メガネ・サングラスの英語表現|glassとglassesの違いに注意

更新日時 2021/09/01

「メガネ」は英語でどのように表現すれば良いのでしょうか。

この記事では、メガネに関する英語表現について、アメリカ英語圏、イギリス英語圏に分けて説明していきます。

目次
  • メガネの英語表現

  • メガネに関連する表現

  • glass とglasses の違いは?

  • 「メガネ」や “glasses” を使った成句

  • 「メガネ」の英語:まとめ

メガネの英語表現

英語圏の中でも、アメリカ英語圏とイギリス英語圏では「メガネ」の表現方法が少し異なります。それぞれについて、確認してみましょう。

アメリカ英語圏

アメリカ英語圏では、

“glasses”

“spectacles”

“eyeglasses”

と表現します。

最も一般的に使われるのは、“glasses” です。

“spectacles” は古風な英語とされ、物語の中などでしか使われません。

“eyeglasses” も使用頻度は低く、ほとんどの場合は省略形の “glasses” を使います。

I need to get another pair of glasses.
私はもう一つメガネを買う必要がある。

“glasses” はレンズ2つで1セットなので、“a pair of glasses”、“two pairs of glasses” のように数えます。ただし、“a pair of” や “pairs of” の部分は省略可能です。

I want to get (a pair of) glasses.
私はメガネを1つ買いたい。

She found two (pairs of) glasses on her desk.
彼女は机の上に2つのメガネがあるのを見つけた。

イギリス英語圏

イギリス英語圏でも、

“glasses”

“spectacles”

“eyeglasses”

と表現しますが、アメリカ英語圏との違いは、“spectacles” も一般的に使われているということです。

The boy wearing spectacles is my cousin.
そのメガネをかけている男の子は私のいとこです。

メガネに関連する表現

メガネに関する英語表現
  • サングラス(sunglasses, shades)
  • 曇る ( steam up )
  • (メガネの度が)強い ( strong )
  • (メガネの度が)弱い ( weak )
  • 視力が良い [悪い] ( have good [bad / poor] vision )
  • 視力が良い [悪い] ( have good [bad / poor] eyesight )
  • 伊達メガネ ( fake glasses )

My glasses steam up when I have a mask on.
マスクをしているとメガネが曇る

「曇る」という意味で、“steam up” の代わりに “fog up” を使うこともできます。

His glasses are so strong that they make his eyes look small.
彼のメガネは非常に度が強いので、彼の目は小さく見える。

I wish I had good eyesight like ancient people.
古代人のように視力が良ければいいのになあ。

ちなみに、コンタクトレンズは英語でも “contact lens(es)” と表現します。

glass とglasses の違いは?

さて、メガネは “glasses” と表現しますが、“glass” はどういう意味になるのでしょうか?

“glass” には「ガラス」という意味があり、基本的には「ガラス製のコップ」という意味で使われます。

「メガネ」の意味で “glass” を使うと、コップのことだと思われてしまうので注意してください。

同様に、「サングラス」と言う場合も、“sunglasses” と複数形にするのを忘れないようにしましょう。なお、アメリカ英語圏では、サングラスのことを shades とも言います。(“shade” は「陰」や「日よけ」を意味する単語です。)

「メガネ」や “glasses” を使った成句

最後にメガネに関連した成句を紹介します。

メガネに関する成句
  • 眼鏡が狂う ( to misjudge someone / something )
  • お眼鏡に適う ( be well accepted )
  • see ~ through rose-colored glasses ( バラ色のメガネ越しに世界を見る、楽観的な見方をする )

「メガネ」の英語:まとめ

以上、メガネに関する英語表現について紹介しました。

「メガネ」の表現方法・ポイント

  • メガネは英語圏では一般的に “glasses” と表現します。
  • イギリス英語圏では、“spectacles” を使うこともできます。
  • メガネが「曇る」は
    "steam up", “fog up” などと表現します。
  • メガネの度が「強い」「弱い」は 
    “strong”, “weak” で表すことができます。
  • 単数形の “glass” を使うと「ガラスのコップ」の意味になってしまうので、必ず複数形にしましょう。

今回の記事を、英語でのコミュニケーションに役立てていただければ幸いです。

人気記事