1. 中学生
  2. 中学生の頭が良くなる方法とは?おすすめ暗記方法や科目別の具体的な勉強法まで徹底解説!

中学生の頭が良くなる方法とは?おすすめ暗記方法や科目別の具体的な勉強法まで徹底解説!

更新日時 2021/01/06

「中学生の頭が良くなる方法は?」

「おすすめの暗記方法・科目別の具体的な勉強法は何か?」

このような疑問を感じた方がいるでしょう。

中学生の頭が良くなる方法はどのようにすれば良いのか、知りたい方もいるはずです

この記事では、中学生の頭が良くなる方法について項目に分けて紹介していきます。

最後まで記事を読み終わった方は、実際に取り組んでみようと考えるでしょう。

中学生の頭が良くなる方法についてざっくり説明すると

  • 物事は知るだけでなく、理解することが大事
  • 「インプット」と「アウトプット」を行う
  • 音楽を聞くと、勉強の効率が良くなる
目次
  • 中学生の頭が良くなる方法とは?

  • 中学生で賢くなるための具体的な方法

  • 中学生の科目別勉強方法

  • 学習以外で頭を良くする方法

  • 頭を良くしたい際に注意すべきこと

  • 中学生の頭が良くなる方法についてまとめ

中学生の頭が良くなる方法とは?

頭が良くなる方法とは?

中学生の頭が良くなる方法について、気になる方もいるでしょう。しかし、実際にはどのような方法を行えば良いのか分からない方も多くいます。ここでは、中学生の頭が良くなる方法について、紹介していきましょう。

きちんと理解する

ある物事について知っていても、問題が解けない方もいます。なぜ、そうなってしまうのかと言うと、知っているだけで物事をしっかりと理解していないからです。

そのため、頭を良くする方法としては知るだけではなく、物事の本質をしっかりと理解するようにしなければなりません。これは知るだけではなく、本質を理解することで物事を把握できる力も養えます。

上記の説明を簡単にまとめてみると、「知っている=暗記」・「理解している=どのように公式が使われる」のようになります。これはただ暗記しているだけではなく、公式をしっかりと使えていると言うことです。

仮に問題を解こうとした際に公式が分かっていても、上手く活用できないと答えは出せません。公式の使い方を理解している方は、的確に数字を当てはめて問題を解くことができます。

反復練習を行う

問題を解くために公式を一度理解したとしても、時間が経てば忘れてしまうことがあり、これを短期記憶と言います

これは勉強した際に理解していても、他のことを覚えたり時間が経ってしまうと忘れてしまうからです。まだ、頭の中でしっかりと知識が定着していません。

そのため、一度理解したことを繰り返して解き直すことで忘れにくくします。このことを長期記憶と言い、短期記憶とは異なり知識が定着しています

特に大事なところは、しっかりと覚えるために何度も解く必要があるでしょう。

アウトプットとして第三者に説明する

公式などの知識をしっかりと定着させるためには、教科書を読んで「インプット」していきましょう。自分の頭の中に知識を入れていき、基礎的な部分を定着させていくのです。

上記のように「インプット」した後は、「アウトプット」していくと効率的になります。「インプット」としたことを「アウトプット」して、頭の中の知識を活用していきます。

ちなみに「アウトプット」する有効な方法として、テキスト・問題集の問題を解くことです。他にもに第三者に説明する方法があり、もっと効率的かつ忘れづらいアウトプット方法と言えるでしょう。

この第三者に説明する方法は、説明する本人が物事をしっかりと理解していないと上手く伝わりません。自分以外の方に説明しようとした際に、本当に理解できているのか把握できます。

もし、第三者にあることを説明して、理解してもらえた場合は説明した本人がしっかりと理解できている証明となるでしょう。その頃には覚えたての時に比べて、簡潔かつ分かりやすくなっているはずです。

先生や友達に質問する

テキスト・問題を読んだり解いている際に、自分だけでは理解できない部分ができてきます。その際の対処方法としては分からないままで放っておかずに、積極的に先生・周囲の方に聞くようにしましょう

なぜ、分からない部分を聞いた方が良いかというと、誰かに聞くことは理解ができるだけではなく、脳の活性化に繋がるからです。

間違えたところを理解する

問題集を解いていた際に間違えてしまった問題があった場合、そのままにしないようにしましょう。間違った問題を何もせずにしておくと、結局のところ理解できないままになります。

もし、間違った問題が出てきた際は理解して解き直すことが大事です。頭が良い学生は、間違えてしまった問題を解き直して復習する習慣が身に付いています。必ず復習して苦手なジャンルを作らないようにしましょう。

集中力を鍛える

賢くなりたいと思っている方は、長時間集中できる能力を身に付ける必要があります。

ちなみに集中力を身に付ける方法としては、以下のようなものがあります。

  • 楽しいことと思える得意な科目から勉強を始める
  • 自分が集中可能な時間を設定して勉強を行う
  • 勉強の途中に休憩を取り入れていく

「楽しいことと思える得意な科目から勉強を始める」に関して、人間は楽しいと感じることに集中する特性を活用しています。まず、得意な科目から勉強して、集中力が上がったら苦手科目にも取り組んでみましょう。

次に「自分が集中可能な時間を設定して、勉強を行う」は、自分が集中できると自信がある時間を決めて、その時間内を頑張ることです。自ら決めた時間をクリアできた場合は、5分・10分と少しずつ時間を長くしていくのです。

この方法を取ることで、勉強時間・集中力が少しずつ伸ばしていきます。ただ、人によってはいきなり時間を伸ばそうと考えますが、長続きはしないのでおすすめできません。

最後に「休憩を効率的にする。」については、勉強・休憩を効率的に取っていくことです

例えば、区切りの良いところで休憩を入れる方もいますが、意外と勉強を再開するまでに時間がかかる場合があります。区切りが良いところで休憩を入れることは、必ずしも良いと言えません。

そのため、わざと切りの悪いところで勉強を止めて、休憩を取る方法もありです。切りの悪いところで休憩に入った場合は、早く再開したいと勉強の意欲を削がれることもないでしょう。

中学生で賢くなるための具体的な方法

賢くなる方法。

ここでは、中学生の頭が良くなるための方法を具体的に説明していきます。一体、どのような方法を取れば、頭が良くなるのか知りたい方は多いでしょう。1つずつ項目に分けて解説していきます。

暗記系科目の勉強法

以下は暗記系科目の勉強方法について、まとめています。

  • 繰り返して、同じ問題を解く
  • 自ら声を出して、体を動かしながら暗記をしていく
  • 隙間時間を有効に活用すること
  • 語呂を使って暗記する
  • 長期記憶を活用する

1つ目の「繰り返して、同じ問題を解く」については、何度も同じ問題を解き直すことで今後同じ間違えがないようにします。他にも問題を解く方法を頭の中に定着する目的もあるでしょう。

2つ目は「自ら声を出して、体を動かしながら暗記をしていく」ですが、動きを取り入れながら体に覚えさせていきます。また、自分の発した声を耳で聴きとることで記憶力が上がります。

3つ目は「隙間時間を有効に活用すること」・は、ちょっとの空いた時間を上手く活用してくことです。この時間を上手く活用することで、知識の定着に差が出てくるでしょう。

他にも「語呂を使って暗記」・「長期記憶を活用する」などがあり、有効的に活用していきましょう

理数系科目の勉強法

次に理数系科目の勉強方法を紹介していきます。

  • 例題・基礎問題をしっかり解く
  • 疑問を持ちながら問題を解く
  • 公式をしっかり暗記する

1つ目の「例題・基礎問題をしっかり解く」は、答えを導く際に過程もしっかりと理解しながら問題を解く事です。答えだけが合っていても、本当に理解しているとは言えないでしょう。

2つ目は「疑問を持ちながら問題を解く」で、問題を解く際に疑問を持ちながら解いていくことで、本質を掴めることができます。すると、似たような問題が出てきた際に、しっかりとした状態で正しい答えを出すことができるのです。

3つ目の「公式をしっかり暗記する」については、公式を覚えていないと解けない問題もあるため、しっかりと理解しておく必要があります。公式を覚えて、しっかりと活用することで答えを出せます。

やっぱり授業は大切

賢くなる方法として、授業を活用することは重要です。授業を受けた際に理解していたとしても、全てを覚えているわけではありません。一回聞いただけでは頭の中に入ってこないので、授業中はノートを取るようにしましょう。

また、授業で学んだことを帰宅後にテキスト・ノートを使って復習するようにすると良いです。授業を受けてから時間が経ってしまうと、その時のことを忘れてしまいます。そのため、早めに復習することを心掛けましょう。

次に効果的なノートの取り方について、紹介していきます。

  • 板書を書き写すだけでなく、先生の言っていたことでメモする
  • 接続詞を大事にする
  • 絵・図を書いて見やすくする
  • 数学では答えだけでなく、過程も書いていく
  • カラーペンを活用して見やすくする

1つ目の「板書を書き写すだけでなく、先生の言っていたことでメモする」は、先生の言ったことで重要だと感じた点についてメモするようにするということです。板書には書いていない重要なことが発見されることもあります。

2つ目の「接続詞を大事にする」というのは、なぜなら・つまりなどに注目することです。

3つ目の「絵・図を書いて見やすくする」ということで文字だけではなく、絵・図を使うことで理解しやすくなります。

4つ目の「数学では答えだけでなく、過程も書いていく」ことで、解き方もしっかりと理解できるようになります。答えが合っていても、再度同じ問題を解いた際に正しい答えが導けるとは限りません。

5つ目の「カラーペンを活用して見やすくする」ことで重要なポイントをカラーペンで分かりやすくします。カラーペンを色分けして、重要な度合い・苦手な部分など見分けができるようにしましょう。

音楽を聞きながら勉強する

もし、勉強にやる気が起こらない際は、音楽など好きな曲を聞くと良いです

以下に音楽を聞くメリットをまとめてみました。

  • 気分が高揚して、眠気がなくなる
  • アルファ波の発生する音楽で、心を落ち着かせる

まず、「気分が高揚して、眠気をなくなる」は音楽を聞くことで気分が上がって、眠気がなくなるでしょう。勉強をしていて、集中量が切れてくると眠気が襲ってくるため、気分転換をすると良いです。

次に「アルファ波の発生する音楽で、心を落ち着かせる」はジャズ・クラシックなどを聞くことで集中力・記憶力を高めるでしょう。

ただ、選曲が大事になり歌詞がある曲の場合は、暗記が上手くいかない可能性があります。このことから勉強には向いていない曲もあるため、歌詞のない曲を選ぶことをおすすめします。

中学生の科目別勉強方法

勉強方法とは?

続いて、中学生の科目別の勉強方法について紹介しましょう。

数学

以下が数学の勉強方法になります。

  • 公式の理解・暗記を行う
  • 教科書レベルの基礎を何回もやる
  • 解答パターンがあり、ノートにまとめる

数学の勉強方法は公式を暗記して、理解することからです。公式を暗記していても理解していなければ、答えを出すことはできません。

また、教科書の基礎レベルを何回を解いて知識を定着しましょう。更に解答のパターンをノートにまとめておくと良いです。

国語

以下が国語の勉強方法になります。

  • 本・新聞を読み、読解力を身に付ける
  • 筆者が述べたいことを探す
  • 漢字はノートを使って、日頃から勉強する

国語の勉強方法として、日頃から本・新聞を読んで読解力を養いましょう。また、筆者が述べたいことを意識して探しながら、漢字を覚えていくと良いです

英語

以下が英語の勉強方法になります。

  • 単語を覚える
  • 文法は例文を活用して学ぶ
  • 音源を聞き、音読する

英語の勉強方法として、単語を覚えていくことが大事です。更に、文法は例文を活用、音源を聞きながら音読を行って勉強をしていきましょう。

理科

以下が理科の勉強方法になります。

  • 図・イメージで単語・現象を覚える
  • 教科書・参考書を音読しながら、暗記する
  • 計算問題は公式を覚える

理科の勉強方法として、図・イメージを使って単語などを覚えていくようにしましょう。また、暗記することが多いため、教科書・参考書を音読するようにすると良いです。

社会

以下が社会の勉強方法になります。

  • 語呂・赤シートなどを活用して暗記する
  • 教科書の説明文も見ておく

社会の勉強方法として、語呂・赤シートなどを活用して、工夫して覚えるようにしましょう。また、教科書の説明文も確認しておくことが大事です。

多くのことを暗記がする場合、そのまま覚えていくのは大変です。語呂などで頭に入りやすく方法を見つけて、勉強をしていきましょう。

学習以外で頭を良くする方法

頭が良くなる方法。

ここでは学習以外で頭を良くする方法について、紹介していきます。

勉強時間を設定する

勉強をする際には、1日の勉強時間を設定するようにしましょう。勉強時間を設定することは効率が上がって、頭が良くなるのです。

しかし、勉強時間を設定せずに行っていくと、頭に中に入ってもすぐに忘れてしまいやすくなります。

そのため、勉強時間を設定して時間内で勉強ができるように意識していきましょう。これは時間を無駄しない以外に緊張感・集中力を持って勉強を行い効率を上げる効果があります。

早寝早起きの習慣をつける

人間は勉強を行った後、睡眠中に記憶を定着させます。効率的な勉強をした後に、良い睡眠を取ることは、しっかりと記憶を定着させるのです。しかし、生活リズムが崩れてしまうと、比例して勉強の効率が下がってしまいます。

そのため、早寝早起きの習慣をつけてしっかりと睡眠時間を確保しましょう。長時間勉強をしただけでは、頭は良くなりません。早寝早起きをして、十分な睡眠を取って知識の定着に繋げていきましょう。

早朝に勉強する

続いて、朝に勉強するメリットを紹介していきます。

  • 頭の中がスッキリした状態
  • 思考が冴えて、数学などが解きやすくなる
  • 学校に遅刻しない
  • 眠気がない

早朝に勉強するメリットは多く、おすすめの勉強方法の1つです。頭の中がスッキリして思考が冴えていると、計算問題が解きやすくなるでしょう。また、学校に遅刻せずに時間に余裕を持って行動ができます。

読書

読書をする人は、「読解力」・「速読力」が身に付きやすくなります。また、「想像力」・「考える力」も鍛えられるため、おすすめの勉強方法です。ここまで身に付くことができる方法は、なかなかないでしょう。

ちなみに読書は国語だけではなく、全ての科目で求められる読解力にも大きな影響を与えます。読解力を鍛えるためにも、読書を行うと良いです。

人との会話

人と会話する際、一方的に話だけではなく相手の方から話も聞きます。この聞くことが重要で、相手から取り入れた情報を「理解」・「分析」・「覚えて」など脳が活性化します

そのため、頭が良い人は会話力があることが多く、積極的に相手と会話すると良いです。その際は、話すだけではなく、相手の話もしっかりと聞くように意識しましょう。

頭を良くしたい際に注意すべきこと

注意すべき点。

最後に頭を良くしたい際に注意すべきことをお伝えしていきます。

焦りは勉強効率を悪くする

中学受験などを受ける学生は、焦りを感じる機会が多いでしょう。しかし、焦りは、1つのことに集中ができなくなり、勉強へのモチベーションが下がってしまう可能性があります。

この焦りを感じないためには、焦りの原因を考えて対処しましょう。また、ある程度のスケジュールを立てると目標が明確になり、焦る必要もなくなるはずです。

参考書は一冊に絞る

勉強を行っていても、成績がなかなか上がらない生徒もいます。この成績が上がりにくい生徒の特徴として、多く参考書を解こうとしていることが多いです。本人は成績を上げたい一心で様々な参考書を勉強しているはずです。

しかし、多くの参考書を使うことで最後まで解けなくなる場合が多いでしょう。

そのため、成績が思うように上がらないのです。成績を上げるためには多くの参考書に手を出さないようにして、出来る限り1冊を最後まで解くようにしましょう

継続が一番大切

ここまでに様々勉強法を紹介してきましたが、最も大事になること日々の継続になります。毎日、コツコツと勉強すると自然と知識が身に付いていきます。

例えば、部活で練習を怠ってしまうと感覚を忘れてしまい、いつも通りのことができないでしょう。これは勉強も同じことが言えて、時間が空いてしまうとせっかく覚えたことが頭から離れてしまいます。

効率的な勉強をしたい方は、毎日継続して行っていくようにしましょう。

中学生の勉強のコツや、成績向上のための科目別対策に関して知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

中学生の頭が良くなる方法についてまとめ

中学生の頭が良くなる方法についてまとめ

  • 授業中の先生の言葉に重要なことがある
  • 読書をすると、「読解力」などの能力が身に付く
  • 参考書を一冊に絞って、勉強をする

中学生の頭が良くなる方法について、項目に分けて紹介していきました。

読書を行うと「読解力」などの能力が身に付きますので、実践していくと良いです

また、おすすめ暗記方法・科目別の勉強法も参考して挑戦して見て下さい。

親子で勉強の方法を話し合って、日々の計画を一緒に立てていきましょう。

人気記事
  1. 中学生
  2. 中学生の頭が良くなる方法とは?おすすめ暗記方法や科目別の具体的な勉強法まで徹底解説!