解決済み

尊敬語と謙譲語と丁寧語の見分け方を教えてください。助けてください。

ベストアンサー

ベストアンサー

敬語には,謙譲語・尊敬語・丁寧語の3種類があります。謙譲語と尊敬語を見分けるにはだれの動作を表しているかに注目します。


謙譲語

自分(話し手)の動作に使って動作を受ける人に対する敬意を表す。自分の行動をへりくだって言います。

(例)明日伺う予定です。

→「伺う」が謙譲語です。動作主(行く人)は自分(話し手)です。

尊敬語

相手(聞き手)や話題になっている人の動作に使って動作主に対する敬意を表す。相手を高めます。

(例)先生がお食べになる。

→「お食べになる」が尊敬語です。動作主(食べる人)は「先生」です。

丁寧語

丁寧な表現を使って敬意を表す。「です」「ます」「ございます」など。

(例)これがわたしの学校です。

→「です」が丁寧語です。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

そのほかの回答(0件)

関連する質問

もっとみる