未来進行形|意味や使い方、未来形との違い、否定文・疑問文の作り方まで豊富な例文で解説

更新日時 2021/10/24

この記事では、未来進行形の意味や使い方などについて解説します。

目次
  • 未来進行形とは

  • 未来進行形の意味

  • 未来進行形の否定文

  • 未来進行形の疑問文

  • 未来形と未来進行形の違い

  • 【大学入試英語対策】練習問題

未来進行形とは

未来進行形とは何かから学んでいきましょう。

まずはいくつか例文を見てみましょう。

(1) I will be playing soccer tomorrow.
私は明日サッカーをすることになっている。

(2) He will be dancing on this stage next month.
彼は来月このステージで踊ることになっている。

このように未来進行形は、未来のある時点において行われているであろう動作を表すときに使います。

未来進行形 時制の範囲

そして〈主語+will+be+動詞のing形〉で表現することができ、訳し方は「(未来のある時点において)~しているだろう。」となります。

未来進行形の意味は、大きく分けて4つほど存在します。

この記事では、その未来進行形の4つの意味をそれぞれ詳しく紹介していきます。

他の進行形につきましては、以下の記事を参照してください。

未来進行形の意味

未来進行形の意味① 未来のある時点において行われているであろう動作

未来進行形では、未来のある時点において行われているであろう動作を表現することができます。

例文を見ていきましょう。

(3) I will be playing video game this time next week.
来週の今頃には私はビデオゲームをしてるだろう。

(4) He will be sleeping the day after tomorrow.
彼は明後日には寝ているだろう。

(5) It will be being sunny tomorrow.
明日には晴れているだろう。

このように未来を予測するようなニュアンスの文を書くことができます。

またこのことを応用して、次のような状況の文を書くこともできます。

(6) He will be playing video game when his mother is cooking dinner.
彼の母が夕食を作っているとき、彼はビデオゲームをしてるだろう。

(7) He will be reading while smoking.
彼は喫煙している間本を読んでいるだろう。

(8) I will be running when you get home.
あなたが家に帰るとき、私は走っているだろう。

未来に同時進行するであろう二つの出来事や、動作の最中に別の出来事の予定がある場合も未来進行形を使えば表現することができます。

未来進行形の意味② 現在から未来へと続く状況

未来進行形は、stillを用いることで現在から未来へとそのまま続く動作を表現することができます。

つまり、〈S+will+still+be+動詞のing形〉で、「(現在もそうであるが未来のある時点でも)まだ~しているだろう。」と表現することができるということです。

例文で確認してみましょう。

(9) I wil still be studying English next month.
私は来月になってもまだ英語の勉強をしているだろう。

(10) She will still be sleeping this evening.
彼女は今晩になってもまだ寝ているだろう。

(11) He will still be being scolded next century.
彼は来世紀になってもまだ叱られているだろう。

未来進行形の意味③ 確定した未来

予測した未来を表現できる未来進行形ですが、確定した未来も未来進行形で表すことができます。

ここで重要なのは、未来進行形は個人の意思とは関係なく決まっているというニュアンスを持つことです。

この場合の意味では「すでに決まっているので変更はできない」という意味も含まれます。

例文で確認してみましょう。

(12) I will be meeting my grandparents next month.
私は来月に祖父母と会うことになっている。

(13) She will be going to church this weekend.
彼女は今週末教会に行くことになっている。

(14) They will be having dinner next Wednesday.
彼らは次の水曜日に夕食を食べることになっている。

「決まっていて変更ができない」というニュアンスから、成り行きもあらわすこともできます。

未来進行形の意味④ フォーマルな意味

また、確定した未来\to必ず行うことになるというニュアンスから、未来進行形はフォーマルなメールなどの場面で派生して使われることがあります。

(15) I’ll be sending you an email later.
後ほどメールを送らせていただきます。

(16) I’ll be calling you back.
折り返しお電話させていただきます。

未来進行形の否定文

未来進行形で否定文を書きたい場合は、willの後ろにnotを置くことで表せます。そして訳は、「~しないだろう。」となります。

未来進行形の否定文

それでは例文を確認していきましょう。

(17) I will not be working at the office this weekend.
私は今週末オフィスで働いていないだろう。

(18) He will not be practicing judo next week.
彼は来週柔道を練習していないだろう。

(19) They will not be doing speech this time next month.
彼らは来月の今頃はスピーチをしていないだろう。

未来進行形の疑問文

一方、「~することになっていますか。」と書きたい場合は、未来進行形の疑問文を使います。

疑問文の作り方は、主語の前にwillを出すことでできます。

未来進行形の疑問文

例文で確認してみましょう。

(20) Will you be having a meeting this Friday?
今週の金曜日会議をすることになっていますか?

(21) Will he be arriving at Tokyo at 6:00?
彼は6時に東京に到着することになっていますか?

(22) Will she be visiting France next year?
彼女は来年フランスに訪れることになっていますか?

ここで、未来進行形の疑問文を使う上でのポイントを一つ紹介します。

未来進行形の疑問文は予定を尋ねるときに使う

未来進行形の意味③で学んだように、未来進行形にはその事柄がすでに決まっているというニュアンスが含まれます。ですから、相手の計画や意志を丁寧に尋ねたいときに未来進行形の疑問文が使われます。

未来形と未来進行形の違い

次に、未来形と未来進行形の違いについて確認しておきましょう。

まずはこの二つの例文を見比べてみてください。

(23) I will study English tomorrow evening.
私は明日の夕方に英語を勉強するつもりだ。

(24) I will be studying English tomorrow evening.
私は明日の夕方に英語の勉強をすることになっている。

上が未来形の文で、下が未来進行形の文です。

この2文の意味の違いは何でしょうか。

確実性の違い

未来形の意味は一般的に意志未来予測未来と呼ばれ、本人がただ予想した未来といった確実性の低いものです。

一方で未来進行形は、確定した未来を表すという意味があるように、確実性が非常に高いという点で違いがあります。

例文で比較してみると、未来形はただ「勉強しよう」と思っているだけというニュアンスであるのに対して、未来進行形は「することになっている」という確実性が高い表現になっています。

表現できる動作の違い

未来形と未来進行形では、表現できる動作にも違いが出てきます。

例文で確認してみると、未来形は明日の夕方に「勉強をする」という動作全体のことを表現しています。

一方で未来進行形では、明日の夕方には「勉強をしている最中である」ということを表現しています。

つまり、未来形は

  • 夕方に勉強をするという「動作のはじまり」が明らかである

それに対して、未来進行形は

  • 勉強するという動作はいつから始まったのかはわからないが、明日の夕方には勉強をしている最中であることがわかる

という違いがあります。

丁寧さの違い

また、文に著した際の丁寧さにも、未来形と未来進行形には差があります。

未来形は口語にも使われ、「じゃあ~しよう」のような軽い場面でもつかわれることに対して、未来進行形は、「~することになっている」という意味から丁寧できれいな意味として使われます。詳しくは未来進行形の意味④にも掲載したようにフォーマルな場面やビジネスメールで使われたりします。

【大学入試英語対策】練習問題

最後に、練習問題を解いて定着度を確認しましょう。

例題

次の英文を和訳しなさい。

(1) I will be practicing baseball this time next year.

(2) This train will be arriving at Tokyo soon.

(3) They will be going swimming after lunch.

次の( )内に適する選択肢を選びなさい。

I don’t think we can eat out at seven tomorrow night because I have a lot of homework. Probably, ( )

①I will still be doing them.
②I will still do them.
③I am still doing them.
④I still do them.

解答

次の英文を和訳しなさい。

(1)私は来年の今頃野球の練習をしているだろう。

(2)この電車はもうじき東京に到着いたします。

(3)彼らは昼食後にスイミングに行くことになっている。

次の( )内に適する選択肢を選びなさい。

答え:

未来進行形はあまり長文には見られない気がします。

ただ、基本的な文法の一つですので、コアイメージをしっかりつかみましょう。

人気記事