1. 中学生
  2. 定期テスト前日の過ごし方は?テスト前日の勉強法からテスト当日の流れまで解説!

定期テスト前日の過ごし方は?テスト前日の勉強法からテスト当日の流れまで解説!

更新日時 2020/12/31

「定期試験の前日ってどうすこせばいいの?」

「ノー勉でここまできてしまったんだけど・・・」

と、不安になり、検索をかけている中学生や高校生も多いでしょう。

定期テストの前日や当日の過ごし方によって、テストの点数は大きく影響されます。

そのため、直前の時間の使い方によっては、テストの点数大幅UPにもつながるのです!

今回は、定期テストの前日、当日の過ごし方や勉強法について解説していきます。

これを読めば、自信を持って定期テスト当日を迎える事ができるでしょう。

定期テスト前日、当日の過ごし方についてざっくり説明すると

  • 復習を中心に勉強する
  • 効率の良い方法を考える
  • 身体の健康に気を遣う
目次
  • 定期テスト前日の過ごし方【中学生・高校生向け】

  • 定期テスト前日の勉強方法

  • テスト前日まで勉強をしなくて不安な場合は

  • 各科目別定期テスト前日の勉強法

  • 定期テスト前日でNGなこと

  • 定期テスト当日にすること

  • 定期テスト前日、当日の過ごし方まとめ

定期テスト前日の過ごし方【中学生・高校生向け】

パソコン

前日は、少しでも勉強をしないと不安だと思う中学生や高校生が多いでしょう。 確かに、定期テストの結果には、前日の過ごし方が大きく影響してきます。

しかし、前日に勉強をしすぎることは厳禁です!

睡眠時間を削って勉強した結果、翌日頭が働かなかったり、体調不良の原因になったりもします。

ではテスト前日はどう過ごせば良いのか、以下の記事で詳しく解説していきます。

自分の状況を確認する

まずは自分の勉強状況を把握しましょう。自分の今の状況を見つめ直すことが大切です!

最初に、テストの範囲表を確認します。次に、テスト範囲の中で、自分が勉強した部分や、出来なかった部分を明らかにします。

できなかった部分については、明日までにどのような勉強が必要なのかを書き出しておきます。

ここで重要なのは、テスト本番の点数がより高くなるように計画を組むことです!テストを次の日に控えている今、残された猶予はわずかなものです。全ての勉強をすることはできません。

そのため、より得点が高くなるような範囲、コスパの良い勉強をすることがテスト結果を左右すると言えるでしょう。

テスト後のご褒美を考える

テストが終わった後のご褒美を考えておきましょう。ご褒美を考えておくことで、テストへのモチベーションアップにつながり、勉強へのやる気をUPさせることができます。

例えば

「テストで目標点を達成したら、欲しかった本や漫画を買う」 「テストで○点以上取れたら、〇〇へ遊びに行く」

など、目標点と、達成した場合のご褒美の両方を決めておくことが大切です。

ただし、勉強中にご褒美のことを考えるのは注意しましょう。集中力が乱れ、勉強の効率が下がってしまいます。

睡眠はしっかりとろう

上にも述べましたが、テスト前日はしっかり寝ましょう!

確かに、テスト前日に詰め込んで勉強したくなる心理はわかります。勉強しないと不安に思う人も多いでしょう。

しかし、睡眠時間を削ってしまうと、本番で眠気と戦わなければいません。

また、脳も働かず、高いパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。 睡眠がとれないと、せっかく今まで暗記した部分や演習した問題を答えられないといったことも起きてしまいます。これでは本末転倒です。

なのでテスト前日は睡眠をしっかりとるようにしましょう。 どうしても勉強したい場合は、早起きして勉強するのがおすすめです。

テスト開始3時間前に起床がおすすめ

当日は、テスト開始時刻の3時間前に起床するようにしましょう。

なぜなら、人間は起きて3時間経たないと本来の集中力を発揮できない、と科学的に言われているからです。

テスト本番で自分の力を十分に発揮できるように、健康という側面からも準備しておくことは重要なことです。

なので、就寝時刻は起きる時刻ととりたい睡眠時間から逆算して決めることがおすすめです。その時間まで勉強した後は、次の日に備えてしっかりと寝ましょう。

定期テスト前日の勉強方法

勉強

では、定期テスト前日は具体的にどんな勉強をすれば良いのでしょうか?

詳しく解説していきます。

教科書の文章の読み直し

国語や社会、理科などはテスト前日に範囲の教科書をもう一度通して読んでみましょう。

教科書を読むことで、何を学んだかを再確認することができます。

その際に、流れの理解度や用語を暗記できているかなどを確かめながら読むことが大切です。特に歴史は用語だけではなく、時代の流れをつかむことが重要です。必ず教科書を通して読んで確認しておくようにしましょう。

また、教科書を読むときは音読をしましょう。目でよんで、声に出して、耳で聞くことで、黙読よりも3倍暗記しやすいです。

新しい範囲は手を付けない

テスト前日に新しい範囲に取り組むことはNGです。

なぜなら、日を跨いで反復練習をしないと記憶には定着しにくいからです。もし、勉強してない範囲が少しなら終わらせてしまって構いません。

今までやってきたことを復習する際は、制限時間を設けて取り組むことがおすすめです。テスト本番を想定するようにしましょう。

本番を想定することによって緊張感が高まり、質のいい復習ができます。まず間違えた問題を復習することが最優先です。

余裕がある場合には、解けていた問題も復習するようにしましょう。

苦手範囲は点数の伸びしろと考えよう

自分の苦手な範囲もしっかり見直しておきましょう。

なぜなら、もし前日に、数学の苦手な問題や社会の記述問題などを克服できた場合、その部分はテスト本番の点数の伸びしろになるからです。

苦手な問題が苦手なまま出題されたら、0点しか取れませんが、苦手な問題を克服した状態で出題されたら、その分得点に繋がります!点数の大幅アップも夢ではありません。

苦手分野の克服はテスト本番での点数のアップにつながるので、苦手範囲も復習しておきましょう。

間違いノートを作る

テスト前日でも解けない問題や暗記しきれなかった部分があった場合、それらをまとめて間違いノートを作りましょう。

テスト直前の勉強時間はお手洗い等にかける時間を除くと10分ほどしかありません。その時間でテスト範囲全てを復習することは不可能です。

この時間に間違いノートで復習すると、効率的に復習をすることができます!

また、間違いノートをつくることで、より記憶に定着します。なので、このノートを前日につくることをおすすめします。

間違いノートを作る時間はできるだけ短時間にしましょう。作っただけで満足してしまうことは本末転倒です。

テスト範囲にのやり残しがないか確認する

一通りテスト範囲の勉強をし終えたら、テスト範囲表でやり残したことがないか確認しておきましょう。

例えば、「前回の範囲である連立方程式の応用も出題されます。」という記述があった場合、その部分は必ず出題されます。

前日に重点的に対策しておきましょう。必ず出題されるので、テスト本番での点数に直結します。

もし、テスト範囲の中で対策出来ていない所を発見したら、しっかり復習しておきましょう。テスト本番までまだ間に合います!

寝る直前に暗記部分を見る

英語の単語や社会の用語など、暗記したい部分は寝る直前に最終確認しておきましょう。

寝る直前で行ったことは、睡眠を通じて脳にインプットされやすいです。そのため、寝る直前の暗記は効率的だと言われています。

ただし、新しいことを覚えてもなかなか記憶に定着しづらいため、復習中心で行うようにしましょう。

暗記を終えたあとは携帯をいじらず、すぐに寝るようにしてください。睡眠時間を確保するという意味でも、記憶を定着させるという意味でも重要なことです。

テスト前日まで勉強をしなくて不安な場合は

不安 ここまでテスト前日の勉強法を解説してきましたが、「ノー勉できてしまった!」という人もいるでしょう。

ここからは、テスト前日ノー勉の中学生や高校生のために、今からできる過ごし方を解説していきます。

間に合わない場合も諦めない

テスト前日に勉強を全然しておらず、「間に合わない!」と焦る人も多いでしょう。ですが決して諦めてはいけません。

もしここで間に合わないと決めつけて諦めてしまうと、本番では諦めたその時点までの点数しか取れません。しかし、まだ本番までわずかですが時間は残されています。

まだ、点数を上げるためにやれることはあります。前日からでも、少しでも勉強すれば案外良い点数を取れる場合もかなりあります。最後の最後まで諦めないことが大切です。

テスト本番まで自分にできることを最大限やりぬきましょう。

自分の現状を振り返る

まず自分の状況をふりかえりましょう。自分の今の状況を冷静に把握することが大切です。

テスト範囲表を確認します。その範囲をみて、自分がどの部分まで理解していて、どこが分からないのかを確認してください。

テスト前日まで勉強していないときは、明日のテストの点をどこまで上げられるか、考えながら効率よく対策を進めていくことが大切です。

テスト範囲と今の自分の状況を把握し、どの範囲を勉強すれば効率的に点を獲得できるかを最優先しましょう。

最悪の場合は徹夜

テスト前日では基本的には睡眠を十分な時間とることを推奨しています。当日に頭が働かず、十分に力発揮できないことを避けるためです。

しかし、前日まで勉強をしてこなかった場合は睡眠時間を削ってでも勉強時間に充てましょう。

その時は頭を使う科目から先に終わらせていき、次に暗記科目に取り掛かります。

暗記科目は覚えることが重要な科目です。そのため、前日から勉強を始めても点数に結びつきやすいです。 なので、そちらに勉強時間をさくことがおすすめです。

徹夜についてさらに詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

まずは教科書を確認する

テスト前日まで勉強をしていない場合は、まずテスト範囲の教科書を確認しておきましょう。 教科書をパラパラ読んでみることから始めるだけでも、効果はあります。

暗記科目の場合は、まず太字の単語から覚えていくようにしましょう。

テスト前日はできることが限られているため、時間短縮を心がけましょう。

一つ一つ丁寧に読み込むのではなく、本文の太字部分など重要そうな部分は丁寧に確認し、それ以外は流し読みをするなどがおすすめです。

教科書は、できるだけ何周も読むようにしてください。一周を丁寧に読むより、ざっと何周も読んだ方が頭に入ってきやすいという科学的データがあります。

山を張る

教科書がある程度理解でき、基礎を覚えることができたら、テストに出題されそうなところに山を張ります。深く勉強する範囲を絞りましょう。

テスト前日まで勉強をしてこなかった場合は、とにかく効率的に勉強することが大切です。

「山を張る」というと、あまりいいイメージがないかもしれませんが、もし勉強したところが出題されたらかなり得点できるし、勉強したことは無駄にはなりません。

何もしないよりは、はるかに良い勉強法です。

テスト範囲表などを活用し、出題されそうなところに目星をつけて重点的に勉強していきましょう。

各科目別定期テスト前日の勉強法

勉強2 テスト前日ノー勉の中学生、高校生のための過ごし方はわかっていただけたでしょうか?

繰り返しになりますが、「もう間に合わないのではないか」と不安になり、諦めてしまうことが一番よくありません。

ここからは、実際にテスト前日の具体的な勉強法について、科目別に解説していきます。

国語は授業のノートを復習する

国語は、まずテスト範囲の文章をもう一度読んでおきましょう。

文章内容を確認できることに加えて、もしテストで同じ文章が出題された場合読む時間を省くことが出来ます。

その後は**授業のノートをよく復習しておきましょう。**文章題で出題されるのは授業で重点的に説明された部分になるので、授業を振り返りながらノートを復習しましょう。

先生が授業中に力をかけていたり、時間をかけて説明していた部分は出題されやすいです。

また、漢字や文法は確実に正解が狙え、得点源になる部分です。この2つの復習も必ず行ってください。

数学は基礎と間違えた問題を徹底

数学で最も失点する確率が高いのは、計算ミスです。

これを定期テスト前日でなくすためには、自分が今まで解いた問題を見直して、どんな問題でミスがしやすいか、傾向をつかむ必要があります。

なので解いた問題を見直し、間違えた問題は必ずもう一度解いてみましょう。

その後は基礎問題を徹底的に解きなおしましょう。応用問題は前日よりも早いうちに、終わらせておくことがおすすめです。

テスト前日は基礎問題を解くことで、公式がきちんと頭に入っているかどうかを確認しておきましょう。

ケアレスミスを減らすためには

ここでテスト本番にケアレスミスを減らす方法を教えようと思います。

一度問題を解き終わった後に見直しをするのではなく、解きなおしをするということです。

見直しだと気付かなかったミスでも、もう一度問題を解くことによって見つけやすくなります。

全ての問題をもう一度解ければ良いのですが、時間がない場合は基礎の計算問題を中心に解きなおしをしましょう。

英語は単語と文法を確認

英語は単語と文法をそれぞれ復習します。

単語は太字と熟語の部分をそれぞれ確認しておきましょう。 覚えた単語でもスペルミスがないように一度書き出してみるのもおすすめです。

単語がすでに頭に入っている場合、範囲の英文やその和訳を確認してみるのも良いでしょう。

文法は演習問題を行い、間違えた問題やわからなかった表現などを別紙に書き出しておきましょう。 テスト直前に見直すことが出来ます。

また、定期テストでは英作文が出題される場合もあります。学校の授業で一度英作文をした場合には、同じ問題が出題される可能性が高いです。 自分の書いた作文や添削されたものを見直しておきましょう。

英作文では、自信のない文法や単語を避けて書くことが大切です。 失点を防ぐことができます。

理科は基礎をくり返し復習

理科についてもまず教科書を一度読み、暗記するところや計算方法、漢字等を確認するところから始めます。

次に基礎をくり返し復習します。授業のノートやプリントを見返し、重要な単語や公式などを完璧にしておきましょう。

生物や地学なら用語、化学なら用語や化学式、物理なら基礎の公式などを今一度確認します。

授業で行った実験も見直しておきましょう。 教科書や実験のプリントで、その手順や分かったことなどを暗記しておくと良いです。

社会は音読をして覚える

社会も同様にまず教科書を読むところからはじめ、全体の流れや重要な単語に暗記漏れがないかを確認します。

上でも述べましたが、読むときは黙読ではなく、音読をするようにしましょう。黙読するよりも、声に出し、耳で聞くので覚えやすいです。 五感を多く使うと、その分記憶が定着しやすいという科学的なデータがあります。

知識が定着していたら練習問題を解いて、覚えられていない部分がないか確かめましょう。もし漏れがあった場合は別紙に書いて、直前に見直しておきましょう。

歴史の暗記のコツ

歴史は用語だけではなく、時代の流れなど全体の動きをおさえておく必要があります。

筆者は音読をするだけではなく、人に説明するようにして暗記していました。 初めはノートを見ながら説明しますが、次第にノートを使わず暗唱できるようにします。

この暗唱までたどり着くことができれば、流れも完璧におさえることができます。

定期テスト前日でNGなこと

NG テスト前日の過ごし方や勉強方法について、わかっていただけたでしょうか?

ここからは、実際に前日にやりがちですがNGなことをご紹介していきたいと思います。

徹夜を視野に入れて勉強

前日の勉強を始めるときは徹夜を視野に入れて、勉強の計画を立てることはNGです。

先にも述べましたが、徹夜での勉強はテスト本番に頭が働かず、自分の力を十分に発揮できなくなってしまいます。また、徹夜で勉強しても、勉強効率は日中よりも低いです。

勉強していて範囲を終わらせることができず、結果として徹夜になってしまう場合は仕方がないですが、基本的には徹夜での勉強は避けるようにしましょう。

ノートを全てまとめなおす

テスト前日にノートをすべてまとめなおす時間はありません。

間違えた問題のみ別の紙にメモしておく程度なら問題ないですが、ノートまとめは基本的に効率が悪いです。

また、ノートを作っただけで満足してしまい、勉強した気になってしまうことがあります。 結果的に知識は入っておらずあまり覚えられてないことが多いです。

全ての範囲を勉強するよりは、範囲を絞り山を張って勉強した方が効率よく点数を伸ばすことができます。

休憩中に座ったまま

勉強をしている時だけでなく、休憩中も座ったままになっていませんか。

同じ体勢を長時間維持していると血行が滞り、身体にとても悪いです。なので、休憩中はずっと座っているのではなく、軽く運動するようにしましょう。

例えば、スクワットや腹筋、体幹トレーニングなどをすると気分転換にもなり、眠気も覚めるのでお勧めです。ダイエット効果もあります。

座ったままよりは、身体を動かす積極的休息をおすすめします。

定期テスト当日にすること

確認 これまで定期テスト前日の過ごし方や勉強法などについて説明してきました。

次に、テスト当日の過ごし方について解説していきます。

睡眠が十分か確かめる

先にも何度か述べましたが、テスト本番の集中力は、とることが出来た睡眠時間に大きく影響されます。

そして集中力は、自分の力を100%十分に発揮できるかどうかに関わってきます。

そのため、起きる前に十分な睡眠がとることが出来たかどうか確認しておきましょう。

当日はあらかじめ早起きするつもりでいます。そしてもし寝起きですっきりしない場合は、シャワーを浴びるか、もう一度睡眠を優先するなどをして対策しましょう。

朝食をしっかりとる

朝起きて最優先すべきことは、朝食をしっかり食べることです。

頭を使うにはエネルギーが必要です。朝食は、テストのある午前中のエネルギー源になります。

つまり、朝食をしっかり食べることは、その後のテスト問題を解く際のエネルギーになるのでとても重要なことなのです。

逆に朝食を食べないと、テスト本番で集中力が切れてしまいます。

朝の時間はなかなか忙しく、つい朝食を抜いてしまいがちですが、テスト期間だけでも朝食をしっかりとることを徹底しましょう。

朝の時間をいつも通り過ごす

定期テスト当日は、いつもしないことはやらないようにしましょう。いつもと違ったことをすると、脳に伝わってしまい、緊張しやすくなると言われています。

例えばテスト用に新しく買った文房具を使うと、使い心地が悪くいつもより集中することができなくなる可能性があります。

また、縁起が良いと言って朝からカツ丼を食べると、食べすぎて眠気に襲われ、テストに集中できなくなることもあります。

このように普段しないことをすると、想定外のことが起こります。なので定期テスト当日の朝は、いつも通り過ごしましょう。

スキマ時間を有効的に活用する

試験と試験の間の休憩時間をどのように過ごしていますか。

気分転換に友人と話したり、暗記すべき部分をギリギリまで眺めたり、いろいろな過ごし方があると思います。

おすすめは、過去に自分のしたミスを見直すことです。 テスト前に間違いノートを作った場合はそれを見直すようにしましょう。

テスト本番で同じミスをすることが減るし、何より自分がここまでどれだけ頑張ってきたかが分かり、自信につながります。

いずれにせよ、試験の休憩時間を無駄にすることなく、有効に活用しましょう。

脳のウォーミングアップをしよう

朝学校に登校し、テストまで時間がある場合は、何問か練習問題を解いておくことがおすすめです。脳のウォーミングアップになり、本番に高いパフォーマンスを発揮できます。

数学の試験の前に計算問題を軽く解く、英語の試験の前には英文を軽く読んでおくなど、その科目の頭にしておくことも重要です。こちらも高いパフォーマンスを発揮することができます。

チョコとコーヒーがおすすめ

テスト直前にはチョコレートとコーヒーをぜひ摂取しましょう。 チョコレートの糖分は頭を働かせる働きがあり、より高い集中力を発揮することが出来ます。

コーヒーはカフェインにより眠気を防止することができます。また、強心作用によって、心臓の機能を促進するため、脳に新鮮な血液が届きやすくなります。

ただし、コーヒーに関しては普段飲まない人は、お腹の調子を悪くする恐れがあるので注意しましょう。

かの有名なビリギャルでは、試験直前にコーヒーを一気飲みした結果、お腹を下してしまったというエピソードがあります。

定期テスト前日、当日の過ごし方まとめ

定期テスト前日、当日の過ごし方まとめ

  • 教科書などの基礎を復習する
  • 睡眠、朝食をしっかりと取る
  • 最後まで諦めない

ここまでで、定期テスト前日や当日の過ごし方について解説していきました。テスト直前にも、まだまだ点数アップのためにできることはたくさんあります。

何より重要なのは、健康を優先することと、最後まで諦めないことです。

定期テストの勉強は辛いものですが、終われば楽しいことがたくさん待っています。

ぜひ、頑張ってください!応援しています!

人気記事
  1. 中学生
  2. 定期テスト前日の過ごし方は?テスト前日の勉強法からテスト当日の流れまで解説!