省略構文|英語の省略を種類別に徹底解説!例文・練習問題付きで定着度を高める

更新日時 2021/11/15

この記事では、英語の表現技法の一種である省略について解説しています。

英語の表現技法として他に代表的なものでは、強調構文・挿入・倒置・同格があります。 以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧ください。

目次
  • 英語の省略とは

  • 語句を繰り返さないための省略

  • 接続詞の後の〈主語+be動詞〉の省略

  • 慣用的な省略

  • 【大学受験英語対策】練習問題

英語の省略とは

(1)
I like hamburger, and Jack likes sushi.
私はハンバーガーが好物だが、ジャックは寿司が好きだ。

I like hamburger, and Jack sushi.

英語では基本的に簡潔な表現をすることが求められます。そのため、同じ語句が繰り返されるときや、文脈から推測可能な場合は省略されることが多いです。

上の例文でも、動詞「like」がかぶっているので、(2)では後ろの方の「likes」が省略されています。

語句を繰り返さないための省略

補語の省略

(2)
My friends call her smart, but she is not smart.
私の友達は彼女を賢いというが、彼女は賢くはない。

My friends call her smart, but she is not.

前後で同じ補語を使用する場合、後ろのものは省略されることが多いです。例文では is not の後に smart が省略されています。

動詞の省略

(3)
Please come to the party, if you can come to the party.
もし可能でしたら、どうぞパーティーにいらしてください。

Please come to the party, if you can.

前後で同じ動詞を使用する場合、後ろの動詞は省略されます。
また動詞以降の部分も例文のように同じものが来ると予測される場合には省略されます。

例文では can の後に come to the party が省略されています。

to不定詞の動詞の省略(代不定詞)

(4)
“Would you like to come to the party?” - “I’d love to come to the party.
「あなたはパーティーに来たいですか。」「喜んで。」

“Would you like to come to the party?” - “I’d love to.”

不定詞の内容が文脈から明らかな場合、toだけ残して動詞以下は省略することができます。このようにtoだけを残した不定詞を代不定詞といいます。

例文では to の後に come to the party が省略されています。

接続詞の後の〈主語+be動詞〉の省略

(5)
I spend time with a friend when I was in Osaka.
大阪にいた際、私は友人と一緒に時間を過ごした。

I spend time with a friend when in Osaka.

(6)
She fell asleep while she was watching TV.
彼女はテレビを見ているうちに眠ってしまった。

She fell asleep while watching TV.

when、if、whileなどで導かれる副詞節において、副詞節の主語が主節の主語と同じであるとき、〈主節+be動詞〉は省略することができます。

(6)のように省略部分の後ろに分詞が続くケースもあります。

慣用的な省略

if を使った慣用的な省略

(7)
If it is possible, jog for 10 minutes every day.
可能であれば、毎日10分間ジョギングしなさい。

If possible, jog for 10 minutes every day.

(8)
If it is necessary, you can ask him for advice.
必要であれば、彼にアドバイスを求められます。

If necessary, you can ask him for advice.

(9)
Correct the mistakes if it is any.
もし間違いがあれば訂正しなさい。

Correct the mistakes if any.

副詞節の主語が主節の主語と同じではなくても、if節中では〈主節+be動詞〉を省略する慣用的な表現があります。

ifを使った慣用的な省略には以下のようなものがあります。

慣用表現
if possible もし可能ならば
if necessary もし必要ならば
if any もしあれば、あるとしても
if ever [準否定語の後で]もし~だとしても
if anything どちらかといえば
if so もしそうならば
A, if not B BでないとしてもA

日常会話での慣用的な省略

(10) (I’m) Sorry.
ごめんなさい。

(11) (It is) Nice to meet you.
お会いできてうれしいです。

日常会話の慣用的な表現では〈主語+be動詞〉がよく省略されます。

新聞の見出しや広告、掲示

(12) Admission (is) free.
入場無料です。

新聞の見出しや広告、掲示では冠詞やbe動詞がしばしば省略されます。

【大学受験英語対策】練習問題

練習問題

問1 次の [ ] 内の語句を並び替え、正しい英文にしなさい。
(訳)適切に摂取されれば、アルコールは健康に害はない。
[ properly / if / alcohol / taken / harmful / to / not / your health ].

問2 次の英文で( )にあてはまる語句を答えなさい。
The girl leaned out of the train, though her mother told him( )
(訳)
母親は身を乗り出してはいけないといったが、少女は身を乗り出した。
1.not do that
2.do not do
3.to not
4.not to

問3 次の英文で省略されてる語句は何か。(1語とは限らない。)
“Are your parents okay with your career?” - “I’m afraid not.”

解答

問1
If taken properly, alcohol is not harmful to your health.
(解説)
とりあえず「アルコールは健康に害はない」の部分を英訳して「alcohol is not harmful to your health」とします。
残りは「properly/if/taken」の3つのみなので、主語も動詞もないことに気づきます。その際には省略を疑うようにしましょう。
この問題では、「接続詞の後の〈主語+be動詞〉の省略」 が用いられています。それに気づくことができれば、解答のように並び替えられるでしょう。

問2
4. not to
(解説)
( )の部分に訳の通りに英文を入れるとすると「not to lean out of the train」となりますが、「lean out of the train」の部分は文章の前半部分とかぶるとわかるので省略されることが考えられます。
その結果、残るのは「not to」だけであると判断できるでしょう。

問3
I’m afraid that they are not okay with your career.
(解説)
「I’m afraid not.」は日常会話の慣用表現の一つで、「残念だけど〜」「申し訳ないのですが〜」という意味です。相手の問いを丁寧に否定する表現として用いられますが、原理としては上記太字の部分の省略が発生しています。
ちなみに問題文は「君の仕事について、ご両親は理解しているの?」「残念ながらそうではないと思います。」のような意味になります。

省略はなれるまでに長文の中などで何度も発見することが必要になってきます。もし長文の中で見つけたら、意識的に何が省略されているのか確認するようにしましょう。

人気記事