解決済み

解説してください

ベストアンサー

ベストアンサー

(1)「物体が動かなかった」とあるので力のつりあいより、引いた力と等しく5.0Nです。

(2)動き出す直前は静止摩擦力が最大となる、つまり、

(静止摩擦力)=(静止摩擦係数)×(垂直抗力)

      =0.50×20(N)=10(N)

引く力は逆向きで大きさは等しいので、10Nとなります。

(3)物体は動いているので常時

 (動摩擦力)=(動摩擦係数)×(垂直抗力)

      =0.40×20(N)=8.0(N)

がかかっています。

この物体の質量をm、加速度をa(物体を引く方向を正)、引く力をFとすると運動方程式は、

ma=F−8.0

等速で動かすので、加速度aに0を代入すると、F=8.0Nとなります。

(4)動摩擦力は動摩擦係数と垂直抗力のみによって決まります。よって変わらず8.0Nです。

質問者からのお礼コメント

質問者からのお礼コメント

大変助かりました

そのほかの回答(0件)

関連する質問

もっとみる