1. 注目のオンライン教育
  2. RISU算数で先取り学習できる?中学受験への対応やタブレットのメリットまで解説!

RISU算数で先取り学習できる?中学受験への対応やタブレットのメリットまで解説!

更新日時 2021/05/05

「中学受験に向けて、算数の力を身につけるには、どんな教材が向いている?」

「RISU算数はタブレット教材の中でもひと味違うと評判のようだけれど、他の教材と何が違うのだろう?」

中学受験を意識しているご家庭では、早くから算数の学習に力を入れている場合も多いのではないでしょうか。ですが、学校の教材だけで中学受験に必要な計算力や、発想力が身につくのか不安を感じることもありますよね。

そのような人におすすめなのが、RISU算数です。

急速に人気が広がっているタブレット教材ですが、中でもRISU算数は、算数の先取り学習にも適している教材として、注目されています。

中学受験に備えて早めに算数の力を伸ばしたい人は、必見です!

「RISU算数の中学受験向け先取り学習」についてざっくり説明すると

  • RISU算数では専用タブレットを利用して先取り学習ができる
  • サポート体制も整っており、算数が苦手な子どもでも取り組みやすい
  • 中学受験を意識するのならば、入塾前に先取り学習を終わらすのがベター
目次
  • RISU算数は先取り学習ができるの?

  • RISU算数が先取り学習に向いている理由

  • RISU算数は中学受験の先取りも可能!

  • お子様に先取り学習をさせるデメリット

  • RISU算数で先取り学習をおすすめする方

  • RISU算数で先取り学習をしている人の口コミ

  • 「RISU算数の中学受験向け先取り学習」についてまとめ

RISU算数は先取り学習ができるの?

RISUのロゴ

画像出典:RISU算数公式

RISU算数については、「算数に特化したタブレット教材」だと何となく知っていても、具体的なカリキュラムのイメージは掴めていない人も多いのではないでしょうか。

RISU算数は東大生チューターのサポートの元、算数をどんどん学年に囚われずに先取り学習をすることができます

以下の項目で、詳しく解説していきます。

最新の学習システムで無理なく学習できる

RISU算数はAIを利用した最新の学習システムを採用しています。AIを利用したタブレット教材ですから、お子様に合ったレベルをAIが判断し、無理なく当人の理解度や学習ペースに合わせて先取り学習を進めるメリットがあります。

また、RISU算数はむやみに先取り学習を進める教材ではありません。忘却曲線の原理を利用して学習内容を忘れかけたタイミングを見計らって類似問題が出題されたり、間違えた問題が再度自動配信されたりします。

これで、「学習した事実は覚えているけれど、どのような内容だったのか思い出せない」という事態を防ぎます。

また、タブレット学習なので親御さんがつきっきりで見守らなくても、ゲーム感覚で解き進められる点も人気の秘密です。

授業の予習は子供の自信に繋がる

RISU算数を利用して学校の授業に先んじた知識を身につけていると、学校の授業内容に対して余裕を持って取り組めます。

あらかじめ基礎が身についているので「できる」感覚が得られ、学校の授業に対して自信を持てるようになるでしょう。

無学年で壁がなく学習ができる

RISU算数の大きな特徴は、「無学年制」を採用している点です。学校の授業では学習指導要領に従った授業が行われるので、理解が早くても遅くても、「授業ペースが合わない」と感じる子どもも出てくるでしょう。

その点、RISU算数は学年の枠にとらわれず好奇心の赴くままに学習できます。最初に実力テストを解いて、その結果を元にカスタマイズされた課題をクリアしていくので、自分のレベルにフィットした問題に取り組めます。

よって、学年に関係なくつまずいた箇所からスタートできます。たとえ先取り学習主体で進めていても、挫折しにくいプログラムだと言えるでしょう。

解約後も解いた問題や動画が閲覧できる

RISU算数では、専用タブレットを利用して学習します。万が一途中で退会したとしても、タブレットに残っているデータはそのまま利用できるのも、RISU算数の嬉しいところです。

問題だけではなく、弱点パートについて詳しく解説してくれる先生の解説動画も残りますから、退会後でも復習でき、安心です。また、必要以上に焦るあまり速いペースで進みすぎて、子どもの理解不足が心配な場合でも、後でゆっくり復習することも可能です。

このような裏技を知っているご家庭では、子どもが飽きてしまった場合を想定して、まずは一巡させてしまうご家庭もあります。一度でも解いた形跡があればこのルールが適用されるので、とりあえず進めてしまうのが得策でしょう。

\クーポンコードを忘れずに入力!/

RISU算数が先取り学習に向いている理由

勉強する子どもたち

次に、RISU算数がなぜ先取り学習に向いているのか、その理由について解説します。

子供のレベルに合わせて演習できる

先に述べたように、RISU算数では入会時に行われる実力テストの結果に応じて、AIがどこから学習をスタートすればよいのか判断してくれます。

その後も「忘れそうなタイミング」や「間違いが多かった問題」が過去の学習記録を元にして自動で判別され、再度挑戦するように促してくれるシステムです。

言い換えれば、AIが子どものリアルタイムの状況を分析しながら、適宜その子どもにとって最適な問題を提案してくれます。よって、分からなくてやる気を失う心配は少ないと言えるでしょう。

計算問題だけではない

算数に特化した教材というと、公文式ドリルのように計算問題を大量に、紙教材を利用して学習するイメージを持つ人もいるかもしれませんね。

ですが、RISU算数は違います。個々の問題はクリアの目安が10分ほどと短いものの、思考力が必要な応用問題も多く出題されます。

さらに、AIが「順調に解けているな」と判断すると、突然チャレンジ問題が出題されるなど、決して計算問題を解いて満足する形式ではありません。

他にも、ステージクリアでもらえる「かぎ」を一定レベルまで集めると「中学受験基礎クラス」への挑戦権を得るなど、適度にゲーム性も持たせて子どものやる気を引き出してくれます。

こちらの中学受験基礎クラスでは「鶴亀算」「流水算」など中学受験での攻略必須分野にも挑戦できますので、中学受験を考える人にもおすすめです。

ステージクリア方式で子供はゲーム感覚で取り組める

このように、RISU算数は無学年制を取り入れていますからどんどん先の学習領域まで解き進められます。もっとも、あまり先に進められると刺激感が薄れて、すぐに飽きてしまう人もいるかもしれませんね。

ですが、RISU算数では小さなステージを1つずつクリアしていくことで、適度に達成感を味わえます。ゴールが見えやすいのでやる気が出るのはもちろんのこと、問題数も約10,000と全体ではかなりのボリュームになるので、しっかり基礎~応用力まで身につくでしょう。

さらにチャレンジ問題も、算数だけでなく時には推理力や思考力を試される問題も含まれていますので、計算力だけではなく、考える力を伸ばしたい人にも適しています。

ポイントを貯めることで景品がもらえるシステム

RISU算数では、ステージをクリアするとポイントが貯まっていくシステムです。人気キャラクターの文房具などを始め、コンパクト双眼鏡やiPhoneなどかなり豪華なプレゼントも用意されています。

口コミなどでは、この景品欲しさに頑張って最後まで進めたという意見も見られます。その事自体は賛否両論あるかもしれませんが、学習意欲を高めるきっかけになり、算数が好きになったのならば、結果オーライと言えるでしょう。

24時間365日無料相談体制がある

先取りとなると、どうしても一人で解くには難しい問題も出てきます。中学受験を予定している保護者の負担が大きくなる原因の1つは、このような場面で手助けしなければならないためです。

ですが、RISU算数では24時間365日対応している無料相談体制が整えられています。いつでも気軽に専任講師やチューターに相談できるのは、大きなメリットですね。

この制度があればいつでも相談できる安心感があり、学習も大いに捗るでしょう。

親のサポートがなくても続けられる

タブレット学習で先取り学習をするというのは、一般的には「難しい」と認識されています。ですが、RISU算数で解説を担当しているのは東大など難関大学の出身者であり、分かりやすく解説する講師がそろっています。

さらに、相談体制も整っており、一人でも学習が進めやすいと言えるでしょう。

専用タブレットで学習に集中

ここで、「タブレット学習で子どもに任せっぱなしにしていると、いつの間にかゲームで遊んでいるのでは?」と不安を感じる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

RISU算数では、専用タブレットを利用するので、親の知らない間にゲームをダウンロードして遊ぶ心配はありません。学習専用タブレットなので、解説動画以外の動画は視聴できませんので、タブレット学習でよく耳にする「気がついたら遊んでいた」という心配は不要です。

\クーポンコードを忘れずに入力!/

RISU算数は中学受験の先取りも可能!

スタートダッシュ ここまでRISU算数について先取り学習が可能なのは確認できましたね。ですが中学受験を意識した際に、実績が気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

今度は、中学受験の現場ではRISU算数がどのように活用されているのか、ご紹介しましょう。

受験基礎レベルで受験対策ができる

中学受験において、受験専門塾を利用する場合には入塾テストを設けていることもあります。この際に注意しなければならないのが、「入塾前の段階で小学校の学習範囲を終わらせておくべき」という定説があることです。

現在は中学受験をする場合、4年生から受験勉強を始めるのが一般的です。定説に従えば3年生の終わりまでに小学校の学習範囲の基礎を身につけていないと、塾の授業ペースについていけないことを意味します。

RISU算数では、無学年制の先取り学習を利用して、入塾前に必要な受験基礎レベルの知識をしっかり身につけられるのです。

中学受験を狙うなら先取りは小4までに

とは言っても、どれくらいのスピード感で小学生の学習内容を全て終わらせるかは、人それぞれでしょう。

ですが、中学受験専用の塾を利用して受験に立ち向かおうと考えているのならば、やはり小4までに先取り学習であらかたの基礎を固めておくのがおすすめです。

専門塾でも4年生から中学受験用のカリキュラムを組んでいる場合が多く、塾側も入塾段階での基礎力不足のケアまでは手が回らないのが現状です。また、上位クラスを狙うのならば最初から好成績を修めなければなりませんから、早めの対策を立てましょう。

先取りの仕組みで合格実績も豊富

先取りをして中学受験に向き合った人とそうでない人では、受験結果に明白な差が出ます。中学受験に向けて先取り学習をするメリットは、次のような点が挙げられます。

  • 早くから学習習慣が身につく
  • 知的好奇心が芽生えやすい
  • 理解スピードの向上に役立つ
  • 知識の定着率がよくなる

どれも中学受験の成功には欠かせないポイントです。

したがって、先取り学習はできるだけ早く終わらせてしまい、入塾後にどんどん応用力を高めていくのが理想的です。

\クーポンコードを忘れずに入力!/

お子様に先取り学習をさせるデメリット

励ます子ども

先取り学習は学校の授業の理解を深めるのに役立ち、メリットだけに注目されがちです。ただし、大幅に先取りしすぎると、デメリットが生まれる点にも注意するべきでしょう。

ここからは、先取り学習のデメリットとして指摘される問題について、解説します。

学校の授業が退屈となる

先取り学習で知識を身につけると、学校でもう一度それを学ぶことになります。「こんなことはもう知っている」と決めつけてしまうと、新鮮さや面白みに欠けるので授業に身が入らなくなることもあるでしょう。

授業に丁寧に向き合えば学べたかもしれない周辺知識や雑学も聞き落として、結果的に視野が狭くなるリスクもあります。

さらに深刻なのは、知識があることを鼻にかけて、先生や他の人の話を聞かなくなったり、周りの子に合わせる協調性に乏しくなったりする人です。

学校は知識を身につけるためだけの場所ではありません。知識と同時に、社会性や協調性を身につけるのも大切な学びですから、それを日頃より意識させた上で、先取り学習に臨ませたいものです。

つまずいた時に苦しくなってしまう

調子良く勉強できているときには、どんどん進んで楽しさも倍増するでしょう。ですがつまずいて自分の手に負えなくなってしまったときが、正念場です。

精神的に未熟な小学生では、イヤになった時に問題と向き合うのは非常に苦痛です。そのような場面で、周りのフォロー次第で中学受験に再度向き合えるかどうかが決まります。

つまずいた時に叱責したり、落胆する素振りを見せたりするのはもってのほかです。親のそのような態度を目の当たりにすると、最悪の場合は勉強そのものと向き合えなくなるので、注意してください。

自分の時間が削られる

先取り学習では、学校の復習をするよりもどうしても時間がかかります。先に述べたようにRISU算数の設計では10分程度を目安にしていますが、その時間で勉強が終わらない場面も出てくるでしょう。

その際に集中力が続かなかったり、遊びや習い事、クラブ活動などの時間を削ったりしてまでやらなければならないとなると、モチベーションの低下につながりかねません。

特に小学生のうちは勉強だけでなく、できる限りいろいろな経験を積ませたいと考えている親御さんであれば、無理に先取り学習をさせる必要性はないと言えるでしょう。

RISU算数で先取り学習をおすすめする方

腕組みする子ども それでは、RISU算数で学習するのに向いているのはどのような人なのでしょうか。 以下、その特徴をまとめました。

RISU算数で授業の先取り学習をおすすめする方

RISU算数を利用して先取り学習をおすすめするのは、次のような方です。

  • 算数をどんどん先取りして進めたい
  • 教えられる勉強ではなく、自分で学んで欲しい方
  • 子供に合った問題をたくさん解かせたい
  • 早めに受験対策に取り組みたい方
  • 学校の勉強や進度が自分のお子さんにとって簡単・遅いと感じる方
  • 学校や模試で成績上位者になりたい方
  • 学校の内容を事前に理解させ、学校での勉強に自信をつけさせたい方

このような考えや方針を持つ人には、RISU算数はいくつものメリットを感じるでしょう。

必ずしも先取り学習が正解ではない

小学生の子どもにとっては、必ずしも勉強だけが全てではありません。学習面だけでなく、社会性なども身に付けなければならない大切な時期であり、塾や遊びの経験も非常に重要です。

RISU算数はお子様の実力に見合う問題が出題されるように設計されていますが、焦りは禁物です。多少スローペースでも、温かい目で見守りましょう。

\クーポンコードを忘れずに入力!/

RISU算数で先取り学習をしている人の口コミ

RISU算数を実際に受講して、先取り学習をしている方の口コミを見るとかなり評価が良いことがわかります。

兄弟がいる場合にはRISUきっずも受講させているなど家族ぐるみでRISU算数を利用しているなどの声も見られます。

全科目とは言わないまでも算数だけはなんとか苦手科目にさせたくない・得意科目にしてあげたいと考えている場合にはRISU算数で先取り学習をするのがおすすめです。

\クーポンコードを忘れずに入力!/

「RISU算数の中学受験向け先取り学習」についてまとめ

「RISU算数の中学受験向け先取り学習」についてまとめ

  • RISU算数は利用者の実力に合わせた学習プランを立ててくれる
  • ゲーム感覚で進められ適度に刺激があるので、楽しく学習しやすい
  • 中学受験を意識したステージもあるが、家庭の方針に合わせた利用計を

RISU算数はいくつものメリットがあり、先取り学習で算数の力を伸ばしたいお子様にはぴったりの教材です。ですが、中学受験の成功がゴールではありません。

現在算数が重視されるのは、算数に必要な論理的思考力や問題解決能力、物事を整理して考える力などが、そのまま社会に出てからも役立つからです。

中学受験に限らず、その先も見据えて算数の力を身につけたい人は、ぜひRISU算数の利用を検討してみてくださいね!

人気記事
  1. 注目のオンライン教育
  2. RISU算数で先取り学習できる?中学受験への対応やタブレットのメリットまで解説!