1. 小学生
  2. 小学生に通信教育は不要?講座の正しい選び方や必要な人におすすめ講座5選を紹介!

小学生に通信教育は不要?講座の正しい選び方や必要な人におすすめ講座5選を紹介!

更新日時 2021/01/01

「小学生に通信教育は不要なの?」

通信教育の選び方は?どれがおすすめ?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

全ての小学生に通信教育が必要であるわけではありませんが、通信教育で学んだ方が良いという生徒も存在します

また通信教育を受講して損をするようなことは少ないので、基本的にはあらゆる小学生におすすめです。

今回は小学生の通信教育の必要性について、講座の正しい選ぶ方やおすすめの通信教育などと共に解説します。

これを読んで、お子さんの通信教育選ぶにお役立てください。

小学生の通信教育の必要性についてざっくり説明すると

  • 勉強が苦手な子供にとっては必要
  • 勉強が得意な子供がさらに学力を磨くのもおすすめ
  • 小学校入学前・新学期が始まる前の入会がおすすめ
目次
  • 小学生に通信教育は不要?

  • 小学生の通信教育の選び方

  • 小学生に人気の通信教育一覧

  • 小学生の通信教育が必要な人・不要な人

  • 通学塾と通信教育はどっちがおすすめ?

  • 小学生の通信教育の必要性についてまとめ

小学生に通信教育は不要?

旅行する少女 小学生に通信教育は不要なのでしょうか。

結論を言うと、絶対に必要であるわけではありませんが、受講することによって損をすることはまずありません。そのため、受講はおすすめです。

通信教育のデメリット

通信教育には以下のようなデメリットがあります。

  • わからない問題があっても、すぐに先生に相談できない
  • ライバルと切磋琢磨するのは難しい
  • 学習をサポートするのは親なので、進学塾ほどの学習効果は期待できない
  • 親が介入し過ぎてしまう恐れがある
  • 教材をためてしまう可能性がある

上記は主に塾と比較した場合のデメリットであると言えるでしょう。通信教育はそばに先生がいるわけではないので、わからないところをすぐに質問することはできません

また共に学ぶクラスメートもいないので、周りと競い合いながら成長させたいという場合には向いていません。

さらに通信教育を利用する場合、学習をサポートするのはプロ講師ではなく親なので、受験対策を厳しく行う進学塾ほどの学習効果は期待できないでしょう

なお、お子さんをサポートする場合は、程よく介入することが大切です。介入し過ぎるとお子さんの自主性を損なってしまいますし、介入しなさ過ぎると教材が溜まってしまう恐れがあります。

通信教育のメリット

一方で通信教育には以下のようなメリットがあります。

  • 時間的にも金銭的にも親の負担が少ない
  • 好きな時間に勉強することができる
  • お子さんのペースで勉強させることができる
  • 情報技術が発達し、外に出歩くことが憚られる時代の流れにも合致している

通信教育を利用すれば、塾のように送り迎えをする必要はありません。また受講料も塾の月謝に比べると格安です。そのため、通信教育を選ぶことで親の負担は大きく軽減されるでしょう。

また通信教育なら好きな時間に自宅学習ができるので、遊びや他の習い事で忙しくても無理なく勉強を継続することが可能です。

さらにそれぞれのペースで学習できるため、勉強が苦手な子供にも、勉強が得意な子供にも向いています

加えて昨今はタブレット教材やオンライン授業なども主流になってきているので、情報技術を積極的に活用する時代の流れに合っていると言えるでしょう。

なお、自宅学習なら感染症のリスクもないため、喫緊の事情を考えてもおすすめです。

通信教育を始めるのに最適な時期は?

以下では小学生が通信教育を始める時期について解説します。

小学校入学前

小学校入学前から通信教育を始めておけば、余裕を持って学校の勉強に臨めるため、授業に遅れるなどの心配もないでしょう。

また他の生徒よりも一歩リードすることになるので、お子さんが自信をつける良いきっかけにもなるはずです。

小学校入学には勉強以外にも、友達関係など様々な心配事があるため、勉強の不安を消しておくと親にとってもお子さんにとってもストレスが少なくて済むでしょう。

新学期が始まる前

新学期が始まる前というのも、通信教育を始めるには良いタイミングです。学ぶ内容を予習した状態で新学期を迎えられるため、順調に勉強を進められるでしょう。

なお、このタイミングには通信教育各社がキャンペーンを実施することが多いので、通常よりも安く入会できたり、お得な特典がもらえる可能性もあります。

退会する人も多いので注意!

通信教育を利用する小学生は多いですが、途中で退会してしまう生徒も大勢います。学力を伸ばすには継続的に勉強する必要があるので、退会してしまうと十分な学習効果は期待できません。

小学生は気まぐれで「やりたい!」と言うことも多いので、入会する際はお試し教材などを活用しながら、本当に続けられそうかを十分に検討するのが良いでしょう。

小学生の通信教育の選び方

笑顔の少女 小学生の通信教育を選ぶ際は、以下のポイントに着目すると良いでしょう。

タブレット端末か紙媒体かを選択

通信教育は主にタブレット教材で学ぶものと紙教材を使用するものの2種類に分けられます。そのため、まずはどちらを選ぶかを判断するのが良いでしょう。

ちなみにタブレットには自動の採点機能がついているため、お子さんでも勉強することができます。一方で紙教材の場合は、親が採点してあげなければなりません。

なお、添削課題がある場合はどちらを選んだとしても、提出の手続きなどで親のサポートが必要になるでしょう。

またタブレットと紙教材の両方で学びたいという方もいるでしょうが、そのような通信教育もあります

全国の小学校でタブレットが導入されている

政府の方針で2020年までに各小中学校にタブレット端末が届くように配備が進められたので、現在は全国の小中学校でタブレット学習が実施されています

ちなみに小学生がタブレットを持つことには以下のようなメリットがあります。

  • 写真や図形を学習に活用できる
  • コミュニケーションを円滑に進めることができる
  • Web会議システミを用いて、遠隔地にいる外国人などと交流することも可能
  • 災害時の情報収集に便利

講座費用は最適か

通信教育を選ぶ際に、最も気になるのはおそらく受講費用でしょう。

費用の点から比較検討する場合に気を付けるべきことは、料金が高いからといって必ずしもお子さんに合った良い教材であるとは限らないということです。

また安ければ安いほど良いように思われますが、付録が無かったり、教材の量が少なかったりするので、あまりにも安過ぎるものにも注意した方が良いでしょう。学習量が足りなくて追加の教材を購入する羽目になれば本末転倒です。

自分のニーズにあっているか確認

通信教育はたくさん存在しますが、完璧な教材というおそらくないでしょう。

そのため、通信教育を選ぶ際は、魅力的な点と魅力的でない点の両方を考慮し、より良いものを見つけるのがおすすめです。

本当に欲しい教材内容や機能を備えている通信教育であれば、多少残念な点があったとしても受講する価値は十分にあります。

継続できるサポートはあるか

学習サポートは会社によってかなり特色が出る部分です。小学生のうちから自主的かつ計画的に勉強できる子供は少ないので、学習を継続するためのサポートが充実した通信教育を選ぶのが良いでしょう。

また親子のコミュニケーションを促進するようなサポートがある通信教育も魅力的です。親とのコミュニケーションは、子供の健全な発育にとっては欠かせないので、重視すべきポイントです。

小学生に人気の通信教育一覧

スマホを見る女性 ここからは小学生におすすめの通信教育をいくつか紹介します。

スマイルゼミ

スマイルゼミはタブレット学習に特化した通信教育です。タブレットの性能は非常に高く、顧客満足度も申し分ありません。

タブレット学習をしたいならスマイルゼミ!

タブレット学習にこだわるならスマイルゼミがおすすめです。スマイルゼミのタブレットは、ジャストシステムというソフトウェアメーカーの製品なので、性能の高さには定評があります。

また全国の小中学校で用いられているタブレットの8割程度がジャストシステムの製品なので、小学生の学習にはぴったりのタブレットと言えるでしょう。

スマイルゼミならタブレット一台で全ての学習ができるので、紙教材のように嵩張って収納に困る心配もありません。

実際の受講者の感想

スマイルゼミの利用者からは、

「タブレットなので、毎日楽しそうに勉強してくれる。」

「スキマ時間も活用しながら、自分のペースで勉強することができる。」

「紙教材が一つもないので、嵩ばらなくて嬉しい。」

など、教材の楽しさやタブレット一台で全ての学習が完結することを評価する声が上がっています。タブレットを持ち歩けば、車での移動中などのスキマ時間にも学習できるので便利です。

月額料金は標準的

スマイルゼミは月あたり2,980円〜(税抜)で受講することができますが、入会時には専用タブレット代として9,980円(税抜)が必要です。

そのため、通信教育の中では標準的な料金設定だと言えるでしょう。ただし、タブレットは高性能なのでコスパは十分に良いサービスです。

なお、スマイルゼミには約2週間無料でお試しができる全額返金保証というキャンペーンもあるため、ぜひ一度利用してみましょう。

\全額返金制度で無料体験!/

以下の記事では、スマイルゼミの特徴や料金、評判についてより詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

Z会

Z会小学生コース、小学生タブレットコースは、教材のクオリティの高さが評判の通信教育です。

中学受験コースもあるため、中学受験を目指している場合には特におすすめできます。

中学受験をするならZ会!

Z会では小学3年生から6年生が対象の中学受験コースを開講しています。

スマイルゼミの発展クラスなど他社にも中学受験向けのコースはありますが、Z会の合格実績は圧倒的です

そのため、通信教育で中学受験対策を行うなら、Z会中学受験コースを選ぶのが良いでしょう。

実際の受講者の感想

Z会小学生コースを受講者からは、

「解答のわかりやすさが市販の教材とは比べものにならない。」

「ただ難しいというだけではなく、思考力が鍛えられるような良問が多い。」

など、やはり教材のクオリティを絶賛する声が数多く聞かれます

高めの値段設定

Z会小学生コースの料金は以下の通りです。

学年 月あたりの料金(税込)
小学1年生 3,927円
小学2年生 4,301円
小学3年生 1教科1,542円〜
小学4年生 1教科1,776円〜
小学5年生 1教科1,870円〜
小学6年生 1教科1,916円〜

上記より、Z会小学生コースの値段設定はやや高めであると言えるでしょう。

ただし、教材のクオリティは申し分ないので、コスパは良いと言えます。

\Z会は顧客満足度No.1/

以下の記事では、Z会小学生コースの特徴や料金、評判などをより詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

ポピー

小学ポピーは教科書準拠のわかりやすい教材が特徴の通信教育で、学校の予習・復習には大変有用です。

受講価格が安い分、付録は少ないので、メイン教材だけのシンプルな学習を希望する方におすすめできます。

シンプルかつコスパ抜群のポピー

ポピーの教材は非常にシンプルなので、学習を継続するには保護者のサポートが必要です。

ポピーでは紙教材を使うので、具体的には丸つけをしたり、解き方を解説してあげるなどのサポートをしてあげなければいけません。

そのため、少し手間はかかりますが、2,500円〜というリーズナブルな価格で受講できるので、利用する価値は十分にあるでしょう。

特に余計な付録などは必要ないから出費を極力抑えたいという方におすすめです。

実際の利用者の感想

小学ポピーの利用者からは、

「教科書よりも断然わかりやすいので良い。」

「新学社が教材を作っているだけあって、ばっちり学校の進度にあっている。」

など、教材の丁寧さや教科書準拠の徹底ぶりを評価する声が数多く上がっています。

なお、小学ポピーの教材を発行している新学社は、小中学校で使われる副教材を出版・編集している会社なので、信頼度は抜群です。

\資料請求でお試し教材プレゼント!/

以下の記事では、小学ポピーの特徴や料金、評判などをより詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

進研ゼミ

進研ゼミ小学講座は、トップクラスの利用者数を誇る老舗の通信教育です。

バランスの良い講座

進研ゼミ小学講座は非常にバランスの良い通信教育なので、通信教育選びに迷ったら進研ゼミ小学講座を選んでおけば間違いありません

進研ゼミならタブレット学習の「チャレンジタッチ」とテキスト学習の「チャレンジ」を選ぶことができ、途中で変更することもできるので、不自由を感じることもないでしょう。

実際の受講者の感想

進研ゼミ小学講座の受講者からは、

「タブレット教材と紙教材を途中で変えられるから迷う心配がない。」

「教材はどれもバランスが良く、通信教育の醍醐味を存分に味わえる。」

など、学習スタイルが選べることや教材のバランスの良さを評価する声が多数上がっています。

なお、タブレット教材と紙教材は途中で変更することができますが、最初にタブレット教材を選んだ場合は、6ヶ月以上継続受講しないと追加料金9,900円(税込)がかかるので注意しましょう。

講座費用もお得!

進研ゼミ小学講座の受講費は以下の通りです。

学年 月あたりの料金(税込)
小学1年生 2,980円
小学2年生 2,980円
小学3年生 3,740円
小学4年生 4,430円
小学5年生 5,320円
小学6年生 5,730円

上記より、進研ゼミ小学講座の受講費は標準的か、もしくはやや安いくらいの水準であると言えるでしょう。

またタブレット学習であるチャレンジタッチを選んだ場合、6ヶ月以上利用を継続することで専用タブレット代金(定価19,800円)が無料になることも魅力的です。

\資料請求で体験教材プレゼント!/

以下の記事では、進研ゼミ小学講座の特徴や料金、評判などをより詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

スタディサプリ

スタディサプリ小学講座は、タブレットやスマホで手軽に人気講師の授業が受けられることが魅力の通信教育です。

14日間の無料体験もできるため、ぜひ利用してみましょう。

勉強に意欲的なお子様におすすめ!

スタディサプリは非常にリーズナブルな通信教育なので、他の大手のような手厚い学習サポート機能はありません。そのため、より学習効果を高めるにはある程度の自己管理能力が必要です。

よってどちらかというと学習意欲が高いお子さんにおすすめの通信教育だと言えます。得意科目の先取り学習もできるので、勉強に意欲的なお子さんなら大きく学力を伸ばすことも可能です。

勉強の習慣がまだ十分についていない場合は、保護者がサポートしてあげなければならないでしょう。

なお、スタディサプリの対象学年は小学4年生以上です。

実際の受講者の感想

スタディサプリの受講者からは、

「これだけ安い価格で人気講師の授業が受けられるのは凄い。」

「時間や場所を選ばず学習できるので、スキマ時間も有効活用できる。」

など、主にコスパの良さやいつでもどこでも勉強ができる手軽さを評価する声が多く上がっています。

14日間の無料体験が可能

スタディサプリは月額1,980(税抜)〜というリーズナブルな価格で利用できます。

またキャンペーン次第ではさらに安くなることもあるので、コスパの良さならNo.1の通信教育と言っても過言ではありません。

14日間の無料キャンペーンもあるので、興味がある方は気軽に会員登録を行ってみましょう。

\今なら14日間お試し無料!/

以下の記事では、スタディサプリ小学講座の特徴や料金、評判などをより詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

小学生の通信教育が必要な人・不要な人

腕を組む少年 ここからは通信教育が必要な小学生・不要な小学生の特徴をそれぞれ解説します。

通信教育が必要ない人

以下のような人には通信教育は不要でしょう。

  • すでにしっかり学習習慣が身についている
  • 学校の授業には問題なくついていけている

上記のように、通信教育がなくても勉強ができているのであれば、特別追加の教材は必要ないでしょう。

通信教育は子供に学習習慣をつけるために利用されることが多いので、毎日机に向かって勉強する習慣があるなら、通信教育は不要です。

ただし、学校の授業が簡単すぎて勉強がつまらなく感じているようなお子さんなら、通信教育で発展的な勉強に挑戦するという選択肢はあるでしょう

通信教育が必要な人

一方で以下のような人には通信教育が必要です。

  • 学校の授業に遅れている、もしくは遅れそうな人
  • 小学生のうちに学習習慣をつけておきたい人
  • 習い事などが忙しすぎて勉強する暇がない人

第一に、勉強が苦手なお子さんは通信教育を利用するのがおすすめです。授業に遅れている、もしくは遅れないか不安であるという場合は、早めに通信教育を始めるのが良いでしょう。

また学習習慣をつけるために通信教育を利用するのもおすすめです。中学生以降のことを考えると、自主的に勉強する習慣があった方が絶対お子さんによってはプラスになります。

第二に、通信教育なら短時間で効率的に勉強することができるので、忙しくて勉強する暇がないという小学生にも向いています。

どれだけ習い事などが忙しかろうと一日15分程度は捻出できるはずです。通信教育ならその時間を使って効果的に学力を伸ばすことができるので、習い事と勉強を両立することができます。

通学塾と通信教育はどっちがおすすめ?

スマホを見る女性 ここまで通信教育について解説してきたわけですが、学校外の学習手段としては塾に通うということを思い浮かべる方もいるでしょう。

もちろん通学塾でもお子さんの学力を伸ばすことはできますが、おすすめなのは通信教育です。以下では通学塾と通信教育を比較してみましょう。

月額費用を抑えられる

通学塾の月謝と通信教育の月あたりの受講料では、通信教育の方が比べものにならないくらい安いです。

また通信教育は基本的に入会金や年会費が要らないこと多いですが、通学塾ではそれらの料金が必要なことも珍しくありません。

さらに中学受験を目指して進学塾に通うとなると、夏季講習などの季節講習や志望校別の対策を行う特別講義などもあり、それぞれで追加料金が必要です。

よって年間トータルだと通信教育と通学塾ではかかる費用が一桁、もしくは二桁違ってきます

自分から学ぶ姿勢が必要

通信教育は基本的に自学自習なので、成績を順調に伸ばしていくには自分から積極的に学ぼうとする姿勢が必要です。

また計画的に課題をこなしたり、勉強するための時間を捻出する必要もあるので、ある程度の自己管理能力も求められます。

そのため、塾よりもお子さん自身に求められることは多いですが、その分人間的な成長が期待できます

自由な学習方法を取れる

通学塾に通う場合、基本的には決まった時間に決まった場所で授業を受けなければなりません。また集団塾の場合は他の生徒と足並みを揃えて学ぶ必要もあります。

そのため、自分のペースで効率よく学ぶという観点では、塾はあまりおすすめできる選択肢ではありません

一方で通信教育ならそれぞれの予定に合わせていつでもどこでも学習することができます。場合によっては車での移動中などのスキマ時間だけで学ぶことも可能です。

さらに常に自分のペースで学習することができるので、効率よく学力を高められます。

通信教育なら通学塾のように送り迎えの必要もないので、親の負担もずいぶん軽減されるでしょう。

小学生の通信教育の必要性についてまとめ

小学生の通信教育の必要性についてまとめ

  • 忙しくて勉強する暇がないという人にもおすすめ
  • 学習習慣がついていない場合にも必要
  • 通学塾よりも通信教育の方がおすすめ

小学生の通信教育の必要性について解説します。

勉強が苦手が小学生にとっては通信教育は必要です。授業についていくためにも通信教育で予習・復習をするのが良いでしょう。

また学習習慣がついていないという場合も、通信教育を活用して小学生のうちに自主的に勉強する習慣をつけておくべきです。

さらに習い事などが忙し過ぎて勉強する暇がないという場合にも通信教育はおすすめです。

なお、通学塾と通信教育を比較するなら、費用と効率性の観点では、通信教育の方が優れています。

通信教育を利用して損をすることはほとんどないので、ぜひお子さんに合った通信教育を活用してみましょう。

人気記事
  1. 小学生
  2. 小学生に通信教育は不要?講座の正しい選び方や必要な人におすすめ講座5選を紹介!