解決済み

銀鏡反応とフェーリング反応の違いは何ですか。

ベストアンサー

ベストアンサー

銀鏡反応とフェーリング反応はどちらも還元性を確認する試験です。

違いとしては、用いる試薬が違います。下記に各反応について説明しておきます。

反応式では、還元性を有するアルデヒドを用いています。


【銀鏡反応】

銀鏡反応とは、アンモニア性硝酸銀水溶液の銀(Ⅰ)AgX+\ce{Ag+}gが還元され、単体の銀Ag\ce{Ag}が析出し、試験管の壁が鏡のようになる反応です。反応式は以下の通りです。

RCHO+2Ag(NHX3)X2X++3OHXundefinedRCOOX+4NHX3+2HX2O+2Ag\ce{R-CHO + 2[Ag(NH3)2]^{+} +3OH^{-} -> R-COO^{−} +4NH3 + 2H2O + 2Ag}


【フェーリング反応】

フェーリング反応とは、フェーリング液中の銅(Ⅱ)イオンCuX2X+\ce{Cu2+}が還元されて、酸化銅(Ⅰ)CuX2O\ce{Cu2O}の赤色沈殿が生じる反応です。反応式は以下の通りです。

RCHO+2CuX2X++3OHXundefinedRCOOX+3HX2O+CuX2O\ce{R-CHO + 2Cu2^{+} + 3OH^{-} -> R-COO^{-} + 3H2O + Cu2O}


補足ですが、フェーリング液とは、硫酸銅(Ⅱ)CuSOX4\ce{CuSO4}と酒石酸ナトリウムカリウム塩の等量混合水溶液のことです。銅(Ⅱ)イオンCuX2X+\ce{Cu2+}が溶け込む深青色のアルカリ溶液です。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

ありがとうございます❤️

そのほかの回答(1件)

フィーリングで理解してください

関連する質問

もっとみる