1. 中学生
  2. 高校受験前日と当日のおすすめの過ごし方は?入試直前の心得や緊張への対処法を徹底解説

高校受験前日と当日のおすすめの過ごし方は?入試直前の心得や緊張への対処法を徹底解説

更新日時 2021/01/19

高校入試が近づいてきたけど、前日はどう過ごせばいい?

当日の準備や対策に不安がある。

高校入試の日程が近づいてくると、受験を控えた本人はもちろん、親にとっても緊張や不安で胸がいっぱいになるものです。

それまでに培った知識が、入試で十分に発揮させるかどうかは、本人の体調と気持ちの持ちように左右されます。

この記事では、「入試直前の心得や対処法」について徹底的に解説します。

この記事を読めば、高校受験前日と当日のおすすめの過ごし方について分かります。高校受験が終わり、大学へ入学する際のセンター試験の対策にも通じていますので、ぜひ参考にしてください。

高校受験前日と当日の過ごし方についてざっくり説明すると

  • 前日や当日の休み時間などの勉強の仕方に気をつける
  • 体調管理や準備を徹底する
  • 時間に余裕を持って行動する
目次
  • 高校受験前日のおすすめの過ごし方

  • 高校受験当日のおすすめの過ごし方

  • やってしまいがちなミス

  • 受験前日と当日の過ごし方についてまとめ

高校受験前日のおすすめの過ごし方

クエスチョンマーク

高校入試を次の日に控え、何をすればいいか分からないという中学生や保護者の方は少なくありません。

全教科を一からやり直すには時間が足りないし、何もしないと不安に思うという方がほとんどでしょう。

そこで、ここでは受験前日のおすすめの過ごし方についてまとめていきます。

緊張しすぎずにいつも通り過ごす

高校入試というのは中学生にとって、重要なイベントです。チャンスは一度きり、何度もやり直せるものではない為、受験日前日には緊張するのが当たり前ですよね。個人差はあれど、誰でもそう感じています。

しかし、前日だからといって、いつもと大きく変わったことをする必要はありません。反対にいつもと違うことをすることで、落ち着かない気持ちになり、生活リズムなどが崩れてしまう可能性があります。その為、普段通りに過ごすように心がけてください。

いつもと同じように過ごすことで心を落ち着かせる」ということが非常に重要になってきます。

不安なら頼れる人に相談しよう

「普段通りに過ごすことが大切だ」とはいっても、前日になってどうしても不安な気持ちが収まらず、普段通りに過ごすことが難しく感じてしまう場合があります。

そんな時は親や兄弟、おじいちゃんやおばあちゃんなどの家族に相談してみましょう。悩みや不安を話すだけで楽な気持ちになることが多いです。

自分の努力を一番傍で見守ってくれ、応援してくれているのは家族です。そして自分が一番信頼している相手です。そんな存在が話を聞いてくれることや言葉をかけてくれることで、気持ちを落ち着かせることが出来るでしょう。

親御さんは子どもの不安な気持ちをとってあげる

どんな子どもでも、受験をするということは大きなプレッシャーであり、ストレスの要因です。志望校合格圏内の子どもでも、必ず緊張して不安な気持ちになります。

親はそんな子どもの気持ちを知ることが大切です。どんな気持ちでいるのか、どんなことが不安なのかを優しく聞いてあげてください。

この時、過度な期待や応援で、プレッシャーをかけ続けることの無いように注意してください。がんばれ!やればできる!と、声をかけ続ける必要はありません。

子どもは話を聞いてほしいときや、背中を押してほしいときに必ずサインをするはずです。

そんなときにしっかりと話を聞き、「これだけやったよ。大丈夫だよ。」と不安な気持ちをとってあげましょう。

ホテルに泊まるときでも普段通りに過ごす

受験者の中には、自身の家から遠い高校を受験する子もいます。その場合、ホテルなどを利用し、前泊することが多いでしょう。仕事や急用など家庭の事情で親が同伴してくれない場合もあります。

1人で普段とは違う場所に寝泊まりするとなると、なかなか気持ちが落ち着かないかもしれません。

しかし、そんな中でも雰囲気にのまれず、なるべく普段通りに過ごすことが大切です。

普段通りにする方法の例

  • 普段通りの時間に食事・お風呂をすませ、就寝する。
  • 持ち物の確認をする
  • 休憩時間に好きな音楽を聞く など

また、普段とは違う枕になると安眠できないという方は、自分の枕を準備しておくと安心です。ホテルの備品としては、加湿器があるところを選びましょう。

高校入試前日の勉強方法

次は、高校入試前日の勉強方法についてまとめます。闇雲にやればいいというものではありません。ポイントを掴み、しっかりと取り組みましょう。

復習をメインに行おう

前日に重点的に勉強する教科としておススメなのは、理科や社会などの暗記科目です。前日に新しい単語や知らない内容を覚えようとしても無意味ですので、今までやってきたことを復習する時間として使いましょう。

暗記科目については、自分がなかなか覚えられないものや、苦手なものに特化したノートを作っておき、それを見返すと良いでしょう。そのノートを見ると、「自分はこれだけ頑張ってきた」という自信にもつながる為とてもおすすめです。

どうしても気持ちが落ち着かず、復習が頭に入ってこない場合は一度勉強をやめ、リラックスしましょう。

この時、一度始めたら止められないゲームなどに時間を使うことはやめておきましょう。

全教科やろう

理科・社会だけではなく、短い時間でもいいので、全教科満遍なく復習するようにしてください。

少し見返すだけでも、そのとき勉強したという記憶がよみがえってくるからです

また、流し見をするだけでも、当日「あのノートのここら辺に書いていたな。」と、視覚から記憶がよみがえることもあります。

国語や英語などは、単語や漢字・語句などの復習に加え、過去問を一年分解いてみるのもおすすめです。

過去問を解くことで、時間配分や自分の得意な解答順などを再確認することが出来ます。

ただし、自己採点で気持ちが落ち込む不安がある人はやめておきましょう。

全く勉強しないのはよくない

睡眠不足や気持ちを興奮させることに繋がり、翌日に支障をきたす可能性がある為、前日に勉強をしすぎるのは良くありません。

しかし、全く勉強をしないというのも良くありません。

何もやらないと、不安な気持ちになったり、次の日に後悔する気持ちが生じて落ち着かなくなったりする可能性があります。また、今まで毎日積み上げてきた勉強という習慣がストップすることで、その集中力が切れてしまう恐れがあります。

何時間も通して勉強する必要はありませんが、1~3時間程度は集中して復習に取組みましょう。

余裕があるなら面接練習も良い

面接試験がある場合、時間に余裕があるなら面接練習をしておきましょう。面接は筆記試験と違い、あらかじめ質問内容が予測できます。よく聞かれる質問や返答などを調べて対策しておくと良いでしょう。

また、入室や返事の仕方、返答するときの言葉遣いなどをイメージしておくだけでも当日のクオリティが変わってきます。スムーズに行えた方が好印象です。

翌日の準備

ここでは受験日前日にしておく準備についてまとめています。

持ち物、服装の確認

受験当日の持ち物については、慌てないように前日までに準備をしておきます。服装も準備をし、ほこりが付いていないか、ほつれているところが無いか等、確認をしておきます。

必要な持ち物についてまとめましたので、参考にしてください。その他必要なものは志望校からの指定に従い準備をしてください。

  • 筆記用具

普段使いなれている物を用意しましょう。普段シャープペンシルを使用している人は、壊れたときや芯がなくなったとき用に、鉛筆を数本持っておきましょう。

  • 腕時計

忘れがちなので要注意です。試験会場によっては時計が設置されていない場合があります。アラームや計算機能が付いているものは会場に持ち込めない場合があります。シンプルな物にしましょう。

  • 受験票

忘れないように前日も当日も何度も確認してください。汚れたり折れ曲がったりしないようにクリアファイルなどに入れ、取り出しやすいところに入れておきましょう。ただし、簡単になくすことの無いようにチャックが付いているポケットなどに入れておきましょう。

  • 参考書

休み時間などで復習するときに使用します。新しい参考書や重たいものを避けてください。自分で間違いやすいポイントをまとめたノートを作っておけば、お守り代わりにもなります。

  • 飲み物

休憩時間や食事の時間には適度に水分を補給してください。

  • カイロ

受験シーズンは会場だけでなく試験場までの往復でかなり冷え込みます。防寒対策をしっかりとしておきましょう。

  • お守り

普段身に付けているお守りがあれば、持っておきましょう。気持ちを落ち着かせるのに使えます。

  • 間食

小腹が空いて集中できないということがないように、簡単な食事を持っておきましょう。モチベーションアップにもつながります。ただし、持ち込みが認められているかどうか入試の注意事項などを事前に確認してください。

受験当日の流れのイメージ

高校受験当日の集合時間や交通手段、試験会場までにかかる時間について改めて確認をしておきましょう。直前になって慌てないように、分からないことがあれば事前にしらべておくと良いでしょう。

会場内の休憩時間やトイレの場所についても調べておくと安心です。

また、テストの時間配分についても意識し、どのように解くかをよくイメージしておきましょう。

下見はするべき?

高校受験を受けるとき、試験会場の下見は必ずしておきましょう。前日の過ごし方の例を挙げると、まず試験会場の下見解放時間までは家で普段通り勉強をして過ごし、自分で決めた時間に間に合うように当日の移動手段で会場まで向かいます。その後家でゆっくりとリラックスして過ごし、気になる点の復習や持ち物・制服の確認をして早めに就寝という流れが良いでしょう。

到着までにかかる時間を確認し、当日は時間に余裕を持って行動するイメージを持ちましょう。

会場が家や学校の近くにあり、場所を知っている場合は直前に下見に行かず、家で落ち着いて過ごすのもおすすめです。

体調管理を意識する

高校受験は人生で一度きりのものです。直前まで根詰めすぎて、当日体調を崩して万全で臨めないという事態にならないように、体調管理は徹底しましょう。

睡眠はしっかりとろう

遅くても22時過ぎにはベッドに入り、十分な睡眠をとってください。当日は入試の3時間前には起きておくことをおすすめします。

夜更かしをして睡眠時間が少ないと体調を崩しやすくなります。また、寝不足により集中力が欠け、当日に実力を発揮できないという事態に陥りかねません。

どうしても寝るのが難しい場合は次のことを実践してみてください。

  • 温かい牛乳もしくはカモミールティーを飲む
  • 夜遅くまで友達と遊ばない(LINEも同様にしない)
  • 寝る直前にテレビを見ない
  • リラックスできるように好きな音楽を聴く
  • 教科書やノートを枕元に置いておく
  • ホットアイマスクを着用する

もしも朝起きるのが苦手だという場合は、早起きを習慣化するために一週間前から朝方の生活習慣にシフトしておきましょう。

野菜中心のご飯を食べよう

睡眠と同様に食事もしっかりととりましょう。好きな食べ物ばかりではなく、いつも以上にバランスを考えた食事をとるように心がけてください。

生ものや脂っこいものは食あたりや胃もたれの原因になるので避けましょう。

野菜中心の食事を心がけ、身体や脳に栄養を巡らせてください。

身だしなみを再度確認しよう

高校受験を受ける日は、普段以上に身だしなみを整えるようにしましょう。特に面接試験のある人は要注意です。

髪型

入試前に髪型を整えましょう。

受験期には、勉強に集中しすぎて身だしなみを整える余裕がなく、髪が伸びてボサボサということも少なくはありません。

高校受験では、受験日に身だしなみをチェックする学校もある為、清潔感のある髪型や服装になるように意識しておきましょう。

靴と制服

入試の際に使用する予定の靴に、汚れがないか、ボロボロになって穴が開いたり擦り切れたりしていないかよく確認しておきましょう。

制服に関しては、袖丈のしわや汚れ、またほつれたボタンなどがあれば手直しして清潔さを保ちましょう。

高校受験当日のおすすめの過ごし方

テスト

ここからは、高校受験当日の過ごし方についてご紹介します。

前日まで必死に勉強をし、体調管理などを徹底して行ってきたとしても、当日の過ごし方により結果が大きく変わってしまう可能性があります。

この記事を参考にし、受験に臨んでください。

当日の準備

受験当日の朝、家を出る前に必ず行ってほしいことをまとめていきます。

身だしなみ

前述したように、当日に身だしなみのチェックを行う高校もあります。歯磨き、洗顔はもちろん髪型や服装などの身だしなみにも十分気を遣うようにしましょう。第一印象で好印象を持ってもらうには清潔さがとても重要です。

持ち物の再度確認

前日に準備した持ち物について、不備や漏れなどがないか、再確認しましょう。

  • 受験票
  • 筆記用具

この2点は必ず確認が必要です。受験票を忘れても再発行してもらえる学校はありますが、時間を取られる上に自分の気持ちがひどく動揺してしまい、普段通りの実力を発揮することが難しくなってしまいます。

朝食は食べよう

朝食は必ず食べるようにしてください。ただし、普段から朝食を食べない人は、無理して食べる必要はありません。その場合は入試までに朝食を食べる習慣を作っておくことをおススメします。

朝食をとることで、テストの際に集中力が高まります。テスト中にお腹が空いたり、お腹が鳴ったりして気を取られるという事態を防ぐことも出来るでしょう。

受験会場には、時間の余裕を持っていこう

集合時間の直前に集合場所に着いて、気持ちが落ち着かないままテスト開始・・・という事態にならない為にも、受験会場には時間の余裕を持って向かいましょう。

会場に向かう際にトラブルが発生する可能性もあります。例えば、電車が遅れる、車が壊れる、けがをする・・・などです。

当日の朝はテスト開始時間の3時間前に起床し脳を活性化させ、朝食をとり、会場には遅くても30分前には着くようにしておきましょう。

受験会場に着いたら、友達と少し会話をすると、緊張がほぐれてリラックスに繋がります。

友達と行かない

普段友達と一緒に登校している人でも、受験当日だけは1人で向かいましょう。

友達や自分が遅刻してしまったとき、お互い責任を取ることが出来ません。

どうしても友達と一緒に向かいたい場合は、「10分遅れたら先に行く」など、どちらかが遅れた場合のルールを決めておきましょう。

遅刻しても冷静に

当日は、寝坊や思わぬアクシデントの発生により、やむを得ず遅刻してしまう可能性もあります。集合時間に遅れそうになっても慌てずに受験会場に向かいましょう。

テストを受けることが出来れば、合否の判定はそのテストの結果によります。遅刻は影響ありませんので、自己判断であきらめないように注意してください。

直前の勉強のし過ぎはNG

会場では、自分以外の人が賢く見え、委縮してしまうことが多いです。そうなると焦ってしまい、直前に取り組めない量の勉強をしようとしてしまいがちです。

そんなときは一度深呼吸をして落ち着き、事前に決めていた範囲について見直しするようにしてください。周りの雰囲気にのまれず、自分のペースで取り組むことが大切です。

勉強をせずに、もらった手紙などを読むことで気持ちを落ち着かせ、モチベーションアップに努めるのも良いでしょう。

受験中は焦らずいつも通り

テストが開始すると、焦ってしまうことが多いですが、受験中は焦らずいつも通りに問題にとりかかることが大切だということを心得ておきましょう。

どうしても緊張してしまうという場合は、深く深呼吸をしてください。深呼吸により酸素が脳に回ることで頭がさえ、集中できるようになります。

もし、緊張して解けない問題があれば一度飛ばして先に進みましょう。同じ問題で長い時間をかけてしまうと時間配分に影響し、余計な焦りが生じます。全部解き終わり、一度深呼吸をしてから再度その問題を読んでみると解けるようになっているということも多いです。

また、記述問題で漢字が分からないもしくは曖昧な場合は、ひらがなで書いておきましょう。漢字指定ではない場合は無理して漢字を使う必要はありません。

そして、入試では緊張していつもよりミスが多くなりがちです。時間が許す限り見直しを徹底してください。

名前と受験番号もしっかり確認しておきましょう。

休み時間の過ごし方

休み時間にはトイレに行っておきましょう。トイレは行列ができる可能性がある為、事前に近場のトイレをいくつか確認しておくと良いです。

反対にやってはいけないととしては、終了した科目の答え合わせです。ミスがあった場合、気になることがあった場合など、それが気になってしまい次の教科に集中できない危険性があります。入試が数日間に渡る場合は、全日程が終了するまで、答え合わせは避けましょう。

受験が終わった後

受験が終わったら友達と長々と話をせずにすぐに帰りましょう。テストが終了しても、学校の先生は生徒の様子をよく観察しているということを心得ておきましょう。

大声で話をしたり、帰りに寄り道をしたりせずにすぐ帰宅するように心がけてください。

また、入試が数日間に渡る場合は終了科目の答え合わせをせずに、次の日の教科のテスト対策をしましょう。

1日目の受験が終わり、興奮してしまうことも多いですが、いつもと変わったことはせずに復習をし、野菜中心の食事をとり、十分に睡眠をとりましょう。

入試の後は思った以上に疲労がたまっています。いつもより少し早めに就寝し、疲れをとって次の日の入試に臨んでください。

やってしまいがちなミス

手元

ここでは、やってしまいがちなミスについて、受験日前日編と当日編に分けてまとめていきます。

受験日前日編

  • 寝る前にスマホを見すぎてしまう

スマホの明かりにより目が冴えて眠れなくなってしまいます。また、なかなかスマホを切り上げることが出来ず気が付いたら夜更かしをしていた、という事態に陥りかねません。受験日前日には必要以上にスマホを触らないようにしましょう。

  • お気に入りのアップテンポの曲を聴く

リズムが耳から離れなくなり、受験中に集中できない可能性があります。音楽を聴くときは、気持ちが落ち着いてリラックスできるものを選びましょう。

  • 勉強のし過ぎ

何時間も勉強をしすぎるとどこまでやっていいか分からなくなり、反対に不安な気持ちになってしまいます。それよりも適度に切り上げて食事をとったり睡眠時間を確保したり、体調管理に気を配る方が良いでしょう。

受験日当日編

  • 温かい服を着こみすぎる

会場の暖房がよく効いていて暑くなってしまう場合があります。体温が上がりすぎると頭がうまく回らなくなったり、眠気が出たりする場合があるので注意しましょう。防寒具は移動用だと考えて、すぐに着脱可能なものを着こむようにしましょう。会場内ではカイロで体温調整するのがおすすめです。

  • 参考書を多く持ち込む

休み時間や受験開始前に見直せない量の参考書は持ち込まないようにしましょう。余分に持ち込みすぎた場合、不安な気持ちになる上に、荷物が重たくなってしまいます。自分で要点をまとめたノートや一問一答形式のミニブックなどがおすすめです。

  • トイレを我慢する

トイレは直前まで我慢しないように注意してください。受験当日、トイレは行列ができやすいです。なるべく余裕を持って並ぶようにしてください。

高校受験に関して不安な時の対処法を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

受験前日と当日の過ごし方についてまとめ

受験前日と当日の過ごし方についてまとめ

  • 前日は全教科の復習をするが、時間をかけすぎないようにする
  • 前日の過ごし方はできるだけ普段通りを心がける
  • 勉強のし過ぎよりも体調管理に気をつける
  • 早寝早起きを心がけ、時間に余裕を持って行動する
  • 休み時間ごとに終了科目の答え合わせをしない

いかがでしたか。今回は高校受験の前日と当日の過ごし方についてまとめました。

高校入試を控えている方、少しでも不安を感じている方は、この記事の方法を試してみてください。

当日に普段通りの実力を発揮するためには前日と当日の過ごし方が大切なのです。

保護者の方は子どもの体調管理のために食事のメニューを考え、子どもの声に耳を傾け、子どもの不安を取り除き、万全な状態で送り出してあげてください。

人気記事
  1. 中学生
  2. 高校受験前日と当日のおすすめの過ごし方は?入試直前の心得や緊張への対処法を徹底解説