解決済み

主語と主部の違いを教えてほしいです!

ベストアンサー

ベストアンサー

主語と主部の違いは文節の数です。文節の数が「主語」は一文節で、「主部」は二文節以上という違いがあります。主語も主部も「何が」「だれが」などを表す文節です。


例「制服を着た高校生が道をふさいでいる」


主語は「高校生」、述語は「ふさいでいる」ですが、主語や述語を修飾する部分を含めて


主部…「制服を着た高校生が」

述部…「道をふさいでいる」


と言い換えられます。どちらも2文節以上で構成されています。


主部、述部をとらえると便利な文章は意外と多いです。


「この著しい成長をしている企業の創業者は優秀な経営者であった。」


この文では、


主語…創業者は

述語…大学生だった


ですが、「創業者は経営者だった」は、文章内容と文法を関連づけて考察するのは難しいでしょう。

文章が叙述する内容から、


主部…この著しい成長をしている企業の創業者は

述部…優秀な経営者であった


という置き換え扱う方が、文章が叙述する内容と文章構造とを同時に議論できるのです。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。よくわかりました。

そのほかの回答(1件)

主語は主体を示す文節1つのことで、主部は主語+何か他の言葉がくっついてるもののことです

関連する質問

もっとみる