第5文型(SVOC)とは| SVO・SVOCとの見分け方や動詞一覧を例文付きで解説

更新日時 2021/09/01

この記事では、英語学習で基本となる文型のうちSVOC、つまり第5文型とは何か、SVOCの構造、SVOCで使う動詞の一覧、他の文型との違いや見分け方についても説明していきます。

目次
  • SVOC(第5文型)とは

  • SVOCで使われる動詞

  • 他の文型との違い

  • 【大学受験対策】練習問題

SVOC(第5文型)とは

SVOCとは、端的に言うと「SはOをCにする」といった意味を作る文型のことです。

文型とは、英語における文を構成する単語の並べ方のルールです。

英語の5文型についてまだ学習していない方は、以下の記事を先に読んで頂くとスムーズです。

SVOCの構造

SVOCは第5文型と呼ばれ、S(Subject=主語)、V(verb=動詞=述語)、O(Object=目的語)、C(Complement=補語)から成ります。

英語の補語について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

SVOC(第5文型)では、V(動詞)の後にO(目的語)が来ます。ここで補語は、O(目的語)が何かを説明します。

このように目的語を説明する補語を目的格補語と言います。

SVOC(第5文型)のポイントとして、多くの場合O(目的語)とC(補語)の間に、OならばCというO=Cの関係が成り立ちます。

また使役動詞を用いる場合には「Oが〜する」という主語ー述語の関係が成り立ちます。

以下で、例文をみながらO=Cが成り立っているか確認していきましょう。

(1) You make me happy.
あなたは私を幸せにする。

(2) Everyone calls him Lio.
みんな彼をリオと呼ぶ。

(3) People believed the story true.
人々はその話を本当だと信じた。

これらの例文では、太字部分がO(目的語)、下線部分がC(補語) です。

O=Cが成り立っているか確認してみましょう。

例文(1)では、O(目的語)は me (私)、C(補語)は happy (幸せな)です。C「happy」がO「me」を説明しています。

この文章の意味は「あなたは私を幸せにする」なので、O=Cは「私=幸せ」となって意味が通り、O=Cが成り立っています。

例文(2)では、C(補語)の Lio (リオ)が、O(目的語)の him (彼)を説明しています。

「彼をリオと呼んでいる」という意味の文なので、「彼=リオ」となって、O=Cが成り立っています。

例文(3)では、C(補語)の true (本当の)が、O(目的語)の the story (その話)を説明しています。

「その話は本当だ」という意味の文なので、「その話=本当」となって、O=Cが成り立っています。

このように多くのSVOCの第5文型では、O=Cの関係が成り立っていることが確認できたと思います。

SVOCで使われる動詞

ここまで例文を通して、SVOCの構造を理解できたかと思います。

では次にSVOCの第5文型でよく使われる動詞を、意味ごとに何種類かのグループに分けて紹介します。

OをCの状態にする

動詞 SVOCで使われるときの意味
make OをCにする
get OをCにする
set OをCにする
paint OをCに塗る

make(OをCにする)、get(OをCにする)、set(OをCにする)、paint(OをCに塗る)

(1)The story made me sad.
その物語は私を悲しくした。

(2)He got her angry.
彼は彼女を怒らせた。

(3)The teacher set the blackbord clean.
先生は黒板を綺麗にした。

(4)Tom painted the wall red.
トムは壁を赤色に塗った。

OをCのままにしておく

動詞 SVOCで使われるときの意味
keep OをCの状態にしておく
leave OをCのままにしておく

(1)Drinking water keeps me healthy.
水を飲むことは私を健康に保つ。

(2)Please leave me alnoe.
私を一人にしてください。(私に構わないで。)

OをCと呼ぶ

動詞 SVOCで使われるときの意味
call OをCと呼ぶ
name OをCとと名付ける
elect OをCに選ぶ
apoint OをCに任命する

(1)We call the cat Kiki.
私たちはその猫をキキと呼んでいる。

(2)They named the baby Rachel.
彼らはその赤ん坊をレイチェルと名付た。

(3)We elected her leader.
私たちは彼女をリーダーに選んだ。

(4)People appointed him chairperson.
人々は彼を議長に任命した。

OをCだと思う

動詞 SVOCで使われるときの意味
think OをCだと思う
consider OをCだと思う
find OがCだと分かる
believe OをCだと信じる

(1)We think the teacher cool.
私たちはその先生がかっこいいと思います。

(2)We consider him a kind teacher.
私たちは彼を優しい先生だと思っています。

(3)I found the book very difficult.
私はその本がとても難しいと分かりました。

(4)I can’t believe it true.
私はそれが本当なんて信じられない。

これらと同様の意味を成す動詞に、regard, view, see(OをCと思う、見なす) があります。

しかし、これらの動詞はSVOCの形はとらず、SVO+as~という形で使われるので注意しましょう。

We regard it as a clue to slove the problem.
私たちはそれを問題を解決するための手がかりだと思っています。

OがCだと感じる(知覚)

動詞 SVOCで使われるときの意味
feel OがCするのを感じる
see OがCするのを見る
listen OがCするのを聞く

(1)I felt the blanket slip off.
私は毛布が滑り落ちるのを感じた。

(2)He saw Mike running away.
彼はマイクが逃げているのを見かけた。

(3)I am listening to the birds singing.
私は鳥たちがさえずっているのを聞いています。

(2)で、「see O Ving」というかたちが出てきました。

ここで、「see O V」と「see O Ving」の違いについて説明します。

前者はSVOCのC部分が動詞の原形で、後者はSVOCのC部分がing形です。

「see O V」は、Vの行為を最初から最後まで見た時に使います。一方、「see O Ving」は、Vの行為をしている瞬間を見た、つまり最初から最後までその行動を見たわけではないということです。

(2)では、C(補語)が「running」とing形になっているので、マイクが逃げていく場面を断片的に見たという意味になります。

ここで「runnig」が「run」になると、マイクが逃げる場面を一部始終見た、という意味になります。

OにCさせる(使役)

動詞 SVOCで使われるときの意味
make [強制的に]Oに~させる
have [説得して、依頼して] Oに~させる、~してもらう)
let Oが~するのを許可する

これらの動詞は「使役動詞」と呼ばれるものです。使役動詞を用いたSVOCの文では、Cの部分に動詞の原型が置かれ、OとCが主述の関係になります。

C(補語)になるのは通常、名詞または形容詞であるため、やや混乱を招きやすいポイントです。

動詞の原型というのは、「〜する状態」といった形容詞的ニュアンスを含むため、このような使われ方をしています。

ちなみに、make には上からの強制といったニュアンスがあります。

お願いをしてやってもらう場合など、「〜してもらう」と言いたいときは have が適切です。

let は、Oにあたる人に動作の許可をする際に使います。

(1)My mother made me clean my room.
母は私に私の部屋を掃除させた。

(2)I had my brother wait for ten minutes.
私は兄に10分間待ってもらった。

(3)The teacher let her go to the infirmary.
先生は彼女を保健室に行かせた。

他の文型との違い

SVOCに似た文型に、SVO(第3文型)SVOO(第4文型) があります。

SVOは、S(Subject=主語)、V(verb=動詞=述語)、O(Object=目的語)から成ります。

SVOでは、V(動詞)の後にO(目的語)が来て、「SはOを~する」という意味になります。

SVOOでは、V(動詞)の後にO(目的語)が二つ来て、「SはO(人)にO(モノ)を~する」「SはO(人)のためにO(モノ)を~してやる」という意味になります。また、二つの目的語O₁、O₂では、O₁≠O₂が成り立ちます。

SVOの例文

I made cookies.
私はクッキーを作りました。

She loves her dog.
彼女は彼女の犬を愛しています。

SVOOの例文

I made Tom dinner.
私はトムに夕食を作ってあげました。

My fahter bought me a new watch.
父は私に新しい腕時計を買ってくれました。

SVO(第3文型)の記事はこちら 内部リンク2237番

SVOO(第4文型)の記事はこちら 内部リンク2080番

SVO、SVOO、SVOCの見分け方

SVO、SVOO、SVOCの見分け方を紹介します。まずは次の例文を見て、どれがどの文型であるか考えてみてください。

(1)I found the cat easily.
私はその猫を簡単に見つけた。

(2)I found the cat a place to live.
私はその猫に住むための場所を見つけてあげた。

(3)I found the cat friendly.
私はその猫が人懐っこいと分かった。

考えてみましたか?

答えは(1)がSVO、(2)がSVOO、(3)がSVOCです。

端的に見分け方を説明すると、「O(目的語)の後に来るものが修飾語ならSVO、=で結べないならSVOO、=で結べるならSVOC」です。

これらの例文は全て、findという動詞の過去系foundを使っています。

まず前提として、3文に共通している主語「I」と動詞の後の名詞「the cat」は=関係で結べないので、「the cat」はC(補語)ではなく動詞「found」のO(目的語)となっていることが分かります。

つまりこれらの文はすべてSVOは共通していることになります。

(1)から順にみていきましょう。まず「easily」は副詞(修飾語) です。よって、O(目的語)でもC(補語)でもないので、(1)は SVO(第3文型) であると見分けられます。

(2)では、「the cat」というO(目的語)の後に、「a place to live」という名詞句が来ています。

「the cat」と「a place to live」は=関係ではないので、これは目的語O₁≠O₂が成り立つSVOO(第4文型) であると見分けられます。

(3)では、「the cat」というO(目的語)の後に、「friendly」という単語が来ています。

「the cat」と「friendly」という形容詞は「その猫=人懐っこい」というように=関係で結ぶことができるので、「friendly」はC(補語)であると分かります。つまりO=Cが成り立つので、(3)はSVOC(第5文型) だと見分けられます。

【大学受験対策】練習問題

練習問題を解いて定着度を確認しましょう。

練習問題

問1 次の文から目的語と補語にあたる部分を指摘しなさい。

a. I made my father angry.
b. Lucy left the door open.
c. She calls her boyfriend Bob.
d. Everyone considers him the most suitable person.

問2 次の文の文型は、SVO、SVOO、SVOCのうちどれか?

a. Rachel found the stranger dangerous.
b. I know him very much.
c. He wathed a deer running.
d. Maki loves cooking.
e. My sister passed me the salt.

問3 次の日本語の意味に合うように、単語を並び替えよ。

a. 私はその噂が本当だと信じない。
the / I / believe / don’t / true / rumor /.

b. 彼らは修学旅行のための準備が全て整った。
trip / everything / for / they / school / ready / the / got /.

解答

問1

a. 目的語:my father 補語:angry
私は父を怒らせた。

b. 目的語:the door 補語:open
ルーシーはドアを開けたままにした。

c. 目的語:her boyfriend 補語:Bob
彼女は彼氏をボブと呼んでいる。

d. 目的語:him 補語:the most suitable person
全員が彼を最も最適な人だと考えている。

問2

a. SVOC
訳:レイチェルはその見知らぬ人が危険だと分かった。
動詞「found」の後の目的語「the stranger」と、その後の「dagerous」は=関係で結べるので、「dangerous」は補語と分かり、O=CよりSVOCと分かる。

b. SVO
訳:私は彼を良く知っている。
動詞「know」の後の目的語だが、その後の「very much」は修飾語で、目的語でも補語でもないので、SVOと分かる。

c. SVOC
訳:彼は鹿が走っているのを見かけた。
動詞「watched」の後の目的語「a deer」と、その後の「runnning」は=関係で結べるので、「running」は補語と分かり、O=CよりSVOCと分かる。

d. SVO
訳:マキは料理が大好きだ。
動詞「loves」の後に「cooking」という目的語が来て、その後に何も続いていないのでSVOと分かる。

e. SVOO
訳:姉は私に塩を手渡した。
動詞「passed」の後の目的語「me」と、その後の「the salt」は=関係で結べないので、「the salt」は目的語と分かり、O₁≠O₂よりSVOOと分かる。

問3

a. I don’t believe the rumor true.

ここではSVOCの形をとる動詞「believe」が使われている。「believe」という動詞の後には目的語が来るので、「the rumor」が次に来る。その後に目的語を説明する補語が来るので、「the rumor true」という順になる。

b. They got everything ready for the shool trip.

ここではSVOCの形をとる動詞「got」が使われている。「got」という動詞の後には目的語が来るので、「everything」が次に来る。その後に補語が来るので、「got everthing ready」という順になる。O=Cより、「全て=準備できた」となる。ここでは「for the shool trip」を文末において修飾語として考えている。

また、別解として、「for the shool trip」が「everything」の直後に来て、「everything for the shool trip(修学旅行のための全て)」という目的語のかたまりとして考えても良い。つまり、「They got everything for the shool trip ready.」も可。(ただ、目的語が長くなりすぎるので、文末に置く方が自然。)

全部で5個ある文型のうちの最後の文型、SVOC(第5文型)を扱いました。一文の中の要素や単語数が増えると、意味をとらえたり英語から日本語訳をするのが難しくなります。そこで役に立つのが基本中の基本である、、文型です。文型を把握できていれば、この要素は目的語だ、補語だ、修飾語だといったように文を正しく把握できます。今回は見分け方も紹介したので、是非完璧にして、ややこしい文章でも正しく訳せるようになってください!

人気記事