解決済み

「固定資本減耗分」という言葉の意味を教えてください!

ベストアンサー

ベストアンサー

簡単に言えば「固定資本減耗」とは機械などの設備にかかった費用のことを指す経済用語です。

例を挙げます。

20年が寿命の2000万の設備があり、現実では使い始めて10年後に壊れた時に初めて価値が0になります。ですが、経済学ではこの設備は20年間かけて少しずつ価値がすり減っている(減耗)とみなして、1年ごとに100万円の価値減少と捉えます。これを固定資本減耗といいます。

返信(1件)

なるほどです!

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

僕にでもわかるように説明してくださったこちらの回答をベストアンサーにします!

ありがとうございました!

そのほかの回答(1件)

固定資本減耗とは、 構築物や設備、機械など再生産可能な固定資産(有形固定資産、無形固定資産)の、通常の損傷や予見される滅失、普通に利用していてて生じる程度の事故による損害等から生じる減耗分を評価した額のことです。固定資産を代替するための費用として総生産の一部を構成しています。


返信(1件)

ありがとうございます!


関連する質問

もっとみる