1. スマイルゼミ
  2. スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)どちらがおすすめ?料金・教材を徹底比較

スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)どちらがおすすめ?料金・教材を徹底比較

更新日時 2021/03/12

「スマイルゼミとまなびwithはどっちがいいの?」

「両方の特徴やメリット・デメリットを教えて!」

幼児・小学生向け通信教育であるスマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)は、受講の対象年齢が似ているためどちらを受講しようか迷う人も多いです。

しかし、双方には異なるポイントがいくつもあり、向く人・向かない人がはっきり分かれるので選択は慎重にしなくてはいけません。

今回は、スマイルゼミとまなびwithを比較して、それぞれの学習目的や学習形態・対象科目・料金・メリットとデメリットなど特徴の違いを詳しく解説します。

「何のために受講したいのか」ということをよく考えながら、目的に合った最良の通信教育を選びましょう!

スマイルゼミとまなびwithをざっくり比較すると

  • 一番の違いは学習目的
  • 教科書に沿って気軽にタブレット学習「スマイルゼミ」
  • 科目を超えた学習で思考力アップ「まなびwith(名探偵コナンゼミ)」
  • 自身の学習目的にあった選択が重要!
目次
  • スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)の特徴比較

  • 講座料金を学年別で比較

  • 教材の特徴や難易度の違い

  • スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)のおすすめポイント

  • 講座のデメリットを比較

  • スマイルゼミとまなびwithの口コミ・評判

  • スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)どちらがおすすめ?

  • スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)の比較まとめ

スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)の特徴比較

スマイルゼミとまなびwith

画像出典:スマイルゼミ公式HP,まなびwith公式HP

スマイルゼミとまなびwithの基本的な情報を以下にまとめています。

受講対象学年の範囲や対象科目など、スマイルゼミとまなびwithは異なる点が多いです。

なお、まなびwithの小1〜小6コースは、2021年春から「名探偵コナンゼミ」というサービスへと進化しました。

項目 スマイルゼミ まなびwith
対象学年 年中~中学生 年少~小学生
対象科目 5教科+プログラミング 複合科目
学習形態 タブレット教材 紙教材
定期テスト対策 あり なし
受験対策 あり なし
学習機材 タブレット 紙(iPad)
コースの種類 通常・発展(英語プレミアム) 1つ(with Qubena)
料金 3,278円/月~ 2,310円/月~
質問対応 なし なし
無料体験 あり あり
運営会社 株式会社ジャストシステム 小学館集英社プロダクション

スマイルゼミの特徴

スマイルゼミのロゴ

画像出典:スマイルゼミ公式HP

スマイルゼミの主な特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • 教科書準拠
  • タブレットの教材学習
  • AIが分析して学習計画を立ててくれる

スマイルゼミは、基本的にすべての学習をタブレットで行います。

学習内容はすべて教科書準拠で進められるスマイルゼミは、苦手な学習分野をAIが分析して学習計画してくれるなど、苦手分野も繰り返しの演習で克服できるメソッドがあるのが魅力的です。

また、いつでもどこでも気軽に勉強に取り組めるタブレット学習は、近年学校の授業にも取り入れられるなど大変人気を集めています。

定期テスト向けのスマイルゼミ

スマイルゼミでは定期テスト対策もバッチリです。

教科書に沿って学習を進めるスマイルゼミは、学校のテストの対応科目全部が学習対応科目(小学生5科目+プログラミング、中学生9科目)なので、万全なテスト対策をすることができます。

このように、スマイルゼミは学校で習った内容の補助教材としても非常に優秀な通信教育だと言えるでしょう。

\全額返金制度で無料体験!/

まなびwithの特徴

まなびwithのロゴ

画像出典:まなびwith公式HP

まなびwithの主な特徴は以下の3つです。

  • あえて教科書準拠でなく対応科目は複合科目や謎解きなども存在
  • 紙教材
  • 学習目的は思考力を鍛えること

まなびwithは、紙教材を主体として学習を進める通信教育です。

思考力を鍛えることを学習目的としているまなびwithでは、学校で行われる学習の内容だけでなく、 複合科目や謎解きなど幅広い学びが得られます。

学校の予習・復習とはなりませんが、謎解きゲーム感覚で進められる学習は強い学習意欲へとつながります。

論理的思考力を培う教材

まなびwith最大の特徴は、あえて教科書準拠でないことです。

思考力を鍛えることに重きを置いているまなびwithでは、学校の教育ではなかなか身に着けられない論理的思考力を培うため、複合科目の問題も出題されます。

そのため、まなびwithでは教科書の枠を超えて学習内容が変化しても柔軟に対応できる応用力を身に着けることが可能です。

まなびwithで身につく思考力や情報伝達力は、すぐには成果が目に見えるものではありませんが、将来社会に出て役立つ大切な能力となります。

一番大きな違いは学習目的

スマイルゼミ・まなびwithの一番の大きな違いは、学習目的です。

スマイルゼミでは、教科書準拠で定期テストなど学校の内容を意識した学習が行われるため、いち早く学習の成果が成績に現れます。

それと比較して、思考力を身に着けることが目的のまなびwithは、あえて教科書準拠の学習をしないので、その学年の範囲ではないところでも生きる考える力を会得できる通信教育です。

そのため、スマイルゼミとまなびwithを比較すると、まなびwithの方が成果が目に見えるのが遅くなります。

これに対しスマイルゼミは学習の成果がすぐに成績に現れるので、両親も子供もモチベーションを維持しやすいのが特徴と言えます。

講座料金を学年別で比較

まねきねこ

スマイルゼミとまなびwith(小学生コースは名探偵コナンゼミ)の月額料金の比較を以下にまとめています。

スマイルゼミ まなびwith
年少 2026円
年中 3,278円 2,109円
年長 3,278円 2,585円
小1 3,960円 2,200円
小2 3,520円 2,300円
小3 4,180円 2,800円
小4 4,840円 3,400円
小5 5,720円 3,900円
小6 6,270円 4,200円

上記の料金は、すべて税込み価格となり、12ヶ月1括払いの1ヶ月分の金額となります。

スマイルゼミ・まなびwithを比較すると、毎月の料金が高いのはスマイルゼミの方です。

その他の料金の比較

スマイルゼミ・まなびwithを受講する際、毎月の月謝以外にも料金が発生する場合があります。

以下では、双方の基本料金以外のお金について解説します。

スマイルゼミは基本料金以外にもお金がかかる

スマイルゼミはタブレット教材なので、基本料金のほかに専用タブレットを初月に10,978円で購入する必要があります。

このように、入会する際にはタブレット代として1万円ほどの費用がかかるため、ある程度の準備をしておきましょう。

まなびwithは入会金無料

まなびwithは入会金が無料であり、学習は紙教材なのでスマイルゼミのようなタブレット代もかかることはありません。

ただし、新しいまなびwith小学生コースである「名探偵コナンゼミ」では、目玉教材である「ナゾトキ」がオプションとして存在します

このナゾトキを受講するためには月額680円が追加で必要となる点には注意しましょう。

また、まなびwithは教科書準拠ではないため、学校で学ぶ内容の副教材が欲しい場合は他に教材を購入する必要があるでしょう

教材の特徴や難易度の違い

スマイルゼミ・まなびwithの教材内容の比較を以下にまとめています。

スマイルゼミとまなびwithでは、教材の内容や学習方法も全く違っているので、受講を決める前に確認しておきましょう。

項目 スマイルゼミ まなびwith
教材の種類 タブレット教材 紙教材
教材の難易度 簡単(発展コースはやや難) 難しい
入試対策 あり なし
対応科目 国語算数理科社会英語 国語算数英語理科社会
オプション教材 発展コース・英語プレミアム WithQubena・ナゾトキ(名探偵コナンゼミ)

なお、2021年3月末日を持ってWithQubenaのサービスは終了する予定となっています。

スマイルゼミの教材内容は?

スマイルゼミの実際の教材

スマイルゼミはタブレットを使って学習するデジタル教材であり、扱う内容の難易度が比較的易しいのが特徴です。

また、教科書に沿った内容の学習が主なので入試対策も万全で、国語・算数・理科・社会・英語と対応科目も幅広く学べます。

さらに、発展的な内容まで学びたいお子様向けに「発展コース」も用意されているなど、あらゆるニーズに対応しています。

なお、2020年度からは新教育指導要領に対応して英語とプログラミングも学ぶことができます

英検対策までできる人気の英語教材

スマイルゼミのオプション教材である英語プレミアムは、英検対策もできる人気の教材です。

スマイルゼミの英語教材は、小学1年生から始めることができます

英語の絵本・ゲーム・音楽などを通じて英会話に触れながら、英語検定5級から2級までの英語力を養うことが可能です。

また、リスニングやスピーキングを鍛えられるのは、タブレット学習のスマイルゼミならではの特徴でしょう。

英語のリスニング・スピーキング能力を育てるには、幼少期~12歳までが適齢期と言われているため、気軽なタブレット学習ができるスマイルゼミの英語プレミアムは非常におすすめです。

入試対策も可能な発展コース

標準コースは難易度がやや低めなスマイルゼミですが、発展コースには入試レベルの難易度の高い教材内容も多く含まれます。

教科書準拠で学校の内容をしっかり漏れなく学習できるスマイルゼミは、中学入試なども見据えて勉強することができるでしょう。

実際、スマイルゼミでは中学入試の過去問に取り組むこともできるので、本格的な中学入試対策も行うことができます。

\英語・プログラミングも学べる!/

まなびwithの教材内容は?

名探偵コナンゼミのロゴ

画像出典:名探偵コナンゼミ公式HP

まなびwithでは、比較的難易度高めな内容を紙教材で学びます。

まなびwithの対応科目は国語・算数・英語・理科・社会と、一通りのことを学ぶことができます。ただし、教科書準拠な内容ではないことに注意が必要です

なお、オプションとして英語教材「WithQubena」がありますが、こちらは2021年3月をもってサービス終了となりました。

そのため、まなびwithは、スマイルゼミと比較するとやや英語教材が物足りないと言えます。

2021年春からは名探偵コナンゼミがスタートし、より教材内容がパワーアップしました。

まなびwithの教材は難易度高め

スマイルゼミの標準コースが比較的易しめであるのに対し、まなびwithの教材は難しめな内容となっています。

実際、まなびwithは最も難しいといわれているZ会にも引けを取らないくらいの難易度です。

そのため、まなびwithを受講すれば応用力はかなり身につくでしょう。

また、教科書にない内容の問題なので新鮮な気持ちで取り組め、問題を解いた時の達成感もしっかり味わえます。

謎解きで学習意欲を引き出す

まなびwithでは習った範囲の内容を謎解き形式にして出題されます。

そのため、「謎解きをやりたい」という気持ちが学習意欲を引き立ててくれるほか、解けたときの達成感も大きいので子供が主体的に学習に取り組むことが期待されます。

このように、自発的に机に向かう習慣が身につくのもまなびwithのよいところです。

スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)のおすすめポイント

勉強する子供

スマイルゼミとまなびwithのおすすめな部分について以下にまとめました。

通信教育 おすすめポイント
スマイルゼミ 優秀なタブレット学習であること
入試対策が可能であること
反復演習が可能であること
英語教材が優秀で人気もあること
まなびwith(名探偵コナンゼミ) 学習科目だけでなく思考、表現の仕方がまなべること
複合問題が出題され科目の内容を超えて学習ができること

スマイルゼミならではの強み

スマイルゼミの強みは、タブレット教材がとても優秀なところです。

スマイルゼミはタブレットとタッチペンがあれば、どこでもいつでもすべての内容が学習できるので、スタイルにとらわれない学習ができます。

また、スマイルゼミのタブレットは、画面に手をついても反応せず、手をつきながらペンで書く学習が可能です。

そのため、 タブレット学習でのデメリットである「書く練習が出来ない」という問題が解決されているのも大きな魅力となっています。

まなびwithならではの強み

まなびwithでは、学習の内容だけでなく論理的な思考の方法など自分の考えを表現する方法を学べる機会があるのが強みとなります。

表現の仕方が学べる具体的な機会は、6年間で10個あり、学習内容だけでなく普段の生活でのものの考え方や伝え方が上手になるのがメリットです。

まなびwithのように、学習内容だけでなく伝え方・考え方を身に付けられるのは、他の通信教育にはなかなかない特徴です。

講座のデメリットを比較

タブレットを使う子供

スマイルゼミとまなびwithのデメリットについての比較を以下にまとめました。

メリットが魅力的なスマイルゼミとまなびwithですが、デメリットも存在します。

通信教育 デメリット
スマイルゼミ タブレットが故障すると何も出来ないこと
料金が少し高いこと
まなびwith 入試対策には向いていないこと
演習量が少ないこと

スマイルゼミのデメリット

まずはスマイルゼミのデメリットから確認していきましょう。

タブレットが壊れてしまうと何も出来ない

スマイルゼミのデメリットは、タブレットが壊れてしまうと何もできないことです。

全ての学習を専用タブレットで行うスマイルゼミは、もし仮にタブレットが壊れてしまった場合、全ての教材が使用不可となってしまいます。

スマイルゼミのタブレットは、以前より改良されていて故障しにくくなっているとのことですが、タブレットが故障して通信教育がストップとなってしまう懸念はなくなりません。

スマイルゼミのほうが少し料金が高い

スマイルゼミは、まなびwithと比較して料金が若干高めなこともデメリットとなります。

タブレット教材であるスマイルゼミは、紙の教材を使用しているまなびwithよりもハイコストなため、少々高めな料金設定です。

また、入会金やタブレット代金のほか、早期解約時には違約金がかかる可能性があります。

しかし、スマイルゼミのタブレット教材は、デジタル教材な分演習課題の量が多く、反復学習をしっかりできるのは逆にメリットとなるでしょう。

まなびwithのデメリット

次にまなびwithの正直惜しいポイントを確認していきましょう。

入試対策が難しい

まなびwithのデメリットは、入試対策に向いていないことです。

思考力向上を学習目的としたまなびwithは、教科書の内容より科目・学年を超えた思考力と自分の考えを整理・表現する力を養うことにあるため、そもそも入試対策が目的ではありません。

テスト・入試など成績面といった直接的な伸びを期待するなら、スマイルゼミのほうがおすすめです。

演習量が少ない

紙教材のまなびwithは、演習教材の数は限られており反復学習が難しいことがデメリットです。

タブレット教材で反復練習がたくさんできるスマイルゼミと比較すると、まなびwithは演習量が少なく、記憶の定着度も低くなってしまいがちなのです。

スマイルゼミとまなびwithの口コミ・評判

学習のイメージ

どちらの通信教育が良いか選ぶ際には、実際にスマイルゼミやまなびwithを使っている方がどのように感じているのかも知りたいですよね

以下ではスマイルゼミとまなびwithのそれぞれの利用者による口コミを確認していきましょう。

スマイルゼミの口コミ・評判

スマイルゼミは「タブレットだけで完結するのが便利」「勉強になる」と口コミで評判でした。

紙教材は付録も多く、毎月どんどん溜まっていくのが親としては軽くストレスでしたが、スマイルゼミはタブレット一台で完結するのでスッキリしているのがいいです。 スマイルゼミ公式HP お客様の声

勉強する事によってスターを貯めて、そのスターを自分でどう使うか考えるのはとても良いです。 スマイルゼミ公式HP お客様の声

問題を解いた直後に正誤が分かり、すぐにやり直しができる。音声での説明も凄く良い。算数では文章問題、時計、物差し、図形などプリント学習ではできない事がたくさん盛り込まれていて本当に勉強になっています。 スマイルゼミ公式HP お客様の声

スマイルゼミの利用者からは自動採点機能や音声での説明など、タブレット教材ならではの学習機能を高く評価する声も多く確認できました

\全額返金制度で無料体験!/

まなびwithの口コミ・評判

まなびwithは「学校とは違うことが学べて新鮮」「思考力・語彙力がつく」と口コミで評判でした。

まだ学校で習っていない問題でも、ステップを踏んで解けるようになっているのであまり苦ではなく、教科書と違う言い回しにも逆に興味を持って取り組んでいました。 まなびwith 体験レポート

国語では、問題を解く中でほかの教材に比べて「これは何という意味?」とたくさん質問されたので、なるほどこれを続けることで語彙力がついていくのだな、と感心しました! まなびwith 体験レポート

教科書ではなかなか出てこない「考えること」を求める問題が多く出題される、という声も多いので、子供の思考力を高めたいとお考えの方にはぴったりの教材と言えるでしょう。

スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)どちらがおすすめ?

幼い男の子

スマイルゼミとまなびwithそれぞれの特徴から、向く人・向かない人について解説します。

まなびwithに向いている人

まなびwithに向いている人とは、

  • 料金を少しでも安く抑えたい人
  • 学校で習う科目などの学習より思考力を身に着けたい人
  • 名探偵コナン好きな人

あえて学校の教科書に沿った学習内容ではなく、 論理的な思考力向上・考えたことを整理し伝える力を身に着けることに注力しているまなびwithは、学校の学習範囲を飛び出した学びを求める人におすすめです。

また、まなびwithはスマイルゼミよりも料金が安いので、通信教育の費用を抑えたい人にも向いています。

スマイルゼミに向いている人

スマイルゼミに向いている人とは、

  • 入試対策を行いたい人
  • 学校で習う科目の理解を深め、成績を伸ばしたい人
  • 演習量がほしい人
  • 英語力をつけたい人
  • プログラミングも勉強したい人

教科書準拠で入試やテスト対策が可能で、学習の成果が成績に直結するスマイルゼミは、多くのご家庭におすすめできる通信教育です。

「能力開発よりもまずは学校の成績を上げたい」「英語やプログラミングも対策したい」という人は、スマイルゼミを受講しましょう。

教科書に沿った学習内容への理解を深めることは、中学・高校の学習において基盤となるため大切ですし、 成果がすぐに成績のよさとなって現れるのは今後のモチベーションにつながります。

また、デジタル教材なので演習問題の量が多く、AIが学習計画をしてくれるので挫折しにくいというのもメリットです。

\全額返金制度で無料体験!/

スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)の比較まとめ

スマイルゼミとまなびwithまとめ

  • 成績アップに直結する学習が目的なら「スマイルゼミ」
  • 深い思考力と伝える力を高めたいなら「まなびwith(名探偵コナンゼミ)」
  • 直接的に入試・テスト対策が出来るのはスマイルゼミ

スマイルゼミとまなびwithでは、デジタル教材とアナログ教材の違いや、難易度・料金・対象科目など様々な違いがありました。

そもそも、スマイルゼミとまなびwithは、学習の目的が大きく異なるためそれぞれに向く人・向かない人が大きく分かれるので選択は慎重になるべきです。

スマイルゼミは、いつでもどこでもタブレットがあれば勉強でき、たくさんの演習問題をやり込めるなどタブレット教材ならではのメリットを持っています。

また、スマイルゼミは、教科書の内容に沿って学習できるので入試・テスト対策ができ、成果がすぐに成績に現れるでしょう。

一方、紙教材のまなびwithは、机に向かって一枚一枚丁寧に問題に取り組むスタイルで学校学習における範囲以上の深い思考力が身につき、学習の動機付けとなる謎解きゲーム要素があるのも魅力的です。

さまざまな異なる点があるスマイルゼミとまなびwithですが、どちらも素晴らしい教材です。

まずは、自身の学習目的を明確にして、目的に合った教材を選びましょう!

人気記事
  1. スマイルゼミ
  2. スマイルゼミとまなびwith(名探偵コナンゼミ)どちらがおすすめ?料金・教材を徹底比較