1. Z会
  2. Z会と四谷大塚のリトルくらぶはどちらがおすすめ?中学受験のための通信教育を徹底比較!

Z会と四谷大塚のリトルくらぶはどちらがおすすめ?中学受験のための通信教育を徹底比較!

更新日時 2021/04/27

通信教育ってたくさんあるけど、中学受験に向いているのはどれ?

Z会とリトルくらぶの評判が知りたい!

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

Z会は数ある通信教育の中でも確かな地位を確立している有名なサービスです。それに対しリトルくらぶは中学受験で有名な四谷大塚が開発した小学校低学年向けの通信教育です。

今回は、Z会とリトルくらぶについて特徴や料金などを徹底比較しながら解説します。

この記事を読めば、自分に向いている通信教育を選択できるようになるでしょう。

Z会とリトルくらぶについてざっくり説明すると

  • どちらも中学受験に対応した通信教育であるが学習スタイルや入会金の制度などが異なる
  • Z会は受講科目に応じて細かく料金設定がされている
  • リトルくらぶの方が難易度も料金も高めに設定されている
目次
  • Z会とリトルくらぶ(四谷大塚通信)の特徴を比較

  • Z会小学生コースとリトルくらぶの教材を比較

  • Z会とリトルくらぶの料金を比較

  • Z会小学生コースとリトルくらぶのメリットを比較

  • Z会小学生コースとリトルくらぶのデメリットを比較

  • Z会小学生コースとリトルくらぶの実際の評判・口コミ

  • Z会小学生コースとリトルくらぶはどちらがおすすめ?

  • Z会小学生コースとリトルくらぶはどちらがおすすめかについてまとめ

Z会とリトルくらぶ(四谷大塚通信)の特徴を比較

Z会とリトルくらぶ

画像出典:Z会公式HP,リトルくらぶ公式HP

Z会と四谷大塚のリトルくらぶはどちらも中学受験に対応していますが、料金体制や入会金、学習スタイルなどが大きく異なります。

ここでは、それぞれの特徴を比較しながらまとめていきます。

基本情報を比較

Z会四谷大塚リトルくらぶのそれぞれの特徴を表にまとめたものがこちらです。

項目 Z会小学生コース 四谷大塚通信(リトルくらぶ)
対象学年 小学1~6年生 小学1~3年生(ただしその続編のコースの進学くらぶは小学4~6年生まで対応)
対象科目 国語・算数・理科・社会・英語・作文 国語・算数(ただしその続編のコースの進学くらぶは国語・算数・理科・社会)・作文
中学受験対応 強い(小学3年生から中学受験コースあり) 可能
学習スタイル 紙教材+映像授業 iPadによるデジタル教材or紙教材
進度 普通 早い
レベル やや高い 高い
学習量 普通 多め
添削 毎月あり(国語・算数・経験学習の添削あり) 毎月あり(国語・算数・作文)
月額料金 月額3,927円/月~(小1・3教科) 月額4,653円~(小1・2教科受講の場合)
入会金 なし あり(税込11,000円)
受講期間 最低一ヶ月~ 最低二ヶ月~
無料体験 あり(常時) あり(期間限定)
運営会社 株式会社Z会 株式会社四谷大塚

Z会は小学1~6年生に対応しているのに比べ、リトルくらぶは小学1~3年生までが受講可能です。ただし、小学4年生からは「進学くらぶ」という四谷大塚が開発したリトルくらぶの続編の通信教育があるため、小学校卒業までは安心して受講を続けることができます。

どちらも中学受験に対応していますが、難易度的にはリトルくらぶの方がZ会よりもやや高めになっています。

その他の違いとして、リトルくらぶでは入会金制度を設けている点が挙げられます。

入会前の無料体験はどちらのサービスでも行われているので、自分に向いているか確認してから受講を申し込むことができるようになっています。

Z会の特徴

Z会の実績のイメージ

画像出典:Z会公式HP

Z会の特徴について詳しく見ていきましょう。

Z会は評判が良く、イード・アワードという顧客満足度調査において2020年通信教育 小学生の部で最優秀賞を受賞しています。また、この受賞は3年連続での受賞となっており、数ある通信教育でも最も満足度・知名度ともに高い通信教育と言えるでしょう。

さらに、追加料金・申し込み不要で英語とプログラミングまで学習可能になっています。

Z会の学習方法は学びや目的に応じて紙教材とタブレット教材が選択できます。子どもに合ったコース選びに悩まれている人はZ会小学生コースのホームページにあるフローチャートでコースを絞ることもできます。

紙教材を使って学習するコースとタブレット教材を使って学習するコースでは学習量や課題、性質などが異なりますのでじっくり検討してから選択して申し込みましょう。

また、小学3年生からは中学受験を予定している人向けに「中学受験コース」も選択できるようになります。今回の記事ではこの中学受験コースではなく、「小学生コース」(紙教材)と「小学生タブレットコース」(タブレット教材)に焦点を当てて解説していきます。

\Z会は顧客満足度No.1/

リトルくらぶの特徴

リトルくらぶのイメージ

画像出典:リトルくらぶ公式HP

次はリトルくらぶの特徴について見ていきましょう。

リトルくらぶは、中学受験対策として有名な業界大手の塾である四谷大塚が開発した、小学校低学年向け家庭学習プログラムです。対象学年は小学1年生~3年生です。

小学4年生からは、リトルくらぶの続編にあたる「進学くらぶ」というコースで学習を続けることが可能です。

リトルくらぶの目標は、自分で課題を解決する習慣を身に付けることで、「答えを考えることが面白い」という感覚を実感できる学びを大切にしています。

紙教材以外にもデジタル端末を用いた映像授業も行っています。

リトルくらぶのコースは2種類あり、「学力向上コース」と「中学受験コース」の2つから目標に応じてコースを選択することができます。

それぞれの特徴は次の通りです。

  • 学力向上コース・・・IT授業と教材のみ
  • 中学受験コース・・・学力向上コースの内容に加え、添削・テスト・問題集をプラス

今回の記事では、利用者の多い「中学受験コース」に焦点を当てて解説していきます。

一番大きな違いは演習量

Z会とリトルくらぶにおける最大の違いは講座の演習量にあります。

Z会の講座では15分程度で1日の学習が終了しますが、それに対してリトルくらぶは1日最低1時間の学習量となっています。

難易度に関してもZ会よりリトルくらぶの方がやや高めの設定です。ただし、リトルくらぶでも教科書レベルの問題から基礎を固めることができるので、難易度が高すぎて挫折するということはないでしょう。

Z会小学生コースとリトルくらぶの教材を比較

上記で難易度はZ会よりもリトルくらぶの方が高いと述べましたが、教材に関して細かく比較していきましょう。

Z会 リトルくらぶ
普通 多め
難易度 普通~やや難しい 普通~難しい
進度 やや速い 速い
作文 なし(専科コースで存在) あり
添削 非常に丁寧(担任固定制) 丁寧(担任固定ではない)

2つを比較したとき、Z会の教材が「小学校から少し進んだ内容のもの」であるのに対し、リトルくらぶは「塾に引けをとらない内容のもの」という印象を受けます。

添削指導に関してはZ会の方が丁寧なので、担任固定で丁寧な指導を希望する場合はZ会がおすすめです。

Z会小学生コースの教材は?

Z会小学生コースの教材は説明が非常に丁寧なものと評判です。そのため、勉強をすることに慣れていない子供でも一人で学習を進めることができます。

低学年向けの算数に関しては、応用問題も小学校受験に登場するような問題が中心となっており、ヒントがあると一人で解けるレベルの教材です。

また国語は問題文のチョイスがとても良く、子供たちに安心して読ませることができると評判です。

漢字ドリルに関しては少しボリュームが少なく、単体で使用するには物足りなく感じる可能性があります。

さらに、小学2年生の後半からは社会・理科の先取りにも対応しています。社会・理科に対し抵抗感なく触れることができるような内容のため、無理なく楽しみながら学習することが可能です。

学年ごとに担当固定の添削が人気

Z会の添削指導の様子

画像出典:Z会公式HP

学年ごとに担当が固定された添削指導も人気の理由の一つです。

同じ担当から指導を受けることで指導内容も一貫しており、ずっと見守ってくれている安心感から精神面でも落ち着いて学習を進めることができるでしょう。

ただし、コースを学年の途中で変更すると担当が変わってしまうので注意してください。

また低学年向けのコースでは、Z会のキャラクターや先生の似顔絵などを書いてもらえることもあります。国語の読解の添削も分かりやすく、注目すべき箇所には印をつけてくれます。

この丁寧な添削指導がZ会の魅力であり、リトルくらぶよりも評判が良い部分です。

アプリによる学習スケジュール管理

Z会のアプリの画像

画像出典:Z会公式HP

Z会のタブレットコースまたは中学受験コースを選択した場合、アプリによる学習スケジュール管理が行われます。

専用アプリが学習スケジュールを自動で作成してくれる上に映像授業での学習も可能なため、親がつきっきりで子供の学習を見る必要がありません。

1人でも迷わずに学習できるのはZ会のメリットだと言えるでしょう。

みらい思考力ワークによる科目間を跨ぐ学習

みらい思考力ワークの画像

画像出典:Z会公式HP

Z会の教材には、「みらい思考力ワーク」というオプション講座が存在します。

みらい思考力ワークでは、専用テキストにより、「試行錯誤力」「論理的判断力」「情報整理力」「連想力」「注意力」「推理力」の6つの力を鍛えます。

この6つの力はそれぞれの科目の垣根を超えた思考力であり、将来的に役に立つ力を幅広く学べるテキストになっています。

\Z会は顧客満足度No.1/

リトルくらぶの教材は?

リトルクラブの教材の特徴はZ会と比較して難易度が高く演習量が豊富という点にあります。国語・算数には毎日取り組む日付入りワークがあり、確実に演習量を確保することが可能です。

また、定期的にテスト(月齢テスト)を受けることができるため、塾生とのレベル差も把握することが可能です。一人でモチベーションを維持するのが難しい人にはおすすめと言えるでしょう。

一方映像授業は親向け・親の解説が必須など親が関わる場面が多いため、Z会と比較して親への負担が大きくなってしまします。

算数の問題は基礎から応用・チャレンジ問題まで一気に進む上、その学年の学習範囲を超えてしまうこともあります。さらに国語の問題は基礎が少なく文法も読解もレベルが高いものとなっており、このことからも、Z会と比較して全体の難易度が高めであることが分かります。

作文の指導については、コースの進度に沿って徐々にレベルアップしていくため、無理なく学ぶことができます。コース通りに進むことで、小3の終わりには自然と500字程度の文章を書く力が身に付くでしょう。

漢字に関しては熟語中心になっています。基礎的な熟語からハイレベルな熟語まで、一通りの漢字が出てきますが、熟語として学ぶため、完全に漢字の力を鍛えるドリルというい認識とは異なります。

社会・理科に関しては、Z会よりも堅い内容が多いため、面白く楽しく学びたいという人にはあまり向いていません。

圧倒的にハイレベルな演習で思考力を養成

リトルくらぶの教材の画像

画像出典:リトルくらぶ公式HP

リトルくらぶは演習量もさることながら、その演習の質も高いと評判です。

例としては、算数のパズル系問題、図形の図形問題などの内容が充実していることが挙げられます。

「えをかいてかんがえよう」という項目で絵を利用して割り算の概念を学ばせるというようなものもあり、学校のカリキュラムから離れて自由な思考力を養成することができます。

Z会とリトルくらぶの料金を比較

では、Z会とリトルくらぶの料金を比較していきましょう。それぞれメインとなるコースを列挙し比較していきます。

Z会は小学生コースのスタンダードもしくは5教科での料金、リトルくらぶは中学受験コースの料金を載せています。

学年 Z会 リトルくらぶ
小学1年生 3,927円/月 5,830円
小学2年生 4,301円/月 8,030円
小学3年生 5,909円/月 9,020円
小学4年生 6,473円/月 -
小学5年生 7,435円/月 -
小学6年生 8,140円/月 -

料金を比較すると、Z会よりもリトルくらぶの方がやや高めの設定となっています。

またZ会は入会金が必要ないのに対して、リトルくらぶは11,000円の入会金が必要です。

Z会の月額料金表

Z会は受講する科目・オプションに応じて料金が細かく設定されています。

ここでまとめている料金は全て税込み価格で統一しています。また、Z会の支払い方法には12ヵ月一括払い・6ヵ月一括払い・毎月払いが存在しますが、下記の表は12ヵ月一括払いの料金です。

学年 スタンダードコース ハイレベルコース スタンダード+「みらい思考ワーク」 ハイレベル+「みらい思考ワーク」
小学1年生 3,927円/月 4,301円/月 4,581円/月 4,955円/月
小学2年生 4,301円/月 4,675円/月 4,955円/月 5,329円/月
学年 4教科+「英語」または「思考力・表現力」 4教科(セット) 3教科 2教科 1教科
小学3年生 5,909円/月 4,320円/月 4,065円/月 2,710円/月 1,355円/月
小学4年生 6,473円/月 4,884円/月 4,488円/月 2,992円/月 1,496円/月
小学5年生 7,435円/月 6,366円/月 5,187円/月 3,458円/月 1,729円/月
小学6年生 8,140円/月 6,930円/月 5,610円/月 3,740円/月 1,870円/月

上記にまとめた表は、小学生コースの料金です。Z会の料金は細かく設定されており、公式HPを見ても分かりにくい部分があります。無料で資料請求をすることができるので、受講を検討している人は資料を請求して確認するのがおすすめです。

\Z会は顧客満足度No.1/

リトルくらぶの月額料金表

リトルくらぶは中学受験コースと学力向上コースがあります。

それぞれの料金は下記の表のとおりです。価格は全て税込みで統一しています。また、リトルくらぶの支払い方法には12ヵ月一括払い・6ヵ月一括払い・毎月払いが存在しますが、下記の表は12ヵ月一括払いの料金です。

学年 中学受験コース 学力向上コース
小学1年生 5,830円 3,300円
小学2年生 8,030円 4,400円
小学3年生 9,020円 5,500円

リトルくらぶでは、上記の他に入会金11,000円が必要になります。

Z会小学生コースとリトルくらぶのメリットを比較

Z会とリトルくらぶにはそれぞれ異なる特徴があることがわかりましたが、ここでは各講座を受講した際のメリットについてまとめていきましょう。

Z会小学生コースのメリット

Z会小学生コースの主なメリットとして次の点が挙げられます。

  • 手ごろな料金
  • 担任固定の添削
  • 楽しみながら学習可能
  • 英語やプログラミングが追加費用なしで受講可能

価格がそれほど高くないため、中学受験を考えていない子供が比較的手軽に小学校よりもレベルの高い問題に挑戦することができます。

また、1年間同じ担当が行う「担任指導者制」の添削はとても評判が良く、同じ担当にじっくり見てもらうことにより子供が伸び伸びと実力を養成することが可能です。

さらにiPadを利用した学習も取り入れられており、勉強に対して苦手意識を持っている子供でも楽しみながら学習に取り組むことができます。

英語やプログラミング学習をする場合、追加料金が必要ないという点も嬉しいポイントです。このように幅広い分野で学習を進めることで知的好奇心がぐんぐん育ちます。

\Z会は顧客満足度No.1/

リトルくらぶのメリット

リトルくらぶの主なメリットとして、次の点が挙げられます。

  • 質の高い添削指導
  • 豊富な演習量
  • 月例テストで塾生とのレベル比較が可能
  • 父母用指導書がある

国語・算数は日付入りのワークがあり、毎日コツコツ取り組むことができるので、通信教育の演習量に不安がある人でも安心して取り組めます。

さらに定期テストを受けられるので、塾生との習熟度を把握することができ、モチベーションにもつながります。

映像授業を通して塾の雰囲気を知ることができる点、毎月届く父母用指導書(解答)に「リトルくらぶ作文教室」というものがあるため、親が指導を行うことができる点もメリットとして挙げられます。

Z会小学生コースとリトルくらぶのデメリットを比較

次にZ会小学生コースとリトルくらぶのデメリットについて比較していきます。

Z会小学生コースのデメリット

Z会小学生コースのデメリットとして次の点が挙げられます。

  • 演習量が少ない
  • ハイレベルな子には物足りない

演習量が少なく内容が易しめであるため、ハイレベルな問題を解きたい子供には物足りなく感じてしまう可能性があるという点がデメリットとして挙げられます。

また演習に関しては、苦手な分野や応用問題などを自分で用意して取り組む必要があります。

ただし、「みらい思考力ワーク」がオプションで申し込めるため、メインのコースで物足りない場合はこちらを申し込んでみると良いでしょう。

また、作文添削を希望する場合、基本のコースにはついておらずオプションで追加しなければならないという点にも注意しましょう。

リトルくらぶのデメリット

リトルくらぶのデメリットとして次の点が挙げられます。

  • 料金がやや高め
  • 受講料に別途入会金が必要
  • 演習量が多い
  • 勉強時間が長い

演習量が多いという点はメリットであると同時にデメリットにもなり得ます。リトルくらぶの演習以外にも、苦手分野を補強する時間は自分で確保しなければなりません。

さらに、平日であれば1時間(ワークのみ)・週末であれば2~3時間(ワーク+テキスト)程度の学習時間が必要になってきます。そのため、長時間集中が続かない、時間が無いという場合はあまり向いていません。

ハイレベルな問題が多く、Z会よりも圧倒的に親のサポートが必要になる点もデメリットと言えるでしょう。

\Z会は顧客満足度No.1/

Z会小学生コースとリトルくらぶの実際の評判・口コミ

ここで、Z会小学生コースの口コミとリトルくらぶの実際の口コミについていくつかご紹介していきます。

講座選びの参考になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

どちらも魅力的な教材

まず、前提として多くみられた口コミが「どちらも魅力的な教材である」ということです。

どちらの教材も長年の教育実績を元に作成された優秀な教材・学習システムですのでどちらを受講しても後悔すると言ったことは起こりにくいでしょう。

中学受験対策にはリトルくらぶ

リトルくらぶは四谷大塚の提供しているサービスということもあり、中学受験を考えている方には非常におすすめできる教材です。

しかし難易度は高めですのでリトルくらぶを始める前にまずはZ会でしっかりと基礎学習などを行うという受講スタイルもおすすめです。

リトルくらぶは低学年のみで残念

リトルくらぶは小学校低学年までの提供なのでそこを心配している方の口コミがみられます。

とはいえ、運営は四谷大塚ですので小学四年生以上でも特に問題なく中学受験対策などを行うことはできるでしょう。

Z会からリトルくらぶへシフトした

もともとZ会などをはじめとする通信教育をやっていて中学受験対策を本格的に開始するということでリトルくらぶを受講するという方の口コミがみられます。

Z会とリトルくらぶを併用していた

リトルくらぶとZ会の両方を行っていた方の評判・口コミです。

リトルくらぶの教材を高く評価していました。

教材の難易度はZ会の方が低い?

教材の難易度はZ会の方が比較的易しいとの口コミが多く見受けられました。

資料請求でお得に入会可能

Z会小学生コースでは、資料請求をすることで体験教材をもらうことができます。

実際に受講する前に、どのような教材で学んでいくのか、こどもの教材に対する反応をみることが可能です。

リトルくらぶでも無料体験を実施しておりますので、興味のある方はまずは資料請求・無料体験などをしてみることを強くおすすめします。

\Z会は顧客満足度No.1/

Z会小学生コースとリトルくらぶはどちらがおすすめ?

ここまで、料金や学習形態、各講座の特徴などを比較してみてきました。

どちらも中学受験まで対応可能ですが、難易度や学習時間が異なるため、子供の特性や確保できる学習時間を考慮して通信教育を選ぶ必要があります。

最後にそれぞれの講座におすすめな人の特徴についてまとめていきましょう。

Z会小学生コースがおすすめの人

Z会小学生コースがおすすめな人は次のような人です。

  • 小学校の学習よりも少し難易度が高い問題に取り組みたい人(中学受験を考えていない)
  • 学習時間の確保が難しく、短時間で質のいい通信教育を受けたい人
  • 理科・社会にも興味を持ちたい人
  • 楽しく勉強習慣を身に着けたい人

Z会小学生コースでは、中学受験を考えていない人でも楽しく学び、学習習慣を身に付けることができます。また、1日の学習時間も短いため他の習い事や趣味との両立もしやすくなっています。

そのため、短い時間で集中して楽しく学びたい人はZ会小学生コースの利用がおすすめです。

リトルくらぶがおすすめの人

Z会小学生コースよりも四谷大塚のリトルくらぶがおすすめな人は次のような人です。

  • 塾レベルの問題やテストに触れたい人
  • 親が十分にサポートできる人
  • ハイレベルな問題を解くのが好きな人
  • 自分でドリルを購入することが面倒な人

四谷大塚のリトルくらぶはZ会よりも難易度が高く、演習量も豊富です。

そのため家でしっかりと演習や受験対策をしたいという場合はZ会よりもリトルくらぶの利用がおすすめです。

中学受験をするならどちらがおすすめ?

どちらの通信教育も中学受験に対応しているため、子供の性格や今後の計画を踏まえて選択するようにしましょう。基本的にはZ会の受講で中学受験対策としては十分ですが、今後四谷大塚へ移りたいと考えている場合はリトルくらぶの受講がおすすめです。

Z会は1教科から受講することができる上に時間もあまり取られないので、塾に通い始めた場合もサポートとしてZ会を活用することができます。

さらにZ会の中学受験の合格実績は非常に良く、有名難関校へも多数輩出しています。そのため、どちらの通信教育か迷った場合はZ会を選ぶと良いでしょう。

2020年度のZ会の合格実績の一部を紹介します。

  • 開成中学校 26名
  • 桜蔭学園 14名
  • 渋谷教育学園幕張 33名

他にも灘中学校、神戸女学院中、東大寺学園中学校、西大和中学校、ラ・サール中学校など多くの中学校への合格実績があります。

Z会小学生コースとリトルくらぶはどちらがおすすめかについてまとめ

Z会小学生コースとリトルくらぶについてまとめ

  • どちらも中学受験に対応している
  • リトルくらぶの方が難易度が高く演習量が豊富
  • Z会は担当固定制の添削指導が人気
  • 今後四谷大塚へ移りたい場合はリトルくらぶがおすすめ
  • 迷ったときはZ会がおすすめ

いかがでしたか?今回はZ会小学生コースと四谷大塚のリトルくらぶについて徹底比較して解説しました。

どちらも中学受験に対応していますが、受講科目や料金体制、添削指導などが大きく異なります。

また、それぞれのシステム精度が高くても子供が集中して取り組めなければ意味がありません。通信教育の特徴を踏まえ、それぞれの子供に合った通信教育を選ぶことが大切です。

Z会とリトルくらぶでは無料体験が行われているので、是非一度試してみてください。

人気記事
  1. Z会
  2. Z会と四谷大塚のリトルくらぶはどちらがおすすめ?中学受験のための通信教育を徹底比較!