1. 高校生
  2. 【令和最新】英語文法おすすめ参考書ランキング16選!勉強法や勉強計画の立て方も解説

【令和最新】英語文法おすすめ参考書ランキング16選!勉強法や勉強計画の立て方も解説

更新日時 2021/01/09

「学校のテキスト以外で英語の文法を学ぶ場合、どんなものがおすすめ?」

「自分に合った参考書を見つけたい!」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

英語の文法は、英文を読むために理解しておかなくてはならない重要なものです。しかし、文法に関して苦手意識を持っている人の中には、どう学べばいいか分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、英語の文法を学ぶために使えるおすすめの参考書をランキング形式で発表します。さらに、おすすめの勉強法や、勉強計画の立て方についてもまとめていきます。

この記事を読めば、英語文法の参考書と勉強法について分かりますので、是非参考にしてみてください。

英語文法の勉強についてざっくり説明すると

  • それぞれの参考書が持つ特性を理解し、自分の弱点が克服できるものを選ぶ
  • 英語文法は一朝一夕では完成しない為、長期的な計画を立てて勉強する
  • 知識の定着にはインプットとアウトプットが重要である
目次
  • おすすめの英語文法参考書の選び方

  • おすすめの英語文法参考書ランキング16選

  • 英語文法のおすすめ参考書比較表

  • 英語文法おすすめ勉強法

  • 英語文法の勉強計画の立て方

  • 英語文法の勉強についてまとめ

おすすめの英語文法参考書の選び方

英語文法参考書選びのポイントの画像

おすすめの参考書ランキングを発表する前に、まずは文法参考書の選び方について解説していきます。

学習状況によって選ぶ

知識の定着度は人によって異なります。自分の学力を把握し、現在の自分のレベルに見合った難易度の参考書を選びましょう。

ここでは、習熟度を3つのタイプに分けて説明していきます。

勉強し始めの方

まずは、英語文法の勉強を始めたばかりの人やこれから始めるといった、英語文法に対して慣れていない人についてです。

上記の人は、まずは英語文法の基本的なルールから確認していきましょう。その為には、解説が丁寧で省略されていないものが必要です。

参考書を探す際には、英語の基本ルールや専門的な用語について学ぶことが出来る講義・解説型の参考書がおすすめです。

ある程度勉強している方

次に、英語文法の勉強について少しは勉強を進めており、英語文法の基本内容を理解している人についてです。

基礎的な知識を学んでいる人は、英語文法の理解を深めて使いこなすために、演習の数をこなす必要があります。

その為、初級レベルの内容が載っている問題集型の参考書がおすすめです。問題だけではなく、解答解説が詳しい参考書を選ぶと良いでしょう。

大学入試問題を解いている方

最後に、基礎知識の定着が終わり実際に大学入試問題を解いたことがある人についてです。

このタイプの人は、問題を進めていくと同時に、一度自分の知識をしっかりと確認し直す必要があります。

知識の確認には講義型の参考書を使いましょう。そこで不安な点や、いまいち定着していない点について学びなおしましょう。

講義型の参考書が終われば、ハイレベルな内容の問題集型の参考書や正誤問題などで演習を重ねていきましょう。

用途別の英語文法参考書

上の見出しでも少し触れましたが、英語文法の参考書は用途により「講義・解説型」と「問題集型」の2つに分けられます。

それぞれの特徴についてまとめていきます。

講義・解説型の参考書

まずは講義・解説型の参考書について説明します。

こちらのタイプの参考書は、文法に関する説明を丁寧に載せており、参考書を読めば初心者でも知識を学ぶことが出来るようになっています。

初級レベルの人や、文法に関して分からないことがある人の他にも、全てのレベルの人の復習用教材としても使用されています。

問題集型の参考書

次に、問題集型の参考書について説明します。

こちらの参考書は、講義型と違い、文法に関する説明がメインではありません。文法についてある程度学んだ人が、その知識を定着させるために演習を重ねるものになっています。

その為、初級レベルの人は使用を避け、中級レベルの人から活用するのが良いでしょう。

問題集型の参考書を選ぶ際には、収録されている問題数が多く、解答解説が丁寧なものを選ぶようにしてください。解答解説の他に、正誤問題を収録しているものがおすすめです。

最新の参考書がベスト

参考書を選ぶときは、最新のものを選びましょう。

新改訂版の参考書は、以前の参考書から更新された内容が載っています。また、誤植や内容の誤りなどについても訂正がかけられているため、より見やすく分かりやすい参考書となっているのです。

また、指導要領の改正に伴い学習の範囲が変更されると、その追加された範囲の内容についても参考書に導入されるようになっています。

さらには、最新の参考書では、共通テストの受験対策についても対応しているものが多いのです。

その為、参考書は最新のものを選ぶことをおすすめします。

音声付き参考書はおすすめ

似たような内容の参考書で、どちらを購入するか迷っている場合、「CD付き」もしくは「音声DL」が付いている参考書がおすすめです。

音声を聞くだけで勉強や復習が出来る為、ノートを持ち運べないときや手が使えないとき、移動時間などの隙間時間を有効に活用することができます。

また、音声により正しい発音を学ぶこともでき、リスニング対策としての効果も期待できるでしょう。

自分の弱点を補える参考書を選ぶ

参考書には、

  • 講義・解説型
  • 問題集型
  • 音声付き参考書

があるということを説明してきましたが、他にも参考書ごとに様々な特色があります。自分の弱点を把握し、しっかりと自分に合った参考書を選ぶようにしましょう。

次の見出しでは、ランキング形式で16種類の参考書を紹介します。それらすべての参考書、もしくはランキング上位の参考書を活用すれば成績が上がるという訳ではありません。

自分の弱点を克服してくれる、使いやすい参考書を選ぶことが重要です。

気になる参考書があれば実際に書店へ足を運んで確認することをおすすめします。

おすすめの英語文法参考書ランキング16選

ここでは、おすすめの英語文法参考書を16冊紹介します。それぞれの参考書におすすめの人活用するメリットについて紹介しますので、参考書を選ぶ際にご活用ください。

1位:総合英語 Evergreen

総合英語 Evergreen
1672円
総合英語 Evergreen
1672円

「基本」「理解」「深く知る」の三部構成になっており、基礎から学習の進度に合わせて理解を深めることが可能です。また、丁寧な解説により、英文法のルールについての疑問点がクリアになります。

利用者の中には、解説が丁寧すぎて、理解したつもりになってしまうという声も寄せられていたので、本書で学んだあとは演習などでしっかりとアウトプットするようにしてください。

おすすめな人

これから英文法の勉強を進める人

メリット

英文法の「なぜ?」を理解することができる。

実際の利用者の口コミは?

  • おもしろい!知的好奇心が満たされる。あれ?私って文法嫌いじゃなかったっけ?
  • わかりやすいので何度も理解のために読み返したり他で何か調べたり、といった手間を省けたり、効率的に学習できる、と感じました。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「解説が丁寧で分かりやすい」という口コミが圧倒的に多いです。

基礎の基礎から英文法を学びたいという人にはまさにぴったりの一冊と言えるでしょう。

学生だけでなく、英語の学びなおしをしたいという大人にもおすすめです。

2位:全解説頻出英文法・語法問題1000

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
1518円
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
1518円

ハイレベルの問題集型の参考書です。問題集と解答解説の二分冊形式で、豊富な問題数を誇ります。

必須事項の文法問題から、発展的な内容まで収録されており、この一冊で英語文法をマスターすることができるでしょう。

丁寧な解説の他、正誤問題や整序問題に関しても約200問程度収録されている点が大きな魅力です。

おすすめな人

大学受験や資格の習得に向けて演習の数をこなしたい人

メリット

過去の入試問題から編集された問題により、文法項目の必須事項が習得できる。

実際の利用者の口コミは?

  • 基礎〜早慶上智までがランダムに出題されていて、色々な大学のレベルや傾向もありますし、解説がとても詳しいのでやりやすかったです。
  • 大学受験だけでなく、Toeicにも対応しています。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「入試問題を練習できる」「数を多くこなすことが出来る」という評判が多く寄せられています。

また、その内容量は大学入試だけではなく、英語に関する資格の取得にも役立ちます。

英語文法を一通り学んだ人の演習問題としてはぴったりの問題集だと言えるでしょう。さらに英語文法の参考書と併せて使えばより効果的です。

3位:スーパー講義英文法・語法正誤問題

スーパー講義英文法・語法正誤問題 (河合塾シリーズ)
964円
スーパー講義英文法・語法正誤問題 (河合塾シリーズ)
964円

本書は正誤問題に特化しています。大東文化大、東海大、早稲田大、慶応義塾大、東京大、上智大など、有名難関校の問題を精選しているハイレベルな問題集型の参考書です。

基礎知識・テクニックの定着はもちろん、実践力を鍛える問題や応用力を養成する問題など、三段階の多様な問題により英語文法の総仕上げを目指します。

おすすめな人

正誤問題を武器にしたい人

メリット

基礎知識から応用力の養成までが狙える問題により、語法問題の総仕上げができる。

実際の利用者の口コミは?

  • 難問かつ良問揃いでした。
  • 英語の高いレベルでの把握が必要な人向けです。
    MARCH、早慶上智を目指す方は必要なテキストです。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「レベルが高い参考書」「取り扱われている問題の質が高い」と評判です。

難関大への入試を検討している人や、難易度の高い問題集を探している人におすすめです。質の高い語法問題により、難関大対策の演習の数をこなせます。

4位:【CD・音声DL付】キク英文法

【CD・音声DL付】キク英文法
1760円
【CD・音声DL付】キク英文法
1760円

短期間で、大学入試に必須の英文法212項目をマスターできる参考書です。主要100大学とセンター入試の過去問題を徹底的に分析し、頻出なものに絞って収録されています。

短期間での習得が特徴ですが、その分知識が「広く浅く」なってしまう可能性もあります。解説も簡潔なので、初心者にはあまり適さないでしょう。

また、音声付きなので読み書き以外の文法力を身に付けることが可能です。

おすすめな人

毎日の英語の学習に時間をかけずに英語文法をマスターしたい人(ただし初心者には適さない)

メリット

耳からインプットするためのCD付きで、いつでもどこでも学ぶことが出来る。

実際の利用者の口コミは?

  • 英文法の要点が一冊でコンパクトにまとめられているので、隙間の時間にも学習できていいと思います。
  • コンパクトに文法の要点がまとまってある。やり直し学習で文法の見直しに良いのかもしれない。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「要点がまとめられている」という口コミが圧倒的に多く寄せられています。

しかし、文字や背景色などの配色に関しては「見辛い」という意見が多いです。実際に書店に行ってページを確認してみることをおすすめします。

5位:英文法の鬼100則

英文法の鬼100則
1980円
英文法の鬼100則
1980円

英文法を実際に使うことを意識した、講義型の参考書です。英語文法の丸暗記から脱却し、「なぜ」そうなるのかを追究し、本書を手に取った人たちへ解説しています。

英語の力を伸ばすためには、「何を話すか」「どういう気持ちで話すか」を考えることが重要です。

本書では、受験英語から一段階飛躍した学びにより実践力を養います。

おすすめな人

英語文法を丸暗記ではなく楽しく学びたい人/英語文法に苦手意識がある人

メリット

分かりやすい解説により、「なぜそうなるのか」を考える力、英語を扱う実践力を養う。

実際の利用者の口コミは?

  • 少なくともこれまでに読んできた範囲に於いて私がかねがね文法用語等で釈然としなかった点がかなり解消されましたのでスッキリしました。
  • 伝えたいという気持ちがあるから人は言葉にするのであって、そういう視点で英語を学ぶ、読む、書く、聞く、話すという視点が重要なのがよくわかりました。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「学校での英語学習から意識が変わる」という旨の口コミが多く寄せられています。受験英語から脱却し、今までの英語文法への認識がガラッと覆される参考書です。

英語文法に対して苦手意識がある人や、暗記英語から脱却したい人は一度読んでみることをおすすめします。

6位:大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (名人の授業)
1100円
大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (名人の授業)
1100円

初めて英語文法を学ぶ人向けに、中学レベルの超基礎の英文法から丁寧に解説された講義型の参考書です。

基礎内容から大学受験まで幅広く対応した英語力を学ぶことができます。他にも、TOEICテストや英検、「読む・書く・話す・書く」の英語4技能試験にも通じる基礎力を固めることが可能です。

とことん「分かりやすさ」を追究したテキストは、非常に多くの受験生から人気を集めています。

おすすめな人

初めて英文法を学ぶ人

メリット

中学レベルからの基礎内容を固めることができる。

実際の利用者の口コミは?

  • 一回習って頭の中になんとなくあるような英語の必須文法事項をしっかり明確に認識しなおすのに極めて有効な本だと思います。
  • 中学英語レベルのことにはさらりと触れる程度なので、無駄なく高校英語の基礎まで学習できます。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「確認や復習におすすめ」という意見が多く寄せられています。

とてもわかりやすい参考書の為、授業内容や問題集などで基礎的内容について再確認したいときに使うのがおすすめです。

また、無理なく英語の文法を学ぶことが出来るので、英語の学び直しをしたい大人にも最適の参考書です。

7位:全解説実力判定英文法ファイナル問題集 標準編

全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (標準編) (大学受験スーパーゼミ)
1210円
全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (標準編) (大学受験スーパーゼミ)
1210円

難易度別に分けられた全10回のテスト形式により、実力を判定することができます。

多様なジャンルの問題を収録しているため、様々な形式の出題への対応力が付きます。演習を通して実践力を養うには最適な参考書と言えるでしょう。

解答解説も丁寧で分かりやすく、間違えた箇所の復習をしっかりと行うことが出来ます。

総仕上げというタイトルの通り、演習を通して実践力を養う問題集の為、初心者の人は先に一通り文法を学んでおくと良いでしょう。

おすすめな人

基礎知識を身に付けた後に、入試の実践力を身につけたい人

メリット

入試に対する実践力が身に付く

実際の利用者の口コミは?

  • 英語の語彙力に不安がある人は必ずやった方が良い教材です。 ある程度知識をつけた上で確認として実施するのが良いと思います。
  • 高校英文法を一通り学習した人が自分の理解度を確かめるのに最適 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「総仕上げとして最適」という旨の口コミが寄せられています。一通り英語文法について学んだ人が、理解を深めたいというときにおすすめの問題集です。

「実力判定」が出来る為、入試直前よりも夏休みなどの余裕がある時期に取り組むのが良いでしょう。本書で自分の習熟度について知り、受験までにしっかりと対策を立てていきましょう。

8位:一億人の英文法――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
1980円
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
1980円

従来の文法教育とは異なる視点から、英語文法について学ぶ参考書です。受験英語と切り離し、「全ての日本人が英語を話せる」ことを目的とした講義型の参考書になっています。

基本知識がある程度身に付いていることを前提に、英語のシステムやネイティブスピーカーの意識について豊富なイラストやコラムにより解説されています。

初心者の人は先に英語文法について一通り学んでおくことをおすすめします。

おすすめな人

英語文法について学んだあと、本質について理解したい人

メリット

英語というシステムを掴み、英語を「自由に」話せるほどに理解できる

実際の利用者の口コミは?

  • 英文法に関して、飲み込みやすく親しみやすく書かれているので、感覚的に英文法(そもそも言語は感覚的にやるものかな?)を覚えるためのとても良い本だと思いました!
  • 英文法の “なぜこうなるの?” という疑問にこれほど丁寧に答えてくれる本は他にないと思います。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「英語の本質が理解できる」と評判です。

「ここはこうなるものだ、だから暗記しなさい。」ではなく、「なぜ、そうなるのか。」を重視して解説している参考書です。

別の本やテキストで文法について学んだあと、「なぜこうなるの?」という疑問が思い浮かんだ人には最適の参考書と言えるでしょう。

9位:Next Stage英文法・語法問題――入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
1463円
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
1463円

大学入試の頻出項目を満遍なく収録した問題集型の参考書です。「文法」「語法」「イディオム」の他にも、「会話表現」や「単語」「アクセント」など多様なジャンルに対応する力を効率的に身に着けられる構成になっています。

情報を整理しやすく工夫された解答解説により、重要点が分かります。丁寧な解説が特徴的な参考書です。

おすすめな人

一冊の参考書でまんべんなく学びたい人

メリット

大学入試頻出項目を満遍なく学ぶことができる。

実際の利用者の口コミは?

  • この一冊で基礎→応用と出来る
  • 問題の横に解説と答えが載っているので、すぐに解いてすぐに確認が出来ます。
  • 満遍なく勉強できて良かったです。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「多様な項目について学べる」と評判です。また、問題を解いた後に解答解説が見やすいというメリットもあります。

一方で、「なぜこの解答ではダメかという点に対しては説明があまりされていない」という口コミもある為、もう少し本質まで理解したいという人はもう一冊講義型の参考書が必要になるかもしれません。

10位:大学入試問題集 関正生の英文法ファイナル演習ポラリス

大学入試問題集 関正生の英文法ファイナル演習ポラリス[1 標準レベル]
1320円
大学入試問題集 関正生の英文法ファイナル演習ポラリス[1 標準レベル]
1320円

大人気講師関正生先生の英語文法問題集シリーズの参考書です。

大学入試を意識したランダム演習により、本番で戦える力を鍛えます。

1問ごとに丁寧な解説がある為、丸暗記に頼らない英語力を養うことができる参考書になっています。

おすすめな人

  • 標準レベル・・・教科書~中堅私立大向き
  • 応用レベル・・・GMARCH・関関同立・地方国公立大向き
  • 発展レベル・・・早慶上智・難関国公立大向き

メリット

苦手項目を克服し、本番力を養成できる。

実際の利用者の口コミは?

  • はじめにポイントがあり、解答プロセスの説明があり、この手の問題集でよくありがちな、構文/熟語だけいって終わりという解説になってない。
  • 最終チェックには最適かと思います。 amazonカスタマーレビュー

ポラリスの英文法シリーズは、標準・応用・発展に分かれています。どの参考書でも、共通して「解説が分かりやすい」と評判です。

大人気講師の関先生が手掛けていることもあり、とても信頼のおける参考書だと人気です。

自分のレベルや目指す大学によって使い分けると良いでしょう。

11位:徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版

徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版
1980円
徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版
1980円

「詳しさ」「わかりやすさ」「辞書の引きやすさ」を兼ね備えた英語文法の専門書ともいえる参考書です。

英語文法の解説、そして実例による紹介で非常に分かりやすく、無理なく英語文法の理解を促します。

辞書としても使える為、他のテキストや問題集、参考書を読むときの確認としても利用できます。

ただし、参考書自体に厚みがあり、文章量が多い為、初心や英語が苦手な人にはあまり向いていません。

おすすめな人

辞書としても使える参考書を探している人

メリット

解説が分かりやすい上に辞書としても役に立つ。

実際の利用者の口コミは?

  • 文法の骨格が頭に入ってる状態で読むと以外と面白く、さくさくと読み進めていくので思った以上に時間はかからない。
  • よくわからないことがあったら文法事典の様に引けて、簡単にその項目を確認できる。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「辞書として使用するのがおすすめ」という口コミが多く寄せられています。

厚みがある参考書なので、一冊を通読するのに時間がかかってしまいます。さらに、情報量が多い為、初めて英語文法を学ぶ人には少し難易度が高いでしょう。

その為、口コミにあるように辞書や復習用の参考書として使用するのがおすすめです。

12位:英文法・語法 Vintage 3rd Edition

英文法・語法 Vintage 3rd Edition
1540円
英文法・語法 Vintage 3rd Edition
1540円

英語文法だけでなく、語法やイディオム、会話表現まで、入試に必須な広範囲の内容をカバーした参考書です。

問題集としての使用がメインですが、解説や「確認」「理解」「整理」するためのコラムが充実している為、講義型の参考書としても使用することができます。

例題で使用されている文法事項に関しても丁寧な解説がされている為、英語文法に慣れていない初心者にもおすすめです。

おすすめな人

一冊の参考書で、受験内容を網羅したい人

メリット

豊富な情報量により、英文法以外の入試頻出単元の演習も行うことができる。

実際の利用者の口コミは?

  • 見やすい。情報量が多い。無駄な余白がない。
  • 例題の一問一問の解答に例題で使われていた文法事項の説明や熟語がまとめてあってわかり易かった。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「見やすくて、分かりやすい」という内容の口コミが多く寄せられています。

また、入試範囲の網羅率や情報量の多さに満足している人も多いです。

英文法書としても使える問題集を探している人は、こちらの参考書を選んでおけば安心です。

13位:全解説実力判定英文法ファイナル問題集 難関大学編

全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (難関大学編) (大学受験スーパーゼミ)
1320円
全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (難関大学編) (大学受験スーパーゼミ)
1320円

難易度別に分けられた全10回のテスト形式により、実力を判定することが出来ます。

また、ランダムな出題形式により、実践的な演習を可能にした問題集型の参考書です。

同シリーズに、標準編の参考書が存在します。標準編と比較すると、非常に難しい為、大学受験に向けて総仕上げをしたいと考えている人におすすめです。

参考書としての質が非常に高い為、何度も繰り返し解くことで解法や文法について学びましょう。

おすすめな人

大学入試準備の総仕上げとして実践力を養いたい人

メリット

入試に対する実践力が身に付く。

実際の利用者の口コミは?

  • 文法がほとんど載っていて追い込みに最適だと思います。
  • 一通り文法の勉強が終わったあとには必ずこのシリーズ(「標準編」と「難関大学編」)を解くことをお勧めします。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「総仕上げとして最適」という内容の口コミが多く寄せられています。

また、文法の基礎を学んだあとは、同シリーズの「標準編」と「難関大学編」をセットで取り組み、知識を定着させるのがおすすめという口コミもあります。

文法を一通り学び終え、問題集の購入を検討している人にはおすすめの参考書です。

14位:カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業

カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業
1650円
カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業
1650円

スタディサプリで講師をしている人気講師の関正生先生による分かりやすい解説が特徴の講義型参考書です。

丸暗記ではなく、「なぜそうなるのか」、英語の根本から文法を学ぶことができます。

英文法が一つ一つ丁寧に解説されているのに加えて、カラーになっている為、とても見やすくなっています。文章が苦手な人にも読み進めやすい参考書でしょう。

また、英語を学ぶ上で不思議に感じる「なぜ」を徹底解説している為、大人の学び直しにも最適です。

おすすめな人

英語初心者や苦手な人、または疑問の解決や知識の確認に使いたい人

メリット

丸暗記ではなく、納得して英語文法を学ぶことができる。

実際の利用者の口コミは?

  • 中高終えて数十年、これが教科書だったならと思う一冊です。
  • 初学者や英語が苦手でとっかかりが欲しい、という人にはうってつけだと思いますよ。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「英語が苦手な人でもわかりやすい」「大人の学び直しにもおすすめ」という内容の口コミが多く寄せられています。

カラーであったり、丁寧な解説であったり、英語初心者や苦手な人がとっつきやすいような工夫が随所に施されています。

中高の英語文法について復習したい人や疑問がある人、成人してから学び直しを検討している人にはおすすめの参考書と言えるでしょう。

15位:中学 英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。
2530円
中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。
2530円

中学3年分の英語文法を一冊で総復習できる参考書です。

英語を基礎内容から学び直したいと考えている人におすすめの参考書になっています。また、非常に分かりやすい解説により、高校生のみならず大人にも人気の一冊です。

さらに付属のCDにより発音やリスニングなどの「話す・聞く」力を養成することが可能です。

練習問題は書き込み式になっており、毎日少しずつ取り組むことで無理なく英語力の土台を作ることができるでしょう。

おすすめな人

英語文法を基礎から学び直したい人

メリット

一冊で中学学習内容の全文法項目を復習できる

実際の利用者の口コミは?

  • これは簡単にサクサク解けるので、何回もやれます。
  • 解説を読んで直ぐ文法の演習に取り掛かれるので初心者にオススメ。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「簡単に学び直しができる」と評判です。

ただし本書だけで中学英語を「完璧に」学ぶことは難しく、大学受験に必要な内容をマスターすることはできない為、本書を入門編として他の参考書で演習の数を増やしたり、問題パターンを学ぶと良いでしょう。

大人が手軽に中学内容の復習をしたい場合は、収録内容としては十分期待できます。

16位:英文法レベル別問題集

英文法レベル別問題集 3標準編 改訂版 (東進ブックス)
880円
英文法レベル別問題集 3標準編 改訂版 (東進ブックス)
880円

東進の英語文法レベル別問題集です。「超基礎編」から「難関編」まで、1-6と非常に細かくレベル分けされている為、自分のレベルに合った難易度の問題を解くことが可能です。

的確で分かりやすい解説により、短時間で多くの演習を行うことができ、一定のスピードで解き進めることで実践力を養成します。

細かなレベル分けにより、一人ひとりがスモールステップで英語の基礎力を養うことができる非常に質の高い参考書の為、多くの人から支持を得ています。

おすすめな人

細かく分けられた難易度で自分のレベルに応じた演習を行いたい人

メリット

自分のレベルに応じた問題の演習により実践力を養うことができる。

実際の利用者の口コミは?

  • 量がそこまで多くないので、反復もしやすく、中学の知識を再確認して基礎を固めることができます。
  • 受動態は受動態の問題。不定詞は不定詞だけの問題でまとめられてて、またテストとかあるのでどこが苦手なのかがわかるので使いやすいです。 amazonカスタマーレビュー

本書で学んだ人からは、「分かりやすい」「復習に最適」という口コミが多く寄せられています。

また、「超基礎編」でも、入試や資格試験の過去問などがランダムで出題される為、全くの初心者や文法問題に慣れていない人には向いていないようです。

別の参考書や問題集を一通り解いた上で本シリーズに挑戦してみると良いでしょう。

英語文法のおすすめ参考書比較表

参考書名 価格 特徴
1位 総合英語 Evergreen 1,672円 解説が分かりやすく、初めて基礎から学びたい人におすすめ
2位 全解説頻出英文法・語法問題1000 1,518円 文句なしのボリュームで、大学入試から各資格取得への勉強におすすめ
3位 スーパー講義英文法・語法正誤問題 964円 正誤問題に特化した難関大向けのハイレベルな参考書
4位 【CD・音声DL付】キク英文法 1,760円 重要項目を扱った短期間マスター型の問題集
5位 英文法の鬼100則 1,980円 英語の方と気持ちの理解・伝わる英語の習得ができる参考書
6位 大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 1,100円 超基礎レベルから学びたい人におすすめ
7位 全解説実力判定英文法ファイナル問題集 標準編 1,210円 実力の判定に加え、実践的な演習を行うことが可能
8位 一億人の英文法――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法 1,980円 英語の本質を理解し、丸暗記から脱却したい人におすすめ
9位 Next Stage英文法・語法問題――入試英語頻出ポイント218の征服 1,463円 大学入試頻出項目を効率的に学ぶことができる
10位 大学入試問題集 関正生の英文法ファイナル演習ポラリス 1,188円~1,320円 暗記に頼らない解説が人気
11位 徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版 1,980円 辞書として使える
12位 英文法・語法 Vintage 3rd Edition 1,540円 丁寧な解説と豊富な情報量により、講義型の参考書としても使える
13位 全解説実力判定英文法ファイナル問題集 難関大学編 1,320円 大学入試準備の総仕上げとしておすすめ
14位 カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業 1,650円 カラーで見やすく、丁寧な解説によりある暗記をなくすことができる
15位 中学 英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 2,530円 一冊で中学英語文法を復習できる
16位 英文法レベル別問題集 838円~880円 自分に合った難易度の問題を見つけやすいレベル別問題集

英語文法おすすめ勉強法

勉強の画像

英語文法の勉強におすすめの参考書についてランキング形式で紹介しましたが、次はおすすめの勉強法について紹介していきましょう。

英語文法は最重要

英語を学ぶ上で英語文法というのは非常に重要な項目になります。自国の言葉でも文法が頭に入っていないと、同音異義語や助詞・助動詞などの使い分けができず、文章を理解できなくなってしまいます。

英語も同様です。英語の場合は外国語ですので、国語の文法よりも理解に時間がかかります。英語の文章を理解する為にも、英語文法をしっかりとマスターしておく必要があります。

特に、文法は長文問題を解くために知っていなければならない知識です。その為、丁寧に時間をかけて勉強を進めていきましょう。

インプットアウトプットの繰り返し

英語文法の知識を定着させる最大の勉強法は、インプットとアウトプットを繰り返すことです。学んだ知識はアウトプットすることで自分の知識となります。

インプットとアウトプットの両方が重要」ということが分かっていても、その方法が分からないという人もいらっしゃるかと思います。

ここでは、おすすめのインプット方法とアウトプット方法についてそれぞれ紹介していきますので、参考にしてみてください。

おすすめインプット方法

まず、おすすめのインプット方法について紹介します。

インプットで大事なのは、自分の頭に知識をたくさん蓄えることです。その為には、講義・解説型の参考書を読み込みましょう。

講義・解説型の参考書は場所を問わず読み進めることができます。机の上で読む必要はありません。

知識を暗記するときは、電車の移動時間や休み時間などの隙間時間を有効活用すると良いでしょう。

少しでも多くの時間、英語文法に触れておくことが大切です。

おすすめアウトプット方法

次に、おすすめのアウトプット方法について紹介します。

アウトプットで大切なのは、蓄えた知識を使ってみることです。その為には、問題集型の参考書を使い、演習の数をたくさんこなしましょう。

また、問題を解く際は、

  • インプットした範囲の問題を解く
  • 間違えた部分を復習する
  • 再度問題を解き直す

という流れがおすすめです。

「覚えっぱなし・解きっぱなし」では自分の力になりません。繰り返し反復することで文法力を身に着けていきましょう。

一週間のうちに同じ問題を解くことで、習熟度を上げることも可能です。

友達に説明するのもよい

英文法について友達に説明するというのもおすすめの勉強方法です。

学んだことを人に説明する為には、自分で知識を整理して理解していなければできないことです。

また、説明する過程で自分の知識が整理されたり、解釈の誤りに気が付いたりすることもあります。

その為、友達や家族に学習範囲について説明するというのは全ての科目においておすすめの勉強方法と言えるでしょう。

英語長文を読んで確認

英語の長文を読む上で、英文法の知識があるというのは前提条件です。その為、文法を学んだあとは、英語長文を読んで自分の知識を確認しましょう。

そうすることで、自分が知らない文法や理解が足りなかった部分、解釈の幅について把握することができます。

また、文法の確認だけでなく、英語長文の読解力を養うこともできる為、英文法の勉強が一通り終わっている人にはおすすめの勉強方法です。

英語の成績はなかなか上がらない

英語文法の学習を続けても、すぐには英語の成績が上がらないということを知っておきましょう。

理由としては、英文法単体の問題が試験に出されることが少なく、点数も低いという点が挙げられます。

ただし、英文法を知らなければ取れない問題がたくさんあります。英文法や英単語、長文読解力など様々な知識が組み合わさって英語の成績アップにつながります。

その為、「すぐに結果が出ない!」と躍起にならず、長い目で見て丁寧に勉強を進めていきましょう。

また、英語の勉強法についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

英語文法の勉強計画の立て方

計画表の画像

最後に、英語文法の勉強計画の立て方について時期別に紹介していきます。

インプットを高1は繰り返す

高校1年生は、知識をたくさん蓄える時期です。授業をしっかりと聞き、できるだけ多くの講義・解説型の参考書を読みインプットを繰り返しましょう。

余裕がある場合は、入門レベルの問題集型参考書に触れ、アウトプットを行うと良いでしょう。

まだ必ずしも長文に触れなければならない時期ではありません。しかし、単語の勉強文章の読解力にもつながる為、文字数の少ない英文は積極的に読むことをおすすめします。

高2はアウトプットを始める

高校1年生で知識のインプットを繰り返したら、高校2年生からは必ずアウトプットを始めましょう。

高校1年生で蓄えた知識を、問題集型の参考書などの演習により「活用する力」を養いましょう。

問題集のレベルとしては、入門~中級レベルがおすすめです。初めて演習を行う人は入門から始めましょう。簡単だと感じる場合は、「その参考書で一つも間違えない」というレベルにしておきましょう。

高3は弱点をなくす

高校3年生はいよいよ総仕上げを行う時期です。弱点をなくすことを目標としましょう。

いきなり高難易度の問題にとりかかると、弱点を発見することができません。まずは入門~中級レベルの問題集を解き、自分の弱点を把握しましょう。

問題集で自分の弱点に気が付いたら、講義型の参考書などで知識を確認し、反復を行うことで弱点を克服していきましょう。

文法の仕上げには、上級レベルの正誤問題の活用がおすすめです。正誤問題の参考書にはハイレベルな物が多い為、時間をかけて勉強を進めてください。

また、文法以外にも、英単語のおすすめ勉強法について知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

英語文法の勉強についてまとめ

英語文法の勉強についてまとめ

  • 「講義・解説型」「問題集型」の参考書を使い分けて学びと演習を行う
  • 参考書のレベルは自分に合った難易度のものを選択する
  • 英語の学習時期に応じてインプットとアウトプットを繰り返し、知識の定着を図る

いかがでしたか?今回は、英語文法のおすすめの参考書と勉強方法について解説しました。

参考書には「講義・解説型」と「問題集型」の2種類あります。また、参考書により対象となるレベルはそれぞれ異なります。

参考書の特徴をよく確認し、自分に合った参考書を選ぶようにしてください。

英語文法はやるだけで目に見えて成績が上がるものとは言えませんが、英語を勉強するうえで非常に重要な項目です。

時間をかけて丁寧に学び、実践的な力を身に着けていってください。

  1. 高校生
  2. 【令和最新】英語文法おすすめ参考書ランキング16選!勉強法や勉強計画の立て方も解説