1. 注目のオンライン教育
  2. オンライン家庭教師e-Liveの料金は安い?費用やコスパを他社と比較して徹底解説!

オンライン家庭教師e-Liveの料金は安い?費用やコスパを他社と比較して徹底解説!

更新日時 2021/05/03

「オンライン家庭教師e-Liveの料金は安い?」

「指導料はいくら?コストパフォーマンスは良い?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

オンライン家庭教師e-Liveは、優秀な大学生講師からインターネット上でマンツーマン指導が受けられる人気のサービスです。

今回はそんなオンライン家庭教師e-Liveの料金は安いのかについて、かかる費用やコストパフォーマンスなどを、他社との比較も交えながら解説します。

e-Liveに興味がある方のうち、特に費用面が気になっている方はぜひ参考にしてください。

オンライン家庭教師e-Liveの料金についてざっくり説明すると

  • 入会金28,600円+指導料というシンプルな料金体系
  • 指導料は月額4,400円〜
  • 金額は相場通りだが、コスパは良い
  • 無料体験授業も受けられる
目次
  • e-Liveの料金は他社と比べて安いの?

  • 他社オンライン家庭教師とe-Liveの価格を比較

  • e-Live小学生コースの料金

  • e-Live中学生コースの料金

  • e-Live高校生コースの料金

  • オンラインプログラミング個別指導の料金

  • 不登校向けのeduplusの料金

  • オンライン家庭教師e-Liveの料金まとめ

e-Liveの料金は他社と比べて安いの?

e-Liveのロゴの画像

出典:オンライン家庭教師e-Live公式サイト

まずはオンライン家庭教師e-Liveの基本情報をお伝えし、その後、他のオンライン家庭教師や塾・予備校との料金比較をしていきます。

オンライン家庭教師e-Liveの特徴

e-Live(イーライブ)は、小学生から高校生までを対象にしたオンライン家庭教師のサービスです。

現役大学生でもある優秀な講師から、インターネットを活用して評判の良いマンツーマン指導を受けられます。

全国、全世界、どこにいても相性の良い講師を見つけられ、受講費用もリーズナブルであることから大人気です。

受験や定期テストの対策ができることはもちろん、プログラミンが学べるコースや不登校の生徒を対象にしたコースもあります。

憧れの先輩からマンツーマンで指導

e-Liveでは、東大や京大、医学部医学科などに通う優秀な学生から教わることができます。

憧れの大学に通う先生から学べるので、勉強のモチベーションを高めやすいです。

また生徒の中学・高校の出身者を先生に選ぶこともでき、その場合は直接の先輩であることから、親しみを持って接することができます。

なお、e-Liveでは生徒それぞれに合った先生を探してもらえますが、そのマッチングの的確さには定評があり、相性の良い先生が見つかる可能性が高いです。

初期費用は明確

e-Liveの初期費用

出典:オンライン家庭教師e-Live公式サイト

e-Liveでは入会金と月々の指導料だけというシンプルな料金体系を採用しています。

入会金は28,600円で、指導料は後々紹介しますが、勉強した時間分を後払いする仕組みなので、予算オーバーの心配がありません。

また教材費は一切かからず、Webカメラやタブレットはレンタルもできるため、大きな初期費用も必要ありません。

さらに兄弟受講割引が用意されており、兄弟・姉妹で利用する場合は、出費を抑えられます

お得な無料体験も

e-Liveでは入会前の無料体験授業が用意されています。これは保護者も受けることができ、親御さん自らが経験してサービスの良し悪しを確かめることが可能です。

お子さんはもちろん、親御さんも納得した上で入会を決められるので、受講後に後悔するケースは少ないと言えます。

もちろん無料体験授業を受けて、いまいちだと思えば受講を取りやめることもできるため、お金を無駄にしてしまうこともありません。

小学生~高校生まで全力サポート

e-Liveは小学1年生から高校3年生までを指導の対象にしています。そのため、小学校の授業の予習・復習から大学受験対策まで、一貫して面倒を見てもらえるので魅力的です。

定期的に三者面談が開かれ、過去10年間の入試データを踏まえた受験勉強のアドバイスもなされるため、充実した受験対策が期待できます。

さらにオンライン自習室も開放されており、授業外の勉強も充実させられます。

このように、e-Liveのサポート体制のクオリティは学習塾並みです。

要望に柔軟に対応可能

色々な要望に応えてくれることも、e-Liveの特徴です。例えば、土日や夜9時以降の授業にも対応してもらえます。曜日や時間の柔軟性が高いので、多くの方にマッチします。

またそもそも相性が良さそうな先生とマッチングしてもらえますが、万が一うまくいかない場合は、先生を変更してもらうことも可能です。

以上より、e-Liveは不満を残さずに納得して勉強が続けられるオンライン家庭教師のサービスであると言えるでしょう。

交通費やお茶代・お菓子代などがかからない

塾に通うなら、場合によってはバス代や電車賃などの交通費がかかります

車で送り迎えをするなら、ガソリン代がかかることはもちろん、親御さんの負担も大きいです。

また訪問型の家庭教師の場合、大抵は講師に交通費を支払う必要があります。

加えて、講師との応対に気を遣わなければならず、お茶代やお菓子代が意外とかさむことも珍しくありません。

一方でオンライン家庭教師のe-Liveを選択すれば、そうした余計とも言えるお金は一切かかりません。入会金と指導料のみで受講できるため、無駄な出費を抑えたい方に適しています。

塾や予備校より安い?

通学形式の一般的な塾・予備校に比べると、e-Liveの受講費用はかなり安いです。

例えば、高校生が普通の塾・予備校に通う場合、50万円以上かかることが多く、大手であれば100万円を超えることも少なくありません。

これに対し、e-Liveの高校生コースなら、年間で20〜30万円程度で済むことが多いです。

他社オンライン家庭教師とe-Liveの価格を比較

e-Liveの料金は、オンライン家庭教師の相場と比較すると、小中学生のコースに関しては安めです。

高校生コースは若干高めなので、総合すると相場通りの金額だと言えるでしょう。

なお、料金に対して授業の質は非常に高いので、コストパフォーマンスはかなり良いです。

ネット松陰塾の料金と比較

e-Live ネット松陰塾
小学生コース 週1回30分 × 月4回6,600円 週2回90分 30,100円(税込33,110円)
中学生コース 週1回30分 × 月4回8,800円 週2回90分 32,500円(税込35,750円)
高校生コース 週1回30分 × 月4回15,400円 -
入会金 28,600円 20,000円(税込22,000円)

※e-Liveの小中学生は講師ランクBの料金

ネット松陰塾には、複数人で学ぶコーチングコースと、マンツーマンレッスンのプライベートコースがありますが、今回は後者の料金を記載しています。

上記を見ると、時間あたりの料金では、e-Liveのほうがやや安いです。

ただし、e-Liveとネット松陰塾では、サービスの内容が大きく異なるので、価格だけでなく、お子さんの適性なども踏まえて選ぶのが望ましいと言えます。

ちなみにネット松陰塾では、専用ノートやAI教材「Showinシステム」などが利用できます。

\今なら14日間お試し無料!/

家庭教師のしろくま(ホワイトベア)の料金と比較

e-Live 家庭教師ホワイトベア
小学生コース 週1回30分 × 月4回6,600円 週1回90分×月4回 13,200円(税込)
中学生コース 週1回30分 × 月4回8,800円 週1回90分×月4回 13,200円(税込)
高校生コース 週1回30分 × 月4回15,400円 週1回90分×月4回 13,200円(税込)
入会金 28,600円 11,000円(税込)

※e-Liveの小中学生は講師ランクBの料金

時間あたりの指導料や入会金は、ホワイトベアのほうが安いです。

ホワイトベアは小学生から高校生まで統一の料金なので、特に中学生・高校生のコースはかなりリーズナブルだと言えます。

しかし、e-Liveとホワイトベアでは、講師の質や数、指導の方法などが異なるため、やはり料金だけでなく、サービス内容にも注目して選ぶのがおすすめです。

オンライン家庭教師メガスタの料金と比較

e-Live メガスタ
小学生指導コース 週1回30分 × 月4回6,600円 週1回80分 × 月4回19,840円 ~ 21,440円(税込 21,824円 ~ 23,584円)
中学生指導コース 週1回30分 × 月4回8,800円 週1回80分 × 月4回19,840円 ~ 21,440円(税込 21,824円 ~ 23,584円)
高校生指導コース 週1回30分 × 月4回15,400円 週1回80分 × 月4回23,520円 ~ 25,600円(税込 25,872円 ~ 28,160円)
入会金 28,600円 15,000円(税込)

※e-Liveの小中学生は講師ランクBの料金

メガスタは小学6年生、中学3年生、高校3年生の料金をそれぞれ記載しています。

両者を比較すると、時間あたりの指導料、入会金ともにメガスタのほうが安いです。

しかし、この場合も両者のサービスには相違点も多いため、総合的に比較して甲乙をつけることをおすすめします。

\利用者満足度No.1・日本最大級の実績/

e-Live小学生コースの料金

ここからはe-Liveの小学生コースの料金について、詳しく解説していきます。

小学生コースの特徴

e-Liveの小学生コースの特徴は、中学受験に強いことです。

中学受験対策を充実させるには、講師の学力や指導力、中学受験の経験があることなどが必要ですが、e-Liveはその3要素全てを備えています

過去に難関中学に合格したことのある優秀な先生から教えてもらうことが可能です。

e-Liveだけで志望中学合格を目指すことももちろんできますし、他の学習塾と併用するという選択肢もあります。

塾では十分にできない個別的な質問や苦手分野の対策などを行い、塾の学習効果を一層高められます。

なお、e-Liveでは学習内容によって料金が変動することはなく、中学受験対策をする場合でも、指導料の割増はありません

担任の先生と相性がよくない場合にもおすすめ

中学受験をしないお子さんにもちろんe-Liveはおすすめです。特に担任の先生との相性が悪く、学校の勉強に身が入らない場合などには適しています。

それぞれの学力や性格などに合わせて、苦手な部分を基礎からフォローアップしてもらえるので魅力的です。

小学生コース(小学1年生~6年生)の料金一覧

  • 週1回1コマの場合
講師ランク 月謝(税込み) 講師の大学
S 13,200円 東大・京大・医学部医学科・東工大など
A 8,800円 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B 6,600円 静大・信州・茨城・東洋大 など
C 4,400円 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など
  • 週1回2コマの場合
講師ランク 月謝(税込み) 講師の大学
S 26,400円 東大・京大・医学部医学科・東工大など
A 17,600円 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B 13,200円 静岡・信州・茨城・東洋大 など
C 8,800円 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など

e-Live中学生コースの料金

続いてはe-Liveの中学生コースの料金について解説していきます。

中学生コースの特徴

e-Liveの中学生コースでは、高校受験に向けて手厚いサポートをしてもらえます。

例えば、それぞれの分析表を作成してもらったり、入試までの勉強のカリキュラムを組んでもらったりすることが可能です。

こうしたサービスによって、受験勉強を客観視し、やるべきことを明確にできるため、効率的な学習に繋がります。

またチェックテストで弱い単元を把握し、そこだけを優秀な講師にマンツーマンで教えてもらうこともできます。

数学が苦手なら医学部に通う先生、国語が不得意なら法学部の先生というように、学習内容にふさわしい教師から教わることもできるので魅力的です。

さらに授業を録画して見直しする、21時、22時などの夜遅い時間から授業を受けることもでき、非常に便利だと言えます。

志望校対策もかなり充実

入試の直前期には、全国の高校入試の過去問を収録したデータベースである「過去問サーチ」を用いて、個別的な志望校対策の指導をしてもらえます。

苦手教科を単元ごとに演習したり、出題形式を限定して練習したりして、効率的に得点力を磨くことが可能です。

また全都道府県に対応しているので、近くに受験対策ができる塾がない場合にもおすすめできます。

中学生コース(中学1年生~3年生)の料金一覧

  • 週1回1コマの場合
講師ランク 月謝(税込み) 講師の大学
S 15,400円 東大・京大・医学部医学科・東工大など
A 11,000円 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B 8,800円 静大・信州・茨城・東洋大 など
C 6,600円 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など
  • 週1回2コマの場合
講師ランク 月謝(税込み) 講師の大学
S 30,800円 東大・京大・医学部医学科・東工大など
A 22,000円 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大 など
B 17,600円 静大・信州・茨城・東洋大 など
C 13,200円 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大 など

e-Live高校生コースの料金

今度はe-Liveの高校生コースの料金について解説します。

高校生コースの特徴

e-Liveの高校生コースでは、全国どこからでもトップレベルの現役大学生からの指導が受けられます。

夜9時、10時から授業を受けることもできるので、部活などで忙しく、夜間しか勉強する時間がない方にもおすすめです。

なお、指導は全教科に対応しています。教科数が増えても指導料は変わらないので、例えば、多種類の科目を対策しなければならない共通テストの準備にも最適です。

さらに高校の先輩や志望校に通う先生をマッチングしてもらうこともできます。憧れの対象となるような教師からアドバイスを得ることで、勉強のモチベーションも高まります。

オンライン自習室も利用可能

e-Liveでは、毎日16:00〜22:00の6時間、オンライン自習室が開放されています。

オンライン自習室を利用すれば、自室の学習環境を簡単に整えられるので、家ではなかなか集中できないといった場合におすすめです。

高校生コース(高校1年生~3年生)の料金一覧

ペース(参考) 月謝(税込)
週1回1コマの場合 15,400円
週1回2コマの場合 30,800円
週1回3コマの場合 46,200円
週1回4コマの場合 61,600円

高校生コースでは、講師ランクの選択はありません。全ての授業を、Sランクの講師が担当します。

つまり東大や京大、医学部医学科、東工大などに通う優秀な先生から教えてもらえるということです。

また上記の受講ペースはあくまで目安であり、週1回2時間や週2回、3回の指導などにも対応してくれます。さらに通常は週1回の指導で、テストや入試の前だけ週2回に増やすといったことも可能です。

オンラインプログラミング個別指導の料金

e-Liveは、国内外に展開するプログラミングスクールであるD-SCHOOLと共同で、オンラインプログラム個別指導のサービスを提供しています。

以下ではそのオンラインプログラミング個別指導の特徴や料金について解説します。

プログラミング個別指導の特徴

e-Liveのオンラインプログラミング個別指導では、それぞれに合わせた学習プランで勉強できます

そのため、基礎からプログラミングを学びたい初学者から、本格的な学習がしたい上級者まで、幅広い方におすすめです。

いずれの場合も、D-SCHOOLの質の高い教材を使って、同スクールの直営校の講師が丁寧に教えてくれるので、高い学習効果が得られます。

ちなみに定番なのは、マインクラフトやSCRATCHを用いた学びで、ゲーム感覚で楽しくプログラミングを勉強できることから、人気が高いです。

また日本・ベトナム・インドネシアの3国から出場者が集うプログラミングコンテストが開催されることもあり、目標に向かって学習したい場合にもおすすめできます。

プログラミング個別指導(小学1年生〜中学3年生)の料金

e-Liveのオンラインプログラミング個別指導は、月120分(60分×2回)の指導を、一律月額13,500円(税別)で受講できます

指導内容はそれぞれで異なりますが、月謝は変わらないのでわかりやすいです。

指導の日時に関しては、講師と相談しながら、好きな曜日や時間帯を選ぶことができます

自宅で受講できることもあり、忙しい小中学生でも比較的受講しやすいです。

不登校向けのeduplusの料金

e-Liveは、不登校の方のサポートにも力を入れています。

不登校の経験を持つ講師や、不登校の生徒への指導経験・指導実績が豊富な先生を紹介してもらえるため、一般的なオンライン家庭教師よりも気楽に勉強することが可能です。

またe-Liveにはオンライン自習室もあるので、学校に行けなくても、自宅で集中して学習できます。

さらに自宅学習には「eduplus(エデュプラス)」というeラーニング教材も便利です。

eduplusの特徴及び料金

eduplusはパソコンやタブレット、スマホで利用できるオンライン教材で、インターネットに繋がる場所ならどこでも利用できます。

映像授業や確認テスト、学習管理などの機能があり、これを自宅学習に活用する不登校の方は多いです。

また特定の分野だけをピンポイントで学習することもできるので、不登校生のみならず、勉強が苦手な生徒にも向いています。

料金は月額1,078円(税込)+1コンテンツ110円(税込)です。

オンライン家庭教師e-Liveの料金まとめ

オンライン家庭教師e-Liveの料金まとめ

  • 小中学生コースは比較的安い
  • 高校生コースはやや高いが、東大生や医学部生などから学べる
  • まずは無料体験をしてみるのがおすすめ

オンライン家庭教師e-Liveの料金について解説しました。

e-Liveは入会金28,600円+月々の指導料というシンプルな料金体系が採用されています。指導料の水準は小中学生コースはやや安め、高校生コースはやや高めで、総合すると相場通りと言えるでしょう。

目を見張るほど安いわけではありませんが、総じて講師の質が高く、マッチングの精度も高いので、コスパはかなり良いです。

なお、e-Liveでは無料体験授業も受けられるため、少しでも興味のある方は、まずはそちらをお試しください。

人気記事
  1. 注目のオンライン教育
  2. オンライン家庭教師e-Liveの料金は安い?費用やコスパを他社と比較して徹底解説!