1. 中学生
  2. 0.3mmシャーペンおすすめランキング21選!書きやすいシャーペンの選び方まで解説

0.3mmシャーペンおすすめランキング21選!書きやすいシャーペンの選び方まで解説

更新日時 2021/01/18

「おすすめの0.3mmシャーペンはどれ?」

「書きやすいシャーペンの選び方は?製図用シャーペンって?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

0.3mmのシャーペンは細かい文字や図を書くのに適しています

ただし、芯が折れやすいなどのデメリットもあるので、機能性にも着目しながらご自身に合ったシャーペンを選ぶのが良いでしょう。

今回はおすすめの0.3mmシャーペンを、ランキング形式で21点紹介します。

書きやすいシャーペンの選び方や製図用シャーペンの概要についても解説するので参考にしてください。

おすすめの0.3mmシャーペンについてざっくり説明すると

  • グリップや重さを比較して選ぶのがおすすめ
  • 0.3mmシャーペンはやや高価
  • 特殊な機能にも注目すべき
目次
  • 0.3mmシャーペンおすすめの選び方

  • 人気0.3mmシャーペンのおすすめランキング21選

  • 人気0.3mmシャーペンのおすすめランキング比較表

  • 製図用シャーペンって何?

  • おすすめの0.3mmシャーペンまとめ

0.3mmシャーペンおすすめの選び方

0.3㎜シャーペン選びのポイントの画像

まずは0.3mmシャーペンの選び方について解説します。

0.3mmシャーペンの特徴を理解して選ぼう

0.3mmシャーペンの特徴はなんと言っても芯が細いことです。そのため、細かい字を書くのに適しています。

定規を使えば、かなり正確・細密な線を引くことも可能です。

複雑な漢字を細かく書いても潰れてしまわないので、小さな手帳や付箋、罫線が狭いノートなどに書き込むのにも良いでしょう。

ただし、芯が細い分、折れやすいというデメリットもあります。また一般的なシャーペンに比べると、若干高価です。

グリップや質量は必ず確認しよう

0.3mmシャーペンのグリップは、正確に線を引けるという効果を高めるためにハードグリップになっていることが多いです。

そのため、長時間使用すると疲れやすいので、長く書き続ける場合はできるだけ握りやすいと感じるものを選びましょう

なお、製品の質量は様々ですが、一般的に軽い方が疲れにくいです。しかし、重い方が安定感はあるので、正確な線を引くのには向いています。

また材質や太さなども握りやすさ、書きやすさに影響するので、実際にお店で握ってみて比較・検討するのがおすすめです。

0.3mmシャーペンは少し高いので要注意

0.3mmシャーペンは、一般的なシャーペンよりも値段の相場が高いです。それは芯に関しても同様です。

そのため、予算と相談しながら選ぶということも重要になります。

また手に馴染まなかった場合に何本も買い換えていたら、無駄な出費になってしまうので、よくよく吟味して選ぶのが良いでしょう。

芯が折れないなどの機能にも注目しよう

0.3mmシャーペンには、細い芯が折れやすいという難点がありますが、それを克服するために各社は色々な機能を持った製品を開発しています。

芯を出さずに書けるものや芯が折れない工夫がなされているものなどを選べば、筆圧が強い人でも安心です。

また一般的なシャーペン同様、クルトガや振り子式など、書きやすさ、使いやすさを追求した機能が搭載されている商品もあるので、そうした機能性にも注目してみてください。

人気0.3mmシャーペンのおすすめランキング21選

ここからはおすすめできる人気の0.3mmシャーペンをランキング形式で21点紹介していきます。

1位:ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A
1900円
ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A
1900円

少々お金を出しても良いので、とにかく高性能の0.3mmシャーペンを使ってみたいという方には、オレンズネロがおすすめです。

自動芯出し機能を備えており、最初に1回ノックすると、1本芯がなくなるまで書き続けられます

また芯を出さずに書けるオレンジシステムが採用されており、芯が一切露出しないので折れません

さらに低重心の設計になっているので、なめらかな書き心地も味わえます。ちなみに材質は金属です。

実際の利用者の口コミは?

やはりノックする必要がないというメリットは非常に大きいと思います。普通のシャーペンではありきたりな、芯が減って紙がパイプでかすれるということを全く気にせず使えています。amazon カスタマーレビューより

上記の通り、オレンズネロは途中でノックする必要がなく、尚且つペン先から芯を出さないで書くことができます

そのため、長時間同じクオリティで書き続けることができるので、作業や勉強に没頭したいという方には良いでしょう。

2位:ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.3mm

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.3mm Q1003-1N ブラック
900円
ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.3mm Q1003-1N ブラック
900円

長年多くの方に愛されてきた製図用シャーペンの復刻版です。製図用シャーペンを使ってみたいという方におすすめできます。

「ガシガシと書けるタフなシャーペン」というコンセプトで作成されており、筆圧の強い人や長時間書き続ける人にも良いでしょう。

なお、スマッシュはペン先とグリップが一体になっているので、長時間書き続けたとしても、ペン先が緩む心配がありません

実際の利用者の口コミは?

飽きの来ないデザイン。華美すぎず、しかしチープではない。学生や社会人でも使え、大人でも恥ずかしくない。
ブランドロゴは最小限で、ありがちな価格やバーコードなど文字だらけ、異様なまでのメカニカル感は抑制されている。amazon カスタマーレビューより

このシャーペンはシンプルで洗練されたデザインであり、カラーもブラックなので、ビジネスシーンで携帯するのにも向いているでしょう。

またもちろん学生にもおすすめです。ガシガシ気兼ねなく書くことができるので、長時間勉強を続ける受験生にも良いでしょう。

3位:三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.3

三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.3 ロイヤルブルー M3807GG1P.40
593円
三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.3 ロイヤルブルー M3807GG1P.40
593円

衝撃吸収ゲル素材で作られたアルファゲルグリップが特徴のシャーペンです。

ぷにぷにとした柔らかい握り心地であり、長時間書いても指が疲れにくいので、日頃からよくシャーペンを使う方には良いでしょう。

また「スリム」は細身のボディが特徴なので、ソフトグリップの細いシャーペンを探している方にもおすすめです。

なお、アルファゲルグリップの柔らかな触感は、集中力をキープさせる効果があると言われています。

実際の利用者の口コミは?

持ち手部分がハードなシャーペンでペンだこが出来たりしていましたが、ゲルによって力が分散されるのでそのようなこともなく快適です。amazon カスタマーレビューより

手への負担が少ないシャーペンが欲しいのであれば、是非アルファゲルをお試しください

上記の通り、ハードグリップであれば、ペンだこができたり指がかなり疲れたりしてしまいますが、グリップがかなり柔らかいこの商品であれば、長時間快適に書き続けることができます。

4位:ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx ホワイト P-MAS86-W 芯径0.3mm

ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx ホワイト P-MAS86-W 芯径0.3mm
542円
ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx ホワイト P-MAS86-W 芯径0.3mm
542円

芯が折れない0.3mmシャーペンが欲しい方は、こちらの商品がおすすめです。

縦方向と斜め方向からの衝撃から芯を守る「デルガードシステム」が搭載されているので、かなり細く書けるにもかかわらず、滅多なことがなければ芯は折れません。

また軸の内部にシャー芯を誘導するパーツが付けられているので、芯詰まりも防がれます。細かい芯でも気兼ねなく使えるので魅力的です。

実際の利用者の口コミは?

驚くほど描きやすく、0.3mmとは思えないほど、折れませんね。amazon カスタマーレビューより

上記のように、この商品の「芯が折れない」という特性を評価する口コミは多いです。

必要上に芯を出しすぎたり、かなり柔らかい芯(3B以上など)を使ったりするのでない限り、芯はほとんど折れないので、ストレスなく筆記を続けられます

5位:ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1013 0.3mm

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1013 0.3mm
744円
ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1013 0.3mm
744円

長く使い続けられる0.3mmシャーペンをお探しの方にはグラフギア1000をおすすめします。

こちらはペン先をボディに収納した状態で保管できるので、落としたり、ペンケースの中で他の製品とぶつかったりして、ペン先が痛んでしまう可能性が低いです。

そのため、普通に使用していれば、長期間使い続けることができるでしょう。

実際の利用者の口コミは?

挙動が少ないってのはやっぱいいなって思ったね
自分のイメージどおりにペンが進む
先端が細くなってるから定規とかとも相性がいいamazon カスタマーレビューより

この口コミのように、本製品のブレにくさや安定性を評価するレビューは多いです。

ペン先はかなり細身なので、定規を当てやすいですし、筆記しながら線や文字を見ることができるので、細かい作業には向いています。

6位:パイロットコーポレーション S5(エスファイブ)

パイロット シャープペン S3 0.3mm
449円
パイロット シャープペン S3 0.3mm
449円

手ごろな価格で書きやすい0.3mmシャーペンが欲しいという方には、パイロットのS5がおすすめです。

低重心設計なので、安定感のあるなめらかな書き心地が楽しめます。

またラバーグリップが使われているため、長時間書いても疲れないシャーペンが欲しい方にも良いでしょう。

実際の利用者の口コミは?

特別な機能は付いていないけど、手にしっくりくるシャーペンの1つです。
グリップもラバー素材なだけでなく少し内側にカーブしているので、筆圧を強くしても指にひっかかって安定した書き心地。amazon カスタマーレビューより

上記の通り、S5には特筆すべき機能はないものの、バランスが良く、書きやすいシャーペンです。

またラバーグリップが採用されており、「疲れにくい」という口コミも多いので、よく長時間ペンを握るという方にも良いでしょう。

7位:パイロットコーポレーション ドクターグリップエース

パイロット ドクターグリップ エース 0.5mm グラデーションターコイズブルー
810円
パイロット ドクターグリップ エース 0.5mm グラデーションターコイズブルー
810円

芯が折れない0.3mmシャーペンが欲しい方には、ドクターグリップエースもおすすめです。

過度な筆圧がかかるとペン先が引っ込む「アクティブサスペンション」という機能を備えているので、特に筆圧が強い人には良いでしょう。

なお、ペン先がもぐったとしても、芯は出たままなので、快適に書き続けることができます。

実際の利用者の口コミは?

0.3mmは折れやすくて使いにくいイメージでしたが、出しすぎは折れますが、2ノックなら全然折れずに書き続けられます。筆圧が強くてもストレスなく書けるので、買って良かったです。amazon カスタマーレビューより

このシャーペンは筆圧が強くてよく芯を折ってしまうという方におすすめできます。

0.3mmは細いので、強い力がかかると芯はどうしても折れやすいのですが、この商品はうまく衝撃を吸収してくれるような構造になっているので、芯折れのストレスなく書き続けられます。

8位:三菱鉛筆 クルトガ アドバンス

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.3mm ラベンダー M3-5591P.34
400円
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ アドバンス 0.3mm ラベンダー M3-5591P.34
400円

ペン先がクルクルと回って芯が尖り続けるクルトガシリーズの商品です。

アドバンスは普通のクルトガよりも2倍のペースで先端の機能が回転するので、芯を尖らせる能力により長けています

そのため、細い字を綺麗に書き続けたいという方には良いでしょう。

実際の利用者の口コミは?

今までのクルトガと変わらない感覚で扱え、かつ芯を出さずに筆記できるため集中した筆記ができるようになりました。amazon カスタマーレビューより

クルトガアドバンスは、先端にスライドパイプが搭載されており、パイプの先から芯を出さなくても書くことができます

またパイプは芯の減りに合わせて口金に収納されていきますが、一回のノックでパイプが短くなるまでかなりの筆記が可能です。

そのため、集中して作業や勉強に没頭したいという方には良いでしょう。

9位:三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル0.3mm

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.3 ブルー M310121P.33
739円
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.3 ブルー M310121P.33
739円

こちらも芯が尖り続けるクルトガシリーズの製品です。

ハイグレードモデルは、普通のクルトガよりも重みと安定感があり、なめらかな書き心地を味わうことができます

またペン軸がアルミ製なので高級感もあり、ビジネスシーンで携帯するのにも良いでしょう。

実際の利用者の口コミは?

持ち手の質感といい、重量バランスといい、良いことこの上無しですね。amazon カスタマーレビューより

クルトガのハイグレードモデルは、重めの低重心設計なので、上記の通り、重量のバランスがかなり良い製品だと言えます。

またプラスチックではなく、アルミのペン軸なので、手への馴染み方も良いでしょう。

なお、勉強だけでなく、イラスト作成や製図にも活用されている、あらゆる方におすすめできます。

10位:パイロットコーポレーション S3(エススリー)

パイロット シャープペン S3 0.3mm
449円
パイロット シャープペン S3 0.3mm
449円

書きやすい製図用のシャーペンです。勉強や事務作業にも活用できます。

ガイドパイプが長いので、定規を当てて線を引きやすいです。また転がり防止機能がついているので、ストレスなく作業ができるでしょう。

さらにボディラインの手当たりも良いので、まだ手に馴染む0.3mmシャーペンが見つかっていない方にもおすすめです。

実際の利用者の口コミは?

今回はまとめ買いしました。
使用経験のある人から声をかけられます。
それ、書きやすいよね!amazon カスタマーレビューより

このシャーペンには特筆すべき機能などの圧倒的な魅力があるわけではないですが、上記のように書きやすさには定評があり、ファンは多いです。

芯が折れにくく、楽に書けると評判なので、書きやすいシャーペンをお探しの方は、一度試してみると良いでしょう。

11位:ロットリング(Rotring) ロットリング600

ロットリング シャープペンシル ロットリング600 0.3mm シルバー 1911-702 [日本正規品]
2100円
ロットリング シャープペンシル ロットリング600 0.3mm シルバー 1911-702 [日本正規品]
2100円

1980年代から愛されているオールメタルのシャーペンです。存在感や重量感という点で他の製品と一線を画します

4mmのパイプが使用されているので、筆記の際に手元が見やすく、定規を当てて線を引くのも簡単です。

またミニマルなデザインなので、ビジネスシーンで使うのにも向いています

実際の利用者の口コミは?

「精密機械」のような質感はドイツの老舗メーカーならでは。特に何かを書くわけでもないときも、つい手に取って重みを味わったり、同軸部の面取りとローレットの刻みを指でなぞったりして独り悦に入っている。amazon カスタマーレビューより

上記のように、本製品のデザインやオールメタルの質感などが気に入る方は多いです。

3,000円近くする高級シャーペンなので、存在感や重厚感は格別であり、握ってみるだけでリッチな気分を味わえます。プレゼント用にも良いでしょう。

12位:ファーバーカステル TK-FINE バリオLペンシル

ファーバーカステル TK-FINE バリオ L 0.3/0.35mm 135300 [日本正規品]
2083円
ファーバーカステル TK-FINE バリオ L 0.3/0.35mm 135300 [日本正規品]
2083円

製図用と一般筆記用の機能を切り替えられる優れものです。軸部分を回せば、二つの機能を簡単に使い分けられます。

製図用シャープを使えば、正確かつ繊細な筆記ができますし、一般筆記用シャープを使えば、なめらかな書き心地が味わえるので魅力的です。

実際の利用者の口コミは?

グリップが持ちやすく、書きやすい最高のシャープペンです。amazon カスタマーレビューより

本製品のグリップは滑りにくさを考慮した特殊な形状になっているので、持ちやすさにも優れています。

またかなり軽量なシャーペンなので、長時間書き続けても疲れにくいと言えるでしょう。

さらに比較的高価な商品なだけあって、デザイン性の評価も高いです。

13位:ゼブラ テクトツゥーウェイライト 0.3(MAS42)

ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイライト 0.3 ピュアブラック MAS42-PBK
453円
ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイライト 0.3 ピュアブラック MAS42-PBK
453円

シャカシャカと振って芯が出せる0.3mmシャーペンです。また軸中央を回せば、その「フリシャ機能」をOFFにすることもできます

さらに製図用にペン先が長くなっており、手元がよく見えるので細かい作業をするのにも良いでしょう。定規を当てて線も引きやすいです。

なお、後述するテクトツゥーウェイとこのテクトツゥーウェイライトとの違いは重量です。こちらは16.0gと非常に軽量なので、女性や子供にもおすすめできます。

実際の利用者の口コミは?

デザインと使い心地の良さに大満足です。これで424円(2019.09現在)は安いです。
色の種類も豊富なので、お気に入りの色を選択できる自由もあります。amazon カスタマーレビューより

本製品は軽い力でもスラスラと書けるように設計されており、書き心地は申し分ありません

また白、ピンク、ライトグリーン、ライトブルーなど、カラーバリエーションも豊富であり、いずれも発色が鮮やかなので、デザイン性の観点でも優れています。

14位:トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフゼロ 0.3mm(SH-MGU01R3)

トンボ鉛筆 シャープペンシル モノグラフゼロ 0.3mm モノカラー SH-MGU01R3
979円
トンボ鉛筆 シャープペンシル モノグラフゼロ 0.3mm モノカラー SH-MGU01R3
979円

ペンケースごとではなく、シャーペンだけを携帯するのであれば、モノグラフゼロがおすすめです。

ペン尻にMONO製品のよく消える消しゴムがついているので、筆記の際には役に立ちます。

なお、消しゴムは繰り出し式で、かなり細身なので、細かい部分を消すのにも便利です。

実際の利用者の口コミは?

手帳用に購入しました。軽すぎず重すぎず程よい重量感で、丁寧に文字が書きやすいです。また、消しゴムが細いことで、手帳の小さい文字の修正がピンポイントでできるので使い勝手が良いです。amazon カスタマーレビューより

モノグラフゼロは、シャーペンとしての書きやすさ、使いやすさにも優れています

尚且つ、よく消えるMONOの消しゴムも付いているので、上記のように手帳に挟んでおくなどすれば、かなり役に立つでしょう。

細身の消しゴムは操作性が高いので、細かい筆記をすることが多い0.3mmシャーペンとも好相性です。

15位:パイロット シャープペンシル モーグルエアー 0.3mm

パイロット シャープペンシル モーグルエアー 0.3mm ブルー軸 HFMA-50R3-L
660円
パイロット シャープペンシル モーグルエアー 0.3mm ブルー軸 HFMA-50R3-L
660円

ペン先が「もぐる」ので、芯が折れない0.3mmシャーペンです。過度な筆圧がかかった時に自動で衝撃を吸収してくれます

また振って芯が出せる「フレフレ機能」が搭載されており、持ち替えてノックする必要がないのも魅力的です。

実際の利用者の口コミは?

筆圧強くて普通のではポキポキ芯を折っていましたがこ、のシャーペンを使って筆圧で芯を折ってしまうことは無くなりました!! amazon カスタマーレビューより

モーグルエアーを使えば、芯は滅多に折れないので、筆圧が強い方にはおすすめできます。

また「フレフレ機能」で持ち替えることなく芯を出すことができるため、特に筆圧が強い方であれば、他の製品よりも長時間快適に書き続けることができるでしょう。

16位:パイロット シャープペン ドクターグリップ Gスペック 0.3

パイロット シャープペン ドクターグリップ Gスペック 0.3 ピンク HDGS-60R3-P
536円
パイロット シャープペン ドクターグリップ Gスペック 0.3 ピンク HDGS-60R3-P
536円

重量バランスがよく、操作性に優れた0.3mmシャーペンです。人間工学の実験を基に開発されています。

重心に重量が集中するように設計されており、かなり細かい往復運動も軽々と可能です。

また硬度の違う二重のシリコンで構成されたグリップは、適度に柔らかく、安定感もあります

さらにこちらにも「フレフレ機能」が搭載されているので、持ち替えてノックする必要はありません。

実際の利用者の口コミは?

私は握る力が強く他のシャーペン(他のDrグリップ含む)や鉛筆だと長時間使っていると指が痛くなってきてしまいますが、これだとかなり軽減されます。amazon カスタマーレビューより

この製品には二重構造のシリコングリップが用いられているので、長時間使っても疲れにくいシャーペンだと言えるでしょう。

他社製品のアルファゲルのように、極端に柔らかいというわけではないので、適度な硬さが欲しい方にもおすすめできます。

17位:ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ

ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイ 黒 MAS41-BK 0.3mm
631円
ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイ 黒 MAS41-BK 0.3mm
631円

先述したテクトツィーウェイライトよりも重量のある製品です。テクトツィーウェイライトが16.0gなのに対し、こちらは23.9gなので、程よい重みが欲しい方には良いでしょう。

機能に関しては両製品とも同じです。ON・OFFの切り替えができる「フリシャ機能」が搭載されています。

実際の利用者の口コミは?

振って出てくるので新しい芯を出すときも楽だし、ロック機能もあるので持ち運びの時なども便利ですamazon カスタマーレビューより

テクトツゥーウェイには、振って芯が出せる「フリシャ機能」のロック機能があるので便利です。

普通の振り子式では、ペンケースの中で勝手に芯が出てしまったり、シャカシャカ音がうるさかったりすることがありますが、この製品ならそのような心配はありません。

18位:サクラクレパス レトリコ

サクラクレパス シャープペン レトリコ 0.3mm グリーン NS203R-P29
220円
サクラクレパス シャープペン レトリコ 0.3mm グリーン NS203R-P29
220円

今回紹介する中では最も安い0.3mmシャーペンです。とりあえず0.3mmを試したい人には良いでしょう。

また先端にクッション機構が搭載されており、衝撃を吸収してくれるようになっているので、筆圧が強い人にもおすすめです。

レトロなデザインとカラーリングも魅力的なので、お洒落な筆記用具が欲しいという女性にも向いています。

実際の利用者の口コミは?

力を加えても芯が折れにくい
カラーが気に入って購入しました。持ち手の滑り止め部分がグリップになって書きやすいです。amazon カスタマーレビューより

この製品はカラーリングのレトロさが特徴的なので、この口コミのように色合いが気に入って購入する人も多いです。

またクッション機構がついていて、強い筆圧を吸収してくれるので、芯が折れにくいシャーペンをお探しの方にも良いでしょう。

19位:ぺんてる グラフ1000 フォープロ PG1003

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1003 0.3mm
727円
ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1003 0.3mm
727円

デザイナーやイラストレーターなどからも愛されるロングセラー商品です。書き心地にこだわる人には良いでしょう。

ラバーグリップがついていて安定感があり、ペン先も見えやすいので、長時間書き続けるのにも向いています。

オールブラックの落ち着いたデザインなので、ビジネスの場で使用するのにもおすすめです。

実際の利用者の口コミは?

持ち心地、書き心地、触り心地、全てが上手くまとまっています。
700円程度大した金額ではないので、思い切って買ってみてください。amazon カスタマーレビューより

上記の通り、こちらは700円程度で購入できる比較的なリーズナブルな商品ですが、「これを使ったら他は使えない」「パーフェクト」などと絶賛する人が多いです。

総合的に良質であるため、まだしっくりくる0.3mmシャーペンに出会えていないという方は、是非一度お試しください。

20位:三菱鉛筆 シフト M31010.26

三菱鉛筆 シャープペン シフト 0.3 シルバー M31010.26
921円
三菱鉛筆 シャープペン シフト 0.3 シルバー M31010.26
921円

スタイリッシュで本格的な製図用シャーペンです。上部3分の2はプラスチック素材で、下部がメタル素材というかなり低重心な製品なので、書き心地の安定感を重視する方におすすめできます。

また軸をひねると先端部分を収納できるので、落としてペン先が曲がってしまうなどのリスクが少ないことも魅力です。

さらにあやめ状のローレットグリップによって滑りにくくなっているので、長時間筆記するのにも向いています。

実際の利用者の口コミは?

スラスラではなく少し引っかかるような書き心地、それがとてもたまらんのです。amazon カスタマーレビューより

こちらの製品は軽量の上部3分の2に対して、下部3分の1がかなり重くなっているので、ペン先にしっかり力がかかる感じです。

そのため、この口コミのように引っかかる書き心地を感じる方も多いでしょう。

スラスラなめらかに書けるシャーペンとは一線を画す製品なので、是非お試しください。

21位:三菱鉛筆 シャープペン 製図用

三菱鉛筆 シャープペン 製図用 0.3 黒 M3552.24
550円
三菱鉛筆 シャープペン 製図用 0.3 黒 M3552.24
550円

長時間使用しても疲れにくい製図用シャーペンが欲しいという方には、こちらの製品をおすすめします。

重心が先端にある独自のバランスで設計されており、書きやすいと評判です。

また定規やテンプレートに乗り上げないように先端パイプが長めなので、ストレスなく作業ができるでしょう。

実際の利用者の口コミは?

軽いので、量をこなしたり、長時間書く作業に適しています。グリップ部は金属製で、滑り止めの加工なので、持った感じも悪くありません。amazon カスタマーレビューより

こちらは約13gのかなり軽いシャーペンなので、長時間作業を続けるのにも良いでしょう。また低重心設計なので、軽量の製品ですが、しっかりと安定感もあります。

さらにグリップには滑り止めのローレット加工が施されているので、握り心地も良いでしょう。

人気0.3mmシャーペンのおすすめランキング比較表

商品名 価格 特徴
1位 ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm 1,927円 1回ノックすると芯1本分書き切れる・芯を出さずに書けるから折れない
2位 ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.3mm 900円 ガシガシと力強く書ける製図用シャーペン
3位 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.3 593円 ぷにぷにと柔らかいアルファゲルグリップが特徴の疲れにくい商品
4位 ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx ホワイト P-MAS86-W 芯径0.3mm 542円 あらゆる方向からの衝撃に強い「デルガードシステム」が搭載されているので芯が折れない
5位 ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1013 0.3mm 744円 ペン先をボディに収納して保管できるので壊れにくい
6位 パイロットコーポレーション S5(エスファイブ) 400円 手ごろな価格で書きやすい良品
7位 パイロットコーポレーション ドクターグリップエース 928円 筆圧がかかるとペン先が引っ込んで芯折れを防ぐ
8位 三菱鉛筆 クルトガ アドバンス 400円 普通のクルトガよりも2倍尖らせる能力に長けている
9位 三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル0.3mm 739円 普通のクルトガよりも重みと安定感があって書き心地がなめらか
10位 パイロットコーポレーション S3(エススリー) 445円 ファンが多い書きやすい製図用シャーペン
11位 ロットリング(Rotring) ロットリング600 2,645円 存在感と重厚感が違うドイツ製の高級品
12位 ファーバーカステル TK-FINE バリオLペンシル 2,100円 製図用と一般筆記用の機能を簡単に切り替えられる
13位 ゼブラ テクトツゥーウェイライト 0.3(MAS42) 539円 「フリシャ機能」のON・OFFができる軽量のシャーペン
14位 トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフゼロ 0.3mm(SH-MGU01R3) 979円 よく消えるMONOの繰り出し式消しゴムを搭載したシャーペン
15位 パイロット シャープペンシル モーグルエアー 0.3mm 640円 強い筆圧がかかるとペン先が「もぐる」ので芯が折れない
16位 パイロット シャープペン ドクターグリップ Gスペック 0.3 697円 人間工学に基づいて設計された重量バランスの良い製品
17位 ゼブラ(ZEBRA) テクトツゥーウェイ 539円 13位のテクトツゥーウェイライトに比べると程良い重みがある
18位 サクラクレパス レトリコ 220円 レトロなカラーリングが印象的であるリーズナブルな商品
19位 ぺんてる グラフ1000 フォープロ PG1003 727円 イラストレーターなどにも愛されるロングセラー商品
20位 三菱鉛筆 シフト M31010.26 921円 かなりの低重心で安定した書き心地を実現
21位 三菱鉛筆 シャープペン 製図用 550円 独自の重心設計で長時間使用しても疲れにくい

製図用シャーペンって何?

ここまで多数の0.3mmシャーペンを紹介してきましたが、中には製図用シャーペンやそれを模した製品もありました。

製図用シャーペンに馴染みがない人も多いでしょうから、以下ではその概要を解説します。

製図用シャーペンと普通のシャーペンの違い

製図用シャーペンは、先端の芯を挟み込むパーツが3つあり、尚且つそれらは金属製です。一方で普通のシャーペンは2つのプラスチックパーツで芯を挟み込むものが多いです。

また製図用シャーペンは定規やテンプレートに乗り上げないように、ガイドパイプが長く設計されています。先ほどのランキングでは、4mmのパイプを持つ製図用シャーペンを紹介しました。

さらに金属製かつ低重心なので、安定感のある書き心地も特徴です。

製図用シャーペンの魅力

製図用シャーペンの魅力は、第一に金属製なので壊れにくいということです。

またガイドパイプが長いので定規が当てやすく、正確な線が引きやすいというメリットもあります。パイプが長いと、手元も見やすいので、細かい文字や図を書くのにも良いでしょう。

また重くて尚且つ低重心なので、安定感は抜群です。ペン先をコントロールしやすいので、やはり繊細な筆記には向いてます。

製図用シャーペンは勉強にも使えるの?

人によっては製図用シャーペンを勉強にも活用できるでしょう。具体的には以下のような人におすすめです。

  • 筆圧が弱い人
  • ペンを立てて書く人
  • 低重心の安定感が欲しい人
  • 理系の学生など作図をよくする人

製図用シャーペンはガイドパイプが細長いので、筆圧が弱い人やペンを立てて書ける人に向いています

一方で筆圧が強い人やペンを寝かせて書く人は、ガイドパイプを曲げてしまう恐れがあるのでおすすめできません。

また製図用シャーペンは低重心なので、軽い力でもスラスラと書くことができます。よってそうした安定感を求める方にも良いでしょう。

さらに理系の学生など、普段からよく作図をする人には、製図用シャーペンがおすすめできます。

定規を当てて線が引きやすく、細かい筆記にも適しているので、綺麗な図が書けるでしょう。

なお、製図用シャーペンと普通のシャーペンをどちらも用意して、作図用と計算用で使い分けるというのも有意義です。

おすすめの0.3mmシャーペンまとめ

おすすめの0.3mmシャーペンまとめ

  • 最もおすすめなのは「オレンズネロ」
  • 0.3mmシャーペンは正確かつ精密な筆記が可能
  • 製図用シャーペンは勉強用にも使える

おすすめの0.3mmシャーペンをランキング形式で紹介しました。

最もおすすめの0.3mmシャーペンは、ペンてるのオレンズネロです。一回ノックするだけで長く書き続けることができ、芯を出さずに書けるので滅多に芯は折れません。

なお、0.3mmシャーペンを選ぶ際には、グリップや重さ、特殊な機能、価格などに着目するのが良いでしょう。

中には製図用シャーペンもありますが、作図をよくする理系の学生などであれば、それを勉強用に使うことも可能です。

以上を参考に、ご自身にぴったりの0.3mmシャーペンを探してみてください。

人気記事
  1. 中学生
  2. 0.3mmシャーペンおすすめランキング21選!書きやすいシャーペンの選び方まで解説