解決済み

古文の質問です。

カ行変格活用とサ行変格活用ではなぜ語幹の部分がそれぞれ(く)(さ)になっているのでしょうか?活用(こ、き、く、くる、くれ、こorこよ)(せ、し、す、する、すれ、せよ)から分かる様にそれぞれ、全部の活用形にく、さが入っている訳ではありませんね?解答宜しく願います。

補足

すみません、(く)と(さ)ではなく、(く)と(す)でした…m(_ _)m

ベストアンサー

ベストアンサー

基本的に「語幹」というのは活用の中で変化しない部分のことです


しかし、カ行変格活用やサ行変格活用では変化しない部分はありません


ですので、それらにおいては終止形である「こ」や「し」を括弧をつけて仮の語幹と置いています

返信(1件)

解答ありがとうございます!

そのほかの回答(1件)

一般的にカ行変格活用である【来】、サ行変格活用である【す】は語幹はありません。

 

 補足)【出で来】、【おはす】などは語幹ありです。気をつけてくださいね!


ただ、@Lotuhasさんがいっていた語幹に【く】と【す】が入っていたのは、終止形だからかと思います。


まあ、そこまで気にすることはないと思います。

テストなどでは指示があると思います。


僕も中学生なので、古文勉強中です。

百人一首覚えるのむずくないすか・・・(汗)


ありがとうございました!

返信(1件)

解答ありがとうございます!

関連する質問

もっとみる