1. Z会
  2. Z会小学生コースと小学ポピーを徹底比較!併用受講がおすすめなのかやデメリットも解説

Z会小学生コースと小学ポピーを徹底比較!併用受講がおすすめなのかやデメリットも解説

更新日時 2021/04/05

「中学受験も視野に入れて自宅学習させるならば、Z会とポピーではどちらがいいの?」

「うちの子が向いているのは、Z会とポピーのどちらの学習方法なんだろう?」

小学生の授業内容が大きく変わり、不安な親御さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、小学生の通信教材の中でも人気の高い「Z会小学生コース」と「小学ポピー」の評判や特徴について、詳しく解説しています。子どもの勉強の習慣づけなどに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

「Z会小学生コースと小学ポピーについてざっくり説明すると

  • Z会は思考力を伸ばすこと、ポピーは基礎力の充実に力を入れている
  • Z会・ポピーのいずれも長年の実績や研究に基づいた教材が提供されている
  • Z会はタブレット学習も取り入れているので、紙教材ではできないプログラミングなどの学習ができる
目次
  • Z会小学生コースと小学ポピーの特徴を比較

  • Z会小学生コースと小学ポピーの教材を比較

  • Z会小学生コースと小学ポピーの料金を比較

  • Z会小学生コースと小学ポピーの最大のメリットは?

  • Z会小学生コースと小学ポピーのデメリット

  • Z会小学生コース・小学ポピーの実際の口コミ・評判

  • Z会小学生コースと小学ポピーはどちらがおすすめ?

  • 「Z会小学生コースと小学ポピー」比較についてまとめ

Z会小学生コースと小学ポピーの特徴を比較

Z会小学生とポピー小学生のロゴ

画像出典:Z会公式HP、ポピー公式HP

まずは、Z会小学生コースと小学ポピーの特徴について、簡単に確認しましょう。それぞれ同じように通信教育の講座が用意されていますが、両社の特徴は対極的です。

項目 Z会小学生コース 小学ポピー
対象年齢 小学生全学年 小学生全学年
対象科目 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング・作文 国語・算数・理科・社会・英語
オプションコースの種類 豊富 少ない
タブレット教材 あり(選択可能) なし
紙教材 あり(選択可能) あり
難易度 やや難しい 易しい
教科書準拠 なし あり
中学受験対応 あり なし
月額料金 2,992円/月〜(小学1・3教科) 月額2,500円〜(小学1・3教科)
運営会社 株式会社Z会小学生コース 全日本家庭教育研究会

Z会小学生コースの特徴

まずは、Z会小学生コースの特徴から確認していきましょう。

イード・アワードという顧客満足度調査において、Z会小学生コースは、小学生の部でたびたび最優秀賞を受賞しています。2018年~2020年は3年連続で受賞するなど、小学生部門でもZ会の評判が高まっていると言えるでしょう。

自由度の高さが魅力のZ会小学生コース

近年では新たな学習方法として、タブレット学習が急速に普及しています。Z会でもタブレット学習を取り入れており、紙教材とタブレット端末の両方が選択できます。

また後述するように、選択コースが多いのもZ会の特徴です。学習の難易度や分量・個々の学習環境や進路目的などに合わせて、1科目からの受講もできるなど、自分にフィットする受講スタイルを決めることができます。

時代のニーズに合わせた方法を実施

教材の見直しをする場合でも、Z会ではネットから簡単に解約手続きができます。他にもプログラミングや作文の添削を行うなど、親御さんの指導が難しい科目にも対応していますから、将来の進路を考えた場合にも有効な教材だと言えるでしょう。

\Z会は顧客満足度No.1/

小学ポピーの特徴

一方、小学ポピーもZ会と同じように保護者から高い評価を得ています。ポピーは40年以上の歴史があり、長年の教材づくりのノウハウがしっかり生かされているのが特徴です。

また、全国の小中学校で採用されている副教材を提供している「新学社」が編集をしており、教科書準拠の内容であるため、無理なく続けやすいと言われています。ワークに要する時間も、小学生用の教材は1回10分程度を目安にしており、学校で実施される単元別テストにも対応しています。

さらに、一番魅力的なのは続けやすい価格設定です。料金は教材の費用のみであり、別途アドバイス料や専用端末代などの費用がかかることはありません。

これらの特徴を持つポピーも、やはりイード・アワードで「学費の満足度が高い通信教育」「継続しやすい通信教育」などの部門賞を何度も受賞しており、学校の教材とも併用しやすいと言えるでしょう。

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

Z会小学生コースと小学ポピーは真逆の特徴を持つ

Z会小学生コースと小学ポピーは、基本的なスタンスが真逆の関係にあると言えます。

Z会小学生コースは、教科書レベル~教科書の発展問題以上のレベルまで、幅広い内容を扱います。国語を例にすると、「詩を作る」課題が出されるなど、ハイレベルの問題が含まれていることもあります。

それに対して、小学ポピーは基本的に教科書レベルの問題を中心に扱っており、基礎学習におすすめです。中学受験の予定などがなく、学力よりも勉強の習慣付けを重視する人に向いていると言えるでしょう。

Z会小学生コースと小学ポピーの教材を比較

これまで述べたように、難易度はZ会の方が高いと言えます。今度はそれぞれの難易度や進度について改めて確認してから、具体的な内容について詳しく説明していきましょう。

Z会 ポピー
普通(低学年)~やや多い(高学年) やや少ない
難易度 難しい 易しい
進度 やや速い 普通
添削 あり なし

Z会は低学年のうちは「やや難しいかな?」と感じる程度であっても、学年が進むにつれて「Z会の標準問題と教科書の発展問題が、変わらないレベルだった」という声も聞かれます。じっくり考える習慣や力がないと、挫折の原因にもなるため、勉強が苦手な子どもにはポピーの方が向いていると言えるでしょう。

Z会小学生コースはタブレット教材で学べる

Z会小学生タブレットコースの画像

画像出典:Z会公式HP

Z会小学生コースでは、タブレット学習も選択できます。

紙教材でも添削さの丁寧には定評がありましたが、タブレットを導入したことで、子どもの「テンポ良く学習したい」という要望に答えられるようになりました。また、タブレットであってもタッチペンを使って記述式の問題も取り入れるなど、タブレットの利点を生かしながらも紙教材の特徴も残した設計です。

さらに紙教材派にも、従来の教材が用意されています。暗記や素早い解答に頼るのではなく、本質的な学力の向上を最大の目的としている、Z会らしい教材ではないでしょうか。

また、小学校3年生からは中学受験コースが用意されています。今年度も開成中学や桜蔭学園など難関中学の合格者が排出されており、高みを目指すお子様にもぴったりです。

アプリによる学習スケジュール管理

タブレットコースや中学受験コースでは、専用アプリを利用して学習スケジュールを自動作成できます。他の習い事やクラブ活動などで急な変更があっても、それに基づいたリスケジュールができるので、勉強が遅れる心配も少ないと言えます。

タブレットや中学受験コースは映像授業も利用できるので、専任講師の質の高い授業を視聴したい人にも、Z会が向いているでしょう。

\Z会は顧客満足度No.1/

小学ポピーの教材は?

小学ポピーの教材の画像

画像出典:ポピー公式HP

ポピーは、価格だけでなく「余分な教材がない」点も、多くの保護者から支持されています。付録が少なく、おまけのマンガもないので、勉強から気が逸れる要素がありません。

学校教材で有名な新学社による教材作成

ポピーを作成しているのは、全国の学校で使用されている副教材やワークを提供している「新学社」です。「学びはいつも、新しい」というキャッチフレーズを掲げ、4年に一度見直される学習指導要領にも対応しています。

毎月届くワークには、教科書の該当ページや注意書きなども記載されているので、帰宅後の復習にもぴったりです。学校の補習教材として非常に優れており、6・9・11・2月に届けられる期末まとめテストは、学校の「期末テスト・学年末テスト」対策としても有用な教材です。

科学的根拠に基づいた教材

ポピーは脳の専門家である篠原菊紀先生の監修の元で作成された教材です。幼児期のポピー利用者の親子の観察などから、ポピー利用者は脳の活動領域において「ワーキングメモリー」がしっかり活動していることが判明しています。

その研究結果を教材開発や利用の仕方に応用しているので、ポピーの教材は、知的好奇心を掻き立てられるような工夫がされているのです。

主要科目以外にも学べるコンテンツが多い

上記の見出しでも触れたように、ポピーは主要科目以外の勉強にも力を入れています。学校の勉強では学びにくい学習内容の教材には、どのようなものがあるのか、下記の表を参考にしてください。

教材名称 教材目的 届く時期
算数マスターズ 算数・数学的思考力検定の問をベースにして、論理的思考を身につける 7月・1月
作文力・表現力ワーク 5つの課題を解くと、その答えがそのまま作文力、表現力に直結する。理解力・思考力・表現力が身につく。 7月
ふしぎがいっぱい ぴかり!! 身近な発見や体験を通して、知的好奇心を伸ばす。 毎月

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

Z会小学生コースと小学ポピーの料金を比較

今度は、それぞれの料金について確認していきましょう。まずは、4科目受講で、12カ月一括払いの場合のそれぞれの料金について確認していきます

先ほどお伝えしたようにZ会は、タブレットメインのコースと紙教材をメインにしたコースの2つがあります。

ただ、ここではテキスト教材で学習を行うポピーと比較しやすいようにZ会もテキストコースの料金を中心に比較していきます。

なお、ここでは全て税込価格で表示してあります。また、どちらも入会金・退会金は0円であり、Z会はスタンダードコースの価格で計算しています。

学年 Z会小学生コース 小学ポピー
小学校1年生 3,927円/月 2,500円
小学校2年生 4,301円/月 2,900円
小学校3年生 4,320円/月 3,300円
小学校4年生 4,884円/月 3,300円
小学校5年生 6,366円/月 3,800円
小学校6年生 6,930円/月 3,800円

ざっくりと料金の目安を確認したところで、今度はそれぞれの詳しい料金について見ていきましょう。

Z会小学生コースの月額料金表

ここでは、Z会の料金システムについて説明していきます。なお、下記の料金表は、いずれも税込価格で12カ月一括払いを前提としています。

「みらい思考ワーク」で非認知能力を鍛える

先に、小学校1・2年生の料金について見てみましょう。

学年 スタンダードコース ハイレベルコース スタンダード+「みらい思考ワーク」 ハイレベル+「みらい思考ワーク」
小学1年生 3,927円/月 4,301円/月 4,581円/月 4,955円/月
小学2年生 4,301円/月 4,675円/月 4,955円/月 5,329円/月

1・2年生では、オプションとして「みらい思考ワーク」という聞き慣れないワークが登場します。

みらい思考ワークとは、

  • 論理的判断力
  • 情報整理力
  • 試行錯誤力
  • 連想力
  • 注意力
  • 推理力

6種類の非認知能力を育むことを目的としています。これからの時代は論理的思考力が重視されると言われていますが、「みらい思考ワーク」は、この流れを意識したワークだと言えるでしょう。

自分に合ったプランが選べる料金システム

3年生以降になると、1教科からの受講も選択できます。また、3年生以降は専科のバリエーションも増えますので、「私立中学受験までは考えていないが、公立中高一貫校の受検は検討している」というような方にも適しているでしょう。

学年 4教科+「英語」または「思考・表現力」 4教科(セット) 3教科 2教科 1教科
小学3年生 5,909円/月 4,320円/月 4,065円/月 2,710円/月 1,355円/月
小学4年生 6,473円/月 4,884円/月 4,488円/月 2,992円/月 1,496円/月
小学5年生 7,435円/月 6,366円/月 5,187円/月 3,458円/月 1,729円/月
小学6年生 8,140円/月 6,930円/月 5,610円/月 3,740円/月 1,870円/月

ただし、ハイレベルコースや専科コースの受講の仕方など、料金システムが少し複雑だと感じる人もいるのではないでしょうか。公式サイトでも分かりにくい部分が存在するため、迷ったら資料請求してみるのが良いでしょう。

また、専科コースを単独で受講することもできるため、ポピー受講生であっても、「Z会のプログラミングだけ受講したい」というような併用も可能です。

\Z会は顧客満足度No.1/

小学ポピーの料金

先に触れましたが、小学ポピーはリーズナブルな点が非常に評価されています。また、脳科学の研究に基づいて設計された教材なので「わかる楽しさを味わえる」というのも、人気の秘密でしょう。

今度は学年ごとのコンセプトも確認しながら、料金と合わせて見てみましょう。金額は、Z会同様に税込価格で12カ月一括払いの一月あたりの料金です。

項目 狙い(コンセプト) 講座費用
小学1年生 学習習慣を身に付ける 2,500円
小学2年生 親子学習でやる気と学習習慣の基礎を確立 2,900円
小学3年生 進んで勉強する積極性を育てる 3,300円
小学4年生 好奇心を刺激する内容で「学ぶ楽しさ」を育む 3,300円
小学5年生 自発学習の意欲を育て、得意を伸ばす 3,800円
小学6年生 英語に楽しく取り組み、無理なく取り組める 3,800円

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

安さなら圧倒的にポピー

料金だけで判断するのならば、圧倒的に安いのはポピーです。Z会だけでなく、他の通信教材と比較した場合であっても、余分な副教材や専用タブレットなどを使用しないため、その分価格が押さえられていると考えられます。

もっとも、Z会も教材の質の良さや添削の丁寧さには定評があり、同様のサービスを塾に求めると、もっと費用がかかると予想されます。料金とサービス内容のバランスを考慮すれば、Z会のコスパも塾よりは遥かに良いと言えるでしょう。

Z会小学生コースと小学ポピーの最大のメリットは?

今度は、Z会小学生コースと小学ポピーを受講する上でのメリットについて、検討していきましょう。

Z会小学生コースならではの魅力

Z会の実績の画像

画像出典:Z会公式HP

Z会小学生コースは、特に子どもの勉強に熱心な保護者から、多くの支持を集めています。単に勉強のレベルが高いだけではなく、それ以外の魅力があるからこそ「やって良かった」という声が聞こえてくると言えるでしょう

ここでは、保護者の方々がZ会小学生コースを支持する具体的な理由について、紹介していきます。

親向けの学習サポート体制

Z会小学生コースは、子どもの教材と合わせて、保護者向けの手引きである「サポートブック」という冊子も、毎月届けられます。サポートブックは、子どもの教材をベースにして、それぞれの問題を解く上でのアドバイスや声掛けのポイントなども示されています。

また、2020年3月より「さぽナビ」から「Z-SQUARE」に名称を変更したZ会の保護者用Webページも充実しています。子どもの学習概論だけではなく、中学入試の情報や最新の教育傾向の分析記事なども掲載されているので、Z会会員以外の人でも読み応えがある内容であり、おすすめです。

問題の質が非常に高い

Z会は、問題や教材の質が非常に良いことで有名です。子どもが低学年のうちは「学習に慣れ親しむこと」を目的として、遊びやゲームの要素が強い教材も多いものですが、Z会は低学年のうちから、思考力が必要な問題が散りばめられています。

また、添削も一人ひとりに添削の専任講師がついて、手書きの具体的なメッセージが送られてきます。タブレット学習でも記述の要素を残してあるので、単純な選択問題で構成された教材よりも、本質的な学力が付きやすいと言えるでしょう。

タブレットによる学習サポート

またタブレットコースでは、全学年でタブレットを利用して学習できます。Z会のタブレットコースは、専用タブレットの購入義務もないので、既にタブレットがあるご家庭では手軽に始めやすいでしょう。

タブレットコースの利点の一つは、学習スケジュールの自動作成機能がある点です。実際に利用した人からは「自分で予定を立てるようになった」「スケジューリング調整が行えるようになった」と、子どもの学習スケジュールの管理能力が磨かれたという声が、多数寄せられています。

タブレット学習にすると、親がつきっきりで学習を促す負担からも開放されるので、「タブレット学習に切り替えて良かった」というように、好意的に受け止められていると言えるでしょう。

コースの種類が豊富

またZ会では、プログラミングコースや作文コースなど、本科コースとは別に幅広い科目が学習できます。学校で学ぶ教科以外にも、非認知能力を伸ばす教材も用意されているので、中学受験を考えているのならば、間違いなくZ会小学生コースがおすすめです

さらにZ会の中学受験コースは小学3年生から対応しており、先に述べたように既に各地の難関中学合格者を輩出しています。また、私立中学とは問題傾向が異なる公立中高一貫校用のカリキュラムも用意されているので、幅広い中学入試に対応できます。

私立中学以外にも、筑波大学附属駒場中学校、東京都立小石川中等教育学校など、国立や公立の難関中高一貫校も含めて多方面の難関校において、素晴らしい合格実績を残しています。

\Z会は顧客満足度No.1/

小学ポピーならではの魅力

小学ポピー教材

画像出典:ポピー公式HP

今度は、小学ポピーの魅力について説明しましょう。

子育て全般のサポート体制

小学ポピーでは、毎月教材と一緒に「popy f(小学ポピーエフ)」という保護者向けの情報誌が送られてきます。学習面はもちろんのこと、子どもの健康面や心の発達、食育や親子間のコミュニケーションの取り方など子育て全般に渡る内容のアドバイスが掲載されています。

また、同様のサービスとしてポピー子育て学習情報サイトもおすすめです。こちらは、ポピーのFacebookで公開された記事や、各種の悩みに応じた記事の絞り込み機能も付いているので、ご自身の悩みに対する回答を見つけやすいのではないでしょうか。

さらに年に一度、「小学ポピー診断」という子どもの性格に合わせた子育て診断サービスが用意されています。子どもの特性に合わせたアドバイスがもらえるのも、心強いサービスだと言えるでしょう。

基礎力をつけるにはピカイチ

小学ポピーは教科書準拠の基礎問題が多いので、わかりやすい学習を求める方にはぴったりの教材です。一回の学習時間も、10分~15分程度と短時間で終わるので、家庭学習の習慣が身につきやすいと言えるでしょう。

また、教科書に沿った学習内容なので、学校の勉強とリンクさせながら進められ、単元別テストや学期終わりのまとめテストでも高得点を狙えます。

デジタル教材がある

ポピーではタブレット教材はありませんが、その代わり、デジタル教材が存在します。

小学生のデジタル教材で代表的なものには、英語のデジタルブックなどがあります。他にも、漢字の書き順や、小数点の位取りの問題について視覚的に学ぶ工夫がされているなど、デジタル教材ならではの利点が生かされています。気になる人は、公式サイトの見本などで確認してみましょう。

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

Z会小学生コースと小学ポピーのデメリット

がっかり

Z会とポピーはそれぞれのサービスの良さがあるので、併用を考える人もいるかもしれません。その際には、否定派の意見も気になるところではないでしょうか。次は、両サービスのデメリットについて検討してみます。

Z会小学生コースのデメリット

まずは、Z会小学生コースのデメリットから説明しましょう。

添削の返却まで時間がかかる

Z会小学生コースは、添削課題を提出しなければなりません。ただし、添削が丁寧な反面、返却されるまでの時間が長いと指摘されています。

小学生は4年生までは手書きによる添削、5年生以降はデジタル方式による添削です。公式サイトでは、手書き添削で返却に要する時間は約14日、デジタル方式で約7日とされています。

学校の教科書と進度がずれることがある

また、そもそもZ会小学生コースは教科書準拠ではありません。そのため、学校で習っている範囲と、Z会から届けられた教材の学習領域がずれてしまいがちです。

最終的には学力を伸ばすのに役立つ教材ですが、わからない点が増えやすいので子どものやる気を削ぐ要因にもなり、学校のテスト対策に利用しようとしても効率が悪い可能性があります。

内容がハイレベルすぎる?

Z会の挫折の原因としてよく指摘されるのが、内容がハイレベル過ぎるという点です。思考力の鍛錬を意識した問題が多いので、受動的な子どもには難しく感じることも多く、そこで心が折れてしまう人もいます。

ただし、実際に子どもの性格や学力レベルに合っているかどうかは、教材に取り組んでみるまでは分かりません。本格的に始める前に、まずは「おためし教材」を取り寄せて、感触を掴んでみると良いでしょう。

小学ポピーのデメリットは?

今度は、小学ポピーのデメリットについて説明していきます。

内容が簡単すぎる?

小学ポピーは基礎事項を多く扱っているので、学校の授業が余裕に感じる人などには簡単過ぎるように感じるケースもあります。ただし、学習能力は子どもによって異なるので、一概に簡単過ぎるとは言えません。

ポピーも無料でお試しができるので、お試し教材で子どもの学習レベルや意欲に合っているか確認するのがおすすめです。

タブレット学習ができない

また、ポピーはタブレット学習ができません。

紙教材の通信教材ですが、後述するように採点や問題の解説などのサービスがないので、親がこれらの役割を担うのが基本です。タブレット学習では自動採点機能などがあるので、Z会のタブレット学習と比較すると、ポピーの方が親の手間が増えると言えるでしょう。

タブレット教材はすぐに解答や解説が確認できますから、勉強に苦手意識のある子どもでもゲーム感覚で取り組みやすいと言われています。タブレット学習をきっかけに、積極的に勉強に向き合うことが期待されていますが、ポピーでは別の方法で学習モチベーションを上げなければなりません。

遊び要素も他社と比較して少なめ

小学ポピーは、Z会のように「この教材をここまで進めれば、景品がもらえる」というような遊びの要素がありません。タブレット教材でもないので、勉強以外の動機づけがないのがポピーの弱点とも言えます。

「勉強が終わった人だけが遊べるゲーム」などもないので、親がどれだけ勉強自体の楽しさを伝えられるかが、やる気にさせるカギになるでしょう。

添削が存在しない

ポピーでは添削サービスがありません。そのため、作文や記述問題などの応用力を身に付けたいと考えている場合には、デメリットになります。

もっともZ会の項で述べたように、添削は返却まで時間がかかることもあります。目の前ですぐ結果がわかる方がやる気を維持できる子どももいるので、一概に添削無しの方針が悪いとは言い切れません。

Z会小学生コース・小学ポピーの実際の口コミ・評判

実際にZ会小学生コースと小学ポピーを利用している方の評判・口コミについていくつかご紹介いたします。

小学ポピーは教材量が少ない?

上記の口コミをみると、「小学ポピーはボリュームが少し物足りない」と感じている方の口コミが少しみられます。

ポピーで基礎的な学習をしつつ、他の教材でボリュームを担保するという受講の仕方をしている人も一定数存在すると言えるでしょう。

ポピーは料金が安い!

上記の口コミのように小学ポピーの料金の安さを高く評価する口コミがみられました。

Z会の教材は体験型が多い?

Z会の教材の特徴として体験型の教材であるとの口コミがみられます。

ただ、知識を取り入れるのではなく、実体験として学習することができるので成長しても記憶から忘れることが少ないです。

まずは資料請求がおすすめ?

上記の口コミのように、実際にポピー・Z会の両方を資料請求してみたという方が非常に多いです。

どちらも資料請求で、体験教材をもらうことができますのでまずは資料請求をしてみることをおすすめします。

Z会小学生の公式サイトはこちら

ポピーの公式サイトはこちら

Z会小学生コースと小学ポピーはどちらがおすすめ?

それでは、どのような子どもがそれぞれのサービスに向いているのか、ご案内してきましょう。

Z会小学生コースに向いている子

Z会小学生コースに向いているのは、次のような子どもです。

  • 学校の授業内容が簡単過ぎるので、もっと難しい問題に取り組みたい子
  • 学校の勉強以上の知識を深めたい子
  • 中学受験を検討している子
  • 手持ちのタブレットを活用して学習したい子

\Z会は顧客満足度No.1/

小学ポピーに向いている子

一方、小学ポピーの学習に向いているのは次のような子どもやご家庭です。

  • 家庭学習の習慣を身に付けさせたいご家庭
  • 学校の授業をしっかり理解して、テストで高得点を取って自信をつけさせたいご家庭
  • なるべくリーズナブルに通信教育を利用したい人

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

余力があるうちは併用するのもおすすめ

ここまで見てきたように、Z会とポピーでは育つ力が全く異なります。従って、低学年のうちは併用を検討しても良いでしょう。

ポピーで机に向かう習慣を付けた後に、Z会で応用力を伸ばすのも、おすすめです。また、基礎力をポピーで身に付け、ポピーにない「専科コース+プログラミングの受講」をZ会で受講するという併用方法も、有用だと言えます。

「Z会小学生コースと小学ポピー」比較についてまとめ

「Z会小学生コースと小学ポピーの評判や特徴」についてまとめ

  • Z会小学生コースとポピーでは異なる力が異なる
  • 中学受験を検討しているなら、Z会の受講がおすすめ
  • 子どもにどのような力を身に付けてほしいかを考えて、受講プランを立てよう

Z会とポピーは対極的な教材ですが、「親子のコミュニケーションを重視している」などの共通点も見られます。小学生コースでは両者の間に難易度などで大きな違いが出てきますが、それぞれの良さを取り入れながら併用する人も、少なくありません。

現在の小学生の学習内容は、プログラミングや英語教育の低年齢化など親御さんの頃とは異なった科目も登場しています。今後それらの科目についても、家庭における通信教育の果たす役割は大きいと言えるでしょう。親子の関わりを大切にするZ会やポピーの教材などを利用しながら、子どもの知的好奇心を上手に伸ばしてくださいね。

人気記事
  1. Z会
  2. Z会小学生コースと小学ポピーを徹底比較!併用受講がおすすめなのかやデメリットも解説