明しようとすると意外と難しいことがわかります。

上の3語を含め、日本語の「優しい」の意味で使うことができる英語は、主に次の9つです。

「優しい」の英語とそのニュアンス
  • kind:親切な
  • gentle:穏やかな
  • tender:愛情深い
  • thoughtful:思いやりのある
  • considerate:配慮のある
  • sweet:親切な(主に女性が使う)
  • good:寛容な
  • nice:感じのよい
  • friendly:(環境などに)優しい

今回は、これらの単語の使い方について説明していきます。

目次
  • kind:親切な

  • gentle:穏やかな

  • tender:愛情深い

  • thoughtful:思いやりのある

  • considerate:配慮のある

  • sweet:親切な(主に女性が使う)

  • good:寛容な

  • nice:感じのよい

  • friendly:(環境などに)優しい

  • 「優しい」の英語のまとめ

kind:親切な

kind は、「優しい」「親切な」の意味を表す最も一般的な語です。人の性格・行為のどちらにも使うことができます。また、相手にお礼を述べる際にも使われます。反意語は unkind(不親切な)です。

a kind lady [smile]
親切な女性 [優しい笑み]

kind words
親切な言葉

He is kind to his wife.
彼は妻に優しい。

It’s very kind of you to come.
= How kind of you to come!
わざわざ来ていただきありがとうございます。

gentle:穏やかな

gentle は、「穏やかな優しさ」を意味します。人の性格や行為だけでなく、天候や薬、色などにも使います。

My mother is a gentle person.
私の母は穏やかで優しい人です。

He is gentle in manners.
彼は物腰が柔らかだ。

a gentle breeze [soap, color]
穏やかな風 [肌に優しい石鹸、優しい色]

tender:愛情深い

tender は、「愛情のこもった優しさ」の意味で使われます。しばしば、子供や病人など、弱い立場の人に対する優しさを意味します。

a tender voice
愛情のこもった優しい声

He is tender toward his sick grandmother.
彼は病気の祖母を優しくいたわっている。

tender loving care (略 TLC)
愛情をこめて優しく世話をすること

thoughtful:思いやりのある

thoughtful は、「相手の気持ちを思いやる優しさ」を意味します。「相手の慰めや幸せのために積極的に気を配る」というニュアンスがあります。反意語は thoughtless(思いやりがない)です。

He is thoughtful of his friends.
彼は友人に対して思いやりがある。

a thoughtful gift
心のこもった贈り物

It was thoughtful of you to remember my birthday.
= How thoughtful of you to remember my birthday!
誕生日を覚えていてくれてありがとう。

considerate:配慮のある

considerate は、「配慮のある優しさ」を意味します。thoughtful と違い、こちらは「相手を不快にさせたり迷惑をかけたりしないように気を配る」というニュアンスです。反意語は inconsiderate(配慮のない)です。

She is always considerate of [to, toward] her employees.
彼女は従業員に対し、常に優しい配慮を持って接している。

It was considerate of him [= He was considerate] not to make any mention of my past.
彼は親切にも私の過去について一切言及しなかった。

sweet:親切な(主に女性が使う)

sweet は 、「親切な」「優しい」という意味で主に女性が使います。通常は、話し言葉で使われます。

He was very sweet to us.
彼は私たちにとても親切にしてくれた。

It’s so sweet of you to say so.
= How sweet of you to say so!
そのように言ってくださるなんて、あなたは優しい方ですね。

good:寛容な

good は、「寛容な優しさ」を意味します。「困った時に助けてくれる」というニュアンスがあり、主に話し言葉で使われます。

He’s always been good to me.
彼はいつも私に優しくしてくれる(寛容に接してくれる)。

It was good of you to call.
= How good of you to call!
ご親切にお電話をありがとうございました。

nice:感じのよい

nice は、「気さくで感じのよい優しさ」を意味します。主に話し言葉で使われます。

He first looked rude but turned out to be a nice person.
彼は最初、無礼に見えたが、結局優しい人だとわかった。

It was nice of you to lend me your books.
= How nice of you to lend me your books!
ご親切に本を貸していただきありがとうございました。

friendly:(環境などに)優しい

「環境に優しい」「家計に優しい」などの表現には、friendly を使います。

Our products are friendly to the environment.
我が社の製品は環境に優しい。

These are earth-friendly detergents.
これらは地球に優しい洗剤です。

user-friendly service
利用者に優しいサービス

a budget-friendly restaurant
家計に優しいレストラン

「優しい」の英語のまとめ

以上、「優しい」の意味で使われる英単語について見てきました。

まとめ

  • kind は、「優しい」「親切な」の意味を表す最も一般的な語です。
  • gentle は、「穏やかな優しさ」を意味します。人の性格や行為だけでなく、天候や薬、色などにも使います。
  • tender は、「愛情のこもった優しさ」の意味で使われます。しばしば、子供や病人など、弱い立場の人に対する優しさを意味します。
  • thoughtful は、「相手の気持ちを思いやる優しさ」を意味します。「相手の慰めや幸せのために積極的に気を配る」というニュアンスがあります。
  • considerate は、「配慮のある優しさ」を意味します。「相手を不快にさせたり迷惑をかけたりしないように気を配る」というニュアンスがあります。
  • sweet は 、「親切な」「優しい」という意味で主に女性が使います。
  • good は、「寛容な優しさ」を意味します。「困った時に助けてくれる」というニュアンスがあります。
  • nice は、「気さくで感じのよい優しさ」を意味します。
  • 「環境に優しい」「家計に優しい」などの表現には、friendly を使います。

今回の記事を参考に、「優しい」に関する英語表現を上手に使い分けられるようになっていただければと思います。

人気記事