解決済み

相対化の意味について分かりやすく教えてください...!

ベストアンサー

ベストアンサー

「相対」の対義語である「絶対」を引き合いに出して説明するとわかりやすいと思います。

「絶対」とは、あるものの状態を他と比較せずに捉える方法です。例えば、「このリンゴは大きい」と言うときの「大きい」という評価は、何かと比べているわけではないので絶対的な評価です。

これに対して「相対」とは、あるものの状態を他のものと比較することで捉えることです。例えば、「このリンゴはあのオレンジよりも大きい」と言うときの「大きい」という評価は、リンゴとオレンジを比較して行われているので相対的な評価です。

すなわち「相対化」とは、あるものを他のものとの比較関係の下に置くということです。

例としては、質問者さんがもし仮に国語のテストで50点を取って親に怒られてしまったとします。しかし実はクラスの平均点は30点だったことを話すと、むしろ褒められるかもしれません。ここにおいて質問者さんの50点という点数は、クラス平均点によって相対化されたと言えるのです。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

そのほかの回答(0件)

関連する質問

もっとみる