1. 中学生
  2. 中学生の家庭学習におすすめ通信教育ランキング!正しい勉強法や学習習慣のつけ方も解説

中学生の家庭学習におすすめ通信教育ランキング!正しい勉強法や学習習慣のつけ方も解説

更新日時 2021/01/07

「中学生の家庭学習にはどの通信教育がおすすめなの?」

「正しい勉強法は?学習習慣を付けるにはどうすれば良い?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

部活などで忙しい中学生は十分な学習時間を確保できないということも多いので、通信教育を活用して効率よく学ぶのがおすすめです。

そこで今回は中学生の家庭学習におすすめの通信教育をランキング形式で紹介します。

正しい勉強法や学習習慣の付け方に関しても合わせて解説するので参考にしてください。

中学生の家庭学習におすすめの通信教育についてざっくり説明すると

  • 忙しい中学生にはタブレット教材がおすすめ
  • 部活と勉強を両立できるようなサービスを選ぶべき
  • 進研ゼミなら紙教材とタブレット教材の両方が使える
目次
  • 中学生の家庭学習教材の選び方

  • 家庭学習におすすめの通信教育ランキング!

  • 中学生に家庭学習習慣を付けさせる方法は?

  • 家庭学習と通学塾はどちらがおすすめ?

  • 中学生の家庭学習におすすめの通信教育まとめ

中学生の家庭学習教材の選び方

中学生の家庭学習教材の選び方

まずは中学生の家庭学習教材(通信教育)の選び方について解説します。

中学生の家庭学習の場合、なかなか勉強習慣のついている生徒は少ないでしょうから独学で行うことはあまりおすすめできません。

仮に勉強習慣が身についていても正しい勉強法で勉強しなくては努力が水の泡になってしまうといったリスクもあります。

そこで今回は効率よく家庭学習を行っていくために最適な通信教育を紹介します。

講座料金と相場を確認

通信教育を選ぶ際に最も気になるのは、やはり講座費用でしょうが、注意しなければならないことは値段が高いからと言って必ずしも自分に最適な優良教材であるとは限らないということです。

また値段が安いのは良いことですが、教材の量が少なかったり、サポートが乏しかったり、安さにはおそらく何か理由があるので、あまりにも安すぎるものにも注意した方が良いでしょう。

結局追加の教材を購入しなければならないなら、トータルではそこまで安くならないという可能性もあります。

なお、中学生の通信教育の費用は5,000〜7,000円程度が相場です。

部活と勉強の両立はできるか

ベネッセの調査によると、中学生の平均勉強時間は1日1時間半です。しかし、これはあくまで平均値であり、部活で忙しい中学生ならそんなに勉強時間を確保できないということも多いでしょう。

そのため、通信教育を選ぶ際は、部活と両立できるかどうかについてもよく考えてみるべきです。

授業の予習・復習や宿題があることも考慮に入れると、なるべく短時間で効率よく学べるものが良いでしょう。

紙教材かタブレットか

昨今はタブレット学習も主流になっているので、通信教育を選ぶ際はまず紙教材とタブレット教材のどちらにするかを考えなければいけません。

ちなみにタブレット教材には、自動採点機能などの学習を効率化する仕組みが色々搭載されています。そのため、忙しい中学生にはぴったりです。

確かに定期テストや高校入試が紙媒体で実施されるということを考えると、紙教材を使って実際に書いて問題を解くことに慣れておくことにもメリットがあると言えます。

しかし、タブレット教材ならデバイスさえあればいつでもどこでも学習できるということも加味すれば、部活などで多忙な中学生にはタブレット教材の方がおすすめです。

タブレット教材ならスキマ時間を使ってコツコツと勉強を積み重ねることができるため、時間がない中でも着実に学力を高めることができるでしょう。

なお、タブレット教材と紙教材を両方使って学びたいという方にもいるはずですが、後述する進研ゼミ中学講座ならそのスタイルが実現できます

講座の弱みも把握しておく

通信教育はたくさんありますが、万人にとって完璧な教材というのはおそらくありません。

そのため、通信教育を選ぶ際は各教材の魅力に加えて、それぞれのデメリットも把握しておくのが良いでしょう。

自分が本当に欲しい機能がついており、残念な部分が気にならない、もしくは許容できるという場合は、その通信教育は自分にとってより良い教材であると言えます。

定期テスト対策と高校入試対策

小学生とは異なり、中学生には定期テストがあります。またゆくゆくは高校入試が控えているため、その両方の対策を行わなければなりません。

よって通信教育を選ぶ際は、定期テスト対策や高校入試対策がどれだけ充実しているのかを確認しておきましょう。

なお、中学生向けの通信教育では定期テスト対策は充実している場合が多いので、特に自分の志望校の対策がしっかりできるかどうかに着目するのがおすすめです。

家庭学習におすすめの通信教育ランキング!

パソコンを見る少女 ここからは中学生の自宅学習におすすめの通信教育をランキング形式で紹介します。

1位:進研ゼミ

第1位は中学生受講者数No.1の進研ゼミ中学講座です。

紙教材とタブレット両方使用できる!

進研ゼミ中学講座の大きな魅力は、紙教材とタブレット教材を併用して学習ができるということです。

基本的にはタブレット教材で学習し、必要に応じて紙教材を利用して学べるので、効率よく学習しつつ紙で問題を解くことにも慣れることができます。

また入試対策も充実しており、それぞれの都道府県に合った細やかな対策をすることができるので魅力的です。

サポートが充実しているので安心

通信教育は一人で学習を進めていかなければならないので不安に感じる方もいるはずですが、進研ゼミ中学講座ならサポートが充実しているので安心です。

例えば、「ギモン解消ひろば」のFAQを見れば、学習上の疑問を解消することができます。また個別に質問をすることも可能です。

さらに中1・中2向けの「テストお助け電話」では、教科アドバイザーに電話でテスト前の相談をすることもできます

実際の受講者の声

進研ゼミ中学講座の利用者からは、

「部活と勉強をしっかり両立できる。」

「受験勉強を始めるのが遅かったが、進研ゼミを利用したから合格できた。」

など、効率よく学習できることや入試対策が充実していることを評価する声が数多く上がっています。

受講者の声を聞く限りでは、教材のクオリティの高さは申し分ないと言えるでしょう。

講座費用は標準的

進研ゼミ中学講座の講座費用は相場と同等、もしくはそれよりやや安いくらいの水準であると言えるでしょう。

なお、タブレット代金ですが、6ヶ月以上受講を継続すれば定価19,800円(税込)のタブレットが実質無料で手に入るので魅力的です。

料金の詳細については以下の表をご覧ください。ちなみに以下の受講費は12ヶ月一括払いを選択した場合の月あたりの料金です。

学年 受講費(税込)
中学1年生 5,980円
中学2年生 6,110円
中学3年生 6,890円
中高一貫 中1・中2 8,600円
中高一貫 中3 8,600円

また専用タブレットを用いるハイブリッドスタイルを選択し、6ヶ月未満で退会もしくは学習スタイルの変更をする場合、タブレット代金として9,900円が請求されるので注意しましょう。

\資料請求で体験教材プレゼント!/

進研ゼミ中学講座に関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

2位:スマイルゼミ

第2位は高性能タブレットを使って学習できるスマイルゼミ中学生コースです。顧客満足度が非常に高いサービスなので、信頼度の高さは申し分ありません。

実技科目の対策もバッチリ!

スマイルゼミ中学生コースでは、主要科目に加えて実技科目の学習もできます。教科書に準拠した定期テスト対策が行えるので、内申点対策もバッチリです。

また入試に向けて発展的な問題にも挑戦したいという方を対象に、特進クラスも用意されています。よって上手に活用すれば、難関高校を目指すことも可能です。

個別の入試攻略プランで効率的な受験対策ができる

スマイルゼミでは、タブレットが受講者それぞれの学力レベルを単元ごとに分析し、各人に最適な入試攻略プランを作成してくれます。

志望校レベルと現状の差を埋めるための専用対策問題が出題されるため、志望校合格に向けて効率よく学力を伸ばしていくことが可能です。

実際の受講者の声

スマイルゼミ中学生コースの利用者からは

「タブレットを使って楽しく学べるので良い。」

「スキマ時間を使って自分のペースで学習できる。」

なお、タブレット学習を評価する声が数多く聞かれます。

ちなみにスマイルゼミでは専用タブレット一台で学習を完結させることができ、紙教材は一切用いないので、教材が嵩張る心配はありません。

タブレット代金が別途必要

スマイルゼミ中学生コースの会費5,980円〜と標準的な価格設定ですが、受講には別途タブレット代金もかかります。

具体的には入会時に9,980円の専用タブレット代が必要です。

よって進研ゼミに比べると出費は嵩むものの、タブレットはかなりの高性能なので、決してコスパは悪くないと言えるでしょう。

また約2週間無料でお試しができる全額返金保証もあるので、実際にタブレット学習を体験してみた上で受講するかどうかを決めることもできます。

ちなみに料金の詳細は以下の通りです。なお、会費は12ヶ月一括払いを選択した場合の月あたりの費用(税抜)になります。

会費 標準クラス 特進クラス
中学1年生コース 5,980円 10,800円
中学2年生コース 5,980円 10,800円
中学3年生コース 6,980円 12,800円
タブレット代金 値段(税抜)
初回 9,980円
6ヶ月未満で退会 +29,820円
6ヶ月以上12ヶ月未満で退会 +6,980円
12ヶ月以上継続利用 追加料金なし

\全額返金制度で無料体験!/

スマイルゼミ中学生に関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

3位:Z会

第3位は教材のクオリティが非常に高いことで評判のZ会中学生コースです。志望校合格率99.9%(第1〜第3志望のいずれかに合格した会員の割合)という実績もあるので、高校受験対策にもおすすめできます。

ニーズに合わせたコース選択が可能

Z会には多様なコースがあるため、それぞれのニーズやレベルに細かく対応することができます。

具体的には紙教材で学ぶコースに加え、iPadと紙教材の両方を用いるコースも利用可能です。また高校受験コースや中高一貫コースなどもあります。

自分にぴったりの教材で学ぶことができるため、効果的に成績を伸ばしていけるでしょう。

英語力を高める新サービスにも注目

新サービスの「英語4技能万全プラン」では、月1回の外国人講師とのオンラインレッスンと個別トレーニング教材で、独学では鍛えるのが難しいスピーキングのスキルを高めることができます。

また無料アプリである「英語アシスト」を使えば、自分の理解度に合った問題を解くことで無理なく英語力のレベルアップが可能です。

実際の受講者の声

Z会中学生コースの受講者からは、

「市販の教材より解説が丁寧なのでとてもわかりやすい。」

「単に難易度が高いだけでなく、思考力を鍛えられるような良問が揃っている。」

「学校では学べないような問題も勉強できるので良い。」

など、教材のクオリティ、特に問題の質の高さを評価する声が数多く上がっています。

1科目からの受講が可能

Z会中学生コースでは1科目(2,294円〜)から受講することができます。そのため、苦手科目や得意科目だけをピンポイントで特訓することも可能です。

ただし、5科目全てを受講すると9,970円になるので、他の通信教育に比べるとやや高めの値段設定だと言えるでしょう。

またiPadスタイルを選択する場合、お手持ちのiPadを持っていないなら、別途端末の購入費用が必要になります。

\顧客満足度8年連続No.1/

Z会中学生コースに関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

4位:ポピー

第4位は教科書準拠の丁寧な教材で充実した学校の予習・復習ができる中学ポピーです。

値段が安い分、教材の数は絞られているので、シンプルな学習を希望する方におすすめできます。

教材の難度は低い

中学ポピーの教材は教科書レベルなので、難易度は他の通信教育に比べて低めです。また教材のボリュームもそう多くありません。

よって難関高校の受験対策などの発展学習には向いていないと言えるでしょう。しかし、学校の予習・復習などの日常学習には最適な難易度及びボリュームだと言えます。

そのため、中学ポピーはあまり勉強が得意ではない生徒におすすめです。比較的簡単にこなすことができるので、勉強が苦手でもモチベーションを維持しながら学習を継続できるでしょう。

実際の受講者の声

中学ポピーの受講者からは、

「教科書よりもかなりわかりやすいので良い。」

「基礎学力を付けるのにはちょうど良い。」

など、教材の丁寧さを評価する声が数多く聞かれます。

ちなみにポピーの教材を発行しているのは、小中学校の副教材の出版・編集にも携わっている新学社なので、学校の進度に合わせて学習するには最適の教材と言えるでしょう。

講座費用はとても安い

中学ポピーの講座費用は、相場よりもかなりリーズナブルです。月額費用が4,686円〜で受講することができるので、出費を極力抑えたいという場合にもおすすめできます。

また値段が安い分、教材はシンプルで無駄がないので、短時間で効率よく学習を進めることが可能です。

なお、料金の詳細については以下の表をご覧ください。

学年 2020年度3月号まで 2021年度4月号から
中学1年生 4,686円 4,800円
中学2年生 4,787円 5,000円
中学3年生 4,990円 5,100円

※毎月払いの会費(税込)です。

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

中学ポピーに関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

5位:スタディサプリ

第5位は、スマホやタブレットで人気講師の授業を視聴することができるスタディサプリ中学講座です。

14日間の無料トライアルもあるので、ぜひ一度試してみましょう。

1回15分で隙間時間に学習できる

スタディサプリならスマホさえあればいつでもどこでも学習できるので、通学時間などのスキマ時間を利用してコツコツ勉強を進めることができます。

また授業は1回15分程度なので、長時間集中する必要はなく、疲れて帰った後でも無理なく継続することができるでしょう。

よって部活などで忙しく、まとまった勉強時間が確保しにくいという中学生にはぴったりのサービスだと言えます。

個別指導コースもある

一人で勉強するのが苦手だという場合は、担当コーチがつく個別指導コースがおすすめです。コーチとコミュニケーションを取りながら学習を進めることができるので、安心感を持って勉強に取り組めます。

またそれぞれに合わせた勉強スケジュール作成や理解度チェックテストも利用できるので、より効果的に学力を高めることができるでしょう。

実際の受講者の声

スタディサプリ中学講座の利用者からは、

「この月額費用で人気講師の授業が見放題なのは最高。」

「いつでもどこでも勉強できるから、スキマ時間を有効利用できて嬉しい。」

など、リーズナブルな受講料やスマホ学習の利便性を評価する声が数多く上がっています。

14日間の無料体験も

スタディサプリ中学講座は月額1,980円で受講することができます。キャンペーン次第ではさらに安くなることもあるので、リーズナブルさは段違いと言えるでしょう。

また14日間の無料体験もできるので、気軽に試してみることをおすすめします。

なお、料金の詳細は以下の通りです。

コース 料金(税抜)
ベーシックコース 月額1,980円
個別指導コース 月額9,800円

\今なら14日間お試し無料!/

スタディサプリ中学講座に関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

中学生に家庭学習習慣を付けさせる方法は?

疑問を持つ女 ここまで中学生の自宅学習におすすめの通信教育を紹介してきましたが、思春期真っ只中の中学生はなかなか意欲的に家庭学習に取り組んでくれないというケースも珍しくありません。

以下では中学生に自宅学習の習慣をつけさせる方法について解説します。

勉強環境を整える

まずは勉強に集中できるだけの環境を整えるということが非常に重要になります。

ちなみに自宅学習を阻む大きな原因となりうるのがスマホやゲームです。そうした魅惑が目につくところにあれば、集中できないのは無理もありません。

よって気が散る原因となるようなものは、勉強する空間から極力排除するのが良いでしょう。

また、勉強するところと寝るところは明確に分けておく方が良いでしょう。

しかしどうしても同じ部屋にベッドと勉強机をおかなくてはならないという場合には、なるべく視界に入らないようは配置にするなどの工夫をすることが重要です。

何をやるのか明確に決めておく

中学生は部活などで忙しいため、家庭学習の時間をたくさん確保できるわけはありません。そのため、一度の家庭学習であれもこれもこなすというのは無理です。

よって自宅学習をする際は、予めやることを決めるのが良いでしょう。例えば、「今日は授業で習ったことの復習だけする」など、特定の課題に限定して勉強すれば毎日無理なく継続できるでしょう。

1日の終わりに、今日やったことや明日やるべきことなどを紙に書くなどをして、資格的にわかるようにしておくことも良いでしょう。

親のサポートもあると尚良い

自分の学力や勉強法などに自信が持てず、学習に不安を感じている中学生も多いです。

そうした不安感を抱えたまま恐る恐る勉強を続けていても、十分な学習効果は得られないので、保護者が適切なサポートをしてあげるのが良いでしょう。

例えば自信がつくように積極的に褒めてあげたり、学習スケジュールを一緒に考えるなどがおすすめです。

安心して勉強に取り組めるような状態を作ってあげれば、お子さんも前向きに自宅学習に取り組んでくれるようになるでしょう。

家庭学習と通学塾はどちらがおすすめ?

雲を見る女性 校外学習の方法としては、通信教育を用いた家庭学習以外に、通学塾を利用するという選択肢もあります。

通塾にも一定のメリットがあることは事実ですが、基本的には通信教育を活用した家庭学習の方がおすすめです。以下ではその理由について解説します。

講座費用は家庭学習が圧倒的に安い

塾の月謝と通信教育の受講料では、後者の方が圧倒的にリーズナブルです。また塾では入会金や年会費、講習費用なども必要になることが多いので、年間トータルではかなりお金がかかります。

一方で通信教育なら大抵の場合、支払うのは月額料金だけで、追加の請求があるとしてもタブレット代金くらいです。

よって通学塾ではなく通信教育を選択すれば、家計の負担を大きく減らすことができます

主体性を持って勉強に取り組める

家庭学習の場合、学習を主導するのは講師ではなく生徒自身なので、自ら積極的に勉強する姿勢を身に付けるにはこの上ない環境と言えるでしょう。

また自ら課題を発見したり、それを克服するための方法や勉強時間などを考えることによってマネジメントに関する能力を培うこともできます

よって自宅学習に真剣に取り組めば、人間としての総合的な成長が期待できるでしょう。

一方で通学塾なら往々にして塾講師任せになりがちなので、成績は伸ばせても、その他のスキルを高めることは難しいです。

通学時間を削減できる

通学塾の場合、授業日程や時間は予め決まっており、それらを自由に変更することはできません

また集団塾の場合は他の生徒と足並みを揃えて勉強しなければならないため、自分のペースで学習することができないという意味では効率は良くないと言えるでしょう。

一方で通信教育を利用した家庭学習の場合、自分の好きなタイミングでいつでも勉強することができます。さらに通学時間などのスキマ時間を有効利用して学習を進めることも可能です。

以上より、何かと不自由は通学塾よりも時間や場所の制約がない通信教育の方が、部活などで忙しい中学生には向いていると言えるでしょう。

なお、通学塾なら送り迎えが必要になることもありますが、家庭学習ならそれもないので、保護者によっても良い選択です。

中学生の家庭学習におすすめの通信教育まとめ

中学生の家庭学習におすすめの通信教育まとめ

  • 進研ゼミなど高校入試対策が充実しているサービスが良い
  • 勉強環境を整え、保護者がサポートしてあげることが大切
  • 中学生には通学塾よりも通信教育の方がおすすめ

中学生の家庭学習におすすめの通信教育をランキング形式で紹介しました。

中学生向けの通信教育を選ぶ際は講座費用はもちろんのこと、部活と勉強を両立できるかということにも注目しましょう。

また紙教材とタブレット教材のどちらにするのかも決めなければなりません。ちなみに進研ゼミならその両方を使うことができます。

さらに進研ゼミやZ会など、高校入試対策が充実している通信教育は魅力的と言えるでしょう。

なお、家庭学習をより充実させるには、整った学習環境や保護者のサポートなども欠かせません。

以上を参考にそれぞれにぴったりの通信教育を選んでください。

人気記事
  1. 中学生
  2. 中学生の家庭学習におすすめ通信教育ランキング!正しい勉強法や学習習慣のつけ方も解説