アルスクールの評判は?プログラミング学習の内容・料金から受講者の口コミまで徹底解説!

更新日時 2021/10/07

「アルスクールの評判ってどうなの?」

「プログラミング学習の内容は?料金はどのくらい?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

アルスクールは、幼児・小学生・中学生を対象にした探究型プログラミング教室です。生徒それぞれのレベルや学年に合わせたテクノロジー教育を受けることができます。

レゴBOOSTやキュベットなどを用いて楽しく学べるため、特に幼児や小学校低学年のお子さんにおすすめです。

今回はアルスクールの評判について、プログラミング学習の内容や料金、実際の受講者の口コミなどを含めて解説します。

これを読めば、アルスクールの魅力がよくわかるはずです。

アルスクールの評判についてざっくり説明すると

  • 他のプログラミングより安いのが良い
  • 教育理念がしっかりしていると評判
  • micro:bit・Scratch・キュベットなど多数の教材で学べる
  • オンライン校もあるので時代に合っている
目次
  • アルスクールの特徴とポイント

  • アルスクールの費用を他社と比較

  • アルスクールのプログラミング教材・コンテンツを他社と比較

  • アルスクールのサポートやキャンペーンを他社と比較

  • アルスクールのデメリット

  • アルスクールの講座コース一覧

  • アルスクールをおすすめできる人・できない人

  • アルスクールの口コミ

  • アルスクールの評判についてまとめ

アルスクールの特徴とポイント

アルスクールの特徴

画像出典:アルスクール公式サイト

アルスクールには以下のような特徴があります。

  • 探究型のプログラミングスクール
  • 対象は小学生、中学生、幼児と幅広い
  • 思考力や問題解決力、やり抜く力などを養える
  • 少人数制のレッスン
  • オンラインレッスンもある
  • 子供が夢中になれる工夫がたくさん
  • 学校にはないテクノロジー教育が受けられる

アルスクールは幼児・小学生・中学生を対象にした探究型のプログラミング教室です。子供の自ら学びたいと思えるような環境で、思考力や問題解決力、やり抜く力などの育むことができます。

プログラマー養成学校というわけではなく、先端的なテクノロジー教育を通して学校では学べない様々な力を養うことができるので、幅広いお子さんにおすすめです。

幅広い対象学年でそれぞれのやり方で学べる

アルスクールは幼児・小学生・中学生という幅広い学年・世代を対象にしています。それぞれの年齢層が興味を持てるような仕方で学べるため、幼児でも中学生でも高い学習効果が期待できるでしょう。

しかし、レゴブロックを含めた多種類の工作材料やキュベットなどを使って楽しく学べるということが売りなので、強いて言うなら小学校低学年・中学年におすすめのプログラミングスクールです。

教室はオンラインも含めて3種類

アルスクールの教室は、目黒区の自由が丘校、中野区の中野校、オンライン校の3校です。オンライン校なら、パソコンとZoomができる環境があれば、居住地域に関わらず教育を受けることができます。

なお、それぞれの教室で特徴や開講日などが異なるため、特に複数の教室に通える場合はきちんと比較検討した上でお子さんに合った教室を選ぶのが良いでしょう。

アルスクールの費用を他社と比較

豚の貯金箱

ここからはアルスクールの費用について、他社との比較を交えながら解説します。

入会金・初期費用はいくら?

アルスクールに通うには入会金が必要です。なお、入会金は以下のように校舎によって異なります。

校舎 入会金(税別)
自由が丘校 5,000円
中野校 5,000円
オンライン校 10,000円

またレッスンや学年等により、機材代やライセンス代などが必要なので、それらが初期費用として加算される場合もあります。

さらにオンライン校の場合は、各自でPCとタブレット(任意)を用意しないといけないので、それらを持っていないなら購入費用も必要です。

「基本料金」+「学年により必要な料金」という構成

アルスクールの費用は、「基本料金(受講料)」と「学年等(もしくはレッスン)により必要な料金」の組み合わせで決まります。

料金設定の詳細

各校舎の料金設定は以下の通りです。

【自由が丘校】

  • 基本料金
項目 料金(税抜)
受講料(90分コース) 月2回:月額10,500円
月3回:月額14,400円
月4回:月額18,000円
受講料(60分コース) 月2回:月額7,000円
月4回:月額12,000円
デバイス(PC・タブレット・レゴBOOSTなど) レンタル無料
入会金 10,000円
  • 学年等により必要な料金
項目 料金(税抜)
IoT機材(Micro:bit) 3,000円
ソフトウェアライセンス(小1以上のみ) 年間6,000円
その他(IoTの部品など) 適宜500〜2,000円程度

【中野校】

  • 基本料金
項目 料金(税抜)
受講料(1コマ90分) 月3回:月額13,500円
PCレンタル 無料
入会金 5,000円
  • レッスンにより必要な料金
項目 料金(税抜)
IoT機材(Micro:bit) 3,000円
ソフトウェアライセンス 年間6,000円
その他(IoTの部品など) 適宜500〜2,000円程度

【オンライン校】

  • 基本料金
項目 料金(税抜)
受講料(小2〜小6・90分) 月2回:月額8,400円
月3回:月額11,520円
月4回:月額14,400円
受講料(小1と小2・60分) 月2回:月額5,600円
月4回:月額9,600円
デバイス PCを各自で用意(タブレットは任意)
入会金 10,000円
  • 学年等により必要な料金
項目 料金(税抜)
IoT機材(Micro:bit) 3,000円
ソフトウェアライセンス(小1以上のみ) 年間6,000円
その他(IoTの部品など) 適宜500〜2,000円程度

上記の通り、校舎によって料金や授業の頻度などが異なるため、各校舎の特徴(材料費や教室開放の有無など)も見極めた上で、お子さんにふさわしい校舎を選ぶのが良いでしょう。

なお、オンライン校ではPCは各自で用意しなければなりません。また低学年の場合はZoom用にタブレットを併用することが推奨されています。

入会方法は簡単でわかりやすい

アルスクールへの入会手続きは、公式サイトの「入会のお申込み」より簡単に行うことができます

フォームに沿って以下の項目を選択・入力し、「申し込む」をクリックすれば、後日担当者から連絡が届くという流れです。

  • 校舎
  • 学年
  • 日程
  • 回数
  • 保護者のお名前
  • 子どものお名前
  • TEL
  • Email
  • 自由入力

また「お問い合わせフォーム」では、相談なども受け付けています。

他のプログラミング教室より安い

アルスクールを他のプログラミング教室の料金を比較してみましょう。

項目 受講料(税抜)
テックキッズスクール 年36回:月額19,000円
LITALICOワンダー 1回:月額5,250円〜
ヒューマンアカデミー 月2回:月額9,900円

上記より、アルスクールは他プラグラミング教室と比べてかなり安いということがわかります。

アルスクールのプログラミング教材・コンテンツを他社と比較

続いてはアルスクールのプログラミング教材やコンテンツについて、他社との比較も踏まえた上で解説します。

制作テーマが自由に選べる

制作品の一例

画像出典:アルスクール公式サイト

同じ教材、同じテーマで延々と学習するプログラミングスクールも多い中、アルスクールでは電車やアクセサリー、ゲームなど、好きなテーマを自由に選ぶことができます

また多種類の工作材料やレゴブロックなど、制作に用いる要素も好きに選べるので、お子さんそれぞれの個性的な表現を楽しむことが可能です。

なお、何を作れば良いかわからないという場合は、様々な選択肢を提示してもらえるので、優柔不断なお子さんでも心配ありません。

幅広い分野で活躍するエンジニアが所属

アルスクールのエンジニアの画像

画像出典:アルスクール公式サイト

アルスクールには以下のような分野で活躍する優秀な講師陣が揃っています。

  • プログラミング教育
  • STEM教育
  • モンテッソーリ教育
  • 探究学習
  • アクティブラーニング
  • 物理実習
  • 小学校教育
  • ITコンサルティング

上記の通り、プログラミングだけでなく幅広い分野の専門家が講師として所属しているため、お子さんにとっては様々な良い刺激があるでしょう。

自分たちで高め合える環境

子供たちでコミュニケーションを取る画像

画像出典:アルスクール公式サイト

アルスクールでは講師から教えてもらうだけではなく、子どもたち同士でコミュニケーションを取り合うことによってお互いに高め合うことができるような環境が整えられています。

作品を発表するプレゼンテーションの機会が豊富に用意されており、子どもたち同士でアドバイスをし合うような雰囲気もあります。

よって友達を作ったり、社交性やコミュニケーション能力を培うという意味でもアルスクールは良いと言えるでしょう。

家でも教室でも学習可能

家でも教室でもプログラミングを勉強する子供の画像

画像出典:アルスクール公式サイト

すごくやる気のある生徒でも、しばらく勉強する機会がないと次第にモチベーションが衰えてしまうということも多いです。

例えば、月に1回の授業にしか学びの場がないプログラミングスクールではそのようなことが起こり得ます。

しかし、アルスクールなら自宅で学習の続きをすることができ、自由が丘校には教室の教材を使って自由に遊べる教室開放もあるので、常にやる気を学習に還元することが可能です。

アルスクールで得られることは?

アルスクールでは、プログラミング学習を通して以下のように幅広いセンスや非認知能力を培うことができます。

センス・能力 内容
テクノロジーのセンス 作るスキル(プログラミングなど)と活用するスキル(パターン認識・抽象化・特性理解など)
思考力 知識を駆使して論理的に考えることで目標達成や課題解決を成し遂げる力
理系センス 仮説検証を積み重ねて問題を解説する科学的アプローチ
やり抜く力 困難に直面しても諦めない力
知的好奇心 初めてのことや知らないことに果敢に挑戦する力
創造性 従来の方法に縛られないユニークな創作や思考を行う力
協働スキル 問題解決のために他者と協力する力

このようなスキルは学校のみならず、これから社会で活躍するために必要となるスキルです。

単なるプログラミング学習に止まらない点がアルスクールの最大の魅力と言えるでしょう。

様々なプログラミング教材が魅力的!

アルスクールでは、以下のような豊富なプログラミング教材を使うことができるので、お子さんにとっては非常に楽しい教室と言えるでしょう。

教材 特徴
BBC micro:bit(マイクロビット) 英国BBCなどが教育目的で開発した約8gしかない極小のコンピューター
Scratch(スクラッチ) 世界で2,500万人以上が利用する小学生向けのプログラミングソフト
レゴBOOST(ブースト) タブレットの操作でレゴで作った車などを操作することができる
キュベット 手を使って遊ぶことでプログラミングの基礎が学べる木のおもちゃ
CodeMonkey(コードモンキー) 世界で600万人以上が利用する大人も楽しめるプログラミング学習ゲーム

アルスクールのサポートやキャンペーンを他社と比較

以下ではアルスクールのサポートやキャンペーンについて解説します。

しっかりとした教育理念が人気

アルスクールの教育理念を紹介した画像

画像出典:アルスクール公式サイト

プログラミングスクールをはじめとする教育サービスのホームページでは、身に付く能力だけが書かれていて、それを習得するための具体的な方法などは明記されていないということも多いです。

しかし、アルスクールの公式サイトには、先述したセンスや能力に加え、それを習得するための環境作りの指針や保護者への約束も掲載されています。

これはアルスクールがきちんとした教育理念を持っている証拠だと言えるでしょう。よって保護者としては安心して子供を教室に通わせることができます

アルスクールのスタッフの心がけ

アルスクールの公式サイトでは、「保護者の方々へのお約束」と題して、スタッフが心がけていることが明記されています。具体的には以下の3点です。

  • 一人ひとりと真剣に向き合うこと
  • 子どもが信頼・安心できる場を作ること
  • 保護者と共に子供を想うこと

上記を見ると、アルスクールが生徒やその保護者のことを非常に大事にしていることがわかります。

自分で答えを見つけさせる指導方法

自分で答えを発見させるアルスクールの指導方法の画像

画像出典:アルスクール公式サイト

アルスクールでは「自発的に行動する」ことと「試行錯誤して発見」することが、それぞれ教室での行動指針の一つに定められています。

そのため、必要なステップを伝えた後は、基本的には講師は教えないというスタイルです。よって主体的に答えを見つけ出す姿勢を身に付けることができます。

また先述したように、生徒同士でアドバイスを出し合うという協調的な雰囲気も生まれるでしょう。

なお、答えこそ教えないものの、相談に乗ったり、助け舟を出すなどの対応はとても丁寧にしてもらえるため、やるべきことがわからずに迷ってしまう心配はありません。

放課後の開放教室

アルスクール自由が丘校では、金曜と土曜の午後に教室開放が行われています。教室開放とは、レッスン生とその友達がアルスクールの教室で自由に遊べるという時間です。

教室にあるPCやタブレット、レゴBOOT、キュベットなどの教材や、工作道具や段ボールなども自由に使えるため、子供にとってはとても楽しい時間となるでしょう。

またおやつを食べたり、ポケモンカードなど自分たちの遊び道具で遊ぶこともできるので、自由にのびのびと過ごすことができます。

なお、レッスン生は原則無料、その友達も月1回は無料で参加することができます。

アルスクールのデメリット

アルスクールは非常におすすめのプログラミング教室ですが、いくつかのデメリットも存在します。

校舎が少ない

プログラミングは直接教えてもらいたいという方も多いでしょうが、アルスクールで対面での指導を受けられるのは自由が丘校と中野校だけです。

そのため、東京やその近隣の県に住んでいないと、校舎に通うのは極めて困難でしょう。ただし、アルスクールではオンラインでも十分充実した学習が受けられます。

教室のように豊富な道具を使うことはできないものの、Scratchなどでプログラミングスキルを習得できるので、試しにオンライン無料体験会に参加してみると良いでしょう。

サービスが選ぶプランによってが違う

先述した通り、アルスクールでは選ぶ校舎やプランによって料金が異なります。料金が違えば、当然内容も変わってくるため、受講する前には十分な比較検討が必要です。

様々な選択肢があることはメリットである一方、シンプルなサービス内容や料金体系を好む方にとっては選ぶのが煩わしいと感じられる場合もあるでしょう。

なお、プランや料金で迷う場合は先述した「お問い合わせフォーム」で相談してみるのがおすすめです。

基本料金以外にも適宜料金がかかる

一般的な学習塾とは異なり、アルスクールでは月々の受講料に加え、学年やレッスンによって機材費やソフトウェアライセンス代などが必要になります。

そのため、選択するプランなどによっては、予想以上にお金がかかることもあるでしょう。

よって受講する前には「お問い合わせフォーム」なども活用して、年間の見積もりを出しておくべきです。

アルスクールの講座コース一覧

アルスクールで開講されているコースには以下のようなものがあります。

コース名 対象学年 1回の受講時間 月額の受講料(税抜) 内容
探究コース 小学1〜6年生 90分 月2回:10,500円
月4回:18,000円
プログラミングスキルを習得すると共に仲間と協働して「探究する学び」を実践する
PRE探究コース 年中〜小学1年生 60分 月2回:7,000円
月4回:12,000円
アートとものづくりとプログラミングで「つくる」ことに思いきり夢中になることができる
プログラミングコース 小学6年生〜中学3年生 90分 月2回:10,500円
月4回:18,000円
多種類のプログラミング教材・プログラミング言語を用いてプログラミングスキルと思考力を培う

なお、コースの内容や料金に関しては校舎によって異なる場合もあるので、詳細は各校舎にお問い合わせください。

学年別のコンセプトは?

アルスクールにおける学年ごとのコンセプト及び教材は以下の通りです。

学年 コンセプト・内容 教材
幼児・小1 勉強が嫌いにならないように遊びを通してまずは楽しむことを重視・成功体験を積み重ねて好奇心を育む キュベット・レゴBOOST・画像加工など
小2・小3 徐々に難易度の高いことにも挑戦して達成する面白さを味わえるように導く・学習意欲を喚起しつつ具体的なプログラミングスキルも習得 レゴBOOST・micro:bit・Scratch・CodeMonkeyなど
小4〜小6 本格的なプログラミングへの挑戦を通して根気よく創作や問題解決に取り組む姿勢を身に付ける・奥深い内容にも触れてプログラミングへの興味を喚起する micro:bit・WEBアプリケーション・Scratch・CodeMonkeyなど
中1〜中3 自立(自律)的な学習態度でプログラミングやテクノロジーの本質に迫る・実際のサービス開発と同じようにWEBサイトやアプリをリリース HTML・JavaScript・CSSなど

アルスクールをおすすめできる人・できない人

以下ではアルスクールをおすすめできる人・できない人の特徴を紹介します。

アルスクールに向いていない人

以下のような人にはアルスクールはおすすめできない場合があります。

  • 物を作るのが嫌いな子
  • 親御さんから離れられない子

好きなテーマや材料で自由に制作に取り組むことで、テクノロジーのセンスや思考力などを磨くというのがアルスクールの特徴なので、物を作ったりするのが嫌いなお子さんには向いていないと言えるでしょう。

またアルスクールでは、主体的かつ協働的に学習に取り組む姿勢が求められます。基本的には自分自身で制作に励みつつ、時には周囲の子供たちともコミュニケーションを取らなければいけません。

そのため、親御さんから離れられないというお子さんでは、レッスンに参加するのは厳しいかもしれません。

アルスクールをおすすめできる人

一方で以下のような人にはアルスクールがおすすめです。

  • 物を組み立てたりするのが好きな子
  • 考える力をつけさせたい親
  • コミュニケーションスキルをつけさせたい親

上記で解説した通り、アルスクールでは主体的なものづくりを通して学習するので、物を組み立てたり、作ったりするのが好きなお子さんにはぴったりのプログラミングスクールだと言えるでしょう。

また作品の制作を通して、考える力や創造性を培うこともできるので、そうした非認知能力を身に付けさせたいという親御さんにもおすすめです。

さらにアルスクールでは周りの子供や講師と積極的に関わることが求められるので、コミュニケーションスキルを付けさせたいという方にも良いでしょう。

無料体験は随時開催!

アルスクール無料体験の様子

画像出典:アルスクール公式サイト

アルスクールは無料の体験レッスンを随時実施しています。教室の雰囲気や学習法がお子さんに合うかどうかを判断するには、実際に確かめてみるのが一番なので、是非一度試してみましょう。

教室での体験会に加え、オンライン体験会も用意されているので、気兼ねなく参加することができます。

参加方法は公式サイトから予約をするだけなので非常に簡単です。

アルスクールの口コミ

学校とは異なる充実した環境!

レゴ好きな息子は、当初『スクールでレゴが出来る!』という理由で入会したので、とりわけプログラミングに興味関心があるわけではありませんでした。 しかし今では「なかなかうまくいかないけど、自分の想像した世界を表現出来るから楽しい!」と、自ら楽しむ姿勢を見せています。これは受け身・一方通行ではなく子どもに寄り添いながら一緒に試行錯誤し、導くレッスンだからこそ出た言葉だと感じています。

アルスクールに行くのをとても楽しみにしています。学校以外の自分の場所が一つできたような感じです。

以上のような口コミから、アルスクールの環境は学校とはまた違った環境であることが分かります。

学校だとどうしても受け身でも授業を受けることができてしまいがちになってしまいます。

しかし、アルスクールの環境であれば子供どうしでもお互いを刺激しあえるような環境であり、行く価値のあるスクールであると言えます。

子供の自主性を育む教育理念

クリエイティビティが刺激されて、自分で考えてものづくりが出来そうと感じた。

教育理念、こどもに対する考え方に深く共感しました。親として自分はぶれまくっているので理想的だなと思いました。

子供の自由な発想に手助けしてくれるようなプログラムだったことが入学の決め手でした。

以上のような口コミからは、アルスクールの教育理念に共感して申し込む方が多いことが分かりました。

また実際にアルスクールはその教育理念をただの理念に止めるのではなく過程を大事にして実行までしています。

そこまで確固たる教育理念があるスクールはなかなかないのではないでしょうか。

アルスクールの評判についてまとめ

アルスクールの評判についてまとめ

  • テクノロジーのセンスや思考力、創造性など幅広いスキルが身に付く
  • 講師が優秀だと評判
  • まずは資料請求してみるのが良い
  • 無料体験もおすすめ

アルスクールの評判について解説しました。

アルスクールは幼児・小学生・中学生という幅広い年代を対象にしたプログラミングスクールです。

好きなテーマ、好きな材料で自由に制作を行うことによって、テクノロジーのセンスや思考力、創造性など様々なスキルが身につきます。

また周囲の子供たちや講師と協力する機会も多いので、コミュニケーションスキルを磨くことも可能です。

料金は他のプログラミングスクールより安いので、是非一度資料請求をしてみましょう。無料体験会に参加するのもおすすめです。