1. 中学生
  2. 定期テストがヤバイ人はどう勉強する? テスト一日前の勉強法からNG集まで解説!

定期テストがヤバイ人はどう勉強する? テスト一日前の勉強法からNG集まで解説!

更新日時 2021/02/09

「テスト一日前なのに勉強してないのってヤバイ?」

「テスト一日前に勉強しても点数は取れない?」

このようにテスト一日前までテスト勉強をせず、ヤバイと焦っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、テスト直前にできる勉強法を解説します。

もう間に合わないと諦めず、今回ご紹介する方法をぜひ試してみてください!

定期テストがヤバイ人についてざっくり説明すると

  • 勉強してない人でも諦めない
  • テスト一日前に勉強するときでもしっかり勉強計画を立てる
  • 明日テストがあるなら、重要な部分の暗記を優先する
目次
  • 定期テスト一日前で焦っている人に向けて

  • 明日テストがある人向けの3つのポイント

  • テスト前日でヤバイからこそ計画を立てよう

  • 定期テストがヤバい方向けの勉強の仕方

  • 科目別テスト前日勉強法

  • 明日に定期テストをひかえたときのNG集

  • 定期テスト5日前の勉強法

  • 定期テスト当日をむかえたら

  • 定期テスト勉強が間に合わない中学生に向けて

  • 定期テストがヤバイ人についてまとめ

定期テスト一日前で焦っている人に向けて

黒板と電球

このトピックでは、テスト一日前にヤバイと焦っているときに、どのような考え方をすればよいのか解説します。

自分がヤバイことを再確認する

テスト前になると、根拠もなく自信が出てしまうこともあります。

そこで、まずは、自分の状況を確認して、今の自分がヤバイことを認識しましょう。

具体的には、テスト範囲を確認し、それぞれの単元を自分がどれくらい理解しているか明確にする必要があります。

テスト一日前まで勉強してない場合、効率を最優先したテスト勉強をすることが大切です。

勉強してない人も諦めない

テスト一日前を迎えたとき、勉強していない人はとてもプレッシャーを感じているでしょう。

そして「勉強してこなかったのだから、今回のテストは捨てよう」などと諦めの気持ちが生まれるかもしれません。

しかし、諦めてしまうのはよくありません。テスト前日でも出来ることはあります。

具体的な勉強法を後ほど詳しくご紹介しますので、最後まで諦めずに勉強しましょう。

テストへのモチベーションを上げていこう

テストへのモチベーションを上げるため、テスト明けに何をするか考えましょう。

例えば「数学で60点取ったら新しいゲームを買う」など、自分へのご褒美を決めましょう。

自分へのご褒美を考えることで、テスト勉強へのやる気を出すのです。

目標の点数は、現実的に取ることが可能な点数を設定した方が、ご褒美が手に入る実感がわきやすくなります。

日頃の勉強の理解度から自分が取れそうな点数を設定して、やる気を出来るだけアップさせましょう。

睡眠はしっかりとろう

テスト期間はしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

寝不足でテストに挑むと集中できない場合がありますので、最低でも7時間は睡眠時間を確保する必要があります。

そのため、テスト前日に勉強するときには、7時間寝ることを前提とした勉強スケジュールになるよう、帰宅したらなるべく早く勉強に取り掛かりましょう。

そして、たっぷり寝たあとのテスト当日は早起きして、前日に勉強したことを復習し、テスト本番に備えましょう。

明日テストがある人向けの3つのポイント

赤ちゃんとパソコン

ここからは、明日テストがある人が今すべき3つのポイントをご紹介します。

範囲の確認

テスト範囲がわからないと勉強のしようがありませんので、まずはテスト範囲を確認しましょう。

確認したら、各教科の重要な単元に目星を付けていきます。テストに出なさそうな部分は後回しにしてください。

重要な単元とは、中学で習うその教科の基本的な内容のことです。例えば、数学では公式を習います。公式はほぼ確実にテストに出ますので、必ず覚えましょう。

このように、重要な単元が絞れたら、その中で優先順位を決め、勉強をしていきます。

テスト勉強で暗記するコツ

テスト前日では暗記できる範囲に限りがあります。先ほども述べたように、テスト範囲の中でも重要な単元を先に勉強します。

暗記も、重要そうだと思うものを暗記するようにしましょう。

例えば、数学では重要な問題の解法は必ず暗記するようにします。

ただし、暗記したいものを全て暗記しようと思っても、人それぞれ暗記する力が違いますので注意が必要です。

自分の暗記力に合わせて覚えられる範囲を定め、暗記する部分を調整するようにしてください。

問題を解いて練習する

重要項目の暗記ができたら、問題を解いていきます。暗記で終わらせず、問題演習を欠かさずに行ってください。

問題演習をすることで、本当に暗記できているか確認できます。

また、暗記したものを使って問題が解けて初めて知識が定着したと言えますので、暗記と問題演習はセットで行ってください。

一通り問題を解けたら、間違った問題をチェックしましょう。間違えた問題は問題や解答をしっかり暗記し、同じ間違いをしないように気を付けましょう。

テスト前日でヤバイからこそ計画を立てよう

考えている女性

テスト前日だからこそ計画を立てることが大切です。

残された時間が少ないので、適切な範囲を適切な時間で勉強することが求められます。

そこで、明日までに終わる無理のない範囲で勉強の計画を立てましょう。

目標点を決める

勉強の計画を立てる前に、テストの目標点を決めましょう。

自分に残された時間を考え、目標点は達成できそうな点数にしてください。

自分の状況と目標点にどのくらい差があるのか考え、現実的な点数にしましょう。

勉強することを書き出す

次に、テスト勉強でやらなければならないことを紙に書き出していきます。

目標を達成するために、何の勉強が必要なのか考えながら書き出してください。

また、取り組むテキストやページ数、どの程度の完成度を目指すかも書いておきましょう。

取り組む具体的な時間を決めれば、スケジュールの完成です。

あとは、スケジュール通りに勉強を進めましょう。

定期テストがヤバい方向けの勉強の仕方

考えている男性

テスト前日に「明日のテストがヤバイ」と焦っている方に、具体的な勉強の仕方をご紹介します。

新しい分野に取り組まない

テスト前日には出来る範囲が限られますので、出来ることと出来ないことを客観的に判断することも大切です。

例えば、わからない箇所を理解するのに時間を使っても、内容を理解できないまま時間が過ぎてしまい、満足に勉強できなくなる可能性が高いです。

そのため、まだ理解していない分野に取り組むのは避けてください。

教科書や問題集で「何となく理解できる」と思った部分を勉強し、その部分の理解度を高めることに専念しましょう。

テスト勉強は決めたらやりきろう

テスト勉強をするときは、10分などの短時間で科目を変えることは避けましょう。

焦る気持ちはわかりますが、分単位で勉強する科目を変えていると、全ての科目が中途半端になってしまいます。

1科目には1時間など一定の長さの勉強時間を設け、じっくり取り組むんで理解を深めることが大切です。

また、勉強を始めたら、わからないところがあったり内容に苦手意識を抱いたりしても科目を変えず、必ず最初に設定した時間をやり切るようにしましょう。

教科書を読もう

テスト勉強では、教科書を読むことは必ずしてください。

教科書を読むときは、まずテスト範囲全体に目を通し、その中から重要な用語を選んで暗記するようにしましょう。

テスト前日だと覚えられる範囲が限られますので、太字の部分を中心に覚えることがおすすめです。

数学など問題を解く必要がある科目では、基礎レベルの例題が解けるか確認しましょう。

問題は解き方を見て済ませるのではなく、自力で解けるようにしておくことが重要です。

暗記を中心に勉強する

テスト前日の勉強で最も効果が高いのは暗記科目です。

数学や理科など計算が必要な科目は繰り返し演習をする必要があり、かつ全く同じ問題が出る可能性は低いため、テスト前日に勉強しても効果はあまり望めません。

一方、暗記科目の場合は覚えたものがそのままテストに出てきますので、用語や図など重要事項をしっかり暗記しておけば、点が取りやすいと言えます。

そのため、テスト前日には暗記科目を重点的に勉強することが大切なのです。

山を張る

テスト範囲を全て勉強するのは不可能ですので、テストに出そうなところに山を張ることも重要です。

テスト範囲の中での基礎的な部分は全て押さえるのが好ましいですが、テスト前日では基礎的な部分でさえも全て覚えるのは難しいと言えます。

もし基礎的な部分を全て覚えられそうなら覚えた方がよいですが、難しそうであれば、基礎的な部分の中でも特にテストで出題されそうなものを見定め、その部分を重点的に勉強していくことが現実的です。

徹夜は最終手段

先に述べたとおり、テストに臨むときには集中力が必要になるため、前日にしっかり睡眠時間を取っておくことが重要です。

そのため、テスト前日の徹夜は基本的にNGだと言えます。

しかし、テスト前日まで勉強しなかった場合、十分にはテスト勉強ができていない状態です。

そのため、ここまで解説した勉強方法を試してみても勉強が足りず、もっと勉強する必要があると感じたときには、最終手段として徹夜を視野に入れることも考えてみましょう。

科目別テスト前日勉強法

ボードに字を書く男性

ここからは、科目別の具体的な勉強法をみていきましょう。

国語の勉強法

国語は、まず暗記部分が多い古典や漢文から取り組みましょう。テスト範囲の部分の教科書を読み、文法・句法を暗記していきます。

文法・句法はただ読むだけでは自分が本当に暗記できたのか確認しにくいので、ノートに書いてみることも重要です。

次に、文章題に関しては、先生が重点的に説明していたポイントが出題されることが多いです。まずは、その部分を確認しましょう。

そして、テスト範囲の教科書を音読して、授業ノートを復習します。

数学の勉強法

数学は、まず公式を暗記して、教科書の基礎例題が解けるか確認しましょう。特に時間がない場合は、重要度の高い問題のみ行います。

勉強時間がある程度取れる場合には、テスト範囲の基礎問題を徹底的に勉強し、テスト本番で解けるようにしておきましょう。

時間に余裕がある場合には、発展問題も勉強しておくのがよいでしょう。

ただ、発展問題は全問解く時間がないと思われますので、山を張って数問解けるようにしておくのが現実的です。

英語の勉強法

英語は、まずテスト範囲の単語を確認しましょう。単語の確認をする際は、1単語に長い時間をかけず、短いスパンで何周も繰り返します。

単語を確認したあとは、教科書の文章が和訳できるか確かめてみましょう。

文法問題に関しては一度演習問題に取り組み、どのくらい覚えているか確認します。わからなかった部分は教科書で復習しましょう。

また、わからなかった単語や文法はノートに書き出しておき、テスト直前まで見直すようにしましょう。

理科の勉強法

理科も基礎問題の徹底的な復習を行います。暗記事項を優先して勉強しましょう。

物理系は、公式の確認とワークの基礎問題を解くことを中心に行ってください。

生物系は、用語を覚えるだけではなく、その繋がりも覚えると記述問題にも対応できます。時間がある場合には、記述問題も書けるようにしておくとなおよいです。

化学系は、用語、化学式、化学反応式を暗記します。時間が余った場合には、実験の手順や実験でわかることを押さえておきましょう。

社会の勉強法

社会は、教科書の重要な用語、太字部分を暗記しましょう。

暗記する前に、時代の流れをノートを見返して確認しておくと覚えやすくなります。

暗記するときは、教科書を目で追うだけではなく、声に出して読むと頭に入りやすくなりますので、音読をするようにしましょう。

また、用語は一回ずつノートに書くと漢字ミスを減らすことができますので、必ず書いてください。

知らない用語はノートにメモしておき、テスト直前に見返すようにしましょう。

明日に定期テストをひかえたときのNG集

字を書いている人

テスト前日に勉強するときにしてはいけない勉強法とはどのようなものでしょうか。

無謀な量のテスト勉強をする

テスト前日にテスト範囲全てを暗記すること、テスト範囲全ての問題を解くことは不可能です。

テスト前日の勉強では、ある程度の妥協が必要になります。妥協せず範囲の全てを勉強しようとするのは無謀ですのでやめましょう。

妥協せざるを得ないのは、自身の計画性のなさが原因です。その点を理解し、今できる最善策に集中して取り組む必要があります。

気持ちを切り替えて、確実に点が取れそうなところを中心に勉強していきましょう。

新しくノートをまとめる

新しくノートをまとめるのは一般的なテスト勉強では有効ですが、テスト前日の場合は時間がかかりすぎてしまう点でNGです。

テスト前日には時間がかかることは避け、効率的な勉強法をする必要があります。

ノートをまとめることはせず、教科書やノートの内容を暗記することに努めてください。

また、問題演習にも時間を割き、基礎的な問題は解けるようにしておきましょう。

このように、テスト前日には確実に点が取れるような勉強をしてください。

徹夜での勉強

徹夜での勉強は非常に効率が悪くなってしまいます。

また、徹夜をすると集中できず、途中で寝てしまい結局勉強できないまま終わってしまうことも考えられます。

テスト前日で勉強の計画を立てるときには、徹夜ありきのスケジュールは立てないようにしましょう。

眠い場合は早く寝て、翌朝早く起き勉強する方が集中できますし、暗記もしやすくなります。

無理やり徹夜しようとしても効率が悪いだけです。睡眠は取って、朝に勉強を再開しましょう。

定期テスト前日の過ごし方については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ興味のある方は参考にしてみてください。

定期テスト5日前の勉強法

ノートと鉛筆

ここからは、テストまでまだ5日間ほどある方向けの勉強法をご紹介していきます。

勉強をする際には問題集を1周したのみでは記憶には残りません。

勉強の前に、準備として問題集を4周分コピーしてください。

1日目は解答を横に置きながら解く

1日目は、答えを問題集の横に置いて問題を解きます。

答えを横に置くからといって、全て答えを見ながら解くわけではありません。

問題文を読み、答えが一瞬で浮かなかった場合に解法を見て答えを書きます。

解くときには、このように一瞬で答えが浮かぶかどうかに注意していきましょう。

手を止めて考えたりわからない問題を調べたりせず、スピードを重視して解いていきます。

そうすれば速く進むので、1日で1周することが可能です。

2日目も同様にして解く

2日目も1日目と同様のやり方で、答えを横に置いて問題を解きます。

ただ、1日目と比較すると、解答を見る割合は減っているはずです。

解答を見る割合が減っていない場合は、解答の丸写しになっており勉強になっていません。

答えを書くときにしっかり内容を理解し、暗記が必要なものは暗記をしましょう。

2日目も、1日目同様に問題文を読み答えがわからなければ答えを見て内容を書き写す方法で、スピード感を持って解いてください。

3日目は答えを見ずに解く

3日目は答えを見ずに問題集を解いていきます。

1日目、2日目は、わからない問題があったら答えを見ながら書いていました。

3日目は、わからない問題があったら自分でしっかりと考えてください。

1日目、2日目に勉強したものが蓄積されているので、考えるとわかる問題が出てきます。

ただ、全問正解するのはまだ難しいので、7割正解を目標に取り組みましょう。

しっかり考えてもわからなかった問題には印をつけ、4日目に復習します。

4日目は間違えなおしをする

4日目は、3日目に終われなかった部分を先に終わらせます。

次に、3日目に解いたときに印を付けておいた問題を解いていきます。

できた問題は印を変えて、また間違えてしまった問題は同じ印のままにしておきます。

できた問題は完璧に解けるように仕上げ、また間違えてしまった問題は、テストまで時間がない場合は捨ててしまいましょう。

テストまでの時間を考えれば、できるようになった問題を仕上げた方が点数に繋がりやすいからです。

5日目は最後の仕上げをする

5日目は勉強の仕上げを行います。3日目、4日目に印を付けた問題を中心に、問題集の4周目を行います。

この4周目も、3日目、4日目と同様に印を付けておいてください。

これまでと同様、解けるようになった問題は別の印に、また間違えた問題は同じ印にしておきます。

そして、テスト直前に問題集を復習するときには、印がついた問題のみを復習するようにしてください。

印がついていない問題は最初から解けた問題なので、復習しなくてよい問題です。

とにかくスピーディーに進めること

ご紹介したこのやり方のコツは、1日目と2日目をとにかくスピーディーに終わらせることです。

素早く終わらせることで、集中力を維持したまま問題集を1周することができます。

また、4日目には、解けるようになった問題と何度も間違えてしまう問題を仕分けすることによって、自分にとって重要な問題が見つかります。

4日目には「一度間違えたけれど2回目では正解した」という問題が出てきますので、その問題を繰り返し解いてください。

定期テスト当日をむかえたら

本と文字

テスト当日の朝にも、テストに向けて気を付けること、やれることがいくつかあります。

十分な睡眠がとれたか

まず、テスト当日の朝には自分が十分な睡眠を取れたか確認しましょう。

早起きして勉強を始めても集中できなかった場合は睡眠が足りていない可能性が高いため、勉強を続けることよりも睡眠を優先することをおすすめします。

ただ、緊張で眠れない場合には、寝ようとしても上手く寝られないと思われますので、そのまま勉強を続けた方がよいでしょう。

睡眠は、テストを受ける上で重要な要素です。なるべく睡眠時間を確保するようにしてください。

朝食は食べよう

テスト当日の朝は、朝食を必ず摂るようにしてください。朝食は、午前中に頭を働かせるエネルギーになります。

朝食はテストのときの集中力を高めてくれますので、食欲がないときでも何かしらは食べるようにしましょう。

ただし、家を出る直前に食べると、食べたものがテスト時にもまだ消化されている場合があります。

朝食は試験の3時間前に食べておくと、テストが始まるときには消化が終わっており、よいコンディションでテストが受けられます。

おすすめの食べ物

テスト直前に食べるのがおすすめのものとしてチョコレートがあります。

糖分を摂ることで、より頭が働きやすくなります。

また、合わせてコーヒーも飲んでカフェインを摂取し、眠気を覚ましておくとなおよいでしょう。

定期テストに向けてすること

朝起きてから定期テストが始まるまでの時間は、なるべく前日にやったことを復習しましょう。

また、前日まで勉強していく中で、重要な問題、覚えにくい単語や文法など、テスト直前に見るためのノートを整理しておいてください。

そのノートを見て、自分に必要なものを最後まで頭に入れていきます。

テスト前に頭を使うことで、テスト本番前にコンディションを整えてください。

しっかり頭を働かせて、なるべくよい点を狙っていきましょう。

定期テスト勉強が間に合わない中学生に向けて

YESとNO

中学生の定期テストはとても重要です。中1や中2では、受験は意識しないと思いますが、定期テストの成績は中3の受験のときに大きく影響します。

今回の定期テストは間に合わないかもしれませんが、次回の定期テストでは、次のことをしてみてください。

次回から計画を立てる

今回の定期テストは仕方がないですが、次のテストからは計画を立てるようにしましょう。

中学3年になったら高校受験が控えています。志望校に合格するためには、長期的な勉強計画を立て、勉強していく必要があることを意識しましょう。

定期テストで計画的に勉強ができない場合には、受験でも同じことが起こるかもしれません。

受験勉強がしっかりできるよう、今のうちから受験に向けて勉強計画を立て、勉強する習慣を付けていきましょう。

最低でも一週間前から勉強を始めよう

今回は、テスト前日や、テスト5日前からの勉強法をご紹介しました。

しかし、本来テスト勉強は、最低でも一週間前から計画的に勉強を進める必要があります。

定期テストは範囲が限られているので、計画が立てやすいはずです。

また、勉強自体も毎日少しずつでも続けれていれば、テスト範囲の内容を理解するのは難しいことではありません。

今回テスト勉強をしないで反省した人は、その反省を活かして次回からはしっかり勉強するようにしてください。

定期テストの一週間前の勉強法については、以下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

定期テストがヤバイ人についてまとめ

定期テストがヤバイ人についてまとめ

  • 明日テストがある場合は、確実に点が取れる部分の勉強をする
  • テスト一日前はしっかり睡眠を取る
  • 次回は最低でも一週間前から勉強する

テスト一日前まで勉強してこなかった場合でも、一日で出来る勉強法を実践し、最後まであきらめないようにしましょう。

テスト前日の場合は、確実に点が取れそうな暗記科目を中心に勉強することが重要です。

ただし、本来テスト勉強は最低でも一週間以上前から準備するものです。

ぜひ次回のテストからは、余裕を持って計画的に勉強するようにしましょう。

人気記事
  1. 中学生
  2. 定期テストがヤバイ人はどう勉強する? テスト一日前の勉強法からNG集まで解説!