解決済み

「名詞+being+過去分詞」はbeingが省略されていないだけで、過去分詞の形容詞的用法と意味は同じということで合ってますでしょうか?

例えば、 The problems being discussed here are common in the US.

という文章の場合、「the problems being discussed」は「The problems discussed」のbeingが省略されていないバージョンという解釈で合っていますか?


ベストアンサー

ベストアンサー

「名詞+being+過去分詞」は「名詞+過去分詞」と比べて「今されている」という進行中の動作のを表します。

質問にありました「The problems being discussed」は「今議論されている問題」という意味になります。

他にも

「baby born(生まれた赤ちゃん)」⇔「baby being born(生まれてくる赤ちゃん)」

「changes made(なされた変更)」⇔「changes being made(今なされようとしている変更)」

など、beingがあるかないかで意味は変わってきます。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

助かりました☺️

そのほかの回答(2件)

「being + 過去分詞」は進行形なので「現在~されている最中の」という意味になります。being を省略すると、進行形ではなくなり、単に「~された」という意味になります。


以下の例をご覧ください。


This is the picture being painted by Mike.

(これが現在マイクに描かれている最中の絵です。)

This is the picture painted by Mike.

(これがマイクに描かれた絵です。)


The problem being discussed now is about global warming.

(現在話し合われている最中の問題は、地球温暖化についてです。)

The problem discussed yesterday was about global warming.

(昨日話し合われた問題は、地球温暖化についてであった。)


「名詞+being+過去分詞」は「名詞+be動詞+進行形」が受動態になった形なので、

「今なされている~」という進行形の意味になります。

ですので、質問にあった「 The problems being discussed here are common in the US.」は

「今ここで議論されている問題は米国では共通のものだ。」となります。

関連する質問

もっとみる