解説記事
新着記事

中学生教育の基本(勉強法・勉強時間・入試対策・塾・通信教育)を全て解説!

更新日時 2020/08/22

小学生から中学生に上がると学習環境はガラリと変わるので、これまでのような勉強法や学習習慣ではうまくいかないことも多いです。

一方で、中学生の時にどのように勉強を進めれば良いのかについての情報はなかなかまとまっておらず、得意不得意などで個人差が大きいこともあって、結局どうすれば良いのか分からなくなってしまいますよね。

そこでここでは中学生における勉強のエッセンスをお伝えします!

これを読めば中学生の人が一般にどれくらい勉強しているのかや通塾にかける費用、科目別の勉強のコツまで、一通りのことを学ぶことができます。

中学生の勉強事情

中学生になると、小学生と比べて学ぶ内容が大きく変わってきます。

定期テストも実施されるようになり、これまで以上に勉強に対する意識を高めていく必要があります

そこで、ここではまず一般的な中学生の教育の実態を確認していきましょう。

中学生の平均勉強時間

そもそも世の中学生の方々はどれくらいの時間勉強しているものなのでしょうか。

ベネッセが実施した調査によると、中学生の平均勉強時間は87分という結果となりました。

一方で、一日の勉強時間が1時間に満たない学生も40%ほどいるなど、個人差が大きいことも分かっています。

中学生の平均勉強時間についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

中学生はなかなか勉強しない?

勉強をすることに意味がないと感じ、なかなか勉強しないという学生も多いです。

また、中学生では部活も本格化するので、勉強との両立が難しいと感じる方も少なくありません

しばらく勉強をしない期間が続くと授業にもついていけなくなり、どうやって勉強を進めれば良いのかが分からなくなってしまいかねないので注意が必要です。

勉強をしない中学生については、以下の記事でも詳しく言及しています。

勉強ができない時の対処法

中学生になると、小学生の時とは比較にならないスピードで学ぶ内容が高度化していきます、

そのため、これまでは難なく授業についてこれた人でも、徐々に分からない内容が増えてきやすいです。

この場合は、「勉強ができない」という状態に完全に陥る前に手を打つことが重要になります。

勉強ができない場合の対処法等については、以下の記事でより詳しく解説していきます。

内部リンク173番

勉強のやる気が起きない人は?

勉強しなければマズいと頭では分かっていても、なかなか勉強のやる気が起きないという学生もいらっしゃいます。

勉強のやる気を出すには、気分のリフレッシュなどの短期的な対処法から学習環境の改善まで、様々な方法があります。

やる気が起きない時の対処法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

スマホ事情はどんな感じ?

現在ではスマホの普及により、学生の学習環境は一昔前と比べると随分変化しました。

特に親目線だと、スマホばかりいじっていて勉強しないことが気になってしまいますが、スマホは上手に使うことで極めて強力な勉強道具に早変わりするので、闇雲な利用制限は避けるべきでしょう。

中学生のスマホ利用については、以下の記事で解説しています。

中学生に人気の習い事は?

中学生のお子さんにどんな習い事をさせようかお悩みのかたもいらっしゃるかと思います。

中学校に入ると部活動が盛んになるので、ピアノや英会話など文化系・勉強系の習い事が人気となってきます

中学生に人気の習い事については、以下の記事でご紹介しています。

中学校の勉強のコツ

中学校に入って勉強を続けていると、「何かもっと良い勉強法はないだろうか」と思うこともあるでしょう。

もちろん「勉強に近道はない」という言葉もあるように、楽して成績が伸びるということは基本的にはありません

一方で、正しい勉強法を身に着けることによって、学習効率を高め、より短時間で多くのことを学ぶことは可能となっています。

頭が良くなる方法ってあるの?

勉強をしていると、誰しも「もっと頭がよくなりたい」と感じるものです。

「頭が良い」と感じる人は、物事に対する理解の程度が高く、分からない点をそのままにしないといった特徴があります。

頭が良いと言われる人に近づくための方法は、以下の記事で考察しています。

学習スケジュールはどうすれば良い?

効率的な勉強をする上で、スケジュール作成は欠かせません。

意味のあるスケジュールを立てるためには、「目標を明確にする」「進捗に合わせて微調整していく」など、押さえておきたいポイントがいくつか存在します。

学習スケジュールの立て方やスケジュール例については、以下の記事で詳しく解説しています。

内部リンク177番

テスト勉強のポイント

小学校と中学校の大きな違いとして、定期テストの有る無しが挙げられます。

いきなり始まった定期テストという存在に対して、どのように対処すれば良いのかよく分からないという方も多いかと思います。

定期テストで焦らないようにするためには、テストによる部活等の休止期間に入る前からコツコツと勉強を進めておくのが一番です。

そうは言っても、直前になって焦ってしまうことも多いものです。ですが、この場合もテスト対策のコツを押さえておくことで通常よりも高得点を狙うことは十分可能でしょう。

テスト勉強のポイントについての詳細は、以下の記事で解説しています。

内部リンク174番

親の関わり方は?

中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭ですと、お子さんの勉強に対する不安は尽きないものです。

親ができることには学習環境を整えてあげることや塾・通信教育といった選択肢を提示することなどが挙げられますが、やはり最も大切なのはお子さんとの信頼関係を築くことでしょう。

また、学年ごとのお子さんの状況をしっかりと把握することも大切です。

中学生の子供との関わり方については、以下の記事で考察しています。

中学生向け教科別勉強法

ここでは中学校で学ぶ主要教科について、それぞれの勉強法のコツをみていきましょう。

英語

英語はあらゆる教科の中で最も苦手とする人が多い教科といっても過言ではありません。

2020年からは教育指導要領の改定により中学英語がさらにレベルアップするので、より一層重点的に対策をおかなければならない教科となっています。

単語の覚え方

単語は英語を学ぶ上で最も基礎となるものであり、文章の構成要素の最小単位となっています。

当然ながら、あまりにも分からない単語が多すぎると全く英語に太刀打ちできないので、単語学習を軽視してはいけません

効果的な単語数の増やし方については、以下の記事でご紹介しています。

長文

英語の長文を読み解くためには、まず単語や文法などの基本的な知識が備わっていることが前提となります。

そのため、全く長文が分からないという人は、まずはその文章で使われている単語や文法でつまずいていないかどうかを確認するところからスタートしましょう。

長文読解の対策法の詳細は、以下の記事をご覧ください。

リスニング

英語を話す機会・聞く機会が極端に少ない日本人にとって、リスニングは最も勉強がむずかしい技能となっています。

リスニング力を鍛えるには、なるべく多くの英語を聞きつつ、シャドーイング等を行うことが効果的となります。

リスニング力の鍛え方についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

数学

中学生になると、これまでの「算数」が「数学」に名称変更され、それに呼応するかのうように難易度が向上します。

数学は積み上げ式の学習なので、分からないところ・理解が曖昧なところをそのままにしておくと、あるラインから成績が伸びなくなってしまうので注意が必要です。

中学生向けの数学勉強法については、以下の記事でより詳しく解説しています。

国語

中学生の国語では、いわゆる論説や物語を読むだけでなく古文や漢文も学ぶようになります。

現代文と古文漢文では勉強の仕方が大きく異なるので、それぞれのあった対策法を取ることが求められます。

国語の勉強法についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

理科・社会

中学校の理科・社会は高校ほど解離しておらず、いずれも暗記の側面が強い教科となっています。

どれも他の科目と比べると私たちの生活に密接に関わってくる内容を扱うので、理科や社会が好きという学生も多いです。そして、学ぶ内容を好きになることが上達への一番の近道です。

中学校で学ぶ理科・社会については、以下の記事で考察しています。

中学生向けの塾・通信教育

中学に上がったときに悩ましいのが、塾に通うべきかどうか、またどの塾に通えば良いのかという点です。

そもそも塾は必要なの?

そもそも塾に通う必要はあるのでしょうか。

文部科学省によると、公立中学生の7割前後が塾に通っているとのことです。このように、大半のご家庭では塾に通った方が良いだろうと考えていることが分かります。

一方で通塾の目的は人それぞれであり、実は「周りの友達が通っているから」といった曖昧な理由で通塾している人も少なくありません。

そのため、必ずしも皆が必要に迫られて塾に行っているわけではないことが分かります。

中学生の塾の必要性については、以下の記事でより詳しく解説しています。

中学生の塾に行っている割合

塾に通っている割合は、公立か私立かによって異なります。

公立の学生の場合は上述のように約7割が、私立では約5.5割が塾に通っています

また、中学生の通塾率は年々減少しているのも注目すべきポイントです。これは通信教育等のオンライン教材で学ぶ人たちが増えていることを示しています。

中学生の通塾率については、以下の記事で詳しく解説しています。

塾にはいつから通えば良い?

いずれは塾に通おうと考えている方でも、いつから通い始めれば良いのかで迷うこともあるかと思います。

塾に通い始める時期の定番としては、「中学入学前」「中学3年の部活引退後」などが挙げられます。

以下の記事では状況別で塾に通い始める時期を考察しています。

塾はどのように選べば良い?

塾に通うことを決めたら、次はどこの塾に通うのかを考える必要があります。

塾選びを行う際は、「自分の学習目的に合った指導をしてくれるか」「立地は家や学校から近いか」など、様々な要素を考慮する必要があります。

塾の選び方については、以下の記事を参考にしてください。

塾にかかる費用はどれくらい?

塾選びを行うにあたって無視できないのが塾の料金です。

塾では通常の授業料の他にも夏季講習や模試代金など様々な出費が必要となります。これらを合算すると、年間でおよそ30万円ほど必要となります

3年間塾に通うと100万円近く必要となるので注意が必要です。

塾だと帰りが遅くなりすぎる?

「子供の塾の帰りが遅すぎる…」と、塾の時間が遅いことを気にされている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、部活動の後に塾に通っている場合、19時から21時まで、といったスケジュールで塾に行かざるをえない場合もあります。

この場合は、自宅でも塾のように学習できる通信教育の利用を検討してみるのも良いでしょう。

中学生の塾の時間については、以下の記事で詳しく言及しています。

中学生向けのおすすめ通信教育は?

近年では通信網の発達によりオンラインでも学べる通信教育が非常に人気となっています。

また、通信教育は塾と比べて年間20万円近く費用を節約できるほか、自宅で勉強できるので無駄な通塾時間や病気をうつされる心配もないということも、通信教育の人気に拍車をかけてします。

以下の記事ではおすすめの通信教育をランキング形式でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

進研ゼミ

進研ゼミは塾・予備校・通信教育の学習法において、中学生利用者数No.1を誇る大人気講座です。

タブレットを用いた効率的なオンライン授業や赤ペン先生による丁寧な添削指導が評判であり、学習効果も極めて高いことが特徴です。

事実、進研ゼミは第一・第二志望校合格率98.1%という圧倒的な実績も叩き出しているので、あらゆる面でおすすめできる通信教育だと言えるでしょう。

スマイルゼミ

スマイルゼミは高性能タブレットで学べることが特徴の通信教育です。

あらゆる学習がタブレットで完結しているので、「勉強している」といった抵抗感をあまり感じることなく学習が進められるでしょう。

また、スマイルゼミは全額返金保証制度を実施しており、これを利用することで2週間無料でお試しできるのも魅力的なポイントです。

Z会

Z会は難易度が高いことで有名な通信教育であり、勉強が好き、あるいは勉強が得意なお子様に向いている講座です。

最大の特徴は教材の質の高さであり、Z会の良問に触れることで「本質的な頭の良さ」を身に着けることができるでしょう。

実際、Z会の質の高さは誰もが認めるところであり、なんと8年連続で顧客満足度No.1の通信教育に選ばれています

通信教育を通じて飛躍的にレベルアップを目指したいとお考えの方であれば、Z会はまさにぴったりの講座と言えるでしょう。

スタディサプリ

スタディサプリはスマホで授業が受けられる人気の通信教育です。

月額わずか1980円からでカリスマ講師の授業が受け放題なので、コスパの良さは圧倒的だと言えるでしょう。

学校の勉強の補助的な役割で使ったり、塾に通いながらスタディサプリで補強したりなど、応用が効きやすい講座でもあるのが特徴です。

中学生教育まとめ

中学生の勉強事情まとめ

  • 小学生と比べて勉強が一気に高度化するので、勉強に苦手意識を持ち始める人が増える
  • 学習スケジュールや勉強法を工夫すれば、効率よく成績を伸ばせる
  • 教科別の特徴を押さえてより効率よく勉強するのが良い
  • 塾や通信教育選びは慎重に行うのがよいので、資料請求や無料体験等は上手に活用するのがおすすめ

中学生の勉強の基本についてお伝えしました!

中学生のうちに正しい勉強方法を身に付けておけば、高校入試だけでなく大学受験においても非常に有利になるでしょう。

学びTimesではこの他にも様々な勉強に関する知識やコツを発信していますので、是非参考にしてみてください!

人気記事
この記事に関連するタグ